ア ディクシー カラー シルバー レシピ。 アディクシーカラーとは?チャートやレシピ、色落ち後についてまとめ

ミルボンアディクシー使ってみた結果。

ア ディクシー カラー シルバー レシピ

Instagramにアップするから写真でもわかるくらいしっかりと色味を出してほしい。 毎日写真を撮るからカラーが抜ける途中もキレイな髪色でいたい。 そんな方たちが少なくありません。 髪色は写真で撮ると肉眼で見る程キレイに撮れないんです。 撮影する場所の光量によってかなり変わりますが、写真を撮るたびにそういった事を気にしてられませんよね。 アディクシーカラーはその色味の濃さで、写真映えする髪色を表現することができる話題のカラーなんです。 アディクシーカラーのカラーバリエーション グレーパールでオレンジを消す!主役を引き立たせる名脇役 Gray Pearl グレーパール お気に入りの色にカラーしたのに、二か月後にはオレンジになってしまった….. そんな経験はありませんか?? そのオレンジは髪が元々もっている色で、何回もブリーチをしない限り消えません。 そしてそのオレンジが希望のカラーの色味を出す上で邪魔をします。 アディクシカラーでつくる、グレージュカラー。 詳しくはこちらをお読みください。 アディクシーカラーを使ってみました。 アディクシーカラーのSilverを使ったBefore、Afterのスタイル写真がこちらです。 まずはbefore……. ベースのカラーはかなりオレンジが強くなっていますね。 ハイライトの部分は黄色くなっています。 こういったオレンジが強くでるタイプの髪質は、基本的にアッシュ系などの寒色系やグレー系の色味が出にくいというのが今までの常識でした。 そしてこちらがSilverを使った秘伝のレシピで染めた After….. お顔側から自然光がたっぷり入った場所で撮影しています。 ブリーチを使わずこのグレージュ感、すごいです。 オレンジの色味もキレイに消えています。

次の

美容師がオススメする!アディクシーカラーってどんな色があるの?|ANAKAMI BLOG

ア ディクシー カラー シルバー レシピ

こんにちは。 今回はミルボンが世界に誇るアディクシーカラーを使って実際に染めて使用感や髪色について解説、紹介していきます。 使用感などのレポートも入れていきます!ではインスタで大人気になる秘密をみていきましょう! Contents• アディクシーカラーとは? アディクシーカラー ミルボン ブラウンまでもかき消して、もっと自由に、思いのままに。 これがキャッチコピーのカラー剤です。 ヘアカラーは、自分の個性を表現する手段。 いまは、欧米人のように自由なカラーデザインを楽しみたい個性を発信し続ける女性たちの、そんな想いを叶えるために誕生したaddicthy. これは アディクシーカラーのキャッチコピーなんですが、 素晴らしいですよね。 私も日々感じている事ですが、 日本人のほとんどが黒髪という事と、閉鎖的な国がらがあいまってか、仕事場での髪型、髪色の 規則が厳しいですよね、最近は徐々に自由になっている傾向かな、とは思いますが 仕事をちゃんと出来ているなら、髪の色くらいはどうでもいいでしょ!みんな思いますよね。 さらに、 日本人の髪色はメラニン色素による赤味が強くて、茶色にすると オレンジ味が強く出る傾向にあります。 なので、みんなが髪型、髪色をもっと自由に!というのは少し難しいとは思いますが、 アディクシーカラーを含めプレミアムカラー達の綺麗な発色が登場した時 ついに日本人でもブリーチをしないで自然なアッシュやグレージュを楽しめると思って とても ワクワクしました。 アディクシーカラーの使用感 カップに混ぜると柔らかいクリームになりました。 カラー剤によってクリームの硬さが色々あるのですが、 これは塗りやすいですね。 ビフォーアフター ブルー系アッシュ、サファイヤベースです。 髪に本来あるメラニン色素を見事に消していてギラギラした感じがなくなりました。 インスタ等でも人気の髪色になりました。 色めちゃ綺麗ですね。 ビフォーアフター これもブルーアッシュ系 サファイヤベース。 ブリーチはしていない状態です。 染める前の状態ではかなりオレンジ味が強い髪質ですが一回のカラーでここまで綺麗に赤味を抑えて綺麗なグレーアッシュになりました。 アディクシーカラーには他のカラー剤には無い、3レベル(かなり暗い)のアッシュ(インディゴ系)があります。 このカラーを使うことで今大流行中の暗髪カラーのアッシュグレーを作る事ができます。 ビフォーアフター インスタでよく見るあのグレーアッシュのカラーが簡単に出来てしまいます。 従来のカラーだとブリーチをしないと出来ないようなアッシュ系の色が再現できました。 外国人風の巻き髪やクセ毛風のスタイリングにも相性が抜群です。 ビフォーアフター ビフォーの状態でここまで明るかったら間違いなく綺麗に染まります。 ブリーチなしでここまでグレーの色が表現できます。 さらに、髪質が細い髪ではもっとクリアに染めることも可能です。 ミルボンは日本のメーカーなので日本人の髪質(東洋人)を意識したメラニン色素の赤味を抑える事に特化しているカラー剤です。 ビフォーアフター イメチェンにもおすすめです。 赤味を感じないグレージュにする事でモードなかっこいい髪型にもばっちりハマります。 そして実はハイライトやメッシュとの相性が抜群に良いんです。 見事にオレンジ味、赤味が抑えられてますね。 これが アディクシーカラーの最大の特徴です。 アディクシーカラーの特徴 ブラウンをかき消す、高彩度の青。 クリアブルーベースの染料を特別な配合で調合してあり、毛髪の芯から 綺麗なアッシュを作れます。 このように アッシュが綺麗なカラー剤にを上手く使う事ができると ダーク系の、派手ではないけど 透明感があってオシャレなカラーにできるので 髪色に厳しい職場の方にもおすすめのカラー剤になります。 今回の記事で少しでも興味が出たようでしたらとてもオススメなのでぜひ一度試してみてくださいね。

次の

N.(エヌドット)カラー検証結果②と裏ワザ。

ア ディクシー カラー シルバー レシピ

オレンジの色味が強いとベージュもグレーも入りづらいんだよね そんな時にアディクシーカラーが心強いですね。 オレンジや赤の色味を消すチカラが強いので、出したい色をしっかり出してくれます。 もう少しアッシュよりにしたかったり、クールなイメージなら【ヌード】がオススメです。 それからアディクシーカラーの【シルバー】と髪の黄色味を消しながら透明感を出すのに欠かせないバイオレット系の【アメジスト】を選びました。 配合比はイルミナサファリ:アディクシーシルバー:アディクシーアメジストを2:1:1です。 オキシは4. 髪の状態や目指す色によって配合比を変える必要があるので参考までに。 仕上がり 撮影の日はあいにくの雨で自然光がとても弱かったのですが、加工なしでこんな感じです。 透明感とグレージュの抜け間が何とも言えないです。 毛先にブリーチがはいっているため、自然にグラデーションが効いていて巻き髪との相性も抜群です。 まとめ 秋冬はちょっと大人なグレージュ系カラーがオススメ!.

次の