ニッセイ 確定拠出年金。 企業型確定拠出年金の商品選び、ベスト4はコレだ。

企業型確定拠出年金の商品選び、ベスト4はコレだ。

ニッセイ 確定拠出年金

企業型確定拠出年金とは、このようになっている 確定拠出年金には、企業型と個人型があります。 個人型はiDeCoと呼ばれ、投資をする人の間ではかなり定着しています。 東証マネ部さんの画像が分かりやすいので下に引用します。 確定拠出年金、企業型と個人型の違い 個人型に対して、企業型確定拠出年金というものがあります。 厚生年金や国民年金が給付型といわれる運用お任せ型なのに対して、確定拠出年金は自分で運用を決められるというところに大きな特色があります。 個人型確定拠出年金【iDeCo】• 企業型確定拠出年金 企業型はその運用資金を企業が負担してくれる制度です。 そのため、労働者の権利の1つ、福利厚生の1つとして提供している企業もあります。 ただし、運用は自分で決めなくてはいけない、つまり自分で商品選びをしなくてはいけないので、その目を養っておきたいところです。 iDeCoと違って、 企業型DCの最大の難関は商品選びです。 だいたいにおいてパッとしない古い商品が多いので、そこが一つ目の関門と言ったところでしょうか。 さて、今回はこの企業型確定拠出年金についてご質問を頂いていますので、ご紹介します。 企業型確定拠出年金を始めたいが、商品がパッとしない いつも拝読させて頂き勉強させていただいております。 2019年4月より義父の医療法人 非営利目的企業 に所属しました。 医療法人の理事 役員 に就任したため 小規模企業共済には入れず、経費と積立NISAとidecoでの節税を検討しています。 個人型あるいは企業型のidecoのどちらに入るかを迷っています。 現在41歳、年収は1200-1500万 毎年変動しそうです 、 iDeCoが個人型では年27. 6万、企業型では66万掛金にでき、掛金だけ見れば企業型で決まりなのですが法人での諸経費は企業型の方がはるかにかかることと もちろんおおむね企業負担してもらえますが 、企業型のidecoの商品にはあまり魅力的なものがなく…、いわゆるたぽぞう様のお勧めするような信託報酬の低い全米や全世界などに投資できる商品がありません。 楽天証券やSBIであっても企業型idecoでは個人型比べ商品が見劣りする印象があります。 個人型のidecoであればこのブログでもお勧めされているような私自身も納得できる商品を選択することができます。 掛金maxでの個人型あるいは企業型idecoに関して、たぱぞう様であれば…といったいつもの視点でのご意見を頂戴できれば幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 企業型確定拠出年金の商品のパッとしなさは永遠の課題 企業型確定拠出年金はパッとしない商品が多いですね。 おっしゃるように、付き合いのある金融機関の商品がもともとパッとしないケースが多いです。 また、窓口の担当者が商品を選定する際に主張せず、高信託報酬のものを受け入れているというケースもありますね。 理由は様々ですが、とにかくパッとしないのです。 これらの確定拠出年金対応の金融商品は、労使協定で決めることができるので、イニシアチブをもって決めていきたいところです。 金融機関側からすると、積立商品は大して収益が上がらないのが悩みでしょうね。 手数料が低いので、やる気が出ません。 しかし、一方では一度採用されると、容易にスイッチングできません。 そういう意味では囲い込みがしやすいので、それはメリットでしょうね。 運用商品は3本以上35本以下の範囲で用意するのがきまりです。 ただし、個別株式や個別社債、自社株ファンド等のような特殊な商品は3本以上のカウントに含まれないことになっていますね。 ただ、大して掛金の大きくない枠内で、預金などの元本保証型の商品を選んでも厳しいところですね。 債券もリターンが低いです。 これらの商品はせいぜい所得控除を取りに行くというところです。 企業型確定拠出年金の商品選び、ベスト4 商品選びとしては、現状では米国株系の商品はありません。 そのため、MSCIコクサイをベンチマークとするものを選ぶということになります。 野村DC外国株式インデックス ファンド・MSCI-KOKUSAI(0. 15%)• 野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(確定拠出年金向け)(0. 15%)• DCニッセイ外国株式インデックス(0. 154%に引き下げ予定)• 三井住友・DC外国株式インデックスファンドS(0. しかし、地銀などでは取り扱いが無い例も多々ありますね。 企業型確定拠出年金は、商品選びが非常に難しいの最大の難点です。 逆に言うと、この目線での商品がある場合は、非常にラッキーだということです。 信託報酬が0. それでも企業型確定拠出年金にはメリットもある 経営者側からすると企業型確定拠出年金にはメリットがあります。 掛金を拠出することのみが企業側の負担であり、給付型のような積立不足は発生しないからです。 また、確定拠出年金の事業主掛金は、所得となりません。 つまり、所得税・住民税の課税はありません。 当然、社会保険料の対象にもなりません。 こう考えると、従業員側にもメリットはあります。 思い通りの商品を選べないという問題は抱えつつも、企業側が出してくれるので私は企業型を優先したほうが良いと思いますね。 ただし、自分でさらにお金を入れる、マッチング拠出まではしなくてよいでしょう。 質問者さんは経営者側なので、金融機関担当者と一度話し合いの場を持っても良いかもしれませんね。 実はそれが一番早いかもしれません。 ご質問ありがとうございました。 関連記事です 楽天証券でもiDeCoで一番出ているのは預金型といいますから、驚きます。 こちらも確定拠出年金のお話です。 使われる言葉がなかなかなじみが無いですね。 iDeCoのメリットデメリットです。 退職金が多い場合はメリットが減るので、非常に悩ましいところだと思います。 払い出し時に元本を所得に入れ込むのは何とかしてほしいところです。 tapazou.

次の

よくあるご質問

ニッセイ 確定拠出年金

確定拠出年金の運用方針や運用商品選びはとても大切です。 しかし、最初にしっかり考えて決めたとしても、時間が経つにつれて運用状況や資産のバランスは変わっていきます。 また、運用は長期にわたるので、途中で運用方針が変わることもあるでしょう。 そこで、定期的に運用方針に問題はないか確認したり、運用方針と照らし合わせた結果バランスが悪くなってしまった資産を調整したりすることが必要です。 ここで役に立つのが、 「配分変更」と 「スイッチング」という二つのテクニック・手段です。 今回は、この 「配分変更」と「スイッチング」の違いや活用方法、また 運用を見直すべきタイミングについて詳しく解説していきます。 確定拠出年金で老後資金を作れるかどうかは自分次第。 資産をしっかり管理して、上手に老後資金を作って下さいね。 (参考記事:) この記事の目次• 【基本】確定拠出年金の運用方法の考え方 まずは、 「これから確定拠出年金を始めるけれど、何をどれだけ買えば良いのかよくわからない」という人のために、運用の基本を簡単にお伝えしておきますね。 確定拠出年金とは、節税メリットを活かしながら、加入時から原則60歳までの長期間にわたり投資信託等により資産を運用することが出来る制度です。 加入したら最後、 原則60歳になるまで解約することは出来ませんので、必然的に 「確定拠出年金=長期投資」という事になります。 (参考記事:)。 幸いな事に、によれば2015年時点で約74億人だった世界人口はまだまだ増え続けると予想されています。 (中位推計の場合で2055年に約100億人との予測)。 非課税のメリットを最大限享受するためにも、高いリターンが期待できる商品に投資するのは経済的にも合理的です。 しかし、 運用期間や目標金額などは人それぞれです。 上記で述べた基本スタイルが全ての人に当てはまるわけはなく、個々人の状況に応じた運用方針を取らなければなりません。 なお、このような"商品選び"や"資産配分"などの 運用方針の考え方に関しては下記記事でまとめていますので、これから確定拠出年金を始める方はそちらを参考に自分に合った運用方針を決めて下さいね。 【参考】損したくない人だけ見て!iDeCoの商品選びの基本中の基本【記事未了】 【参考】個人型確定拠出年金、おすすめの資金配分ってないの?商品選びを考える【記事未了】 【参考】イデコ(iDeCo)とはなんぞや?メリット・デメリットを踏まえて分かりやすく解説!【記事未了】 確定拠出年金で資産運用を行うときは、この運用方針(商品選びと資産配分)が本当に大切です。 しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、時間が経つとだんだん運用方針が合わなくなったり、資産のバランスが崩れてきたりします。 そのため、 「配分変更」と 「スイッチング」を行って、適宜運用の軌道修正をしていかなければならないのです。 「配分変更」とは今後の運用商品の買い方を変更すること 配分変更とは、 今後新しく買い付ける運用商品の種類や割合を変更することです。 配分変更をすると、今まで購入していた運用商品の割合を増減させたり、購入の取り止めや新規の運用商品の買い付けを行ったりすることができます。 ちなみに手数料は無料で、回数にも制限はありません。 「海外株式を減らして国内債券を増やし、リスクを下げよう」とか「ハイリスク・ハイリターンの運用にして大きな利益を目指そう」という具合ですね。 ここで気をつけておきたいのが、配分変更で変更されるのは今後の買い方だけということです。 それまでに積み立てていた資産は何も変わりません。 もし既に積み立てている資産の割合を変更したい場合は、次に紹介する「スイッチング」を行う必要があります。 「スイッチング」とは現在保有している商品の売買をすること スイッチングとは、 今まで購入してきて現在保有している運用商品を売却し、別の運用商品に買い換えることを言います。 (このように、資産全体のバランスを調整して当初の運用方針で定めたポートフォリオに保有割合を戻すことを リバランスと言います) また、リバランス目的以外でも、「もう支給開始の60歳も近いから、万が一に備えて今の資産を確定させたい」という 利益確定目的でもスイッチングは使えます。 例えば今後値下がりするリスクのある運用商品をすべて売却し、定期預金等の元本確保型商品に買い換えて受け取る資金を確定させるという具合ですね。 言うまでもなく、支給開始年齢間近ではなくても、利益が出た運用商品の一部をローリスクな商品に買い換えて利益を確定させることもできます。 ただし、確定拠出年金の強みの一つは、長期投資による複利効果です。 増えた資産をさらに投資に回せばより大きな利回りを期待できるので、利益確定も自分の投資プランと照らし合わせながら慎重に行ったほうが良いでしょう。 なお、スイッチングも基本的に手数料はかかりません。 しかし、 一部の投資信託には売却時に信託財産留保額(売却時手数料)を売却金額から差し引かれることがあるので気をつけて下さいね。 運用を見直すおすすめのタイミングはいつ? 確定拠出年金・・・というよりも「長期投資」では、短期間の運用成績に一喜一憂して頻繁に運用を見直す必要はありません。 では、運用を見直す適切なタイミングはいつなのでしょうか? 見直しをするのにオススメなのは以下のタイミングです。 運用レポートが届いたとき(1年に1回)• 運用方針を変えるべき時が来たとき• 【参考】投資環境が変化したとき それでは、それぞれのタイミングについて詳しく解説していきますね。 送られてくる頻度やタイミングは運営管理機関によって変わりますが、1年に1度、4~5月頃に送られてくることが多いです。 【参考】見直しやリバランスの頻度は高くなくていいの? 先程、運用の見直しは年に1度で十分とお伝えしましたが、 「もっと頻繁に見直してリバランスしたほうがより利益が上がるのでは?」と思う人もいるかと思います。 ですが、実はリバランスの頻度は多ければ良いというものではありません。 以下のグラフは、リバランスの頻度(月次・四半期次・年次)と累積収益の関係です。 (画像出典:) 株式市場が上昇している局面でも下落している局面でも、 年次でリバランスした場合のパフォーマンスが最も高いことが分かりますね。 そもそも1ヶ月や3ヶ月で見直しても意味は無いということです。 長期投資なのに、頻繁に投資成績を気にしていたら続くものも続きませんよ。 1年に1回、運用レポートを見ながらリバランスすれば十分です。 ただ、人生思い通りに行くことなんてほとんど無いので・・・。 極端な話ですが、たとえば夫が50歳の時に、予定していなかった子供を授かったとします。 夫の定年退職後もその子供には経済的援助が必要です。 大学卒業まで金銭的な支援を行おうとすれば、確定拠出年金に使うはずだった資金を回さざるを得ないという場合もあるでしょう。 そのような場合、今の運用で今後必要な資産を形成できるのか見直さなければなりません。 もっとも、確定拠出年金は自分と配偶者の老後資金を形成するのが本来の目的です。 イレギュラーな出来事に対応することも大切ですが、 本来の老後資金の形成になるべく支障が出ないよう注意しておきましょう。 年齢の節目が来たとき 5歳ごと、10歳ごとなど、年齢の節目を迎えたときも運用を見直すのに良いタイミングです。 30代と40代でも投資に対する考え方は違いますし、40代と50代でも違います。 資産運用は期間が長いほど有利と言えるので、年齢が若いうちはハイリスク・ハイリターンな運用でより大きな収益を狙うことができますが、年をとるとそこまでハイリスクな運用はできません。 許容できる損失率(額)も年代によって大きく変わるので、年齢の節目節目で運用方針を再考するのも良い手段です。 しかし、景気の浮き沈みは投資のプロや経済学者でも予想することが難しいです。 つまり、 一般の人が投資環境の変化に合わせて運用方法を変更し、利益を上げるのはかなり難易度の高いことであると認識してください。 ただし、支給開始年齢に近づいている人(または既に受給権が発生している人)は、景気悪化による大損失を避けるために、リスクの高い運用商品を定期預金などに変えて利益確定するケースもあります。 しかし、本来そういう人たちは年齢に合わせて運用方針の見直しをしているべきなので、投資環境によってアタフタするのは正解とは言えません。 しっかりと前述の見直しのタイミングで見直しを行っておくようにしましょう。 運用テクニックを上手に使ってしっかり老後資金を増やそう 確定拠出年金では、適切なタイミングで運用を見直して、今の運用が自分の投資プランや人生設計に沿っているかチェックすることが大切です。 配分変更とスイッチングを行って、資産のバランスや運用方針を修正しておきましょう。 最後に、配分変更とスイッチングの違いを再掲しておきますね。

次の

確定拠出年金(401k)で、為替ヘッジ「なし」と「あり」のどち...

ニッセイ 確定拠出年金

早いものでもう7月も下旬です。 今年は年明け早々から新型コロナウイルス感染症のパンデミックと各国でのロックダウンや行動制限実施など異常事態が続いたことで、なんだかわけがわからないうちに時間が過ぎていくような感覚に襲われています。 このほどSBI証券のオリジナルプランで拠出・運用している個人型確定拠出年金(iDeCo)の7月の買付(6月拠出分)が約定しているのですが、これも累積損益率は7月19日段階で+12. 6%と順調に回復しました。 これは非常に象徴的な現象に感じました。 SBI証券のiDeCoオリジナルプランで買付けたファンド・商品は以下の通りです(カッコ内は信託報酬)。 いつも通りのポートフォリオとなっています。 【個人型確定拠出年金(SBI証券iDeCoオリジナルプラン)】 「三井住友・DCつみたてNISA・日本株式インデックスファンド」(0. 16%) 「DCニッセイ外国株式インデックス」(0. 189%) 「EXE-i新興国株式ファンド」(0. 131%程度) 「EXE-iグローバル中小型株式ファンド」(0. 104%程度) 「野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)」(0. 14%) 「三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド」(0. 34%) 「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」(0. モーニングスターによると、5月末段階でiDeCoの加入者は160万人を超えたそうです。 これは運営管理機関である金融機関やファンドの運用会社にとっても無視できない市場です。 先日、インデックスファンドへの資金流入が増加しているということを紹介しましたが、その一翼を担っているのがiDeCoだということです。 iDeCo加入者の増加という現象もまた、金融機関にとってインデックス投資や積立投資がますます軽視できなくなることを意味していると言えるでしょう。 では、なぜiDeCoの加入者は増加の一途なのでしょうか。 これもまた答えは明白です。 【ご参考】 iDeCoに加入する場合、金融機関によって手数料や商品ラインアップが異なることに注意が必要です。 現在、iDeCoプランの選択肢としてお薦めなのは運営管理手数料が無条件無料で低コストインデックスファンドをそろえるSBI証券セレクトプラン、楽天証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行です。 iDeCoへの加入を検討している人は、これら金融機関のプランを研究することをお勧めします。 いずれもネットから無料で資料請求できます。 この点に関しては、権丈善一先生の『ちょっと気になる社会保障』が最良にして必読の入門書です。 このほど、三訂版 が刊行されました。 また、iDeCoも含めて現在の公的年金制度を徹底的に利用するための戦略書として田村正之さんの が非常に網羅的にまとめられていてお勧めです。 iDeCoは制度がやや複雑なので加入を検討する場合は解説書を読んで研究することもお勧めします。 解説書としては大江英樹さんの 山崎元さんの 竹川美奈子さんの 田村正之さんの 大江加代さんの を挙げておきます。 インデックスファンドの品揃え、個別株の売買手数料の安さなどバランスに優れる。 充実したインデックスファンドのラインアップに加え、海外ETFやiDeCoプランも充実。 楽天スーパーポイントを投資信託の購入に使うこともできる。 米国株に関するサービスに優れる。 主要インデックスファンドもラインアップ。 分析ツールも多彩。 「投信工房」は低コストに特化した商品ラインアップと「リバランス積立」など多彩なサービスに注目。 受益者とのリレーションシップを重視する姿勢は見事。 運用成績も良好。 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は1本で世界の株式、債券に分散投資できる。 商品ラインアップも低コストファンドが揃う。 iDeCoに入るならこの5プランが最有力。 楽天証券と連携したマネーブリッジ口座は高金利。 三井住友カードが発行する隠れたお得カード。 年会費永年無料で保険付帯。 利用金額の1%を自動キャッシュバック。 Booking. comの利用は最大6%還元。

次の