うさぎ ケージ おすすめ。 ラビットサークルのおすすめ人気ランキング10選【ケージに連結できるタイプも】

うさぎのケージおすすめ5選|安い・大きさ・掃除のしやすさ

うさぎ ケージ おすすめ

エキゾチックアニマル専門獣医師の霍野 つるの と言います。 えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。 1996年に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。 症例数は月に400件を越しています。 他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆しています。 ウサギのNPO団体『日本コンパニオンラビット協会』代表としても、2019年から活動をしています。 エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。 うさぎ用ケージはたくさんの種類がありますが、飼い主の好みだけで選んでもいいのか不安に思っている人もいるのではないでしょうか。 うさぎは繊細な動物なので、ケージを選ぶときは飼い主の好みだけでなく、うさぎの大きさや種類に応じたものを選ぶことが大切です。 今回は霍野晋吉さんへの取材をもとに、うさぎが快適に過ごせるケージの選び方やおすすめ商品を紹介します。 衛生面に配慮した設計で快適な空間に トレイを囲っているベースカバーが傾めに加工されているので、尿が外漏れせずに確実にトレイへ落ちるベース構造(特許取得)のケージです。 引き出しトレイが二つに分かれているので、簡単に掃除することができます。 エボシリーズは、床板がプラスチック製の他に金属のワイヤータイプもあり、買い替えや買い足しも可能です。 ケージ内での毛や牧草、そして尿の飛び散りを防ぐ透明のカバーは別売りなので、ケージを購入するときは忘れないようにご注意ください。 横幅と奥行は大きいですが、あまり高くありません。 そのため、高さのあるレイアウトは作れません。 狭い空間を好まないロップイヤーには窮屈に感じるかもしれません。 パンダうさぎなど温和な性格のうさぎにおすすめです。 グルーミングとは毛づくろいのことで、動物が体をきれいにする目的でおこないます。 うさぎは手足の先から体、お尻のまわりまで、自分で舐めてグルーミングをしますが、その際に大量の毛を飲み込んでしまうと、毛玉が胃につまってしまうおそれも。 そのような事態を防ぐためにも、飼い主さんがブラシなどでうさぎの毛をすいてあげる必要があります。 また春や秋の換毛時期になると抜け毛が多くなり、よりお手入れが必要です。 ブラッシングは目や耳、足裏、お尻などの異常も飼い主が確認できるので、どの商品を選べばいいか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

次の

うさぎ用ケージのおすすめ人気ランキング15選【サイズいろいろ!】

うさぎ ケージ おすすめ

うさぎケージの理想的な選び方7つ うさぎケージを購入する上で、選ぶ際の注意するべきポイントは、価格やケージを設置する場所などがあります。 まずは気をつけるべきポイントを確認していきましょう。 適切な大きさが知りたい!ケージのサイズをチェック 国内でペットとして飼われているうさぎは「アナウサギ」といううさぎを改良した種類がほとんどです。 「アナウサギ」はもともと運動量が多い種類ではないため、ケージはそんなに広くなくても、自由に遊ばせてあげる時間を確保してあげれば問題はありません。 ですがケージの中には適度な運動スペースの他に、トイレや食器、寝床を設置するスペースは確保できるサイズのものを選ぶ必要があります。 やっぱり木製のすのこが安全?床材をチェック 床材には主に木製、金属製、プラスチック製の3種類が使用されています。 うさぎの足の裏には肉球がないため、衝撃は全て足の裏で吸収します。 うさぎは骨折もしやすいため、足裏への負担の少ないものを選びましょう。 木製かプラスチック製がおすすめです。 木製のすのこはおしっこを吸収しますので、定期的に交換してあげる必要があります。 プラスチックすのこの場合は汚れたら洗ってあげましょう。 引き出しタイプが便利!掃除のしやすさをチェック うさぎはトイレを覚えない子がほとんどです。 トイレトレー以外で排泄した場合、すのこの間から糞尿を落とす構造ですので、引き出しタイプのケージでしたら簡単にお掃除が可能です。 引き出しでない場合はうさぎをケージから出し、中身を全て取り出してからでないとお掃除が行えません。 部屋の移動や掃除に便利!キャスター付きかどうかをチェック お部屋の移動をする予定がなくても、うさぎの部屋の周りを掃除する際など、ケージを移動するときにはキャスターが付いているものがとても便利です。 明るい窓際で日光浴をさせてあげたり、普段ケージを設置している位置に掃除機をかける際に重宝します。 噛み癖があると危険なの?使われている材質をチェック 噛み癖のある子の場合、ビニールコーティングされた金網を使用すると、ビニールを誤飲してしまう恐れと、金網を齧ることにより前歯が曲がってしまう恐れがあります。 どうしても金網がいい場合は金網の他に齧り木を用意するなど、対策が必要です。 リビングに置くなら見た目も重要!デザイン性をチェック どんなに機能性がよく、快適なうさぎの住まいでも、リビングにお客様が入る際に笑われてしまうようなケージでは飼い主さんが困ってしまいます。 うさぎ用ケージは各社からさまざまなデザインのものが販売されていますので、デザインもチェックし、デザイン性と利便性に優れたケージを購入しましょう。 激安ケージでも大丈夫?価格相場と買うべき値段をチェック 激安のケージには激安の理由があります。 安いからといって値段だけで選ぶと買い換えが必要になってしまう可能性もありますので、値段だけではなく機能面も確認してから購入しましょう。 木製すのこ デザイン あまりこだわられていない こだわられているものが多い 国産のものはこだわられてている 激安ケージの場合はサイズの小さいものしか扱いがなく、運動スペースを確保できない可能性が高いです。 家の中で離して遊んであげる時間を毎日充分に確保できるのであれば激安ケージでも問題ないでしょう。 デザインにもあまりこだわりが見られないため、リビングにおしゃれに置きたいならば売れ筋価格帯もしくは高級価格帯のものを選びましょう。 うさぎケージのおすすめブランド・メーカー うさぎ商品をメインで扱っているメーカーは現状国内にはほぼありませんが、ペット用品メーカーはたくさんあります。 小動物用品の取り扱いの多いメーカーを紹介します。 マルカン 株式会社マルカンは国内のペット用品メーカーです。 サンライズとして販売している「ゴン太」のシリーズでお馴染みの会社ですが、実は犬猫用品よりも小動物用品をメインに扱っています。 うさぎケージの他にハムスターのご飯やペットヒーターなど、幅広く展開しています。 機能性もよく、デザインにもこだわった商品がたくさん揃えられています。 SANKO 株式会社三晃商事は国内の小動物と昆虫の用品専門のメーカーです。 小動物に特化している会社なだけあり、細かいところに動物と飼い主を思ったアイディアの詰まった商品がたくさん販売されています。 アイリスオーヤマ 家具や家電を扱っているイメージの強い会社ですが、ペット用品も幅広く扱っています。 犬猫用品がメインですが小動物用品も豊富に取り揃えられています。 デザインはシンプルで洗練されたものがほとんどです。 お値段も割と安価なものが多いので、購入しやすいメーカーです。 ジェックス 熱帯魚や金魚の水槽など、アクア用品をメインに取り扱っているメーカーです。 小動物や爬虫類の用品にも力を入れています。 ケージの種類が豊富なため、たくさんの種類から選ぶことが可能です。 機能性にもこだわりのある商品が多いおすすめのメーカーです。 今回の商品の選定ポイント うさぎのサイズや運動量にあったスペースを確保することができるか、足を痛めてしまう原因は排除されているか、毎日のお掃除を行うことが大変ではないのかなど、うさぎケージを購入する上で確認するべき点を比較しました。 本体サイズ• ケージ床タイプ• ケージの材質• 掃除のしやすさ• キャスター付き• カラー• デザイン性 人気の掃除しやすいタイプはこれ!おすすめ引き出しタイプうさぎケージ5選 まずはとにかく掃除のしやすさを基準に選ぶ方におすすめの、引き出しタイプのケージから。 うさぎのトイレの量は想像している以上に大量ですので、毎日の掃除をしないと異臭を発してしまいます。 大切なうさぎの健康と、飼い主さんのお部屋の臭いを防ぐために、毎日の掃除のしやすいケージを選ぶことが重要です。 マルカン 「クリアケージ M MR-306」 10,796円 税込• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック製• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ブラックのみ• 子うさぎの時期は足が小さいため、すのこの上に牧草を敷いてあげましょう。 デザインはシンプルでかっこいいので、お部屋に置いても見栄えがいいです。 おしっこの飛び散り防止のクリアカバーも付いているため、お部屋を汚さず快適に使用することができます。 お掃除はとても簡単で、すのこもプラスチック製なので週1回ほど取り出してしっかりと洗ってあげれば、清潔に保つことができます。 KAWAI 「C・A・T コンフォート 60」 12,800円 税込• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:金属• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ブラウンのみ• 引き出し式のトレーが外しやすい構造になっているため、毎日のお掃除がとても簡単です。 入口も広いため、抱っこでのうさぎの出し入れや用品の出し入れが行いやすい、飼育者に優しいケージです。 デザインにはとてもこだわって開発されており、お部屋に置いてインテリアになるデザインになるよう意識されています。 ジェックス 「ラビングお掃除ラクラクケージ ショコラ」• 重量:7600g• ケージ床タイプ:ワイヤー状• 床材:金網• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ショコラのみ• 屋根面に大きな扉がついているため、うさぎを抱っこするときや中の用品の出し入れがしやすく、使いやすい構造です。 もちろんケージは引き出し式なので、ケージのお手入れも楽々行えます。 マルカン 「うさぎのカンタンおそうじケージ H60」 8,372円 税込• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック製• キャスター付き:有• カラー:ブラウン・ピンク• 扉がクリア扉なので中の様子も伺いやすく、写真を撮る際にも網が邪魔になりません。 クリア扉を開けている時にはうさぎ用のスロープになるため、扉の上を歩いて床に降りることができ、足への負担を減らすことも可能です。 屋根面にも大きな扉があるため、使用しやすいケージです。 マルカン 「うさぎのカンタンおそうじケージ MR-994」 7,200円 税込• 重量:5900g• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック製• キャスター付き:有• カラー:ブラウン・ピンク• うさぎのお家の高さはそんなに必要ないため、低いお家がいい、という方にはこちらがおすすめです。 また、両サイドと正面、屋根面にそれぞれ扉がついているため、壁際に設置してもうさぎの出入り口が確保できます。 設置場所を選ばない作りがとても人気です。 ケージの高さも低いため、屋根面の扉からも物の出し入れがしやすい設計です。 おしっこカバーは高さがあるため、しっかりと飛び散り防止をし、お部屋を汚さないため安心して設置することができます。 うさぎの足にも安全!おすすめすのこタイプうさぎケージ2選 すのこタイプの床材は、うさぎのおしっこやうんちを間からトレーへ落としてくれるため、うさぎのケージ選びでは重要なポイントです。 うさぎの病気を防ぐためにも、すのこを選んで衛生的に管理してあげましょう。 アイリスオーヤマ 「ラビットケージ UK-650 パステルグリーン」 4,125円 税込• 重量:5020g• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:木製• ケージの材質:スチール• キャスター付き:無• カラー:パステルグリーンのみ• 木製すのこは別売で丁度いいサイズのものを販売しているため、汚れたらすぐに交換してあげましょう。 木製すのこの場合は尿を吸収するため、週1回程度を目安に交換してあげてください。 また、すのこの表面にトゲがないか、こまめに確認してあげる必要があります。 ケージは引き出しではなくトレータイプなので、掃除の際にはケージの中身を全て取り出して水洗いしてあげましょう。 洗いやすさよりもうさぎの足を労わるなら、こちらのケージがおすすめです。 daily necessities「うさぎケージ 木製のスノコ付き」 16,500円 税込• 重量:7500g• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:木製• ケージの材質:スチール• 掃除のしやすさ:• キャスター付き:無• カラー:パステルグリーンのみ• 床面で木製すのこ2枚分の広々スペースなので、ストレスなくうさぎが遊ぶことが可能です。 すのこの取り換えは片側だけが汚れている場合には片側のみ交換することで多少のランニングコストは抑えることが可能です。 ケージの屋根面が取り外せるため、ケージのお掃除は屋根から行いましょう。 高さも低めの作りなので、抱っこしてのうさぎの出し入れも楽々行えます。 入り口扉は開いた際にはハシゴになりますので、うさぎの足への負担を減らすことにこだわった、うさぎのためのケージです。 大きいサイズのうさぎにピッタリ!おすすめ大型うさぎケージ5選 ロップイヤーなど大型のうさぎには狭いケージでは運動不足の原因にもなる上、ストレスが溜まってしまいます。 また、仲良しのうさぎの多頭飼育にはケージを一緒にしてあげたい飼い主さんもいるでしょう。 そういった場合には小さいケージでケンカの原因になることを防ぐため、大きいケージを選ぶことをおすすめします。 SANKO「C62 イージーホーム エボ 80WH」 11,227円 税込• 重量:8000g• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ホワイトのみ• 片側だけでトイレをするうさぎなら、ほとんど片側だけをお掃除でもしても綺麗な状態を保つことができます。 サイズはホーランドロップなどの1頭飼育に丁度良い、大きなサイズのケージです。 小さいうさぎ1頭でもロフトやハウスやトイレトレーなどいろいろなものを設置したい場合には丁度いいサイズです。 マルカン 「うさぎのカンタンおそうじケージワイドB MR-999」 13,069円 税込• 重量:10500g• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ブラウンのみ• キャスターも全部で8個付属されているため、安定していてうさぎが走り回っても問題ありません。 両サイドにも扉があり、入り口として使用できるため、大きくても設置場所を選ばない利便性の高さがおすすめです。 こちらもプラスチックのすのこと引き出しトレーが2分割されているため、とてもお掃除がしやすい大型うさぎや多頭飼いにおすすめのケージです。 SANKO「イージーホーム 80-PRO」 12,862円 税込• 重量:9000g• ケージ床タイプ;網• 床材:スチール• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ブラックのみ• 元々のサイズが大きいため、間仕切を使用して半分のお部屋にしても狭くありません。 ケージの網も床面も全てスチール製なのでプラスチックすのこの商品よりも全体の重量が少し軽量化されています。 ファープラスト 「Casitaキャシタ 80」 13,417円 税込• 重量:5000g• ケージ床タイプ:なし• 床材:なし• ケージの材質:スチール• キャスター付き:無• カラー:ブラックのみ• トイレが上手にできない場合にはプラスチックのすのこや木製のすのこを購入して敷いてあげるといいでしょう。 付属品でロフトのような空間が作られていますが、スロープ式になっているため、ロフトよりも落ちてしまう危険性が少なく、安心してご利用いただけます。 IMAC 「ラビットケージ イージープラス80」 18,409円 税込• 本体サイズ:W800D485H420mm• ケージ床タイプ:なし• 床材:なし• ケージの材質:スチール• キャスター付き:なし• カラー:グレーのみ• 付属でハーフパイプのスロープや秘密基地のようなボックスが付いている、お部屋というよりもプレイルームのような構造のケージです。 トイレや寝床を設置したい飼い主さんには、物を設置する場所が足りなく感じるかもしれませんが。 そうでない方でしたらうさぎの大好きなロフトなど、楽しめる工夫がされたアイディアの詰まったケージです。 うさぎの飼育初心者向け!おすすめうさぎケージセット3選 初めて飼う場合は何が良くて何が良くないのかが分からず、購入してから後悔する、ということもありますが、買ってよかったと思えるおすすめのケージを紹介します。 チャーム「はじめてのうさぎ飼育セット チャームセット ショコラ」 情報が取得できなかったよ・・・• 重量:7600g• ケージ床タイプ:ワイヤー状• 床材:金網• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ショコラのみ• こちらのセット商品でしたらケージにチモシーやトイレトレーがセットになっているため、買い忘れを防ぐことができます。 セット商品の場合、別々で購入するよりも多少お得になるので、初めてで悩んでいる方はこちらのセット商品を購入しましょう。 SANKO「うさぎ ベーシック3点セット イージーホームEVO」• ケージ床タイプ:すのこ• 床材:プラスチック• ケージの材質:スチール• キャスター付き:有• カラー:ピンク• サイズは広すぎず狭すぎずの中間サイズなので、大型のうさぎでなければ広々使用できます。 トンネルはかじってしまっても安心のテラコッタ製なので、お家に来たばかりでいたずら盛りの子うさぎでも安心して遊べます。 ご飯などにはこだわりがあるため自分で選びたい、という方はこちらのケージのセットを購入するといいでしょう。 2頭目や3頭目のケージとしてもおすすめです。 ファープラスト 「ウサギ用ケージセット ラビット100 色おまかせ 57052370」 14,228円 税込• 重量:5140g• ケージ床タイプ:なし• 床材:なし• ケージの材質:スチール• キャスター付き:なし• カラー:選べません• 大型うさぎや兄弟のうさぎなど、多頭飼育する予定の方にはこちらのセットをおすすめします。 セット内容はケージとご飯皿、給水機、牧草を入れるケース、ロフトを兼用したハウスです。 ケージの入口が大きく開く構造になっているため、物の出し入れは入口から行えます。 うさぎが自分で出入りするように扉を開いて固定してあげる場合はハシゴやスロープを用意しましょう。 気になる疑問を解消して、うさぎケージを購入する際に役立てましょう。 Q1:うさぎがケガをしない一番安全な床材ってなに? すのこや金網を使用する場合、網の間やすのこの穴や間に足が挟まって怪我をしてしまう可能性があります。 また、うさぎが跳ねて着地した際の衝撃を全て足の裏で吸収することになります。 硬い金網の衝撃はうさぎの足の裏には衝撃が強いです。 うさぎはとても骨が折れやすいため、ちょっと引っ掛けただけでも骨折してしまう可能性があります。 骨折や足を挟んでしまう可能性を省いた状態を一番安全な状態とすると、すのこや床材を敷かずにケージの床にペットシーツを敷き詰め、その上にトイレの砂などを敷いた状態が安全性は高いです。 ペットシーツやトイレの砂を誤飲してしまうことがないか、最初に設置した際に見てあげることを忘れないでください。 誤飲は窒息死の恐れがあります。 誤飲をしないうさぎであればこの状態が適切でしょう。 Q2:床材がすのこの場合、上に何も敷かなくていいの? Q1同様、すのこに足を引っ掛けて骨折してしまう可能性があります。 すのこの上に牧草や藁を敷き詰めることで、すのこに足を挟む可能性を低減することが可能です。 子うさぎの時期は特に足が小さいため、すのこの間に足を挟んでしまう可能性も高いです。 大きくなるまでは牧草や藁を敷き詰めてあげましょう。 敷き詰めた牧草を毎日交換すれば、そこまで不衛生にはなりません。 もし尿の染み込んだ牧草を食べてしまうのが気になる、という場合には「ギョウギシバ」という植物を牧草にした「バミューダグラス」を使用しましょう。 バミューダグラスは水分を吸収しにくいため、尿を吸収した状態でたくさん食べてしまうことを防ぎます。 ふわふわしていて衝撃は吸収できるため、ジャンプした際の衝撃もバミューダグラスが軽減してくれます。 Q3:ケージはどこに置くのがベスト? うさぎはとてもデリケートな生き物ですので、大きな音や温度の変化、湿気に弱いです。 リビングに置く場合は人がよく通る入口付近は避け、壁際にケージを設置しましょう。 改良された種類とはいえ、今ペット用として飼われているうさぎはアナうさぎの習性が残っているうさぎがほとんどなため、暗い場所や狭い場所を好みます。 そのことから、ケージの2面は壁に接している方がうさぎは落ち着くと言われています。 また、直射日光はよくありませんが、日光が当たらなすぎるのもよくありません。 日中は明るく夜は暗くなる場所を探してあげましょう。 エアコンや扇風機の風が直接当たる場所では温度変化が出やすいため、お部屋全体の温度を調節し、直風の当たらない場所を探します。 また、加湿器をお部屋にセットしている場合はうさぎのケージからは離れた場所に設置するようにしてあげてください。 テレビやオーディオ機器など、音を発するものが近くにあるとうさぎはびっくりしてしまいます。 ストレスの原因になり、最悪寿命を縮めることになってしまいます。 テレビなど音の出るものからは遠い場所に設置してあげましょう。 Q4:他の動物と一緒に飼うことはできる?ケージは隣り合わせでも大丈夫? うさぎはとても臆病な動物です。 他に動物を飼う場合は極力同じ種族であるうさぎを選んであげましょう。 うさぎを迎える前から家に先住の犬や猫がいる場合、初めは絶対に直接会わせないようにしてください。 うさぎがびっくりして、たくさんのストレスを与える原因になってしまいます。 ケージも離れた場所に設置し、最初は特にうさぎへのストレスにならないよう注意しましょう。 どうしても一緒に遊ばせたい場合には初めはうさぎだけをケージから出します。 うさぎが自分から犬などに近くまで無理に会わせてはいけません。 気長にうさぎのペースに合わせてあげることが大切です。 うさぎが犬などの他の動物を気にし始めたら、抱っこした状態で会わせるなど、少しづつ触れ合う機会を作ってあげてください。 うさぎが嫌がるようでしたら無理に一緒に遊ばせるのはやめましょう。 ストレスの原因になります。 もちろんケージも別々の、少し離れた位置に設置することをおすすめします。 嫌がらないようでしたらケージを少しづつ、気づかれない程度のペースで近付けていき、徐々に慣らしてあげましょう。 仲良くしていた場合でも、急な環境の変化はストレスの原因になってしまいます。 うさぎと長く一緒に暮らすには、最初は必ず別々の環境で飼育してあげましょう。 まとめ たくさんのケージを紹介しましたが、気に入ったものは見つかりましたか?お掃除はうさぎのためにも飼い主さんのためにも毎日行う作業ですので、引き出しタイプのケージを選んで毎日のお掃除を楽に済ませてしまいましょう。 うさぎとの生活はケージを選ぶ時点でもうすでにはじまっています。 お掃除がしやすく、尚且つ家庭に合ったサイズやデザインの物を選び、快適なうさぎライフを送りましょう。

次の

うさぎを飼うなら掃除スプレーが必需品!おすすめの掃除スプレー6選

うさぎ ケージ おすすめ

【目次】うさぎを飼うのに最適なケージとは?うさぎの飼育ケージの選び方とおすすめ商品! うさぎの部屋としてケージは必須 うさぎはもともと穴で暮らしていた動物。 自分の住処となる場所を決めておくと安心する生き物です。 もちろん、これは人間でも犬や猫でも同じ。 特にうさぎは非捕食動物であり、身の危険を感じたときに逃げる場所や寝る場所をつくってあげる必要性が高いのです。 したがって、うさぎを飼うならケージも一緒に用意する必要があります。 ケージの必要性は、うさぎの安息の場をつくることと、飼い主の目の届かないところで思わぬ事故が起こらないようにすること。 うさぎが安全で安心な暮らしを送るために、そのうさぎに合ったケージを購入してください。 ケージの大きさ うさぎのケージサイズはどれぐらいのものが良いのでしょうか。 それは、「うさぎのサイズに合ったもの」です。 うさぎといっても、中型犬ほどの体を持つフレミッシュ・ジャイアントと、世界最小のうさぎである では適正なケージサイズは違います。 また、「大は小を兼ねる」と、広々としたケージを与えるのも必ずしも正しいとは言えません。 家で飼育される家うさぎは穴兎という種類を先祖に持っており、巣穴を掘って暮らす習性があります。 そのため、広い場所では落ち着かない子も多いもの。 狭い場所を好む個体が多いとされています。 環境や一緒に住む人間に慣れてくれば、ケージの外の広い場所でリラックスするようになりますが、迎える際にはやはり落ち着ける居場所として適切なケージを選びましょう。 ケージを購入する場合、うさぎ専用のものを用意することをおすすめします。 小さめのうさぎなら大き目の鳥かごが使える、猫用ケージなら広々としてるから喜ぶのではという思いもあるかもしれませんが、ペットとして飼われるうさぎにとっては、うさぎが落ち着く広さでつくられているうさぎ用ケージが最も適しています。 もし、購入したケージでも広すぎてうさぎが落ち着かないようなら、寝ぐらとなる筒状のグッズや、穴型のおもちゃを置くのも良いでしょう。 ケージを選ぶポイント ケージを選ぶ際には、飼い主が使いやすく、うさぎにとっても住みやすいものを選びましょう。 以下のことがケージ選びで双方にとって重要な点です。 部屋の間取りに合った大きさ 前述の通り、うさぎは狭い場所の方が落ち着く個体が多いもの。 市販されているラビットケージであれば、よほど大型でない限り、どんなうさぎにとってもくつろげる空間となるはずです。 ただし、ケージを置く場所は留意すべき。 うさぎは繊細な生き物ですから、人通りが多いところや大きな音がするところ、直射日光の当たる場所にケージを置くのは良くありません。 最適な場所に置ける大きさのケージをラビットケージの中から選択しなければいけません。 床材の安全性 うさぎのケージで最も重要なのが、この床材です。 床材によっては、うさぎの足を傷つけ、最悪ソアホックという足裏の病気になってしまいます。 子うさぎの頃から慣れ親しんだ床材、清潔かつ安全な床材を選ぶ必要があります。 うさぎのストレスにならない床材選びを行いましょう。 掃除のしやすさ ケージは常に清潔に保つ必要があります。 床材が不潔になっていると、前述したソアホックのリスクが高まります。 また、トイレでできなかった糞尿をそのままにしておくことも、うさぎのストレスや病気の原因にもなり得ます。 できれば毎日、少なくとも1週間に1回は掃除を行いましょう。 床材がケージ選びで最も重要です。 それでは、どんな床材があり、どれが最も良いのでしょうか。 ケージ床材タイプ:金網 床に金属の金網が張り巡らされているタイプ。 傷がつきにくく、簡単に洗えて金の繁殖を防ぎ、清潔を保つことができるというメリットがあります。 フンや食べこぼしが網目から落ちるため、床に散らばらないということもポイント。 ただし、網目による足へのダメージが大きいため、万全のケアが必要です。 子うさぎの頃から金網に慣れているという個体も中にはいますので、全てのうさぎの足に負担を与えるとも限りません。 しかし、金網タイプを使うのであれば、細かい目のものを選びましょう。 また、うさぎの足を休めるスペースを、牧草やうさぎ用ざぶとん、プラスチック製の足休めなどで用意するのがおすすめ。 丈夫な金属製ということもあり、高価なタイプが多いです。 ケージ床材タイプ:すのこ・木製 すのこ・木製タイプは、金属製に比べてうさぎの足に優しいタイプ。 パーツが分解しやすく、まる洗いしやすいタイプ、床材単品で購入して交換できるタイプもあります。 爪が引っかかりにくいため、骨折などの心配もありません。 比較的安価で、持ち運びしやすいのも特徴。 一方で、尿などの汚れがしみこみやすく、衛生面で心配もあります。 衛生的に使うためには、定期的に丸洗い、交換などが必要です。 トイレの失敗などが少ないうさぎにはおすすめですが、清潔さを保つ自信がない場合は避けましょう。 ケージ床材タイプ:プラスチック プラスチック製の床材が敷きつめられているタイプ。 金網と比べ足に負担の少ないタイプです。 床材が2枚に分かれていることが多く、取り外しや洗浄がしやすいのが特徴。 糞尿の汚れをウェットティッシュなどで簡単に拭き取ることができます。 しかし、プラスチックは傷が付きやすく、爪などによってできた細かい傷に菌が繁殖することも。 大型のうさぎや体重の重い個体の場合、体重で床材が沈み、思わぬ事故につながる可能性があり危険です。 トイレの失敗が多い小型のうさぎにおすすめです。 トレー?引き出しタイプ? ケージの種類は床材だけで決まるわけではありません。 床材の下がトレーとなっているタイプと引き出しとなっているタイプがあります。 掃除のしやすさに直結するところなので、自身に合ったものを選ぶ必要があります。 トレータイプ トレータイプは、床材の下の底部分が一つの桶のようになっているタイプ。 トレーに、トイレで失敗したときの糞尿や食べこぼしが溜まっていきます。 掃除する場合はケージ部分を持ち上げ、分解する必要があります。 分解するのは面倒ではありますが、気づいたときに不可部分全てを掃除できるという点はメリットと言えるでしょう。 引き出し 引き出しタイプは、床材の下のトレータイプのトレー部分が引き出しになったもの。 引き出し部分にトイレで失敗した糞尿や食べこぼしが落ち、掃除のときに引き出して清潔に保つことができます。 トレータイプと異なり、ケージの上下を分解しなくても良いので、面倒がなくなります。 ただし、引き出し部分では取り出せない部分にフンや食べこぼしが挟まってしまうことがあり、分解の頻度が少なくなることで不潔になることも。 ケージ内はこまめに掃除 ケージ内はうさぎが1日の大半を過ごす場所。 いつまでも糞尿や食べこぼしをそのままにしていると、ストレスや病気になってしまいます。 できれば糞尿の処理は毎日したいもの。 これを考えると、こまめな掃除が億劫になってしまう人は、引き出しタイプのケージを選ぶ方が飼い主にとって楽だと言えるでしょう。 床材も、汚れたら拭き取るなどのケアを怠らないようにしましょう。 前述したように、床材タイプによっては丸洗いや交換が必要です。 うさぎのケージの選び方に関して、その他の注意点 大きさや床材、掃除のしやすさ以外にも、うさぎの生活する上で考えていただきたいケージ選びのポイントがあります。 水ボトルの設置しやすさ うさぎは意外と水をたくさん飲むため、水ボトルはうさぎが飲みやすい位置につけておく必要があります。 したがって、うさぎが子どものときから慣れ親しんだ場所に設置できる、または成長して体高がかなり変わったときに高さの調整でがきるケージが良いでしょう。 うさぎを買ったお店で使われていたケージと同じものを使うのがベスト。 高さ調整は、ケージの網が細かいものだと水ボトルの高さを細かく調整できます。 尿の飛び散りカバー トイレの失敗は、ケージの衛生面の大敵。 特に尿はフンと異なり掃除が大変です。 飛び散りカバー付きタイプであれば、トイレのしつけに自信がない人にもおすすめ。 特に男の子は匂いつけのために尿を撒き散らすという行為も多いので、飛び散りカバー付きケージを探すのも良いかもしれません。 キャスターつき キャスター取り外しができるタイプのケージはかなりおすすめです。 うさぎが今のケージの場所になかなか慣れない、日中は日差しが入ってくるのでケージの移動したいというときに便利。 ケージの下を掃除したいときも移動できるので簡単です。 ただし、老齢のうさぎはキャスターの分、高くなった入り口に入ることができなくなることもあるので、キャスターの取り外しができるタイプにしましょう。 おすすめのうさぎのケージ一覧 これまでうさぎのケージの選び方をご紹介しましたが、ここからは特におすすめのケージをご紹介します。 マルカンうさぎのカンタンおそうじケージ.

次の