超 名古屋 グランパス。 【Player!×名古屋グランパス】練習試合にて、Player! サポートが導入決定!(2020年6月20日)|BIGLOBEニュース

優っているようで劣っている。グランパス風間監督の理想は超難関だ|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

超 名古屋 グランパス

満員のパロマ瑞穂スタジアム。 雨模様の金曜ナイトゲームにもかかわらず、FC東京のサポーターもたくさん来ている。 最高の雰囲気だ。 では、ハイライトをどうぞ! まさに首位のFC東京が、狙い通りに試合を進める展開だった。 FC東京の先制点となったPKシーン。 名古屋のボールを自陣で森重真人が奪ってオ・ジェソクから永井謙佑につなぐ。 永井にボールが入った瞬間、東慶悟とディエゴ・オリヴェイラの2人がカウンターを発動。 FC東京は試合を通じて、狙い通りの試合運びを披露していた。 2点目も永井が左サイドを突破して、マイナスに戻したボールに髙萩洋次郎が合わせた。 高萩は実に2年3カ月ぶりのゴール。 2017年にFC東京へ加入して88試合目で2つ目の得点を記録した。 逆にリードしたFC東京がブロックを敷き始めたため、攻めあぐねる形に。 83分、途中出場の前田直輝のシュートをFC東京GK林彰洋がキャッチミスし、1点返したものの、同点には至らず。 名古屋は前節もホームで横浜F・マリノスに1-5と大敗しており、ホーム連戦で手痛い連敗を喫してしまった。 試合後、20,188人も入った満員のパロマ瑞穂スタジアムは、ため息に包まれるとともに、ブーイングの嵐。 この日の名古屋は、ボールを回すもののダイナミックさに欠けて、あまり良さを出せなかった。 名古屋アカデミー出場の藤井陽也と成瀬竣平の18歳コンビは可能性を感じた。 しかし、もっと全員が戦う姿勢を示さないといけない。 一人ひとりは頑張っているが、チーム全体としての勢いに繋がっていないと感じた。 結果だけでなく、チーム全体のまとまりも、FC東京に軍配が上がったように思う。 この日、チーム最長の11. 106kmを走り、貴重な2点目をマークした髙萩と。 J1も残り9試合。 FC東京は、初優勝へアウェイ連戦でいかに勝ち点を積み上げられるかがポイントとなる。 一方で名古屋は、再び上位に返り咲くのか、このままズルズルと下位争いに巻き込まれるのか、いまが踏ん張り時のように思う。

次の

【J1注目プレビュー

超 名古屋 グランパス

名古屋が堅実な戦いでC大阪の連勝をストップ! 阿部の強烈ミドルが炸裂《J1》 12日、明治安田生命J1リーグ第4節のセレッソ大阪vs名古屋グランパスがヤンマースタジアム長居で行われ、0-2でアウェイの名古屋が勝利した。 開幕から唯一の3連勝で首位を走るC大阪は、前節からメンバーを3名変更。 瀬古、柿谷、都倉に代えて木本、清武、ブルーノ・メンデスを起用し首位キープを目指す。 一方、前節のガンバ大阪戦で試合終了間際に手痛い失点を喫し、勝ち点を取りこぼした名古屋。 そこからガブリエル・シャビエル、米本に代えてジョアン・シミッチと前節出場停止でだった相馬を起用した。 試合開始から主導権を握ったC大阪が攻め入る。 すると6分、敵陣左サイド深くから中央へ繋ぎ、松田が横へ流し、藤田がミドルシュート。 しかし、これはゴール上へ外れる。 さらに30分、右サイドから松田がピンポイントクロスを供給。 ブルーノ・メンデスがヘディングシュートもGKランゲラックに弾き出された。 押し込まれていた名古屋だが、38分の右CKからスコアを動かす。 マテウスのインスイングのボールを競り合うと、最後はマテイ・ヨニッチに当たり、オウンゴールで先制に成功する。 追う展開になったC大阪はその後、絶好機を作り出せないまま試合を折り返す。 すると、先にC大阪が交代カードを切る。 後半の頭からブルーノ・メンデスに代えて豊川を投入し、変化を付ける。 そのC大阪は50分、右サイドからのFKでサインプレー。 清武のボックス中央手前へのグラウンダーのパスを松田がシュート。 しかし、わずかにゴール左へ逸れた。 その後、C大阪は52分に都倉とルーカス・ミネイロ、61分に柿谷と早い段階で多くの交代カードを用いて攻撃を活性化。 しかし、粘り強く守る名古屋が61分に待望の追加点を奪う。 相手のミスからボックス中央手前でボールを奪取した稲垣はキープと見せかけ阿部とスイッチ。 これを受けた阿部が地を這うシュートでゴール右隅へ突き刺し、リードを2点とする。 2点ビハインドとなったC大阪は、73分にチャンス。 敵陣中央で受けた松田が低弾道のパス。 豊川がダイビングヘッドも枠を捉えられない。 さらに、途中出場の片山のロングスローなどで高さを活かした攻撃を試みるも、ゴールが遠い。 ゴール前まで運ばれながらも冷静に対応して時計の針を進めた名古屋が、綺麗に試合をクローズ。 2-0でアウェイの名古屋が首位C大阪を下した。 82 今日はほぼ完璧に名古屋のゲームだったな。 しかしアウェイで2勝って去年じゃ考えれんな。 06 守備時の戻りが早いし囲んで奪うのが組織されてる。 守備がよくなったね。 あとは言わずもがな攻撃のマテウス相馬阿部も素晴らしい。 その3人の守備もいい。 55 まぁでも金崎も成瀬もフルでやれるのが解ったなら、これからもう少し楽にやれるかな? 成瀬は試合やる度に成長していってるね。

次の

Jリーグ

超 名古屋 グランパス

満員のパロマ瑞穂スタジアム。 雨模様の金曜ナイトゲームにもかかわらず、FC東京のサポーターもたくさん来ている。 最高の雰囲気だ。 では、ハイライトをどうぞ! まさに首位のFC東京が、狙い通りに試合を進める展開だった。 FC東京の先制点となったPKシーン。 名古屋のボールを自陣で森重真人が奪ってオ・ジェソクから永井謙佑につなぐ。 永井にボールが入った瞬間、東慶悟とディエゴ・オリヴェイラの2人がカウンターを発動。 FC東京は試合を通じて、狙い通りの試合運びを披露していた。 2点目も永井が左サイドを突破して、マイナスに戻したボールに髙萩洋次郎が合わせた。 高萩は実に2年3カ月ぶりのゴール。 2017年にFC東京へ加入して88試合目で2つ目の得点を記録した。 逆にリードしたFC東京がブロックを敷き始めたため、攻めあぐねる形に。 83分、途中出場の前田直輝のシュートをFC東京GK林彰洋がキャッチミスし、1点返したものの、同点には至らず。 名古屋は前節もホームで横浜F・マリノスに1-5と大敗しており、ホーム連戦で手痛い連敗を喫してしまった。 試合後、20,188人も入った満員のパロマ瑞穂スタジアムは、ため息に包まれるとともに、ブーイングの嵐。 この日の名古屋は、ボールを回すもののダイナミックさに欠けて、あまり良さを出せなかった。 名古屋アカデミー出場の藤井陽也と成瀬竣平の18歳コンビは可能性を感じた。 しかし、もっと全員が戦う姿勢を示さないといけない。 一人ひとりは頑張っているが、チーム全体としての勢いに繋がっていないと感じた。 結果だけでなく、チーム全体のまとまりも、FC東京に軍配が上がったように思う。 この日、チーム最長の11. 106kmを走り、貴重な2点目をマークした髙萩と。 J1も残り9試合。 FC東京は、初優勝へアウェイ連戦でいかに勝ち点を積み上げられるかがポイントとなる。 一方で名古屋は、再び上位に返り咲くのか、このままズルズルと下位争いに巻き込まれるのか、いまが踏ん張り時のように思う。

次の