ジェルキング。 【ジェルキングは効果絶大!】ミルキングとの違いや正しいやり方を知りたい

ジェルキングに適したローション5選!選び方とオススメの製品を紹介します。

ジェルキング

ペニス増大方法 [ ] ジェルキング(jelqing) [ ] 中東に古くから受け継がれてきたペニス増大手法。 のような動作からミルキングとも言う。 1970年代後半に、イギリスのブライアンリチャーズ博士によって包括的な研究がなされた。 半勃ち状態のペニスを搾乳する要領でマッサージを行うエクササイズで増大効果が期待できると言われている。 外科手術(長茎手術) [ ] 美容形成外科手術によりペニスを長く見せることができる。 埋没陰茎矯正式長茎術 靭帯によって固定されているペニスを安全な範囲で体外に引き出すことによりペニスを長く見せる。 恥骨部脂肪吸引式長茎術 ペニスの根元付近(付近)の皮下脂肪を減らすことにより、脂肪に埋もれたペニスを露出させて長くする手術。 サプリメント [ ] 増大効果を期待する成分が含まれるを服用することによってペニス増大させる。 血流を増加させる効果のあるもの、男性ホルモンを増大させる効果のあるものなどが見られる。 増大効果の代表的な成分の一つとしてがある。 ペニス増大器具 [ ] 器具を使用し、伸長させた状態で固定し細胞分裂の効果から増大エクササイズを行う。 種別としてはポンプ型、バンド型、空気袋固定型がある。 ポンプ型 ペニスに円柱状の筒を装着し、筒内を真空にすることによって牽引する方法。 バンド型 ペニスの根元と亀頭部分を伸縮するアームで固定し牽引する方法 空気袋固定型 空気袋固定型ペニスの根元と亀頭後部を空気袋で固定し伸縮するアームで牽引する方法。 空気袋が亀頭後部全周を均一な力で固定するためバンド型に比べ痛みが少ない 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ].

次の

ジェルキング・ミルキングのチントレで長さアップと亀頭が増大する? | ペニス強化計画!~男のシンボルであるチンコを最強に~

ジェルキング

ジェルキングの増大効果と正しいチントレ方法を動画を元に解説します ジェルキングの正しいやり方ってなかなか分かりませんよね。 ジェルキングは海外から入ってきたメジャーなチントレ法で、日本国内でも実践者が多く、効果を実感しやすいことで知られています。 ただし、見よう見まねでやって簡単に効果がでるものでもないため、途中で挫折してしまう人も多いのが現状です。 短期間でなんとしてでも増大させたい! という人は、このページで正しいジェルキングのやり方を学んでいただき、継続して実践することをおすすめします。 解説のベースとなるのは海外のマンモス増大サイト「」(サイト内の文章は全て英語)のトレーニング動画です。 ジェルキングはちんこを長く太くする効果があります ジェルキングの代表的な効果は、ちんこを長く太くすることです。 サイト内で紹介される動画に沿ってジェルキングを地道に実践していけば、あなたのちんこを今より長く太くさせることが可能です。 ジェルキングはチントレの中でもメジャーなトレーニング法で、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 あとで詳しいやり方を解説しますが、ジェルキングは、ちんこを半勃起の状態で何度もしごき、ちんこへ送られる血流を向上させると共に内部の細胞分裂を促し、成長を活性化させる効果があります。 参考 ジェルキングの効果が出るまでの期間と実践回数の目安 毎日ジェルキングを実践していけば、最初の1ヶ月で効果を実感できる可能性があります。 遅くても3ヶ月程度実践できれば、かなりの効果を実感できることとなるでしょう。 効果を実感できるまでの期間は、体質や実践した回数、時間による影響が大きく、誰でもすぐに効果を実感できるとは言えません。 しかし、こちらのページで紹介する内容に沿って毎日実践していけば、増大への道はより近づくはずです。 実際にPEGymサイト内にある増大フォーラム(サイト訪問者が増大トレーニングでの悩みを書き込む掲示板)では何千人もの実践者が効果を体感しています。 正しいやり方で、まずは1ヶ月を目途に続けていき、ある程度の効果を実感できるようならそのまま続けて3ヶ月実践してみてください。 2cm、3cnアップもすぐそこに見えてきますよ。 正しい方法で実践しても効果が見られない時は、別の方法を検討してみるといいでしょう。 【動画解説】ジェルキングの正しいやり方について ジェルキングの正しいやり方について動画を使ってご紹介します。 トレーニングの大きな流れは、• トレーニング開始の準備【5分】• ちんこのストレッチ【5分】• ジェルキング実践【10分】• クールダウン【5分】 【計25分】 合計25分くらいのトレーニングです。 これを毎日続けます。 実際にトレーニングをする時間はちんこのストレッチと本トレーニングで約15分で、準備とクールダウンに要する時間は10分程度です。 トレーニング開始の準備【5分】 トレーニング開始前に必要なアイテムを揃え、トレーニング中取り置きが楽な位置へ配置します。 トレーニングに必要なアイテム• 軽めに興奮できる画像や動画• ちんこを暖めるもの(カイロ、蒸しタオルなど)• ローションジェル(市販のものでOK)潤滑剤として使用• クーリング用冷却ジェル• 拭き取り用のティッシュ 適度に興奮できる動画や画像を用意します。 ローションは薬局やドラッグストアで売られているものでいいのでフタを開けていつでも手に取れるようにしておきます。 拭き取り用のティッシュは手元に置いておきましょう。 ちんこのストレッチで準備運動【5分】 まずは、 ちんこを暖めます。 カイロをパンツの上から当て2分~3分程度暖めます。 (入浴やシャワーで暖めてもいいです) 自分の 体温以上にちんこが暖まってきたら、ストレッチ開始です。 本格的なトレーニングを行う前にちんこのストレッチをします。 いきなり激しくしごいてしまうと竿や皮を傷つけてしまい、裂傷や摩擦による火傷を起こしてしまうことがあります。 特に、気温の低い時期でのトレーニングや朝立ちを使ってトレーニングする場合は必ず開始前にストレッチをしましょう。 ジェルキング実践【10分】 摩擦による裂傷や火傷を防ぐため ちんこ全体にローションを塗ります。 参考 両手の親指と人差し指でOKサイン作りちんこを挟みこみます。 片手でちんこの根元を押さえ、もう片方の手で亀頭に向かってスライドさせます。 右手と左手を入れ替えながらスライドさせます。 同じ手ばかりでスライドさせると、ちんこにクセがつき、湾曲してしまう恐れがあるので必ず交互に入れ替えてください。 OKサインでバナナがグチュツっと潰れ程度の力加減で行います。 画像のように左右の手を入れ替えながら行ってください。 1回につき10分、ちんこの様子をみながら行ってください。 1日3セット~6セットを目安に実践するのが効果的です。 時間短縮にはサプリを使ってください。 効率がいいです。 サプリとの併用であれば1日2セット~3セットでOKです。 トレーニング後のクールダウンケア【5分】 トレーニング後は竿や亀頭にダメージを残さないように、冷却ジェルなどでちんこ全体をクーリングしていきます。 食材用の保冷剤でも結構ですが、そのままちんこに当てると冷えすぎてしまうのでハンカチなどでくるんでおくといいでしょう。 ちんこ全体を満遍なく冷やすには、アイス枕で使用するような冷却ジェルを用意するといいでしょう。 以上がジェルキングの正しいやり方です。 これを正しく実践することで早ければ最初の1ヶ月で増大効果が見込めます。 僕自身はジェルキングと増大サプリを併用して4ヶ月で+2. 4cmを実現してます。 ジェルキングをやる時の注意点 ジェルキングを実践する際の注意点について簡単にまとめておきます。 トレーニング開始前は必ずローションを塗って裂傷を防ぐ トレーニング開始前は必ずをちんこの全体に塗り摩擦を軽減させます。 実践中は想像以上に摩擦の刺激をうけます。 普段しごいていても問題ないから大丈夫と簡単に考えず、しっかりとケアしていきましょう。 ちょっとグロいですが、裂傷が起こってしまった亀頭の画像です。 (亀頭の傘の下あたりが裂傷を起こしています) Jelqing can lead to pain, irritation, scar formation, and blood vessel tears,says Cosmo Radio womens health expert Jennifer Wider, M. , author of The New Moms Survival Guide. ジェルキングは傷み、刺激、瘢痕形成、血管裂傷を引き起こす可能性があると、The New Moms Survival Guideの著者、Cosmo Radioの女性の健康専門家Jennifer Wider、MD は語る 引用: チン毛が原因の裂傷に注意 チン毛が生えていると、しごいている時に 摩擦で竿の皮を切ってしまうことがあります。 チン毛がカミソリのようになって皮を切ってしまいます。 差支えないようならパイパンで、最低限、根元の毛を短くカットするようにしましょう。 包茎の人は皮を伸ばさない 包茎の人は皮を伸ばさないようにしごきます。 しごいている最中に亀頭より上に皮を引っ張らないように亀頭の傘の手前で指を止めてください。 亀頭より先に皮を伸ばしてしまうと、包茎が悪化してしまう可能性があります。 以上が、ジェルキング実践時の注意点です。 補足ですが、ジェルキングの効果について否定的な意見をいう人がいます。 そういった意見に惑わされて途中でトレーニングをやめてしまうのはもったいないです。 実際に続けた人にしか効果は実感できません。 ジェルキングは「効果なし」だとか「嘘だ」」という人もいます これについては、信じてやるしかないです。 誰でも絶対にでかくなれるトレーニングなんてありません。 信じてやりきった人だけが効果を実感できます。 絶対に痩せられるダイエット法が存在しないのと同じです。 まずはやってみることからです。 結果はそのあと。 先ほどから紹介しているPEGymの実践者フォーラムでは多くの人の実践記が記されています。 Those are awesome gains! Keep up the good work. I gained half an inch in my first month and you already gained an extra half inch on top of that. I gotta say, I am jealous. But more so... Im inspired. And thats what this should all be about. 素晴らしい!そのまま続ければいい。 私は最初の1ヶ月で0. 5インチ増えたが、君は既にその上をいき1インチを増大したんだね。 I now have a flaccid length of 5 inches sometimes 5. 5 inches. I have also seen an increase in erect length, from 5. 5 inches to 6. 5 inches. 大きい時では5. 5インチ。 直立であれば5. 5インチから6. 5インチの大きさだ。 Its given me amazing girth gains in just 4-6 weeks. ちょうど4~6週間で驚異的に増大した。 ジェルキングの効果を早めるためのテクニック ジェルキングの効果が得られるのは一般的に1ヶ月~3ヶ月ほどです。 ですが、なかには半年、1年実践しても効果を実感できない人もいます。 そういった場合に活用されているテクニックを紹介します。 ジェルキング開始から1ヶ月目で全く変化が現れない場合に試してみてください。 増大器具(増大グッズ)を使ってトレーニング 増大器具にさまざまな種類が販売されています。 画像のようなちんこを挟み込んでしごく商品、エアーの吸引力でちんこを吸って伸ばす商品、一時的にちんこ内の血液をせき止める(コックリング)商品など種類は豊富です。 物足りなさを感じたり、腕が疲れたりした場合はこういったグッズを活用してみるのもありでしょう。 加圧テクニック ジェルキングに加圧テクニックを導入します。 加圧トレーニング 加圧トレーニングとは、筋肉に高負荷の状態を作りだし筋トレの効率上げるテクニックです。 対象とする筋肉の根本を布製のバンドなどで締め付け、血液を逃しにくくするトレーニング法です。 血液を逃がさないということは、乳酸などの代謝物が溜まりやすくなり筋肉疲労が早く訪れます。 これが、高負荷で筋トレを行った時と同じ状態となる。 先ほども紹介しましたが、コックリングがその役目を果たします。 ちんこの根本部分にコックリングを取り付けた状態でトレーニングをすると、体感ではありますが普段以上の膨張を味わうことができます。 増大サプリを使って効率アップ 実は、成果を上げている人のほとんどがとジェルキング(それ以外のチントレ含む)を併用しています。 増大サプリを服用しながらトレーニングを重ねることで、 トレーニングの効率と 効果の確実性を向上させることができます。 体の内部と外部からアプローチすることで効果的にちんこを構成する海綿体細胞の増殖を促します。 増大サプリは筋トレでいうところのプロテインです。 プロテインは、新しい筋肉をつくる上で重要な栄養素。 筋肉や肌、細胞および髪の毛を作り出すエネルギー源となります。 プロテインとは英語で「たんぱく質」という意味。 たんぱく質を構成するのがアミノ酸です。 筋トレ後に必要なアミノ酸を摂取することで筋トレによって負荷を掛けられた筋肉が効率よく増強していくのです。 チントレも同じ理論です。 ジェルキングを始めとする チントレを行った後にアミノ酸成分が豊富に含まれた 増大サプリを摂取することで、 海綿体細胞の増殖を促し、新しい細胞や皮膚を作り出すエネルギー源となります。 「ジェルキングとミルキング」の効果を比較しました 日本で主流となっているチントレ法には、今回紹介した「ジェルキング」と、もう一つ知られているのが「ミルキング」です。 どちらのトレーニング法にもメリット・デメリットがあり、あなたの状況に合わせて実践するのがいいでしょう。 ただし、現在ではミルキングの実践者は非常に少ないようです。 元々、ジェルキングの改良版として知られるようになったミルキングですが、トレーニング中の動きがさらに単調になったせいもあり途中で断念してしまう人が多いです。 そのため、なかなか効果を実感できる人が少なく実践者の数も減っていったのではないかと思われます。 ここでジェルキングとミルキングのメリット・デメリットについて比較してみます。 ジェルキングとミルキングのメリット・デメリット メリット デメリット ジェルキング• 亀頭に血液を集中させることができる• カリ高が作られる• 勃起状態を維持しやすい• 皮が伸びやすい• 皮を痛めやすい• 途中射精しやすい ミルキング• 皮が伸びにくい• 腕が疲れない• 途中射精しにくい• 腫れやちんこの湾曲が起きやすい• トレーニング時間が長い• 勃起状態を維持しにくい• 効果を実感しにくい 上記の表のようにジェルキングとミルキングにはそれぞれメリット・デメリットあります。 ジェルキングは、効果を早く感じたい人で包茎の心配がない人におすすめで、ミルキングは、包茎が心配な人におすすめです。 チントレの目的が、 「ちんこに大量の血液を送り込み、海綿体内部を血液でいっぱいにし、大量のホルモンを分泌させること」 ですので、こちらを考慮すれば、ジェルキングの方が効率よくトレーニングできることになります。 ジェルキング、またはミルキングかどちらのトレーニング法を取り組むか迷ってしまった時は、包茎が気になるようでしたらミルキング。 そうでない場合はジェルキングを実践してみるといいでしょう。

次の

ジェルキング補助ローラー

ジェルキング

Table of Contents• ジェルキングの正しいやり方について紹介 ジェルキングの正式なやり方について簡単に説明するからチェックしてみてくれ。 ちんこを半勃起した状態で開始• ローション等の潤滑剤を塗り、親指と人差し指で輪を作り、手の平が上を向くようにちんこの根本を握る• ちんこを握ったまま先端に向けてスライドし、血液を亀頭部分へ送り込む• 亀頭部分まで手をスライドさせ、その状態を2~3秒間保持する• 手を緩めて最初から同じ動作を繰り返す 準備はまずお気に入りのAVを用意だ。 半勃起するまでじっくりと鑑賞することがスタートだな。 まず、 OKの手を作って、ちんこの根元を順手で持ってくれ。 (オナニーするときと同じ手の向きな) 手のひらが上に向くように握っておくように。 まさにオナニーする時の形と一緒だな。 握ったまま、カリの部分までスライドさせていきます。 皮も一緒に引っ張って、ゆっくりとスライド。 そうすると、見る見るうちに亀頭に血が集まって行くのが分かるだろ? 溜まったら2~3秒くらいキープして一気に手を放して緩めてくれ。 これを左右の手で10回を1日15セットくらいやるといいぞ。 オナニーだとそのまま上下にシコシコと動かすのが基本だけどな。 ジェルキングはカリ部分まで握って押し込んだらそのままキープするようにしてくれ。 後、一気に開放して緩めるのも大事だから覚えておいてな。 ジェルキングとミルキングはどこが違うのか? そもそもチントレの種類でジェルキングとミルキングがあるのは知っておるな? この2つはどんな違いがあるんだろうか?それぞれの違いについて説明しておこう。 名前も似てるんじゃが、どんな違いがあるのか?? まず、両方の共通点は ジェルキング、ミルキングともにちんこの亀頭部分に血液を強制的に送り込むことで血管を太くし、ちんこを大きくするという狙いがあるんだ。 ちんこの勃起の仕組みは知ってるか? 海綿体のスポンジのような構造に血液が流れ込むことで膨らんで、勃起する仕組みになっている。 ミルキングやジェルキングは血液を流入させて、その血管を太くすることでペニス増大を達成するんだな。 まあ無理やり血流を流し込むので、その結果大きくなるってことだな。 ジェルキングとミルキングは狙いは同じなんだが、やり方には違いがあるんだ。 そのためにジェルキングは基本的にローションや石鹸などを利用する。 じゃないと摩擦で痛いからな! その分、ジェルキングの方が血流を流し込む量は多いし、効果は強いと思うぞ。 ジェルキングによってどんな効果が期待できるの? ジェルキングの効果だけど、一番大きいポイントはやっぱり亀頭部分が大きくなることなんだ。 それに加えて、ジェルキングはちんこを握ったままスライドさせる動きがあるので、チンコを牽引して伸ばす効果もある。 【増大だけじゃなくて長さを長くする事が出来るんだ!】 そんな効果を期待してだろうか、欧米でも最も人気のあるチントレらしいな。 欧米人ってそれでなくてもチンコデカイのに、まだ大きくしようとしてんのか・・・。 でもきちんと効果が立証されているからこそ、海外でも支持されているチントレなんだ。 ちゃんと続ければ亀頭増大と長く出来るのを期待できるな。 ジェルキングを行う際に注意したい点は? ジェルキングのやり方はさっき紹介したとおりな! 基本をしっかりと抑えてやるようにしてくれ。 その上で注意する点があるんで、ちょっと見ておいてほしいんだ。 ちんこの根本をしっかり握り血液がもどらないようにする とにかくしっかりと亀頭に向けて血流を流し込むことが大事。 皮ごと先端に押し込む感じだからやりやすいよな?しっかりホールドすることを忘れんようにな。 その上で血流が戻らないようにしっかりと押し込むことを意識してくれ。 ローションを使ってジェルキングの摩擦を軽減 ジェルキングは強く握ったまま先端までスライドするので、何か滑るのを付けてないと痛いんだわ。 普通にやったらちょっとした拷問だぞ。 血流が戻らないレベルはマジでヤバイ。 また、ミルキングの場合と同様に負荷が強すぎた場合等、亀頭周辺に血豆のようなものや水ぶくれのようなものが出来ることがある。 その場合はジェルキングをすぐに中断するように。 ちんこにも休息は必要だ。 ジェルキング お薦めのトレーニングの頻度と回数とは? じゃあそのジェルキングをどれくらいの頻度で何回やればOKなのかって話だな。 具体的に言うと、さっき紹介したやり方を5分から10分くらい続けてくれ。 これをセットにして1日に3セットくらいかな。 それでOKだ。 ジェルキングの場合、ローションを使う必要があるからどうしてもお風呂の時間が都合がいいんだよ。 だから毎晩お風呂の時間にまずはAVを見てから入浴だ(笑) そこでしっかりとトレーニングしておけば、習慣にもなるしいいんじゃないかな。 後、ジェルキングをすると皮が伸びるって可能性があるんだよな。 もしも心配なら、ローションを使わず皮を伸ばさないというような補助器具等が売ってるのでそれを使うのがいい。 海外でもジェルキングは人気のチントレだし、多くの人が実践して結果を出している。 もちろんやり過ぎに注意しながらだが、継続して行うことがチントレ成功への近道なんだ。 正しいジェルキングのやり方をしっかり確認し、亀頭増大とペニスを長くすることを目的にやっていこうぜ。 ジェルキングを器具を使って効率化する方法 実はジェルキングを効率化する補助ローラーっていうものが存在してるんだ。 最初はオイラも知らんかった。 でも色々と検索しているとこんな器具があるんだーって発見したんだよ。 ジェルキング補助ローラーってものだな。 なかなか使い勝手良さそうだぜ。 使い方はこんな感じで、間にペニスを入れてローラーするだけ。 使い方は、超簡単なんだけど効果はきっちり出るな、こいつは。 理論的にはジェルキングと同じ方法を効率化しているだけだから、器具を使ってみたい人は全然アリだと思うよ。 ジェルキングで皮が伸びるって本当なの? さっきもちょっと触れたけど、ジェルキングとちんこの皮の問題があったりする。 実際にジェルキングをやるとこんな体験をするはずなんだ。 それが ちんこの皮をクルクルと巻き込んでしまう感じ。 後、 皮がカリ部分に集まって伸びてブヨブヨになる感じがしないか? オレっちも実際にチントレをやってみてそんな感じを受けた。 まあ正直言うと、何も考えずにジェルキングをやるとそんな経験をすると思うぜ。 でも大丈夫!百戦錬磨のオレっちはすでに対策済みだ。 まず、ジェルキングは最初にオッケーサインの形を作って根本からスライドさせるんだけど・・・。 その際に逆の余っている手で、ちんこの根本で皮をしっかりと引っ張って抑えておくのがポイント! 根本に引っ張っておけば、皮を一切巻き込むことも無いし、カリ部分に集まることも無いから安心しろよな。 後、やっぱりジェルキングをやる際にはきちんとジェルとか石鹸を使ったほうがいいな。 少し滑るように準備しておくと、皮が伸びたり巻き込んだりしないからそこら辺の対策が大事だと感じたな。 ジェルキングは効果なしって口コミを見たんだけど大丈夫? 『ジェルキングやったけど効果なし』 そんな口コミをネットで見たけど、おっちゃんどうなんよ?ってメールを貰ったわ。 まあ、確かにやったことないと不安だから、そんな書き込みを信じるわな。 これについてはハッキリ言うけど、間違いなく効果は出るよ! 日本だけじゃなくて海外でも多くの人が実際にジェルキングを行って大きくなったって報告がたくさんあるんだ。 チントレと言えば真っ先に選ばれるにはそんな実績があるからなんだぜ。 でも効果なしってことは何か問題があったからそう感じたんだろうな? 例えばジェルキングの方法が正しくなかったという可能性があるな。 やり方でも口酸っぱく言ったけど、ちゃんと考えて理解せずにやると効果は出ないぞ。 わかってないやつが適当に見た目だけ真似してやると、大概結果も出ずにディスることになるからな。 後は、 実施期間が短いというパターンは考えられるな。 例えば1ヶ月しかチントレしてないとか。 チントレで本当に大きくなった人は、まず殆どが年単位でトレーニングを行っている。 昨日、一昨日やったから大きくなるはずだなんてのはアリえんからな。 最低でも半年はジェルキングを行ってから、効果を検証すべきだな。 まあ、そのジェルキングの期間をある方法で短縮する事もできる! 後でコッソリ話すから、まあ待っといてくれよな。 ジェルキングはどれくらいの期間で結果を期待できるのか? ジェルキングについてさっきも触れたけど。 結果が出るまでにどれくらいの期間がかかるのか?って話し。 まあ気になるよな。 ちなみにオイラもチントレやってるけど、もう1年は続けている。 多くのチントレ愛好家の人たちも、年単位でチントレしてるんだわ。 実際にジェルキング愛好家の方たちに聞いたけど(笑) やっぱり半年くらいは結果が出るまでに必要だってこと。 半年経てば大きくなっているのが見て分かるらしいぞ。 ビフォアアフターを見たけど、一回りは大きくなってたね。 まあ、ただ殆どの人がこう思ったに違いないね。 『半年か・・・。 長いしダルいなぁ。。。 』 まあ分かる(笑)効果が出るかどうか分からないのを半年続けるのは相当根気が必要。 ダイエットみたいにすぐに数字に出ればまだできるんだけどな。 でもそれを 3ヶ月に短縮する方法なら知ってるぞ! それは ジェルキングと一緒にサプリメントを利用することなんだ。 ジェルキングでしっかりと血流を上げて亀頭に送り込んでいるはずなんだけど。 増大サプリの中には血管を拡張してくれる成分の入ったものがあるんだな、これが。 一緒に使えば・・・。 亀頭だけでなくペニス全体にもっと多くの血流が流れて、チントレの効果が更にアップするってわけだ。 オレっちこの方法で、3ヶ月でかなりの結果を残すことが出来たんだぜ! 筋トレをやる時にプロテインを飲めば効果が倍増するのと同じように、チントレにサプリは必須アイテムなんだ。 ジェルキングをコツコツやるのであれば、絶対に増大サプリも一緒に摂取すべきだ。 効果が出るとチントレも続けよう!ってモチベーションが上がるから一石二鳥だな。

次の