ツーリング プラン 2020。 ETC割引2020年まとめ|全国の高速道路定額乗り放題と周遊プラン

2020 BOSOツーリング(千葉県 房総半島)

ツーリング プラン 2020

東北6県が対象の「東北6県周遊プラン」、青森県・秋田県・岩手県・宮城県一部が対象の「北東北周遊プラン」、宮城県・福島県・山形県が対象の「南東北周遊プラン」の3種類がラインナップ。 例えば、東北6県の高速道路が最大3日間乗り放題の「東北6県周遊プラン」は、普通車10,700円(軽8,100円)と、1日あたり3,560円で乗り放題に。 アクティブに観光されたい方にお勧めです。 例えば、群馬県内周遊プラン2日間3,100円(普通車)と1日あたり1,500円で定額乗り放題に。 周遊エリア内の高速道路が定額で2〜3日間乗り放題。 全プランとも、2日間 プラン(普通車6,100円〜)、3日間プラン(普通車7,100円〜)で販売されています。 例えば「道南プラン」で、千歳から函館を往復した場合の高速料金は10,000円以上なので、お得なことが分かります。 例えば、首都圏エリア〜白馬・妙高エリアの往復で普通車8,700円(軽6,900)です。 首都圏エリアの川口JCTから妙高高原までは、通常往復13,420円のため、お得であることが分かります。 週末の2日間が乗り放題になる「週末型(普通車5,700円〜)」と3日間が乗り放題になる「全日型(普通車7,500円〜)」を発売。 さらに、新潟周遊エリアと周遊エリアまでの関東、北陸エリアを発着料金をセットにした「新潟周遊プラン(全日型3日間)」、レンタカー限定の「新潟周遊プラン」も発売。 長野県内の周遊エリアが対象の「周遊プラン」、周遊プランに名古屋エリアから周遊エリアの往復高速料金がセットになった「名古屋出発プラン」、周遊プランに首都圏から周遊エリアの往復高速料金がセットになった「首都圏出発プラン」、周遊プランに静岡から周遊エリアの往復高速料金がセットになった「静岡出発プラン」の4種類を販売しています。 その他、利用者を対象に、軽井沢プリンスショピングプラザの駐車場代金が無料になったり、サービスエリアでの優待などの特典があるので、詳しくは申込みページをご確認ください。 例えば、最大2日間長野県内の高速道路が乗り放題になる「周遊プラン」は、普通車5,500円(軽4,500円)と、1日あたり2,750円で乗り放題に。 信州エリアをアクティブに周遊観光されたい方にお勧めです。 ETC車限定で、平成31年3月31日まで実施。 詳しくは姉妹サイト 「」にてご紹介しています。 北海道から九州まで、全13コースの高速道路が最大2日間(一部コースは最大3日間)定額で乗り放題に。 例えば、「熊本・大分・福岡コース」なら曜日に関係なく2日間で3,000円。 例えば「岐阜県周遊コース(2日間)」は、普通車5,400円(軽4,300円)と、1日あたり2,700円で乗り放題に。 料金は、2日間乗り放題プランの場合、普通車5,000円(軽4,000円)、3日間乗り放題プランの場合、普通車6,800円(軽5,700円)です。 中国5県、ひろしま・島根エリアの乗り放題プランが有ります。 休日2日間と全日3日間プランがあります。 「滋賀・京都・大阪発着プラン(普通車6,900円〜)」・「兵庫・岡山発着プラン(普通車5,600円〜)」・「広島・山口東部発着プラン(普通車6,700円〜)」・「福岡・山口西部発着プラン(普通車10,000円〜)」・「四国乗り放題プラン(普通車5,000円〜)」の5種類のプランを販売します。 ドライブパス2019|みち旅 九州地方の高速道路が定額で最大3日間乗り放題。 一般的な九州周遊旅行で高速道路が半額以上もお得になります。 「北部・西部プラン(主に福岡・熊本・長崎・佐賀・大分エリア)」・「南部・東部プラン(主に福岡・熊本・大分・宮崎・鹿児島)」の3日間プランの2プランを販売しています。 その他、申し込み前に注意事項や利用方法を公式サイトで必ず確認してください。 (みち旅) 日本旅行で申込がお得 秋の九州GO! ドライブパス利用者向けに、日本旅行から宿泊割引クーポンを進呈! 下記、ページからのお申込みがお得です。 一般的な九州周遊旅行で高速道路が半額以上もお得になります。 「熊本・佐賀・長崎」・「熊本・大分・福岡」・「熊本・宮崎・鹿児島」の3日間プランと「九州全域」が対象となる4日間プランの合計4プランを販売しています。 詳しくは、日本旅行のキャンペーンページをご覧ください。 首都圏、名古屋、尾張、みえ発着プランと、静岡県域周遊プランがあります。 料金一例として、名古屋発着プランが普通車8,300円(軽6,700円)、静岡県域周遊2日間が普通車6,400円(軽5,200円)です。 土日祝限定で「東地区(普通車1,090円)」「西地区(普通車1,090円)」「全地区(普通車1,650円)」の3プランがあり、ETC2. 0装着車・軽自動車や二輪はさらにお得です。 各設定日につき先着4,000名様限定です。 三重県域周遊2日間と三重県南部周遊2日間の2プラン。 料金は、三重県域周遊2日間が普通車4,700円(軽3,800円)、三重県南部周遊2日間が普通車3,800円(軽3,000円)です。 例えば「広島発着コース(3日間)」は、普通車11,000円(軽8,800円)と、1日あたり3,330円で乗り放題に。 周遊エリアが乗り放題の「佐賀・長崎乗り放題プラン」、九州各エリアと中国各エリアからの1往復分と周遊エリアが乗り放題がセットになった「往復料金セットプラン」があります。 「佐賀・長崎乗り放題プラン」の休日2日間プランは普通車3,800円(軽3,000円)、全日3日間なら普通車4,500円(軽3,600円)です。 例えば、広島発着プランは全日3日間普通車12,000円(軽9,600円)とお得です。 例えば、山梨県内周遊プラン2日間4,100円(普通車)と1日あたり2,050円で定額乗り放題に。 対象となるコースは、「首都圏コース」、「中京圏コース」、「関西コース」、「九州コース」の4エリア13コース。 乗り方次第では半額以上になり、注目の割引サービスです。 例えば、福岡ICから別府ICを往復する場合、ETC料金は5,840円ですが、「熊本・大分・福岡コース」なら3,000円とおよそ半額に。

次の

HondaGO バイクレンタルで、どこまで行ける?「代表的なプランでシミュレーション」

ツーリング プラン 2020

試乗気分の2時間プランから、3日間を有効に使える「ロングGOGOプラン」まで ホンダは、2019年から始まった二輪市場活性化プロジェクト「ホンダゴー」の一環として、加盟店数国内最大級のバイクレンタルサービス「ホンダゴー・バイク・レンタル」を4月6日より開始した(北海道&沖縄は5月末より)。 これは、バイクに乗るきっかけとして、またバイクの魅力を気軽に体験できるようにと展開されるサービスだ。 ホンダドリームをはじめとしたホンダ二輪車正規取扱店の加盟店でサービスは順次開始されており、取り扱いモデルは店舗によって異なるものの、原付一種(50cc)から大型二輪までさまざま。 料金プランもバリエーションが豊富で、クルマの免許しかない、また二輪免許を取得したもののバイクを所有した経験がないといったユーザーに対しても、気軽にバイクに触れる機会を提供してくれる。 一番短い料金プランである2時間以内の「ショートプラン」は、一般的な試乗よりもきちんと乗り込みたいユーザーに最適だ。 都市部でも片道15~20km程度は走ることができ、通勤などを想定しながら、じっくりとバイクをテイスティングできる。 4時間プランならショートツーリングも射程圏内だ。 日帰りツーリングに利用するなら8時間プランだ。 一般道でも片道50kmは走れるし、出先で観光などを楽しむ時間も確保できる。 高速道路を利用すれば片道100km以上まで足を延ばせる。 さらに、丸1日たっぷり走りたいなら24時間プランを選ぶことも可能だ。 2泊3日で利用できる「ロングGOGO」プランは、48時間よりも7時間長いのが特徴。 中1日がたっぷり使えるので、片道300km程度のエリアは余裕をもって射程圏内といえるだろう。 初日に目的地へと移動、2日目は現地で観光スポットを巡るか、またはさらに足を延ばすことも可能だ。 そして3日目は多少の観光を楽しみながら帰路へ……。 東京都台東区を起点とすれば、仙台や長野、名古屋あたりまでカバー可能。 「観光よりも走り」というなら鈴鹿や琵琶湖も行けそうだ。 日本海を見て帰ってくる、なんていうのもいいかもしれない。

次の

2020年【ETC乗り放題】ETC限定の高速道路割引「周遊パス・フリープラン・ドラ割」が続々登場!GWにお盆や夏休み、秋休みで利用可能!

ツーリング プラン 2020

東北6県が対象の「東北6県周遊プラン」、青森県・秋田県・岩手県・宮城県一部が対象の「北東北周遊プラン」、宮城県・福島県・山形県が対象の「南東北周遊プラン」の3種類がラインナップ。 例えば、東北6県の高速道路が最大3日間乗り放題の「東北6県周遊プラン」は、普通車10,700円(軽8,100円)と、1日あたり3,560円で乗り放題に。 アクティブに観光されたい方にお勧めです。 例えば、群馬県内周遊プラン2日間3,100円(普通車)と1日あたり1,500円で定額乗り放題に。 周遊エリア内の高速道路が定額で2〜3日間乗り放題。 全プランとも、2日間 プラン(普通車6,100円〜)、3日間プラン(普通車7,100円〜)で販売されています。 例えば「道南プラン」で、千歳から函館を往復した場合の高速料金は10,000円以上なので、お得なことが分かります。 例えば、首都圏エリア〜白馬・妙高エリアの往復で普通車8,700円(軽6,900)です。 首都圏エリアの川口JCTから妙高高原までは、通常往復13,420円のため、お得であることが分かります。 週末の2日間が乗り放題になる「週末型(普通車5,700円〜)」と3日間が乗り放題になる「全日型(普通車7,500円〜)」を発売。 さらに、新潟周遊エリアと周遊エリアまでの関東、北陸エリアを発着料金をセットにした「新潟周遊プラン(全日型3日間)」、レンタカー限定の「新潟周遊プラン」も発売。 長野県内の周遊エリアが対象の「周遊プラン」、周遊プランに名古屋エリアから周遊エリアの往復高速料金がセットになった「名古屋出発プラン」、周遊プランに首都圏から周遊エリアの往復高速料金がセットになった「首都圏出発プラン」、周遊プランに静岡から周遊エリアの往復高速料金がセットになった「静岡出発プラン」の4種類を販売しています。 その他、利用者を対象に、軽井沢プリンスショピングプラザの駐車場代金が無料になったり、サービスエリアでの優待などの特典があるので、詳しくは申込みページをご確認ください。 例えば、最大2日間長野県内の高速道路が乗り放題になる「周遊プラン」は、普通車5,500円(軽4,500円)と、1日あたり2,750円で乗り放題に。 信州エリアをアクティブに周遊観光されたい方にお勧めです。 ETC車限定で、平成31年3月31日まで実施。 詳しくは姉妹サイト 「」にてご紹介しています。 北海道から九州まで、全13コースの高速道路が最大2日間(一部コースは最大3日間)定額で乗り放題に。 例えば、「熊本・大分・福岡コース」なら曜日に関係なく2日間で3,000円。 例えば「岐阜県周遊コース(2日間)」は、普通車5,400円(軽4,300円)と、1日あたり2,700円で乗り放題に。 料金は、2日間乗り放題プランの場合、普通車5,000円(軽4,000円)、3日間乗り放題プランの場合、普通車6,800円(軽5,700円)です。 中国5県、ひろしま・島根エリアの乗り放題プランが有ります。 休日2日間と全日3日間プランがあります。 「滋賀・京都・大阪発着プラン(普通車6,900円〜)」・「兵庫・岡山発着プラン(普通車5,600円〜)」・「広島・山口東部発着プラン(普通車6,700円〜)」・「福岡・山口西部発着プラン(普通車10,000円〜)」・「四国乗り放題プラン(普通車5,000円〜)」の5種類のプランを販売します。 ドライブパス2019|みち旅 九州地方の高速道路が定額で最大3日間乗り放題。 一般的な九州周遊旅行で高速道路が半額以上もお得になります。 「北部・西部プラン(主に福岡・熊本・長崎・佐賀・大分エリア)」・「南部・東部プラン(主に福岡・熊本・大分・宮崎・鹿児島)」の3日間プランの2プランを販売しています。 その他、申し込み前に注意事項や利用方法を公式サイトで必ず確認してください。 (みち旅) 日本旅行で申込がお得 秋の九州GO! ドライブパス利用者向けに、日本旅行から宿泊割引クーポンを進呈! 下記、ページからのお申込みがお得です。 一般的な九州周遊旅行で高速道路が半額以上もお得になります。 「熊本・佐賀・長崎」・「熊本・大分・福岡」・「熊本・宮崎・鹿児島」の3日間プランと「九州全域」が対象となる4日間プランの合計4プランを販売しています。 詳しくは、日本旅行のキャンペーンページをご覧ください。 首都圏、名古屋、尾張、みえ発着プランと、静岡県域周遊プランがあります。 料金一例として、名古屋発着プランが普通車8,300円(軽6,700円)、静岡県域周遊2日間が普通車6,400円(軽5,200円)です。 土日祝限定で「東地区(普通車1,090円)」「西地区(普通車1,090円)」「全地区(普通車1,650円)」の3プランがあり、ETC2. 0装着車・軽自動車や二輪はさらにお得です。 各設定日につき先着4,000名様限定です。 三重県域周遊2日間と三重県南部周遊2日間の2プラン。 料金は、三重県域周遊2日間が普通車4,700円(軽3,800円)、三重県南部周遊2日間が普通車3,800円(軽3,000円)です。 例えば「広島発着コース(3日間)」は、普通車11,000円(軽8,800円)と、1日あたり3,330円で乗り放題に。 周遊エリアが乗り放題の「佐賀・長崎乗り放題プラン」、九州各エリアと中国各エリアからの1往復分と周遊エリアが乗り放題がセットになった「往復料金セットプラン」があります。 「佐賀・長崎乗り放題プラン」の休日2日間プランは普通車3,800円(軽3,000円)、全日3日間なら普通車4,500円(軽3,600円)です。 例えば、広島発着プランは全日3日間普通車12,000円(軽9,600円)とお得です。 例えば、山梨県内周遊プラン2日間4,100円(普通車)と1日あたり2,050円で定額乗り放題に。 対象となるコースは、「首都圏コース」、「中京圏コース」、「関西コース」、「九州コース」の4エリア13コース。 乗り方次第では半額以上になり、注目の割引サービスです。 例えば、福岡ICから別府ICを往復する場合、ETC料金は5,840円ですが、「熊本・大分・福岡コース」なら3,000円とおよそ半額に。

次の