ソ イングク 彼女。 ソイングクとウンジのキスシーン動画がヤバイ?歴代彼女と現在の熱愛は?|韓国ドラマネタバレサイト

ソイングクのキスシーンは舌あり?!顔が美しすぎると話題に

ソ イングク 彼女

スポンサーリンク ソ・イングク プロフィール 名前:ソ・イングク 漢字: 徐 仁國 生年月日:1987年10月23日 出身地: 韓国慶尚南道蔚山市 現・蔚山広域市 南区 学歴:東国大学校大学院在籍 身長:180㎝ 体重:68㎏ 血液型:B型 職業:歌手、俳優 事務所:BS COMPANY 韓国 Irving 日本 【主な出演作品】 <テレビドラマ> 『応答せよ1997』 『主君の太陽』 『ショッピング王ルイ』 <アルバム> 《日本》 2013年『Fly Away』 2014年『Everlasting Love』他 《韓国》 2012年 《운명》 運命 KBSラブレインOST 2009年『부른다』 呼ぶよ 2012年 《All for you 》tvN応答せよ1997OST 2012年 《우리 사랑 이대로》tvN応答せよ1997OST 2013年 《겁도 없이》 恐れもせず SBS主君の太陽OST 2014年 《돌아오는 길》 帰ってくる道 tvNナイショの恋していいですか?! OST 2017年 《꽃》 花 tvN明日、あなたとOST ーー他。 ソ・イングクさんは 2009年、Mnetの韓国の人気オーディション番組『 スーパースターK』に出演しました。 そして、その番組で優勝したのち、歌手としてデビューしました。 そして、そののち俳優としても実力を示し、 2012年の主演ドラマ「 応答せよ1997」で 大ブレイクしました。 スポンサーリンク ソ・イングクの歴代彼女は? そのルックスで女性ファンを虜にしているソ・イングクさん。 勿論、そんなソ・イングクさんにも熱愛の噂もいくつかあったようですね。 調べられた範囲で見ていきたいと思います。 少女時代|サニー 勿論、仲の良い先輩後輩だと、熱愛説は否定しています。 A pink|チョン・ウンジ 「応答せよ1997」で共演後、1年くらい何度も熱愛説が出て、公式な場で否定して、ようやく収まったようですね。 少女時代|ユナ 野球場に一緒にいる所を目撃され、熱愛説がでたようですね。 勿論、誤解で、他に目撃情報もないので、すぐに噂も収まったようですね。 こうして、どれも噂だけで彼女ではありませんでしたね。 すぐに噂が出てしまうのも、人気者の証というわけですね。 スポンサーリンク ソ・イングクの現在の彼女はイ・ハナ? イ・ハナ プロフィール 名前:イ・ハナ 生年月日:1982年9月23日 身長:173cm、体重:50kg 職業:タレント、女優 学歴:壇国大学生活音楽科 趣味:写真&旅行 熱愛の噂で、女優のイ・ハナさんもでましたね。 ドラマ『 高校世渡り王~ナイショの恋していいですか!?』 このドラマで共演して、その中で、胸キュンなシーンが話題となり、ファンもときめいたようです。 ドラマの撮影現場でもかなりのよい雰囲気だったと言われています。 また、そのせいか、それが熱愛説に繋がったようですね。 勿論、この熱愛説も噂だけだったようなので、真相は分かりませんけどね。 実際、2人でデートをしているなどの目撃情報もなかったようです。 ここまで全部噂でしたが、2017年12月6日、所属事務所が、俳優兼歌手のソ・イングクさんが 歌手の パク・ボラムさんと 交際して1年6ヶ月と認めましたね。 kstyle. com スポンサーリンク まとめ 歌手として、俳優としても人気のソ・イングクさん。 人気者らしく、色々噂もありましたね。 でも、結局実際に交際していた現在の彼女は、イ・ハナさん達ではなく、歌手のパク・ボラムさんでしたね。 これからも、仕事も恋も頑張って欲しいですね。 スポンサーリンク.

次の

カンギヨンのインスタとプロフィール!熱愛彼女は?ソイングクとの関係について

ソ イングク 彼女

そもそも「38」って何? 何かの符号? 暗号? 韓国通ではない私にとってはさっぱりピーマンなんですが、ちょっと調べてみたところ「なるへそー!」となりました。 このドラマの舞台となっているソウォン市のモデルは、韓国の首都ソウル。 ソウル市には「38税金徴収課」という部署があり、そこにはあの手この手で滞納された地方税を徴収する「38機動隊」チームが実在している。 また「38」という数字は、「納税の義務」をうたった大韓民国憲法第38条に由来。 「사기」は、日本語で「詐欺」。 「기동대」は、日本語で「機動隊」。 で、原題の「38사기동대」は、実在する38機動隊の名前に引っ掛けた「38詐欺機動隊」というような意味になるようです。 なるほど、まさに現実の韓国を知っている人には、すぐにピンとくるような題名だといえますね。 その仕事は、滞納されている地方税を取り立てること。 しかしわずかな滞納で家財を差し押さえられる貧しい人がいる一方で、何億もの滞納税があるにもかかわらず、野放しにされている富裕層がいるのが現実です。 法は平等をうたっておきながら、実際には少しも平等ではありません。 それをわかっていながらも、一役人の分際ではどうすることもできないでいます。 そんななかペク・ソンイルは、車の個人売買をエサに詐欺師になけなしの貯金をまきあげられてしまいます。 仕事ではうまくいかないし、上司にはイヤミを言われるし、その上サギに遭うなんてまさに踏んだり蹴ったりな毎日。 このペク・ソンイルにサギを働いたのが、 もう一人の主人公、ヤン・ジョンド(ソ・イングク)。 しかしヤン・ジョンドとの出会いが、その後の人生をガラッと変えてしまうことになろうとは、この時は思いもよりません。 人のいい小役人だったペク・ソンイルでしたが、公務員でありながら詐欺師に仲間入りし、詐欺によって滞納税の徴収をするというウルトラ力技をやってのけようというのです。 まずは手始めに、 「国税+地方税で約60憶ウォンの滞納があるマ・ジンソクをどうやって騙し、納税させるか?」。 のっけからハラハラドキドキの展開となっています。 キャスト(登場人物) ペク・ソンイル(マ・ドンソク) ソウォン市税金徴収局3課の課長をしている。 「年金をもらう年まで勤め上げる」ことだけを目標にする中間管理職の役人だったが、多額の税金を滞納しているくせに、金で横っ面を張るようなマ・ドンソクの態度に我慢ならなくなり、ついに詐欺師のジョンドと組むことに。 朴訥で真面目な性格。 いろんなところでお目にかかる俳優さんですよね、どうやら韓国の芸能界では重鎮らしい? キャラ設定として「はじめはオドオドしてたのにだんだん詐欺師が板についてきて、詐欺師よりも堂々と詐欺している」って感じが笑えます。 「あの」キメ台詞を言ったり、最終的な立ち位置を考え併せると、主役はジョンドではなく、この方だと思います。 チョン・ソンヒ(少女時代スヨン) ペク・ソンイル課長の部下。 かつて詐欺師とは知らずジョンドと恋人同士になり、その後彼に手ひどく振られた経験があり、心に深い傷を残している。 純朴でまっすくな性格、正義感が強く、お人よしのペク課長がジョンドにカモられているんじゃないかと心配している。 「元カレは~」の邦題なら準主役なのでしょうが、本編のスジからすると明らかに38詐欺グループのさらに外側の位置にいるため、この並びになりました。 みんなどこかしら「狂気」を持っている濃いキャラの中、唯一まともな常識人です。 金のためならどんな奴も全力で騙す天才詐欺師ジョンドの「唯一の良心」的な存在として、あるいみ重要な役割を果たしています。 ううむ、この右上のピンク色のロゴタイトルが、違和感満載ですが。 ラブコメじゃないドラマにラブコメっぽいタイトルをつけ女性視聴者を釣ろうとする詐欺的手法を使うことで、詐欺ドラマを別角度から演出しようという意図でしょうか。 「ここ!」という絶妙なタイミングで、キメ顔 or キメ台詞、そしてハイここで主題曲オン!・・・みたいな。 とくに、次に挙げるテーマ曲2曲は、痺れるように響くエレキギターが、ロックでドライなイメージを盛り上げていますよね! サイコーじゃないですか? サイコーですよね! もう一つ、作中使われている曲が気になるかなぶん。 例えば、ペク・ソンイル氏がマ・ジンソク氏に 「あんた詐欺に遭ったんだよ」とネタばらしされるシーン。 マ・ジンソク氏は、ペク氏に手を合わせて懇願し、次に恫喝し、混乱のあまりつかみかかり、最後おかしくなって笑いだします。 ああ、なんかいろいろ・・・このシーンとこの曲を挟むセンスにきゅんとくる・・・ 「風の便りに聞いたのだ(和訳)」という題名の曲です。 1980年代に活躍した、 ハム・ジュンアという歌手が歌っています。 余談ですが・・・ 実はこの曲、暴力団抗争を主題にした 映画「悪いやつら」(2012年公開)に使われていたテーマ曲。 この映画「悪いやつら」には、マ・ドンソクさんが主人公の義弟として出演しており、作中、暴力団組員が横並びに歩く大迫力のワンシーンがあります。 「元カレは~」の、例のシーンと非常によく似ていますよね。 この映画のオマージュとして、あえて挟まれた演出だったのかもしれません(あくまでも想像ですが)。 まずは監督との出会いについて。 僕が自分の演技を見て満足した作品は『38師機動隊』だと言えます。 ファン・ドンファ(原文ママ)監督に会ったことが大きいですね。 これまで僕が考えて目指していた演技ができず、自ら答えを決めておいた演技をしていました。 ファン監督に会い、そういったことがなくなったんです。 ファン監督が『君が表現するのが少なくて、演技ができないと言われるかもしれないが、私だけを信じてついてきなさい』とおっしゃったんです。 その時から楽に、気持ちが湧き上がるとおりに演じました。 演技人生のターニングポイントだと言いたいですね。 また、演技について現在の考え方は・・・ 今は演技が段々と難しくなり、ストレスがたまる時もあります。 演技を始めた時は下手でさえなければいいという思いでした。 今は僕が表現しようとすることを、見る人に正確に理解してもらえたら本当に幸せです。 顔には出さないけど妙な感情があるのが好きです。 状況は悲しいけど表情に出さないのを見て、悲しいことを感じてもらいたいですね。 そこが魅力でもあるのですが・・・うふふ。 ドラマでは、パン・ピルギュを逮捕するまでは順調だったジョンド達ですが、ラスボスであるチェ会長に近づくほど、雲行きが怪しくなってきますね。 裏切りや寝返りによって、計画が中断してしまったり、思わぬアクシデントに見舞われたり。 それにつれてジョンドの顔色も、次第に冴えないものになっていってしまいます。 少し疲れたような笑い方も、ファンにとっては非常にキュンとくるのですが。 自らを鼓舞するような大げさなリアクションを排し、極限まで余計な感情をそぎ落とし、リアルなジョンドを追求する感じ。 すごくよく伝わってきます。 「本心を隠す」ような演技の手ごたえを、ジョンドを演じることを通じて感じていたのかもしれませんね。 イヤもう全然いいですそれで構いませんカンケーないです。 ソ・イングクさんが、この世に生きていて、元気でさえいてくれたら。 ソ・イングクさんになら騙されてもいいと思わせる魅力ってどんだけ~!って感じですが。 ジョンドが好きなミジュの気持ちが、痛いほど理解できます。 完全に、ジョンドとソ・イングク氏を混同しているのですが。 それほど、強烈な魅力に取りつかれるドラマだったといえるのかもしれません。 最後までどうなるかわからず、目が離せないドキドキハラハラだった「元カレは天才詐欺師~38師機動隊」。 最終話まで、本当に、本当に、面白かったんだよ~! ・・・しかしラストだけは納得できない、なぜなんだ。 「バッドガイズのパク・ウンチョルと邂逅する」というオチをつけているのですが・・・これではあまりにも、あまりにもジョンドが浮かばれません(泣)。 詐欺師とはいえ、私利私欲のために詐欺を働いたわけでもなく、むしろ義賊じゃないですか。 ジョンドはこれまで苦労したぶん、幸せになる権利があると思うのです! ハワイに高飛びして、優雅にバカンスしちゃうくらいでもいいんじゃないかと、個人的には思ってる(小声)。 ご本人も「悔しい」とおっしゃっていましたが、今後いろんな場面でも彼の負い目になるかと思うと本当に気の毒です。 ・・・と同時に「帰宅命令が出るほど、ヒドイ骨軟骨病変を抱えていたならさぞ痛かっただろうに」と、足の状態が心配でなりません。 何かとハードなドラマの撮影現場。 今回のドラマでも警察に追っかけまわされて、堅いアスファルトの上を走りまくるシーンがたびたびありました。 今後も俳優を続けていく以上、アクションシーンは避けて通れないわけで。

次の

ソ・イングク「彼女がアイドルファンだったら?死ぬまで喧嘩するかも…」

ソ イングク 彼女

ソ・イングクとは 2009年に韓国のオーディション番組「スーパースターK」で優勝し歌手デビューを果たしたソ・イングク。 2012年には人気ドラマ「ラブレイン」に出演し、俳優としての活動も開始した。 その後も歌手活動と並行しながら「応答せよ1997」などの話題作に出演するなど人気を博している。 そんなソ・イングクと熱愛が噂されたのはどんな女性なのだろうか? 【関連記事】• ソ・イングクの熱愛彼女1人目はユナ 1人目は少女時代のメンバーとして韓国や日本のみならず世界中から人気を集めているユナ。 女優やモデルとしても活躍中だ。 ソ・イングクとユナの熱愛説が浮上したのは一緒に野球場にいるところを目撃されたことがきっかけだった。 プライベートでデートをしていたのではないかという噂が広まったのだ。 しかしソ・イングクはその熱愛説を全面否定。 野球観戦中に偶然会い、挨拶をしただけだという。 もともとソ・イングクをユナはドラマ「ラブレイン」で共演し、親しい友人として過ごしていたようだ。 テレビ番組で堂々と否定していることからも信憑性は限りなく薄いと思われる。 本当に仲の良い友人なのだろう。 ソ・イングクの熱愛彼女2人目はApinkウンジ 2人目は大人気女性グループApinkでメインボーカルを務めているウンジ。 ソ・イングクとウンジは2012年に放送されたドラマ「応答せよ1997」で共演し、熱愛の噂が囁かれるようになった。 ドラマ中でも2人は恋人の役を演じ、とても自然な演技で好評を得た。 本当に付き合っているかのように見えた人も多いことだろう。 キスシーンなどもあったため、ウンジはメンバーにソ・イングクの元に嫁ぐしかないとも言われたようだ。 また、テレビの番組ないでソ・イングクがウンジに愛していると告白したところ、負担だと拒絶されたことも。 共演者として出会った2人はとても親しい友人になったのだろう。 熱愛の噂はドラマの延長線上に浮上したものだと思われる。 ソ・イングクの熱愛彼女3人目はサニー 3人目はユナと同じく少女時代のメンバーとして活躍しているサニー。 ソ・イングクとサニーの熱愛はインターネット掲示板によって噂されるようになった。 メディアでも報道され、目撃談なども浮上し、信憑性が高いと思われた。 ソ・イングクとサニーの出会いは少女時代のメンバーユリがきっかけだったと言われている。 ユリとソ・イングクは2013年に映画「君に泳げ!」で共演している。 ユリの紹介で出会った2人は親しい関係になったようだ。 だが双方の事務所は公式的に熱愛説を否定。 親しい仲なのは事実だが、恋人関係ではないということだ。 サニーは直接自身がDJを務めるラジオ番組でも親しい先輩、後輩の間柄だと語っている。 今まで様々な人気アイドルと熱愛の噂が囁かれたソ・イングク。 だが未だに公式的に熱愛を認めたことはない。 歌も演技も、様々な才能を持ったソ・イングクの活躍と共に、これからの熱愛説にも注目していきたい。 【関連記事】•

次の