累乗計算 電卓。 累乗とは。その意味と計算方法を解説【底・指数とは何か】|アタリマエ!

iPhoneの電卓(計算機)の使い方!便利機能・素早く計算する方法

累乗計算 電卓

iPhoneの電卓・計算機アプリの便利な使い方 まず、iPhoneの電卓アプリの便利な使い方や機能についていくつか紹介します。 裏技などもあるので利用してみてください。 電卓アプリが消えてしまった人は再インストールすることができます。 記事内の「i」を確認してください。 暗算でなかなか計算できないときは、iPhoneの電卓アプリを使用しましょう。 35 」で計算します。 しかし、この計算方法では割引率が中途半端なときなど計算しにくいです。 しかしiPhoneの電卓アプリならば、 %(パーセント)のボタンを利用すれば簡単に計算できます。 35 」と計算した答えと同じ「1,287」が算出されます。 税込・税別の計算 税込、税別の計算も割引価格の計算と同様に算出することができます。 逆に 税抜き価格を計算したい場合は「定価-10%」で計算できます。 例えば税込価格が3,950円ならば「3,950-10%」で税別の金額が算出されます。 ルート計算・関数計算 iPhoneの電卓では関数電卓を使用することができます。 普段はあまり使わないかもしれませんが、通っている大学の学部や仕事内容によっては関数電卓が必要な人もいるでしょう。 iPhoneの電卓では横向きにすると関数電卓に変わりルート計算や関数計算ができます。 画面の向きをロックしている人は、コントロールセンターから鍵マークをオフにしましょう。 コントロールセンターはiPhone 8以前では画面下部から上にスワイプ、iPhone X以降では右上隅から下にスワイプすれば表示されます。 ルートの計算方法は以下の通りです。 「2」をタップ• 「5」をタップ• これらのメモリーキーの使い方は、以下の表の通りなので使う機会があったら使用してください。 05」することができます。 これは何度でも計算することができるます。 定数計算の方法は複利の計算をする際に便利です。 投資を行っている人など複利計算を使用することが多い人は、ぜひこの方法を利用してください。 数字の打ち間違えはスワイプで解決 電卓を使っていて数字をうっかり打ち間違えたことはありませんか。 長い計算をしているときに打ち間違えたら絶望感に陥ってしまいますよね。 しかしiPhoneの電卓アプリでは初めからやり直さなくても、 数字が表示されている部分を右か左にスワイプすれば1文字消すことができます。 「C」を押して全て消去しなくて良いので覚えておきたい裏技です。 計算結果をコピーする iPhoneの電卓アプリでは計算結果をコピーすることもできます。 数字の部分を長押しすると「コピー」という表示が現れるのでタップすればコピー完了です。 例えば飲み会の幹事を任されたとき、会計額を割り勘しなければなりません。 しかし、大人数であったり酔っ払っている人が多かったりすると集めるのも一苦労です。 そんなときはまず、iPhoneの電卓アプリで1人分の金額を計算し、コピーしたらLINEなどのグループチャットにペーストして連絡すれば完了。 伝え間違えもないので効率的です。 履歴の表示・分数計算ができるおすすめの電卓アプリ 以前計算した結果をもう一度知りたいときや、間違って結果をクリアしてしまったとき「iPhoneの電卓アプリに履歴表示機能があれば…」と感じたことはありませんか。 iPhoneの標準アプリには履歴表示機能はありません。 履歴表示機能が必要な人は標準アプリ以外の電卓アプリを使用しましょう。 サードパーティーの電卓アプリでは、関数計算はもちろんのこと分数計算ができます。 また、標準アプリでは計算式は表示されませんが、他の電卓アプリには計算式が表示されるものも。 さらに、ローン計算、世界時間変換計算、燃料代計算機、日付計算機などの機能も含まれてい電卓アプリもあります。 デザイン性に優れたおしゃれな計算機もあるので、自分に合った電卓アプリを探しましょう。 それでは、当編集部おすすめの電卓アプリを紹介します。 iPhoneの電卓が消えたときは再インストールする iPhoneのホーム画面上で電卓アプリのアイコンを探してもなかなか見つからず、どこにあるか分からない人は、まず コントロールセンターを確認しましょう。 設定アプリを開き「コントロールセンター」「コントロールをカスタマイズ」の順にタップします。 「含める」「コントロールを追加」のどちらかに電卓アプリが含まれている場合は、iPhone上にアプリが存在します。 コントロールに含まれていない場合はアンインストールしています。 App Storeで 「Apple 計算機」で検索して探せば再インストールできます。 下記のリンクから再インストールできるので、消えてしまった人はインストールしてください。 電卓アプリを開かずに素早く計算する裏技 電卓アプリを開かずに計算できる裏技があることをご存じでしょうか。 「Spotlight検索」を利用すると、計算式を見ながら入力することができます。 計算式が見えるので入力ミスも修正できて使いやすいです。 Spotlight検索はホーム画面上で画面中央あたりから下にスワイプすると現れます。 また、 Siriに計算してもらう方法もおすすめです。 ロック画面を解除しなくても「Hey Siri」と呼びかけて、計算式を読み上げるだけで答えを導いてくれます。 しかし長い計算は聞き取り間違いのリスクが高くなり向いていないので注意しましょう。 まとめ 本記事ではiPhoneの標準アプリとして入っている電卓アプリの使い方について詳しく紹介しました。 iPhoneの電卓アプリでは、割引の計算や税込価格・税抜価格など消費税の計算は 「%」のボタンを使用すれば簡単に計算することができます。 ルートの計算や関数計算、累乗も画面を横向きにすれば対応可能です。 その他スワイプするだけで1文字消すことができたり、計算結果を長押しすることでコピーできたりと便利な機能がたくさんあるので、ぜひ活用してください。 ただし、 iPhoneの標準アプリでは計算履歴の表示や分数の計算はできないので、これらの機能が使いたい場合は他の計算機アプリを利用しましょう。 iPhoneの計算機アプリがホーム画面上に見当たらない場合は、まず設定アプリのコントロールセンターからiPhone上に存在するか確認しましょう。 なかった場合は App Storeから再インストールできるので安心してください。 Spotlight検索やSiriを使えば、アプリを開かなくても簡単に計算できるので、急いでいるときや面倒くさいときは使ってください。 最後に本記事のおさらいをしましょう。

次の

一般的な電卓を使用して累乗を計算する方法を教えてください

累乗計算 電卓

A ベストアンサー 計算量は決して少なくいないのですが、微分の知識が要らない方法を紹介します。 まず、1,43を2進数に直します。 1はいいのですが、問題は0.43です。 これには、次の作業を繰り返します。 (1)「その数」を2倍して1を超えたら1と書き、超えなければ0と書く。 (2)1と書いた場合には「その数」から1を引いた数を新たな「その数」とする。 0と書いた場合には「その数」を更新しない。 (3)ステップ(1)に戻る。 「その数」が0になったらこの作業は終わりなのですが、終わらない場合は適当なところ(笑)で取りやめます。 実際、0.43の場合は終わらずに011011100001・・・と続きます。 これが1.43を2進数にした場合の小数部です。 つまり1.43=1.0110111・・・ということです。 2進数の小数部の各桁は1/2、1/4、1/8、・・・を表すので、これが指数となっている場合、真数の平方根、4乗根、8乗根、・・・を表します。 だから2進数の「1」となっているところだけを調べて掛け合わせれば、求める値となります。 さて、次なる問題は真数(ここでは0.11)の「平方根」を求めることですが(4乗根は平方根の平方根、8乗根は4乗根の平方根なので、平方根さえ求めることができれば以下同様にして求められる)、これには次の作業をします。 (1)「その数」を適当な数で割る。 (2)割り算の結果と「適当な数」の平均値を求め、それを新たな「適当な数」とする。 (3)「適当な数」が殆ど変わらなくなったら終わり。 変わったらステップ(1)に戻る。 この作業は意外に早く終わります。 本問では対象が1より小さい0.11なので最初の「適当な数」を0.5くらいにすれば4,5回で終わるでしょう。 では実際にやってみましょう。 質問からは外れますが、同様の方法で対数も計算できますので興味のある人はどうぞ。 計算量は決して少なくいないのですが、微分の知識が要らない方法を紹介します。 まず、1,43を2進数に直します。 1はいいのですが、問題は0.43です。 これには、次の作業を繰り返します。 (1)「その数」を2倍して1を超えたら1と書き、超えなければ0と書く。 (2)1と書いた場合には「その数」から1を引いた数を新たな「その数」とする。 0と書いた場合には「その数」を更新しない。 (3)ステップ(1)に戻る。 「その数」が0になったらこの作業は終わりな... A ベストアンサー 算数の延長線上だけの概念だけだといまいち理解出来ないですよね。 べき乗って要は指数なんですけど、 そういう難しい話を出来るだけ捨てて、算数の世界で説明出来る位まで掘り下げて説明します。 例えば 10の2乗は100、10の3乗は1000となります。 これを数字の動きに目を合わせてもう一度、書いてみます。 00010. じゃあ、10のマイナス2乗ってなった場合はどうなるのかというと、 00010. 1を基準点として、右や左にいくつずれるか。 これがべき乗なのです。 で、2のべき乗を考えた時は、 全部2進数で考える必要があります。 00010. 数値で言うと4 00010. 数値で言うと0. 25 これで何となく分かっていただけたでしょうか? ちなみに37のx乗を計算するみたいな時があったとしたら、 それは37進数で考えるという計算が必要になるのです。 算数の延長線上だけの概念だけだといまいち理解出来ないですよね。 べき乗って要は指数なんですけど、 そういう難しい話を出来るだけ捨てて、算数の世界で説明出来る位まで掘り下げて説明します。 例えば 10の2乗は100、10の3乗は1000となります。 これを数字の動きに目を合わせてもう一度、書いてみます。 00010.

次の

Windows10

累乗計算 電卓

普通の電卓でも定数計算機能(繰り返し計算機能)というのを使えば累乗の計算ができますよ。 ただし電卓のメーカーによって多少、操作が異なります。 <カシオの電卓の場合> 1. 5乗したいのなら4回押すわけです。 通常は1. 6の5乗を計算したいだけでなく、それに何かをかける場合が多いと思います。 この場合は、次のように計算します。 5乗したいのなら5回押すわけです。 <カシオ以外の電卓の場合> 1. 5乗したいのなら4回押すわけです。 5乗したいのなら5回押すわけです。 定数計算機能は普通の事務電卓ならどれにもあります。 説明書にも記載がありますので一度、ご確認ください。 定数計算機能の割り算の場合はこちらを参考にしてください。

次の