げんべい ビーチ サンダル。 ハワイアナス、イパネマ、げんべいまで! おしゃれで使える!レディースビーチサンダル7選

げんべいのビーチサンダル、買ってみた

げんべい ビーチ サンダル

げんべいのロゴ『まるげ』をプリントしたデザインです。 げんべいのビーチサンダルは履きやすさにこだわりがあります。 素材に天然ゴムを使用し、スレや締めつけで足が痛くなりにくい柔らかな履き心地。 ソールが足形にあわせてヘコみ、履けば履くほど、自分の足になじむ。 ソールがカカトからつま先にかけ、約2mm傾斜。 体重移動をスムーズにし、長い時間歩いても疲れにくい。 げんべいの履きやすさにこだわるビーチサンダル、ぜひお試しください。 [國光モデル] 先代であるげんべい商店の4代目 葉山國光が制作したモデル。 ソールの素材を決めるのに4年。 鼻緒の穴の位置を決めるのに6年。 長い年月、試行錯誤をかさね履きやすさを追求したモデルとなります。 ソールの素材は最適な天然ゴムと合成ゴムの割合を研究。 柔らかさや耐久性をみるため、鍋で煮たり、焼いたり、切り刻んだり、引きちぎったり、歯で噛んだりとさまざまな方法を試しました。 また、鼻緒の穴の位置は履きやすい位置を徹底的に研究。 ビーチサンダルの足音を注意深く聞き、履きやすさを象徴するいい音が聞こえるまで鼻緒の位置をミリ単位で調整しました。 計10年の歳月をかけ、開発したビーチサンダル。 履きやすさをこだわり抜いた一品です。

次の

げんべい商店(葉山英三郎)とコシノジュンコがコラボしたビーチサンダルは?|ココアのマーチ

げんべい ビーチ サンダル

げんべい商店に婿養子した葉山英三郎のザノンフィクション1話あらすじ 1話のあらすじです。 前回の放送を見て、葉山英三郎さんの人柄は多くの方から「適当」と言われていましたが(笑)、「頑張って欲しい」と思わせるぐらいの人柄です。 これは多くの方も思われたのではないでしょうか。 愛されキャラなんでしょうね! ちなみに私は彼のキャラが大好きですね! そんな葉山英三郎さんは6歳年上の葉山邦子さんと出会いました。 その葉山邦子さんはもともとげんべい商店を継ぐことは一切考えていませんでした。 しかし、英三郎さんと付き合って6か月経ったときに4代目であるお母さんがお亡くなりになり、その時、ずっと寄り添ってくれた英三郎さんと結婚して、げんべい商店を継ぐことを考えることに。 葉山英三郎さんはもともと塾講師をしており、その仕事が大好きでしたが、結婚を機に塾講師を辞めてお店を継ぐことに。 「大好きな塾講師を辞めてお店を継ぐのだから、どうにかしたい。 」と意気揚々に考えていました。 しかし、現実はなかなか厳しいものでした。 今までは有名な企業や有名人とコラボしてコラボビーチサンダルを製造してそのビーチサンダルはげんべい商店の売上に貢献していましたが、5代目である姉の元夫が国内生産先の工場のデータをすべて持ち去り、独立してしまったのです。 八方ふさがりになってしまった葉山さん夫婦はこの危機を乗り越えるために、全国にある「ゴム」と関連する工場に電話をして生産できないかを40件ほど問い合わせをしましたが断られることに・・・。 また、国内生産を目指しているために、神戸にあるゴム資材製造会社に出向き、値段の交渉をしましたが、ゴム資材製造会社からは難色を示されることになってしまいました。 なかなか厳しい状況が続きます。 ただ、そんな時に葉山英三郎さんは大学時代の友人の紹介で花火とコラボレーションが持ちかけられました。 それは世界的デザイナーのコシノジュンコさんとコラボすることとなり、ビーチサンダルを作ることになりました。 こういう話が来るって、やはり葉山英三郎さんの人柄なのでしょうね。 なんとかしてあげたいと思わせるキャラですもんね! コシノジュンコさんとのコラボサンダルはもともと納期が厳しかったようで、沖縄で開かれる花火大会まで間に合わないかもしれないとの思いがありましたが、それが現実になってしまうことに・・・・。 ただ、コシノジュンコさんのはからいで、コラボのビーチサンダルではなく、他のビーチサンダルを沖縄の会場で販売させてもらうことになりました。 前回放送で友人と話していた居酒屋 葉山英三郎さんが同級生の友人と話していた居酒屋は「まさるや」。 こちらの店主も英三郎さんと同級生のようです。 genbei. このように、ビーチを歩くので足の疲れを軽減するために、ビーチサンダルのつま先部分とかかと部分で厚さが違います! 高低差のあるビーチサンダルはフラットではないので足が疲れにくいのです。 このげんべいのビーサンダルを履けば、もう他のビーチサンダルが履けなくなるほどです。 お値段は1,026円 税込。 お手頃な値段ですね。 コシノジュンコとコラボしたげんべい商店の厚底ビーチサンダル.

次の

【Vol.3】日本のビーチサンダルに起こった 3つのどんでん返し

げんべい ビーチ サンダル

げんべいのロゴ『まるげ』をプリントしたデザインです。 げんべいのビーチサンダルは履きやすさにこだわりがあります。 素材に天然ゴムを使用し、スレや締めつけで足が痛くなりにくい柔らかな履き心地。 ソールが足形にあわせてヘコみ、履けば履くほど、自分の足になじむ。 ソールがカカトからつま先にかけ、約2mm傾斜。 体重移動をスムーズにし、長い時間歩いても疲れにくい。 げんべいの履きやすさにこだわるビーチサンダル、ぜひお試しください。 [國光モデル] 先代であるげんべい商店の4代目 葉山國光が制作したモデル。 ソールの素材を決めるのに4年。 鼻緒の穴の位置を決めるのに6年。 長い年月、試行錯誤をかさね履きやすさを追求したモデルとなります。 ソールの素材は最適な天然ゴムと合成ゴムの割合を研究。 柔らかさや耐久性をみるため、鍋で煮たり、焼いたり、切り刻んだり、引きちぎったり、歯で噛んだりとさまざまな方法を試しました。 また、鼻緒の穴の位置は履きやすい位置を徹底的に研究。 ビーチサンダルの足音を注意深く聞き、履きやすさを象徴するいい音が聞こえるまで鼻緒の位置をミリ単位で調整しました。 計10年の歳月をかけ、開発したビーチサンダル。 履きやすさをこだわり抜いた一品です。

次の