ヴァニラ ファッジ。 ティム・ボガート

7人家族の真ん中で。

ヴァニラ ファッジ

ティム・ボガート、1972年 ティム・ボガート( Tim Bogert、 - )は、出身の、。 略歴 [ ] を経てプレイヤーとして活動を始めるが、時代の流れに迎合したにサックス不要と判断され、に転向せざるを得なくなる。 高校卒業後にベーシストとしていくつものバンドを掛け持ちする中でと出会い、ザ・ヴィジョンズを結成。 レコーディング中にバンド名をへ変更し、にレコード・デビューした。 ヴァニラ・ファッジはデビュー・アルバム『キープ・ミー・ハンギング・オン』が全米6位になるなど成功を収め、ボガート自身としてもとの強力なが注目された。 その後バンドは2年間で5作のアルバムを発表。 しかしその活動の中で不協和音が増し始めたためやアピスらと新バンド結成へ動くが、ベックの自動車事故もあって頓挫、新たにを結成してにデビューする。 に念願のベック・アピスとの再合流が実現し、1973年にとしてを発表する。 このトリオが消滅した後も、など様々なミュージシャンと精力的に活動。 外部リンク [ ]• この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の

Amazon Music

ヴァニラ ファッジ

AORに を追加。 4」と「Sabotage」を追加。 スマートフォン版 携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。 Ticket to Ride 2. People Get Ready 3. She's Not There 4. Bang Bang 5. Illusions Of My Childhood-Part One 6. You Keep Me Hanging On 7. Illusions Of My Childhood-Part Two 8. Take Me For A Little While 9. Illusions Of My Childhood-Part Three 10. Eleanor Rigby 1stアルバム。 大半がカヴァー曲だが、すべてバンドの色に染まっているからおもしろい。 「Ticket to Ride」はビートルズの名曲のひとつ。 テンポを落としてオルガンの音色濃く、ヘヴィな曲になってます。 名曲「You Keep Me Hanging On」は原曲はダイアナ・ロスがいたシュープリームス。 テンポを落としてバラード調にしてます。 イントロのサイケなインプロヴィゼーションが非常にインパクトがあるし、演奏もパワフル。 本家より知名度が高かったりします。 他の曲も原曲と比べてみるのもおもしろいでしょう。 Ain't That Peculiar 2. You Keep Me Hangin' On 3. Tearin' Up My Heart 4. Shotgun 5. People Get Ready 6. Take Me For A Little While 7. Good Good Lovin' 8. I Want It That Way 9. Need Love 10. She's Not There 11. Season Of The Witch 12. Do Ya Think I'm Sexy 再結成アルバム。 完全オリジナル・メンバーではないですけどアピスとボガートがいるだけでも十分価値あり。 相変わらずの最高のプレイが聴けます。 「You Keep Me Hangin' On」や「Shotgun」などの名曲が現代版でさらにヘヴィになったサウンドで聴けます。 ロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」も入っており、ヴァニラ・ファッジ風になるとサイケでヘヴィな曲に変身。 35年経っても恐るべきパワーを放ってます。

次の

ヴァニラ・ファッジの『キープ・ミー・ハンギング・オン』を聴く

ヴァニラ ファッジ

バンドのスタイルはいわゆる「」 に属している。 70年に解散した。 その後は様々な構成で再結成を繰り返し、現在はスタイン、マーテル、アピスのオリジナルメンバーと、ツアーから引退したボガートの代わりのピート・ブレミーの4人で活動している。 バンドは「サイケデリックとヘヴィメタルのリンクとなった数少ないアメリカのバンドの一つ」とされる。 バンド名の由来は、当時ので販売されていたの商品名。 1960年代後半、公民権運動や、に対する反戦運動に端を発した価値観の転換が契機となって、芸術や音楽の分野でも、「」や「」、「フラワー」「・ムーブメント」といった若者のムーブメントが登場した。 そんな中、約3分前後で終わり、ラジオ向けであったやロックンロールのありかたに対して不満を抱いた芸術志向の音楽家たちが、演奏時間や表現手段の拡大を目指して作品を発表し始めた。 その流れのひとつとして、ヴァニラ・ファッジを捉えることが出来る。 ラジオの都合を無視した長尺の曲などは、彼らの個性の一つだった。 10月には、ロングアイランド・ミュージック・ホールで殿堂入りをしている。 二人はのスウィンギン・サウンドとオルガンの洪水に感銘を受け、マーテルとバンドのドラマーであったジョーイ・ブレナンと共に、自身のバンドを結成することを決めた。 当初彼らはバンド名を ザ・ピジョンズとしたが、1966年にブレナンに代わってアピスが加入、バンド名も ヴァニラ・ファッジと改名した。 バンドはその後、のメンバーでニューヨークでいくつかのクラブを経営していたフィリップ・バジーレによって「発見」されマネージメントを受ける。 最初の3枚のアルバム(『キープ・ミー・ハンギング・オン』『ザ・ビート・ゴーズ・オン』『ルネッサンス』)はラスカルズを通じて知り合ったシャドウ・モートンがプロデュースした。 が1969年初めに最初のアメリカ・ツアーを行ったとき、彼らはいくつかのショーでヴァニラ・ファッジをサポートしている。 バンドの最大のヒット曲は「 」 1967 である。 ファースト・アルバムからシングル・カットされた同曲は、元々はモータウンのが歌って全米No. 1となった曲 である。 3分くらいだったオリジナルを、スローでサイケ色が強い「7分の曲」にアレンジし、フル・ヴァージョンを収録したアルバムがヒットした。 またレコード会社の意向で3分ほどに短縮されたシングルは、ビルボード・チャート6位まで上昇した。 この曲のメインヴォーカルを担当したのはマーク・スタインである。 ヴァニラ・ファッジのメンバーはのファンであり、「」と「」を含む彼らのナンバーをカヴァーした。 デビューアルバムの最後には「」の一節「 there's nothing to get hung about. 」が引用されている。 その後ボガートとアピスは を結成する。 1972年、二人はカクタスを脱退しと共に を結成した。 しかしそれはかなわず、結局スタインは代わりにガルーツィと共に新しいバンド、 ブーメランを結成した。 ピジョンズ時代の録音は1973年にドイツで『 While the World was Eating Vanilla Fudge. 』のタイトルでリリースされた。 にバンドは解散したものの、その後数回再結成している。 にが『ベスト・オブ・ヴァニラ・ファッジ』をリリース、それに合わせて再結成を行った。 にはニューアルバム『ミステリー』を発表した。 マーテルはこのときの再結成には加わらず、ロン・マンキューゾがギターを担当した。 このアルバムではジェフ・ベックも「J. トード」の変名でゲスト参加している。 バンドは、88年に再結成ツアーを行った。 このツアーにはポール・ハンソンがギターで参加した。 同年5月14日には40周年記念コンサートに参加、このときはラニー・コードラがギターで参加している。 その後、それぞれのメンバーは他のプロジェクトに参加するため別々に活動した。 にアピスは のバックバンドの元メンバー、デレク・セント・ホームズ(ギター、ヴォーカル)、マーティン・ガーシュウィッツ(キーボード、ヴォーカル)、トム・クルーシェ(ベース、ヴォーカル)と共にヴァニラ・ファッジを再結成、ツアーを行った。 彼らはまた、アルバム『 The Best of Vanilla Fudge - Live. 』をリリースした。 このアルバムは以前の曲の再録と新曲3曲が収められた。 に病気のボガートに代わってピート・ブレミーとがベースで参加、にはライヴアルバム『 The Real Deal - Vanilla Fudge Live,』をリリース、これはポール・ハンソンがギターで参加した1987年のツアーを収録した物であった。 このアルバムにマーテルがギターとヴォーカルをオーバーダビングした。 2003年から2005年にかけてバンドはテディ・ロンディネリがギターで加わってツアーを行った。 、オリジナルメンバー4人で再結成したヴァニラ・ファッジは(ライダーズ・オン・ザ・ストームとして)、、またある地域ではと共にツアーを行った。 パスカリは2005年、のライブにスタインに代わって参加し、その後ニューラスカルズに加わった。 同年10月15日、ヴァニラ・ファッジはらとと共に入りした。 式典ではが賞を授与した。 夏、のミニシリーズ「」の最終話で「キープ・ミー・ハンギング・オン」(パスカリのリード・ヴォーカル)が使用された。 バンドはまたアルバム『アウト・スルー・ザ・イン・ドア』(レッド・ツェッペリンのカヴァー・アルバム。 タイトルは『』から。 )を録音、同年にのみでリリースされた。 また、バンド(スタイン、マーテル、スティーヴ・アージー、ジミージャック・タンブロ)はのプログラム「 My Music: My Generation - The '60s」で「キープ・ミー・ハンギング・オン」を演奏した。 3月、バンドのオリジナルラインナップでアメリカツアー(ほとんどはニューイングランド)を始めた。 しかしながらその夏にボガートとアピスは2006年に再結成したでの活動に集中するためバンドを離れた。 スタインとマーテルはドラムのジミージャック・タンブロ、ベースのピート・ブレミーと共に「 Let's Pray For Peace,」と銘打ってツアーを続けた。 アルバム『アウト・スルー・ザ・イン・ドア』は同年にアメリカでもリリースされる。 この間、スタインとマーテルはスティーヴ・アージー、ジミージャック・タンブロと共に演奏を行った。 春、ヴァニラ・ファッジはフェアウェル・ツアーを開始した。 ツアーのラインナップはアピス、スタイン、マーテル、ブレミーであった。 同年3月29日、バンドは「」に出演し、「キープ・ミー・ハンギング・オン」を演奏した。 バンドはこのラインナップで2011年から2月までヤードバーズと共にツアーを続けた。 、8年ぶりの9thアルバム『Spirit Of '67』を発表。 メンバー [編集 ] 現ラインナップ [編集 ]• ヴィンス・マーテル - 1966-1970, 1999-2003, 2004-現在• - 1966-1970, 1982-1984, 1987-1988, 1991, 1999-2008, 2009-現在• ピート・ブレミー - 2002, 2008, 2011, 2011-現在• ピート・ブレミー B 2012年 旧メンバー [編集 ]• - ベース 1966-1970, 1982-1984, 1987-1988, 1999-2002, 2003-2008, 2009-2011• マーク・ドルフェン - ドラムス 1967• ロン・マンキューゾ - ギター 1982-1984• ポール・ハンソン - ギター 1987-1988• ラニー・コードラ - ギター 1988• デレク・セント・ホームズ - ギター 1991• - ベース 2002• テディ・ロンディネリ - ギター 2003• ジミージャック・タンブロ - ドラムス 2008-2009• スティーヴ・アージー - ベース 2008-2009 タイムライン [編集 ] ディスコグラフィ [編集 ] スタジオアルバム [編集 ] 年 アルバム 1967 キープ・ミー・ハンギング・オン 6 1968 ザ・ビート・ゴーズ・オン 17 1968 ルネッサンス 20 1969 ニア・ザ・ビギニング 16 1969 ロックン・ロール 34 1984 ミステリー - 2002 ザ・リターン - 2007 アウト・スルー・ザ・イン・ドア - 2015 Spirit Of '67 - コンピレーションおよびライヴアルバム [編集 ]• ベスト・オブ・ヴァニラ・ファッジ 1982• The Best of Vanilla Fudge - Live 1991• Psychedelic Sundae - The Best of Vanilla Fudge 1993• The Return - Live in Germany Part 1 2003• The Real Deal - Vanilla Fudge Live 2003• Rocks the Universe - Live in Germany Part 2 2003• Good Good Rockin' - Live at Rockpalast 2007• Orchestral Fudge live 2008• When Two Worlds Collide live 2008• Borthwick, Stuart; Moy, Ron 2004. Popular Music Genres: An Introduction. Edinburgh: Edinburgh University. 0-7486-1745-0. 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• , p. 138 " In the main, the earliest manifestation of metal in the mid to late 1960s and known at the time as 'rock' or 'hard rock' can be found in the work of groups such as The Yardbirds, Cream, and the Jimi Hendrix Experience in Britain, and Blue Cheer, Steppenwolf, and Vanilla Fudge in the US. Real Sound. 2017年11月16日閲覧。 2000. The Great Rock Discography 5th ed. Edinburgh: Mojo Books. 1030. 1-84195-017-3. 73年にスティーヴィー・ワンダーの「迷信」をハードにカバーした曲を含むアルバムを発表している• 共和党とドナルド・トランプを熱烈に支持している• amass 2015年2月3日. 2017年11月16日閲覧。 Rees, Dafydd; Crampton, Luke 1989. Billboard Publishing. 0-8230-7609-1. MusicMight - The World's Biggest Rock Resource On The Web. 2006年9月30日閲覧。 Official Homepage. 2006年9月30日閲覧。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の