シェフレ。 シェフレ (Chez Fraise)

シェフレ (Chez Fraise)

シェフレ

生い立ちと職歴 [ ] シェフレは南西ドイツのに生まれ、同地の に学び、全国試験を受け、からまでの福音派神学校で学んだ。 以降は、の福音派神学校 で神学を学んでいたが、バーデン地方の反乱を支持したとして、強制退学させられた。 からにかけての短い期間、となった後、からシュヴァーベン地方の新聞『 』の編集部に入り、までそこに所属した。 この間、シェフレはに高等官僚の試験を受けた。 には、の から博士号を取得し、にはテュービンゲン大学の国民経済学の教授となった。 、シェフレはのの教授に転じた。 後には、教職を辞してに隠棲し、執筆に専念した。 シェフレはにシュトゥットガルトで没した。 政治 [ ] からにかけて、シェフレはの一員となっていたの の議員となり、にはヴュルテンベルク第3選挙区(、ラウプハイム、ビベラハ)から、の の議員に選出された。 の2月から10月にかけて、シェフレはの商務大臣を務めたが、この時の経験について「あそこほど沢山のならず者が群がっているところはなかった」と後に記している。 からにかけて、シェフレは宰相の下で、 の取り組みに参与し、特に労働者の保険制度に創設に関わった。 著書 [ ]• Kapitalismus und Sozialismus 1870• Die Quintessenz des Sozialismus 1874 PDF; 14 MB• Die Aussichtslosigkeit der Sozialdemokratie 1885• 467-528. Aus meinem Leben 1905• Abriss der Soziologie 1906 からまで、シェフレは『 』(「総合国家学雑誌」の意)の発行人であった。 顕彰 [ ] との町は、アルベルト・シュルレを讃えて街路名にその名を付けている。 参考文献 [ ]• Verlag Kohlhammer, Stuttgart 2001, , S. 766 外部リンク [ ]• - の蔵書目録()より。 in der•

次の

シェフレ (Chez Fraise)

シェフレ

クリックできるもくじ• いちご農家直営店のケーキ屋さん「シェフレ」 小山市にある いちご農家直営店のケーキ屋さん「シェフレ」。 小山駅から車で10分ほどの場所にあり、急4合国道沿いにあるケーキ屋さんです。 いちごの季節に訪れると、ショーウィンドウに並ぶケーキにはいちごがたくさん。 ケーキだけでなく、パフェやジェラード、フローズンドリンクなどもあります。 ラッピングもかわいい焼き菓子はギフトにもおすすめ。 テレビ番組「人生の楽園」に取り上げられたこともあるお店です。 ケーキはテイクアウトだけでなく、 イートインもできます。 パフェやジェラートもあり、子連れで訪れても居心地がいいお店でした。 いちご農家直営店のケーキ屋さん「シェフレ」へ!たくさんのいちごに大興奮! こちらが「シェフレ」の外観。 旧4号国道沿いになります。 駐車場はお店の前。 いちごの季節に訪れたので、いちごを使ったケーキがずらりと並んでいます。 「いちごを食べるショートケーキ」と書いてあります。 イートインコーナーは1階と2階にありますよ。 先に注文を済ませて、2階のイートインスペースで待ちます。 明るくておしゃれなスペースですね。 ソファ席もありました。 こちらは「ケーキセット」 930円。 好きなケーキ・ジェラート、ドリンクを選べます。 とちおとめのショートケーキ。 大きないちごがまるまるとのっています。 つやつやとした新鮮ないちごは甘くて美味しい! ジェラートは「スカイベリーソルベ」。 いちごのほどよい酸味がさっぱりとしたジェラートです。 飲み物は、おとめソーダ。 フローズンの甘酸っぱいいちごが炭酸ぴったり。 生クリームといちごがたっぷりで贅沢なパフェでした。 いちごは上だけでなくパフェの中層にも入っていて、甘酸っぱいいちごは甘くて美味しい生クリームによくあいます。 いちごのパフェにイチゴのケーキ、イチゴのジェラートといちごのドリンク、まさにいちごづくしのデザート頂いてきました。 なんて、幸せなひととき! 「Chez Fraise シェフレ」のアクセスや営業時間などの基本情報 「Chez Fraise シェフレ」の基本情報は以下のとおりです。

次の

いちご農家直営店のケーキ屋さん【シェフレ】でいちごたっぷりのパフェやケーキ・ジェラートをいただく!

シェフレ

帝国ホテルのメインダイニング『レ・セゾン』では14日のバレンタインデイから3月14日までのホワイトデイ までの1ヶ月間、『La vie en Rose ラ・ヴィ・アン・ローズ(ばら色の人生)』と題したランチ&ディナーを開催します。 ティエリー・ヴォワザンシェフとローラン・ペリエ社のジャン・クリスチャン日本代表がロゼシャンパンをテーマに 考えた企画で、前菜からメイン、デザートまでをロゼシャンパンで楽しむことができます。 開催期間中、 ローラン・ペリエ・ロゼのボトル価格も通常より廉価(15,000円)になっていますので、バレンタインの本命と、 あるいは気の置けない仲間と一緒にシェアするのがお洒落だと思います。 先日、ティエリー・ヴァワザンシェフが考えた下記のメニューをひと足先に試食させていただきました。 シェフの凄さを実感させられるのがシャンパンと料理とのマリアージュです。 シャンパーニュ地方出身で シャンパンを愛しているティエリーシェフだけに各メゾンの個性を十分に知り尽くしており、その自信に 裏打ちされたものがお皿の上に見事に表現されています。 五感を刺激する逸品に出遭える感激があります。 同地方の迎賓館といわれる『レ・クレイエール』での実績もそれを物語っていますよね。 素敵な人とご一緒に、『レ・セゾン』のラ・ヴィ・アン・ローズの世界をご堪能ください。 ティエリー・ヴォワザン 1964年生まれ。 フランスを代表する三つ星シェフのひとり、ジェラール・ボワイエ氏のもとで腕を磨いた。 ボワイエ氏がオーナーのシャンパーニュ地方ランスのレストラン『レ・レクイエール』で17年間活躍後、 帝国ホテル東京のフランス料理『レ・セゾン』のリニューアルオープンに際してシェフとして招聘される。 シャンパーニュに関する知識と、各メゾンの主要な人物との知己は極めて高いレベルにあり、また素材を厳選し、 伝統を踏まえながらも新たな感性を取り入れて作り上げる美しい料理には定評がある。 問合わせ先 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館中2階『レ・セゾン』 03-3539-8087(支配人:蕪木かぶらぎ).

次の