ミハイル・プレトニョフ。 ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル|ローチケ[ローソンチケット] クラシックチケット情報・販売・予約

楽天ブックス: シチェドリン:≪カルメン≫組曲 管弦楽のための協奏曲 第1番≪お茶目なチャストゥーシュカ≫・第2番≪鐘≫

ミハイル・プレトニョフ

父親の転勤に伴い、生後すぐ上海に移り6歳まで滞在。 幼少の頃より音楽に非凡な才能をみせ、3歳よりピアノを始める。 5歳で第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。 8歳の時から5年連続でショパン国際ピアノコンクールin ASIAで1位受賞。 2012. 年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにて最年少1位受賞。 2012年3月に日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサルよりCDデビュー。 その後、2013年「想い出」、「献呈~リスト&ショパン名曲集」、2014年7月2日「トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集」が発売されている(ユニバーサル ミュージック)。 2015年6月に新譜発売予定。 各地でのリサイタルに加え、2014年9月5日には初の海外公演を行い、台湾の高雄市交響楽団と共演。 2015年6~7月にはプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との初共演、日本ツアーが予定されている(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番)。 上海にて陳融楽氏 現在バンクーバー在住 、鄭曙星(上海音楽学院教授・ピアノ学科長)、日本にて金子勝子(昭和音楽大学・大学院教授)に師事。 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍。 ユーリ・スレサレフ(モスクワ音楽院教授)、ウラディミル・オフチニコフ(モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長)の各氏に師事。 「ショパン国際ピアノコンクール in Asia に参加したことは、僕にとって貴重な経験だったと思います。 このコンクールの魅力は、ファイナルでポーランドの有名な先生方に演奏を聴いていただけることなんですが、小学1年生で初めて参加した時はファイナルに進めず、ちょっと悔しい思いをしました。 翌年からは毎回第1位をいただき、2012年には年齢制限なしの部門で第1位となり、審査員の先生方から素晴らしいアドヴァイスをいただきました」 このコンクールで出会った審査員のピオトル・パレチニ氏のレッスンが、彼の演奏の大きな転換点になったという。 「それまで僕は、フォルテに向かっていく音楽をつくろうとしていたんです。 いかに大きく弾くか、フォルティッシモをどうやったら出せるかということばかり考えていました。 でも、パレチニ先生はピアニッシモに向かっていく音楽、静寂の中の緊張感、繊細な表現を教えてくださいました。 その頃の僕はガンガン、ちょっと汚い音で弾いていたと思うんです。 パレチニ先生のアドヴァイスを受けてから、音色や響きに耳を澄ませ、各声部の構成を考えてきめ細く表現しなければならないと思うようになりました」 もうひとつの大きな転機は、ロシアの巨匠ミハイル・プレトニョフに出会ったこと。 「ピアニストとして音楽に向き合う姿勢を一から学んでいます。 大きなホールの一番後ろまでピアニッシモの音を響かせる打鍵、フォルテの出し方など、技術的な練習方法も教えてくださいます。 ロシア・ピアニズムの核となる部分を学んで、音楽に対する考え方も変わったなと感じています」 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍し、モスクワ音楽院教授のユーリ・スレサレフ氏、モスクワ音楽院付属音学校校長のウラディーミル・オフチニコフ氏の指導を定期的に受けている。 「おふたりの教授は、細かいディテールではなく、作品の本質をとらえて大きな指針を示してくださいます。 技術面では、やはり打鍵です。 指だけで弾くのではなく、肩から上半身を使って鍵盤に重さをのせて、コロコロとボールを転がすように重さを移動させてパッセージを弾くことを学んでいます。 父親の転勤に伴い、生後すぐ上海に移り6歳まで滞在。 幼少の頃より音楽に非凡な才能をみせ、3歳よりピアノを始める。 5歳で第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。 8歳の時から5年連続でショパン国際ピアノコンクールin ASIAで1位受賞。 2012. 年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにて最年少1位受賞。 2012年3月に日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサルよりCDデビュー。 その後、2013年「想い出」、「献呈~リスト&ショパン名曲集」、2014年7月2日「トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集」が発売されている(ユニバーサル ミュージック)。 2015年6月に新譜発売予定。 各地でのリサイタルに加え、2014年9月5日には初の海外公演を行い、台湾の高雄市交響楽団と共演。 2015年6~7月にはプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との初共演、日本ツアーが予定されている(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番)。 上海にて陳融楽氏 現在バンクーバー在住 、鄭曙星(上海音楽学院教授・ピアノ学科長)、日本にて金子勝子(昭和音楽大学・大学院教授)に師事。 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍。 ユーリ・スレサレフ(モスクワ音楽院教授)、ウラディミル・オフチニコフ(モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長)の各氏に師事。

次の

変奏曲、バガテル集 ミハイル・プレトニョフ : ベートーヴェン(1770

ミハイル・プレトニョフ

父親の転勤に伴い、生後すぐ上海に移り6歳まで滞在。 幼少の頃より音楽に非凡な才能をみせ、3歳よりピアノを始める。 5歳で第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。 8歳の時から5年連続でショパン国際ピアノコンクールin ASIAで1位受賞。 2012. 年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにて最年少1位受賞。 2012年3月に日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサルよりCDデビュー。 その後、2013年「想い出」、「献呈~リスト&ショパン名曲集」、2014年7月2日「トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集」が発売されている(ユニバーサル ミュージック)。 2015年6月に新譜発売予定。 各地でのリサイタルに加え、2014年9月5日には初の海外公演を行い、台湾の高雄市交響楽団と共演。 2015年6~7月にはプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との初共演、日本ツアーが予定されている(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番)。 上海にて陳融楽氏 現在バンクーバー在住 、鄭曙星(上海音楽学院教授・ピアノ学科長)、日本にて金子勝子(昭和音楽大学・大学院教授)に師事。 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍。 ユーリ・スレサレフ(モスクワ音楽院教授)、ウラディミル・オフチニコフ(モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長)の各氏に師事。 「ショパン国際ピアノコンクール in Asia に参加したことは、僕にとって貴重な経験だったと思います。 このコンクールの魅力は、ファイナルでポーランドの有名な先生方に演奏を聴いていただけることなんですが、小学1年生で初めて参加した時はファイナルに進めず、ちょっと悔しい思いをしました。 翌年からは毎回第1位をいただき、2012年には年齢制限なしの部門で第1位となり、審査員の先生方から素晴らしいアドヴァイスをいただきました」 このコンクールで出会った審査員のピオトル・パレチニ氏のレッスンが、彼の演奏の大きな転換点になったという。 「それまで僕は、フォルテに向かっていく音楽をつくろうとしていたんです。 いかに大きく弾くか、フォルティッシモをどうやったら出せるかということばかり考えていました。 でも、パレチニ先生はピアニッシモに向かっていく音楽、静寂の中の緊張感、繊細な表現を教えてくださいました。 その頃の僕はガンガン、ちょっと汚い音で弾いていたと思うんです。 パレチニ先生のアドヴァイスを受けてから、音色や響きに耳を澄ませ、各声部の構成を考えてきめ細く表現しなければならないと思うようになりました」 もうひとつの大きな転機は、ロシアの巨匠ミハイル・プレトニョフに出会ったこと。 「ピアニストとして音楽に向き合う姿勢を一から学んでいます。 大きなホールの一番後ろまでピアニッシモの音を響かせる打鍵、フォルテの出し方など、技術的な練習方法も教えてくださいます。 ロシア・ピアニズムの核となる部分を学んで、音楽に対する考え方も変わったなと感じています」 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍し、モスクワ音楽院教授のユーリ・スレサレフ氏、モスクワ音楽院付属音学校校長のウラディーミル・オフチニコフ氏の指導を定期的に受けている。 「おふたりの教授は、細かいディテールではなく、作品の本質をとらえて大きな指針を示してくださいます。 技術面では、やはり打鍵です。 指だけで弾くのではなく、肩から上半身を使って鍵盤に重さをのせて、コロコロとボールを転がすように重さを移動させてパッセージを弾くことを学んでいます。 父親の転勤に伴い、生後すぐ上海に移り6歳まで滞在。 幼少の頃より音楽に非凡な才能をみせ、3歳よりピアノを始める。 5歳で第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。 8歳の時から5年連続でショパン国際ピアノコンクールin ASIAで1位受賞。 2012. 年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにて最年少1位受賞。 2012年3月に日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサルよりCDデビュー。 その後、2013年「想い出」、「献呈~リスト&ショパン名曲集」、2014年7月2日「トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集」が発売されている(ユニバーサル ミュージック)。 2015年6月に新譜発売予定。 各地でのリサイタルに加え、2014年9月5日には初の海外公演を行い、台湾の高雄市交響楽団と共演。 2015年6~7月にはプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との初共演、日本ツアーが予定されている(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番)。 上海にて陳融楽氏 現在バンクーバー在住 、鄭曙星(上海音楽学院教授・ピアノ学科長)、日本にて金子勝子(昭和音楽大学・大学院教授)に師事。 現在、モスクワ音楽院ジュニア・カレッジに在籍。 ユーリ・スレサレフ(モスクワ音楽院教授)、ウラディミル・オフチニコフ(モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長)の各氏に師事。

次の

ミハイル・プレトニョフのベートーヴェン交響曲全集

ミハイル・プレトニョフ

ミハイル・ヴァシーリエヴィチ・プレトニョフ( 省略 、ラテン文字転写例: 省略 、1957年4月14日 - )は、ロシアのピアニスト、指揮者。 人物・来歴 1957年、ソ連アルハンゲリスクに生まれる。 両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。 13歳でモスクワ音楽院に入学し、ピアノをヤコフ・フリエールとレフ・ヴラセンコに師事。 1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。 1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。 現在はドイツ・グラモフォンの専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。 指揮者として、またピアニストとして1度ずつグラミー賞に入賞している。 ピアニストとして ピアニストとして得意とするレパートリーは、スカルラッティ、ベートーヴェン、ショパン、スクリャービン、ラフマニノフ、プロコフィエフで、自分はヴィルトゥオーソではないとたびたび発言しているが、カーネギー・ホールでのデビュー・コンサートを行った際は、アンコールでバラキレフの《イスラメイ》を演奏し、聴衆から大喝采をさらった。 ラフマニノフのルツェルン湖畔の別荘では、遺産のピアノを用い、存命中のラフマニノフの演奏風景を再現して録音を行った。 また、チャイコフスキーのバレエ音楽《眠りの森の美女》や《くるみ割り人形》をピアノ独奏用に編曲し、ムズィカ(MUZYKA)社より出版した。 超絶技巧を凝らしたトランスクリプションで演奏技術の要求は非常に高いが、それゆえに他のピアニストからも支持されている。 プロコフィエフの《シンデレラ》は2台ピアノ用組曲版をマルタ・アルゲリッチとの共演で録音している。 指揮者として 指揮者としては、チャイコフスキー、ラフマニノフ、ベートーヴェンの交響曲全曲ならびにベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を録音している。 また、プロコフィエフのバレエ音楽《シンデレラ》も全曲録音している。 ポピュラー音楽の分野では、手兵ロシア・ナショナル管弦楽団を率いて、小林武史が作曲した映画『GATE』の主題歌「GATE」を録音し、伊藤由奈と共演した。 脚注 省略 注釈 「ミハイル・プレトニョフ」『ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典』。 2020年02月29日 土 16:02UTC• アイコン説明.

次の