介護事務 需要。 介護事務の求人はどれくらい?今後の需要

介護事務の仕事内容は事務?ますます需要が高まる介護事務とは?

介護事務 需要

・医療事務の資格をとっても需要・求人がないから意味ない ・AIやレセコンの発達で医療事務の仕事は将来なくなる ・医療事務は供給過剰で需要を上回っている ・10年後には医療事務という職業はなくなる これって結構不安ですよね。 実際のところはどうなんでしょうか。 結論を書いてしまうと、近い将来医療事務の仕事がなくなるなんてことはありません。 近年の医療事務関連資格の人気で、若干供給過剰気味であります。 でも、今後も医療事務の仕事の需要はあるし、地域によっては拡大していくと思います。 本記事では、医療事務の仕事の需要と供給見通しと、今後医療事務として仕事をしていく人が取るべき対策について整理しています。 本記事は以下のような人向けのものです。 医療事務の需要がなくならない理由【10年後も大丈夫】 高齢化社会で医療関連産業の需要は拡大する ご存知の通り日本はこれから超高齢化社会となっていきます。 社会が高齢化することで医療関連の需要は拡大していきます。 さらに若年人口、労働力の不足が起こってくることで、医療に関する仕事の働き手は加速的に不足していくでしょう。 医療事務も、医療の担い手として需要が高まっていきます。 医療費削減政策により、医療事務は役割が増す 日本のような国民皆保険制度を採用している国では、高齢化と医療費の増大は国家財政を圧迫する要因になります。 そのため、今後、いかにコストを削減しつつ、医療サービスの質を維持するかが重要。 基本的には今後日本の医療の体制は、医療の質を維持しつつ、コストを下げるために、下のような流れがやってきます。 調剤薬局や介護施設での医療事務の需要も増加する 医療に関わる総人件費の抑制がすすめられるのは病院だけではありません。 調剤薬局でも同じことが起こります。 調剤薬局ではたらく「調剤薬局事務」という仕事があります。 調剤報酬の計算や、薬剤師の調剤補助業務を行う仕事で、医療事務の薬局版といえる仕事で、医療事務の経験や関連資格が活かせる仕事です。 実は、調剤薬局事務による調剤補助業務について、長年、調剤薬局事務が医薬品のピッキング(処方箋に基づいて棚から医薬品を取り出す行為)が合法か非合法かという議論がありました。 しかし最近が、厚生労働省はこれを合法であるという見解を出したのです。 今後、どの薬局も、薬剤師数を最小限にとどめ、人件費の安い調剤薬局事務を最大限活用していくことでしょう。 また、高齢化にともない、介護施設も必要になってきます。 介護施設で必要な、介護報酬請求業務における報酬計算の仕事も医療事務の領域です。 ぶっちゃけ、医療事務の仕事の需要は今後、病院・調剤薬局・介護施設においてどんどん高まっていくことになります。 医療事務の仕事がAIで完全になくなることは無い 医療事務の仕事なんかAIにすぐにとって代わられるなんてことを言う人がいますが、そんなことはすぐに起きません。 AIをSF映画のロボット、アンドロイドのようなイメージで考えているひとがいるかもしれませんが全くの誤りです。 はっきりって現在のAIは何でもできるわけではありません。 せいぜいAは過去のデータ基づいた予測をする、たとえば数時間後のタクシーの需要を算出して、配車数を調整する、といった具合です。 人間の医療事務のように、直接患者と対話したり、柔軟なクレーム対応なんかできません ただし医療事務の仕事内容や働き方は変わる可能性がある 先程AIによって医療事務の仕事がなくなるなんてことはないと書きました。 ただし、将来医療事務の仕事内容や働き方が変わる可能性はあります。 もちろん需要は拡大していきますが、AIの導入や高度なレセコンが普及すれば、単純な会計業務やレセプト業務に必要な労働力は減ってきます。 一方で、いままで看護師や薬剤師、医師が実施していた業務の一部について、医療事務が実施してもいい、ということも出てくるでしょう。 先述の、調剤薬局でのピッキングなんかいい例です。 また、受付やレセプト業務であれば、なにも病院に出勤する必要性がありません、在宅ワークも可能です。 将来的には、ノマドな医療事務とかもあるかもしれません。 医療事務の需要はすでに飽和・供給過剰という主張がある件 将来の医療事務の需要に悲観的な意見として、「医療事務の資格を取得したのに仕事が見つからない人がいる」というものがあります。 確かに、医療事務自体の求人はあるものの、有資格者が多いという印象があります。 実際、現状として、最近医療事務の関連資格の保有者が増えています。 また、医療事務は楽な仕事というイメージがあるため条件の良い求人には希望者が多く、「採用されなかった」経験をした人も多いでしょう。 一部の人は、医療事務の資格を取得したのに無駄だった、なんて感想をもっているかもしれません。 とはいえ、こういった印象を持つ人が多い最大の要因は、医療事務が経験者優遇で、未経験者は仕事を見つけにくい環境にあるということです。 はっきりいって、ちょっと勉強して医療事務関連の資格を取得して、すぐに仕事が見つからなかったからといって、医療事務は需要がないと嘆くのは誤りです。 それなりに経験をつんだ医療事務人材の需要は、今も、これからもちゃんとありますよ。 医療事務の需要・供給事情と将来性に対する攻略法 現役医療事務の人、これから医療事務になる人たちは今後の需要はちゃんとあるので安心しましょう。 とはいえ、今後も医療事務関連資格の保有者は増えていきそうですし、働き方や求められる役割・スキルも変わっていくことでしょう。 将来、医療事務として有利に人生を歩んでいくための攻略法として以下のようなものを意識してきましょう。 医療事務未経験を脱して経験者になる 医療事務の世界は、圧倒的な「経験者優遇」の業界です。 資格を取得したら、できるだけはやく「未経験」者を卒業しましょう。 できれば1年、最低でも6ヶ月ほどどこかで医療事務の実務を積むことが大事。 はじめから、高待遇や、フルタイムの求人ばかり狙ってはいけません。 パートや、多少条件が悪くてもいいので、未経験でも雇ってくれるところに応募したらいいです。 ある程度経験したら、さくっと転職して条件の良いところに行けばいいだけですからね。 医療事務としての専門性を広げる 医療事務として経験を積む中で、専門性の幅、業務経験の幅を広げることをおすすめします。 具体的には、規模の大きい、複数の診療科のある病院で経験を積んでおくとか。 特に新設の病院では大量募集をかけているので、クリニックでの経験が無い、あるいは未経験でも採用されやすいです。 あとは、調剤薬局事務、介護施設での医療事務といった経験も経ておくとベストです。 将来の医療事務の需要拡大の際に、高待遇案件を自分で選択できるようになります。 ついでに、高度なPCスキルなんかつけておくと、職場でレセコンが高度化したり、一部AIが導入されてもついていけると思います。 英語はいまのところは必要ないですが、外国人が増えてくることを考えると、できたほうがいいですね。 こんなかんじかな。 医療事務の需要、仕事は将来なくなる?10年後は供給過剰?対策と現状を整理した【まとめ】 というわけで、まとめますと、医療事務の需要や仕事が将来なくなるなんてことはありません。 理由は、 ・高齢化社会によって医療関連産業そのものの需要が拡大する ・医療費削減政策によって、今後、医療事務や看護助手、調剤薬局事務の需要を期待される役割は拡大する。 ・医療事務の人材は、介護や調剤薬局での需要拡大でも恩恵を受ける ・AIが導入されたところで、人間の代わりがすぐにできるわけではない。 現在医療事務、あるいはこれから医療事務を目指す人は、まだまだ安心して大丈夫。 資格をとったものの、未経験では雇ってもらえないからといって需要がないわけではありません。 それなりの知識とスキル、経験をもった医療事務になりましょう。 そうすれば将来仕事がないなんてことにはなりません。 まー、これは医療事務にかぎらず、どんな仕事でも言えることですがね。

次の

【40代未経験】資格とるなら『介護事務』がおすすめ その訳とは?

介護事務 需要

履歴書は「この志望者と会ってみたいかどうか」採用側が最初に判断する材料のひとつになります。 介護事務志望者にとっては、介護施設など施設の採用担当者が面接にあなたを呼ぶか呼ばないかは、この履歴書一枚にかかっているのです。 そうすると、志望動機がやはり重要なポイントとなってきます。 履歴書を書く段階でしっかりと志望動機を練っておけば、面接時にもしっかりアピールできるようになります。 「なぜ介護事務の仕事をしたいのか」の志望動機をしっかりと磨き上げるコツと、実際に面接で志望動機を話す際のポイントをご紹介します。 介護事務の需要とは? 今現在、日本は超高齢社会といわれており、介護に関連する施設は年を追うごとに増加している一方となっています。 そして、これに伴って介護事務の必要性も増しており、介護事務としての存在に注目が集まっていることは確かです。 しかしながら、介護事務としての求人は多い状況であるとはいえません。 比較的大規模な施設や事業所であれば、介護事務の業務を専任スタッフが請け負い、事務と介護職の業務が切り離されています。 けれど、多くの事業所では、介護職を務めているスタッフが兼務というかたちで仕事の1つとして介護事務を行なっているケースが非常に多くなっています。 また、仮に介護事務の求人があったとしても、予定採用人数は1~2名といった場合が多く、1度にまとまった人数の募集があるということは滅多にありません。 そのため、介護事務の資格を取得したからといって、そのまま介護事務のスタッフとし就職することは、残念ながら難しい状況であるといえます。 どのように就職活動を行えばいいのか? 先ほど、介護事務の現在の求人募集状況や就職状況をお話し、介護事務専門でのスタッフの採用は難しい状況であることをお話しました。 それでも、介護事務の就職活動を行いたいと考える場合は、どのようにすべきなのでしょうか? 介護事務の未経験者の方は特に、すでにご紹介したような「介護事務管理士」や「ケアクラーク」といった資格を取得することがおすすめです。 やはりこの資格があれば履歴書にもその旨を記載することができますし、面接の場でもアピールすることができ、資格を取得していない未経験者の方よりも優位にたつことができるからです。 また、こういった資格以外にも、パソコンのスキルを身に付けておくといいでしょう。 介護事務ではオフィス系ソフトを使う場合が多く、こういったスキルをもっていれば即戦力となると判断されることがあるからです。 もちろん、介護職以外の職場で事務としての経験がある場合は、そのこともアピール材料として活用しましょう。 介護事務の就職状況、そして求人募集状況についてお話しましたが、いかがでしたか? 介護事務のみの募集というのは非常に少ないのが現状で、今は介護職のスタッフが介護事務もこなしていることが多くなっています。 そのため、就職活動は決して簡単なものとはならないでしょう。 ですが、介護事務に関する資格を取得する、パソコンのスキルを身に付けるなど、少しでもアピール材料を増やす努力をすることは可能です。 悔いのない就職活動を行いましょう。 志望動機に必須となる2つのポイント 介護事務の志望動機をまとめる際に、重要になってくるポイントが二つあります。 ひとつは「どうしてこの施設で仕事をしたいと思ったか」、もうひとつは「介護事務という仕事を選んだ理由」です。 まずは、なぜこの施設で仕事をしたいと思ったか、まとめる作業から始めましょう。 「家が近い」「前から知っていた」「設備が綺麗だった」など物理的な理由ではなく、介護施設のサービスや、企業理念を調べ、それらを踏まえてここで働きたいと思ったと書くことが大切です。 また、注意しておきたいのは「事務職は介護職とは違う」という観点では書かないということ。 介護事務スタッフは、あくまで介護サービス従事者の一員。 介護に関わる仕事であると意識して書いたほうがベターでしょう。 仕事をするなら、企業理念やビジョンに共感できるところのほうが、自分と価値観も近く、働きやすいもの。 きっかけは家が近かったからというのが本当のところだったとしても、その施設についての情報収集をきちんとして、共感できる理念等をまとめておきましょう。 ではなぜ、介護事務という仕事につきたいのか 「事務経験がある人」と「事務未経験の人」で、介護事務の志望動機は変わってきます。 どちらの場合も、まずはあなたが介護事務を目指すきっかけ思い出してみてください。 どのようなことでも構いません。 その出会いについて、詳細に書き出してみましょう。 例えば、祖父が介護施設に入所した際に、介護事務という仕事を初めて知ったとします。 介護の仕事に興味はあっても、体力的な不安など、さまざまな事情で直接的なケアに携わるのは難しいと考えていたけれど、影でご利用者様を支える仕事につけたらと思った…というように、きっかけをベースに膨らませていきます。 事務経験がある場合は、そのキャリアと介護事務の仕事を上手く絡ませてアピールしましょう。 では、事務未経験、または新卒での就職活動で介護事務を選んだ場合は、どのようにアピールすればいいのでしょうか。 大切になってくるのは、介護事務としてのビジョンです。 どのようなことに積極的に取り組んでいきたいか、情熱を伝えることがポイントとなるでしょう。 介護関連の仕事は、今後さらに需要が増していくことが予想されます。 そのような時代背景を受けて、どうしてこの業界を志したのか、明確にしておきましょう。 面接では、どう答える? 履歴書審査を通過し、いざ面接となった時、やはり志望動機は質問されます。 この時、履歴書に書いたことをそのまま答えるのは避けなくてはなりません。 逆に言うと、面接を想定し、履歴書ですべてを出し切ってはいけないとも言えます。 履歴書に書いたことをベースに、そこから膨らませて答えることができるように準備しておきましょう。 面接は、自分をアピールする最大のチャンスです。 せっかくの機会ですから、自分の情熱や思いをきちんと伝えられるようにしておく必要があります。 「社会福祉」や「介護」に関する姿勢も、やはり大きな評価対象となります。 ただし、注意したいのは言いたいことをすべて盛り込み、話が長くなりすぎないこと。 自分が一番伝えたいことをよく考え、それを軸に話を展開できるよう、考えをしっかりとまとめておきましょう。 この時、スピーチのように原稿を用意すると、変に緊張してしまったり、忘れてしまうと余計に動揺してしまうこともあるので、おすすめなのは箇条書き程度にまとめておくことです。 面接のその場で本当の想いが口をついて出てくるように、しっかりと考えておきましょう。 介護事務の仕事において重要なのは「安心して仕事を任せられる」という信頼感と、人柄が挙げられます。 履歴書を書く時でも、面接でも、自分を知ってもらえるチャンスを大切に、熱意を伝えることを目指しましょう。 また、自分を大きく見せようとしてしまうと、採用された後に不都合が生じることもありますので、ありのままの自分を、きちんと見てもらうことが大切です。 全体的に人手不足な介護業界ならではの問題も 介護事務は今後、さらなるニーズ拡大により、人材不足が心配されています。 しかし、人手不足は介護事務に限らず、介護業界全体の問題。 高齢者増加にともない、介護を必要とする人も当然ながら増えていくことが予想されており、介護サービスの需要は高まっています。 それに対応するために、施設なども増えていくことが考えられますが、残念ながら、正しい知識を持って介護できる人の数は足りていません。 そうなると、どうしても介護事務専任スタッフを雇うよりも、ケアマネジャーや介護福祉士が介護事務を兼任する形で対応するケースが多くなってしまうのです。 新規採用だったとしても、介護事務プラス現場の仕事を期待されているケースが多く見られます。 ただし、大規模施設の場合は介護事務の仕事だけでも相当量となるので、介護事務専任スタッフが多く活躍している所もあります。 介護事務の採用といっても大規模施設、小規模施設で担当する業務が大きく変わる可能性もあるのです。 介護事務として転職するには 介護事務への転職、未経験求人は、さまざまな事情から簡単とは言えません。 しかし、介護事務として転職するには、資格を取るのが一番の近道と言えそうです。 現在、介護事務の資格として扱われるものには「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護事務実務士」「介護保険事務士」「介護保険事務管理士」「介護管理専門秘書検定資格」があります。 これらの資格を取得し、そのうえでワープロ検定やエクセル検定、会計システムに関する資格など、他の事務スキルを磨いておくことも、転職に役立ちます。 大きな老人ホームや特別養護老人ホーム、小規模デイサービスなど、介護施設は年々増加し続けています。 転職を目指して活動する際に、新しい施設の求人を見つけたら、ぜひ挑戦してみてください。 スタートスタッフとして仕事を始めると、介護保険請求の手続きだけではなく、運営に携わる事務を任される場合も多くあります。 そういった意味でも、介護事務としてだけでなく一般の事務系資格や、事務経験があると有利になるのです。 現在、介護事務の求人は決して多いとは言えない状況です。 しかし、今後事業としても拡大が見込まれる業界ですので、介護事務資格を活かせる場は増えていくでしょう。 資格を保有している人はまだそれほど多くないので、狙い目の資格と言えます。 将来的に結婚や出産などで一時的に仕事を離れても、資格という分かりやすい評価基準を持っていると、再就職もしやすいでしょう。

次の

介護事務の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

介護事務 需要

介護事務員とは 介護事務員とは、介護施設などで介護報酬請求業務(レセプト作成)を行う事務員のことです。 介護事務員の仕事内容 介護事務員の仕事のメインは、介護報酬請求に関わる事務業務です。 介護報酬に関する費用を請求したり、ケアプランを立てるケアマネージャーの業務をサポートすることも介護事務員の役目です。 まー言わばケアマネージャーの下っ端ですね・・・ その他にも、利用者の受付やサービス内容の説明や各事業者から届く書類の取りまとめなど、介護事務員の業務は多岐に渡ります。 介護事務員になるには 介護事務員になる為の資格は無いので、誰でも介護事務員になることができます。 ただ、実務経験が無いのにいきなり介護事務員として就職することは困難なので、実務経験が無い方は「介護事務管理士」の資格を取得することをオススメします。 試験情報は姉妹サイトの「」を参照して下さい。 介護事務員の仕事の探し方 介護事務員の需要は高いので、比較的仕事は探しやすいと思います。 近所の施設で働きたいのであればハローワークで求人を探すのも一つの手ですが、ハローワークに常に求人を載せている会社は離職率が高くていわゆるブラック企業と呼ばれる会社が多いので、個人的にはあまりオススメできません。 福祉職専門の求人サイトや転職エージェントもあるので、まずはそういったサービスを利用して求職活動すると効率が良いでしょう。 また、実務経験を積むことにより、クリニックでの保険請求業務や、損害保険課での保険請求内容の審査など、介護福祉以外の分野でも活躍することが可能です。 介護事務員の給料 介護職全般に言えることですが、他の業種に比べて低収入なので期待はできません。 更に、介護事務員といっても業務内容が多種多様なので、一般的な収入を算出することは難しいと言えるますが、ケアマネージャーや社会福祉士に比べると低収入になる傾向が高いです。 しかし、経験を積んで介護福祉以外の分野で活躍できれば、収入アップを見込むことができます。 どういった場所で働けるの? ヘルパーステーションや訪問介護ステーション、特別老人ホームなどの介護サービスを提供する事業所で働くことができます。 どういう性格の人が向いている? お金を管理するお仕事になりますので、細かな作業が好きで、尚且つ計算知識に長けた人には向いている仕事になります。 デスクワークで体力も必要としないので、年齢を重ねても現役バリバリで働くことがでいます。 仕事の口コミを掲載!.

次の