へそ ごま 正体。 おへそのごまが白い!?黒いごまとの違いは?臭いのは何で?

へそのゴマの正体!くさいのは異常?取ると腹痛になるの?

へそ ごま 正体

へそのごま、どうする?取る? へそは凹んでいるので、その深さの分だけ 皮膚が薄くなっています。 凹んでいて、しわしわの間にごまがあったりするので、つい力を入れて 爪でごまを取るとそこから炎症を起こしやすいです。 鋭利なピンセットでつまむことは危険なので絶対に止めましょう!へそは腹膜に近いので、 腹膜炎になってしまう恐れがあります。 小さいお子さんには、自分が言われたように、 「お腹が痛くなるから、へそのごまを爪で取ったらダメ!」と教えましょう。 この後説明する方法でお母さんが取ってあげてください。 へそのごまの安全な取り方 まず、お風呂に入ります。 ふつうに湯船に入って、おへそも含めて、身体を洗います。 湯船に入るのが大事で、 へそをお湯につけることで、へそのごまを柔らかくします。 そして、身体を洗うときには、へそも洗います。 ゴシゴシとは洗わずに、清潔にするという意味で。 風呂を出て清潔になったら、仰向けに寝て、 へそにオリーブオイル ベビーオイルでもOK を垂らします。 その状態でしばらく 10分くらい 放置し、へそのごまが柔らかくなる待ちます。 柔らかくなったら、綿棒で優しく取ります。 耳垢を綿棒で取るのとおなじようにやります。 へそのごまの取り方の動画がありました。 へそのごまが取れたら、今後はへそを清潔に保つようにしましょう。 お風呂でへそも洗ってあげるようにします。 へそのごまの正体とは? へそのごまはゴマに似ているからといっても 絶対に食べたらダメですよ 笑 へそのごまは身体から出た 老廃物、つまり垢です。 要するに垢がたまってゴマみたいに見えているわけですから、清潔とは言えないです。 へその奥のしわしわのところにたまってゴマみたいになります。 夏場に汗をかくと臭うこともあります。 他人のへそを眺めることはあまりないと思いますが、へその凹み具合は人によって違っています。 へそのごまを取りにくく、溜まってしまいがちの人もいるとか。 とは言うものの、何かの機会にへそを見られ、垢であるごまが溜まっているのは 衛生上も見た目もよくありません。 臭いを出すこともありますし、細菌が溜まっていて 不潔な状態であるともいいます。 まとめ へそのごまの安全な取り方についてまとめました。 へそのごまは垢で細菌がたまっているので、爪で取って傷ができると、そこから炎症が起こってお腹が痛くなります。 だから 傷がつくような取り方は厳禁です。 耳垢を取るように、 ベビーオイルやオリーブオイルを使って、へそのごまを柔らかくしてから取ります。

次の

「へそのごま」が臭い単純な理由!臭いケド好き…の笑える心理とは?

へそ ごま 正体

きれいなへそを手にするために知っておきたいポイントとは 入浴時などに見かけることも多いであろうへそのごま。 だが、意外と詳しい知識を持っていない人も多いのではないだろうか。 そこで、その正体を含め、正しいケア方法などをまとめてみた。 へそのごまの正体はアカ ふだんはあまり気にすることもないへそのごまだが、その正体は実はなのだ。 毎日の入浴において体は清潔に洗っていても、へそ周りは意識して念入りに洗うという人はそんなに多くはないだろう。 毎日の生活でたまっていくアカが、そのままこびりついたままの状態になっているものが、へそのごまというわけだ。 その大きさや量は個人差があるようだが、新陳代謝がよい人や恰幅 かっぷく のよい人など、比較的汗をかきやすい人ができやすいようだ。 へそのごまは除去すべし 清潔感あるへそであるためにも、やはりへそのごまは除去した方が良い。 しかも、へそは東洋医学においてとされている、非常に神聖な場所だ。 へそのごまによってへそがふさがれてしまうと、体調にも影響が出てくる可能性もあるとのことなので、ちゃんと取り除くようにしよう。 油を使うことで、痛みのない除去を オリーブオイル等の油を使ってへそのごまを除去しよう 無理なくへそのごまを除去するには、などの油をへそにさすことがポイントだ。 油をさしてからしばらくするとへそのごまが溶けてくるので、溶けて取りやすくなったところを綿棒で優しくこすり、取り除くとよい。 ただ、へそは腹膜や腸に近いデリケートな場所にあるため、取り除く際には細心の注意が必要だ。 へたにへそを傷つけてその箇所から雑菌が入ろうものなら、炎症を起こしてしまう危険性もある。 人によっては米粒ほどの大きさになることもあるそうなので、あまりにも大きい場合は病院で対処法を聞いたり、専門家に取り除いてもらったりした方が安心だ。 また、へそのごまをためないための日々のケアとして、ぬれタオルなどで毎日へそ周りをきれいにすることを心がけるようにしよう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

へそのごまは取るべき! その正体は「アカ」だった

へそ ごま 正体

おへそのなかにたまる「へそのゴマ」。 そもそも「へそのゴマ」って何でたまってしまうの? おへそをきれいに保つコツって? そんなアメリカ版ウィメンズヘルスの素朴な疑問に皮膚科専門医が回答。 へそのゴマは一体何でできているの? ニューヨークの皮膚科クリニック『Entiere Dermatology』を設立した皮膚科専門医、メリッサ・カンチャナプーミ=レヴィン医学博士によると、「へそのゴマ」とは、毎日自然と剝がれ落ちる古い角質、老廃物、汗、皮脂、衣類の細かい繊維、おへそ周辺の皮膚にもともと生息する細菌の組み合わせのよう。 潔癖性であれば聞くだけでぞっとする組み合わせだけれど、カンチャナプーミ=レヴィン医師いわく、へそのゴマは至って無害だそう。 ただし、おなかの毛が長く濃い人や、コットンやウールなど糸くずを引きつけやすい素材の服を着る人は、残念ながらへそのゴマがたまりやすいよう。 へそのゴマがたまっていなくても、おへそに入れた指をかいでみると嫌な臭いが鼻につくことも。 これは、角質や毛、皮脂の組み合わせが生み出す環境で繁殖してしまった細菌とイースト菌のせいだとか。 最悪の場合、茶色や黄色、そして白色の分泌物がおへそから出てくることも。 米マウント・サイナイ病院の美容皮膚科長、ノエラニ・ゴンザレス医学博士によると、これは細菌感染症やイースト菌感染症のサインなので、今すぐ皮膚科にかかるべきだそう。 Text: Cassie Shortsleeve Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images View Gallery 2 Photos くれぐれもこすったり、刺激の強いアルコール性のボディーソープを使ったりしないように。 ベストな対策は、肌にやさしいせっけんと水でおへそを洗い、タオルで拭くこと。 おへそをきれいにするのも大事だけれど、細菌は湿った環境が大好きなので、増殖を防ぎたければ、おへそを乾燥させた状態で保つのも大切。 おへそを掃除しようと、自分の爪など先の尖(とが)ったツールを使ってしまった場合には、カンチャナプーミ=レヴィン医師のアドバイスに従って、傷口にワセリンを塗っておこう。 シャワーで軽く洗い流す程度で十分だそう。

次の