コノハ ウィング。 コノハウイング@エックスサーバーの違いどっちがいい【2020最新版】

コノハウィング(ConoHa WING)がオススメの理由とは? 月間100万PVでも安心して使えます

コノハ ウィング

VPSとは、複数のユーザーでサーバーを共有する点では通常のレンタルサーバーと同じですが、ユーザーごとに仮想サーバーが割り当てられ、専用サーバーのように使えるサービスのこと そして、ブロガーなら誰もが知っている『』もGMOが運営しています。 つまり、ConoHa WINGの運用歴が短くても母体の会社『GMO』の信頼性が高いため、それほど心配することはありません。 ここでもエックスサーバーと比較をしてみましょう。 以下は、実際にGoogle検索をした時の結果です。 エックスサーバーの検索結果 検索結果数:約779万件 ConoHa WINGの検索結果 検索結果数:約29万8千件 なんとConoHa WINGの検索結果数は、エックスサーバーの25分の1です。 月額利用料金が最大33%オフ• 独自ドメインが永年無料• サーバー名 プラン名 月額利用料金 ConoHa WING (WINGパック) ベーシック 900円 スタンダード 1,950円 プレミアム 3,900円 エックスサーバー X10プラン 1,000円 X20プラン 2,000円 X30プラン 4,000円 MixHost スタンダード 980円 プレミアム 1,980円 ビジネス 3,980円• ConoHa WINGにしたら表示速度が速くなった• バックアップなしでサーバー移行できる• サーバー移行後のタイムラグがない ConoHa WINGの最大の特徴である『表示速度』を体感されている方が多いです。 そしてサーバー移行については、初心者だと難しい面もあるかもしれませんが、WordPressかんたん移行ツールがあるため比較的簡単にサーバー移行することができます。 ConoHa WING コノハウィング はデメリットを感じさせない 結論として、ConoHa WINGはデメリットをまったく感じさせず、初心者におすすめのレンタルサーバーです。 最近ではSEOにおいてページ表示速度が重視されており、Googleからも今後は表示速度の区分けを細かくして、検索順位に反映させることが示唆されています。 にはいろいろな方法がありますが、初心者には難しい作業が多いため、利用するだけで速度が向上するレンタルサーバー『ConoHa WING』は魅力的です。

次の

ワードプレス始めるならコノハウィング(ConoHa WING)!最速サーバーの特徴を紹介

コノハ ウィング

ドメインのファイルディレクトリは最初は空っぽ ConoHa WINGで登録しているドメインのファイルディレクトリは、最初空っぽになっています。 FTP接続して、ファイルをアップロードするためには、ConoHa WINGでは、そのFTPアカウントを管理画面から自分で作成します。 (多くのレンタルサーバーは自動的に割り当てられますので、作成が少し手間ですが、しかし、アカウントごとにアクセス制限をかけられたリするので、じつはありがたいサービス機能です。 ユーザー名、パスワード、接続許可ディレクトリを設定したら、保存をクリック。 これでアカウント完成です。 アカウントをクリックすると、ドロップダウンで、アカウント情報が一覧できます。 今回はマスターアカウントなので、とくにディレクトリの制限はかけていません。 もし、他の人で一部だけFTP接続して欲しい時などは、ディレクトリで制限かけられるので、これは便利機能だと思います。 さっそくFTP接続! なんでもいいので、FTP接続するソフトで、先ほどのアカウント情報を入力し、ConoHa WINGのサーバーにつなげてみます。 こちらがルートディレクトリ。 (それ以外は基本的に触らないように。 中身には「error」というフォルダのみ入ってます。 なんかしらエラーが生じた時にログファイルでも保存してくれる仕様なのだと思います。 とりあえずスルーです。 試しに静的ファイルをアップロードして置いてみます。 ドメインのURLに接続すると、index. htmlの中身がきちんと反映されました。 ただ、これだけの話です! ドメインの紐づけが終わり、FTPでファイルの送受信ができるようになったので、あとはサイトをのっけて運用するだけです! もし、wordpressサイトを作成するのであれば、データをベースの準備も必要になりますので、こちらの記事も参考になさってください。 コノハウィングの関連リンク.

次の

【ConoHa WING(コノハウィング)の評判は嘘】エックスサーバーと比較で分かる真実は?

コノハ ウィング

ConoHa WINGの基本スペック 項目 詳細 初期費用 無料 月額料金 1,200円~ 支払方法 クレジットカード、ConoHaチャージ 運営会社 GMOインターネット株式会社 料金プラン プラン 月額料金 初期費用 容量 WordPress利用 ベーシック 1,200円 無料 SSD 200GB 利用可能 スタンダード 2,400円 無料 SSD 300GB 利用可能 プレミアム 4,800円 無料 SSD 400GB 利用可能 リザーブド 1GB 1,500円 無料 SSD 200GB 利用可能 リザーブド 2GB 3,000円 無料 SSD 300GB 利用可能 リザーブド 4GB 6,000円 無料 SSD 400GB 利用可能 スペック プラン 独自ドメイン MySQL 転送量 メールアドレス ベーシック 無制限 60個 2. ConoHa WINGの特徴 高性能サーバーで国内最速を実現 ConoHa WINGですが、2018年9月時点で 国内最速のレンタルサーバーであることが報告されています。 第三者ツールを用いて計測されているので事実だと言えます。 2位に2倍の差を付けていることから、今後も簡単には抜かれない速度を実現していることになります。 ちなみにこのサイトはConohaのWING使ってて、キャッシュ効かせない状態でもJINで4秒になる。 ダッシュボードのスピードが全く違うので、記事作成を時短したいけど、クサナギまでいらんって人はマジでConohaマジでおすすめ。 遷移して確かめてみて欲しい。 ほんと速いから。 — ユウ 法人アフィリエイター mokume7 試しに1つのサイトをConoHa WING に変えてみたけど、これ本当に尋常じゃなく早いね。 高速性と安定性を組み合わせたサーバーで、それぞれの得意な処理を役割分担させています。 【ConoHa WINGのスピード計測結果】 xserverから移転して読み込み速度計測しました。 噂に違わぬパフォーマンスですね。 コントロールパネルも使いやすくて好印象。 移転も手順は簡単でした。 初期コストを抑えて開始できるのがメリットになります。 まあConoHaとかEC2なら好き勝手サーバー立てたり壊したりしても初期費用掛かったりしないのでそれもそれなんだけど — いなば kohinaba Conoha、初期費用も最低利用期間もなくて1時間単位の課金なので気軽ににサーバー構築&爆破ができるのが強みだな。 WINGも3回ぐらい爆破してしまった。 パット見ただけでどこにどの機能があるか、視覚的にわかりやすい工夫がされています。 サーバー設定が初めての方でも、迷うことなく行えることがメリットになります。 先月から所有サイトを、XSERVER からConoha WING に移行している。 管理画面のシンプルさとか、肝心のサイトの表示速度はConoha WINGにやや軍配かな。 Cyfons のインストールの仕方がわかれば完全移行したいくらい。 更新作業も自動で行ってくれるので便利です。 会社のサーバーをConoHa Wingに移転作業中。 常時SSL化しようと. htaccessに301リダイレクト書いたらリダイレクトループに陥った。 調べたらSSL設定すると自動でリダイレクトかかる仕様らしい。 ついでにSSL対応も。 移行が楽で感激した。 それはそれとして、このはちゃんは清楚かわいい。 — 高町ぐずり ゲムマ日曜G01-02 guzuri 安定性を重視したリザーブドプラン ConoHa WINGには、 「リザーブドプラン」と呼ばれる 安定性重視のプランが提供されています。 リザーブドプランは他ユーザーと共有したサーバースペースを利用せず、一定量のメモリ・CPUが各自に割り当てされています。 そのため他ユーザーの利用状況に影響を受けることなく、安定したサイト運営を行っていくことが可能です。 conoha、知らん間にwingとかいうレンタルサーバー始めてたんだけど、リザーブドっての面白いな。 ベーシック、スタンダード、プレミアムは他のユーザーとリソースを共有する一般的なレンタルサーバーのプランです。 リザーブドはメモリやCPUのコア数をユーザーごとに割り振り、他のユーザーの影響を受けにくいプランです。 だそうだ。 利用できる書体はTypeSquareの全30書体です。 利用可能書体 A1 明朝、リュウミン R-KL、新ゴ R、ゴシック MB101M、ゴシック MB101B、見出ゴ MB31、ヒラギノ角ゴ W2、じゅん 201、じゅん 501、新丸ゴ R、キャピーN、UD新ゴコンデンス 90 L、UD新ゴコンデンス 90 M、UD黎ミン R、UD黎ミン B、TBUDゴシック R、TBUDゴシック E、丸フォーク M、フォーク M、はるひ学園、シネマレター、G2 サンセリフ-B、すずむし、トーキング、ハルクラフト、那欽、陸隷、新ゴ 太ライン、DSダダ、DSそよ風 上記のwebフォントが1ドメインのみ無料で利用可能です。 いままで、CSSのfont-familyにデバイス標準フォントまたは欧文webフォント以外を指定することは当たり前のように避けてきたわけだが、よく考えたらモリサワなんかはほとんどのデザイナーは持っているわけだし、リストの頭にちょこっと追加しておいても別にいいよね。 過去14日間分のデータをバックアップしていますので、万が一の時でも復元することが可能です。 サイト作成をワードプレスで行っている場合、設定を少しいじっただけでサイトが表示されなくなることも多いので、自動バックアップ機能が標準で付いていることがありがたいですね。 conoha wingはパッと見速いだけのレンタルサーバだけど、PHPだけじゃなくてRubyもPythonも使えるしsshでgitも使えるしMySQLも管理せずに使えるしバックアップも自動でとってくれる。 メールのアカウントも無制限に作れるし至れり尽くせり感あるよね。 — ワタナベ watanabe9434 スマホアプリがある ConoHa WINGでは、 スマートフォン用の専用アプリが提供されています。 アプリ上でサーバー状態を確認できたり、アクセス解析等も行えます。 手元にパソコンがなくても、どこでも手軽にサーバー管理を行えることがメリットになります。 このツールを利用することで、他社レンタルサーバーで利用しているワードプレスを1クリックで移行することが可能です。 設定も不要で簡単にワードプレスの引っ越しを行うことができます。 追加料金もかからず、全て無料で移行できます。 それにWordPressかんたん移行がすごすぎる、ワンボタン押しただけで移行が完了した こちらでやったことはデフォでインストールされたプラグインの整理だけ、あとは今までどおり。 Xserverとか早いって言われてるけど。 ワードプレスとか簡単なページ作るだけならWingがオススメです。 月額1000円かからないし。 — スミヨシ🍎外国人へのなめらかな社会 rskwork 知り合いのサイトを立ち上げるために、ConoHa WINGを契約。 まだ、WordPressインストールしただけの状態だけど、体感的には早い。 今後、プラグイン入れたりしたら、どうなのか楽しみ。 サイトの表示はもちろんだけど、ワードプレスの管理画面がめちゃくちゃ早くて感動してる。 今まで感じてたストレスがなくなったよ。 冗談抜きで。 特にサーバー速度は推しているだけあって 文句なしのレベルです。 速度かつ安定性も重視したい方には「リザーブドプラン」がおすすめです。 最低利用期間もなく利用しやすいですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

次の