タイム シフト テレビ。 タイムシフトマシン|まるごと録(と)ってスマートに見る|レグザのテレビ録画|テレビ|REGZA:東芝

レグザのタイムシフトマシン|テレビ|REGZA:東芝

タイム シフト テレビ

東芝「REGZA 55X920」と、タイムシフト録画用HDDケース 下 ただ、REGZA 55X920の特徴的な機能のひとつ、地デジ6ch全録機能の「タイムシフトマシン」はこれまで使っていなかった。 地デジ録画は手持ちのBDレコーダーに任せており、番組改編期に新番組を網羅してくれる機能に満足していたのと、6chを長時間連続で録り続けられるHDD ハードディスクドライブ を持っていなかったためだ。 タイムシフトマシン対応の純正USB HDDで最も容量が大きいのは、5TBの「THD-500D2」 実売54,380円 で、1台あたり約80時間 4TB のタイムシフト録画と、約125時間 1TB の通常録画が可能だという。 古い番組は自動的に消されるが、一日にタイムシフト録画する時間を調整してうまくやりくりすれば、一〜二週間程度は手元に残しておけるだろう。 せっかくタイムシフト録画が使えるのに、ここでネットの見逃し配信に頼るのも変な話だ。 どうせなら最初から大きな容量のHDDを選び、長く録りためられると安心できる。 東芝によれば、X920シリーズはメーカー保証の対象外ながら、システム的には最大32TBのHDDに約640時間ものタイムシフト録画が可能だという。 実際に試してみたという話はネットでも見かけないが、そんなことが本当にできるのか? いちユーザーとしてはとても気になる。 そこで今回、タイムシフト録画の限界に挑むべく、編集部の総力を挙げて32TBのHDDをかき集め、自宅の55X920でタイムシフト録画を体験することにした。 弊誌ではこれまでもREGZAシリーズのタイムシフトマシン機能を度々取り上げているが、筆者はじっくり使うのは初めてだ。 ケース側のUSB Type-C端子。 USB 3. 1 Gen2に対応する 55X920はタイムシフト録画専用に2基のUSB 3. 0端子を背面に備えている。 X920シリーズのタイムシフトマシンは放送と同じDR画質でUSB HDDに録画する仕組みで、HDDケースなどを利用すれば、USB 1基あたり最大16TBのHDDを接続可能。 東芝では「設計上は32TBまで動作するはず」と説明している。 また、有機EL REGZAのX910シリーズや、液晶REGZAのZ720X、Z810Xなど「Z20X以降のREGZAのテレビは録画のプラットフォームは基本的に同じなので、 32TB HDDでのタイムシフト録画も できると思われる」とのこと。 ただ、繰り返すがこれはメーカー保証の対象外となるので、もし試す場合は気をつけて欲しい。 24時間フルで録画した場合の目安は「約29日」 タイムシフト録画の設定は、画面の指示に従って録りたい放送局にチェックを入れたり、リモコンの上下キーで録画時間帯を選ぶだけなので簡単だ。 全録というと一日中ずっと録り続けるイメージがあるが、実際はかなり柔軟に録画時間を設定できる。 録画時間設定については、5種類のプリセットが用意されている。 この設定の録画日数の目安は「約75〜76日」で、32TBあれば約2カ月半ものあいだ、放送番組をひとつも消さずに録り続けられる。 録画時間は後から変更もできるが、これだけ録りためられれば十分すぎるほど。 今のところ特に変える必要はなさそうだ。 「ざんまいスマートアクセス」で見たい番組を探す 「テレビを見る」が「テレビにアクセスする」という感じで、テレビとの付き合い方が大きく変わった。 録った番組を見るというより「番組を選んでテレビを見る」という感覚なので、放送ではないが、使い勝手として映像配信サービスを使う感覚と似ている。 テレビを本気で見ない人も、「録画するほどじゃないけど、ネットでバズってた話題の番組をちょっと見てみたい」ということはあるだろう。 そんな今だからこそ、筆者はタイムシフトマシンのありがたみが実感できた。 また、「へぇ、こんな番組があったんだ」と、普段は見逃していた番組にも気づけるようにもなり、使い始めて2週間程度ながら、筆者のテレビライフは一変した。 タイムシフト録画を始めてから録れててよかった、と思った番組をいくつか挙げてみよう。 帰宅時に運悪くいつも使っているバス路線で事故があり、結局日付が変わるまで帰宅できなかったが、タイムシフト録画のおかげで見逃さずに済んだ• 嵐の活動休止発表 1月27日、フジテレビ この日は朝から外出していて、彼らのニュースはタイムシフト録画されていたFNNプライムニュースで詳細を知った。 ファンというわけではないのだが、テレビでは比較的良く見る面々で、この後に放送された「嵐にしやがれ」 日本テレビ、毎週土曜日 の番組冒頭では、メンバー5人の真摯な姿が見られたのが印象的だった• 小説家・武田綾乃の書籍紹介インタビュー 2月2日、TBS「王様のブランチ」内) アニメ「響け! ユーフォニアム」シリーズの原作小説などで知られる武田綾乃氏。 彼女の新刊小説「その日、朱音は空を飛んだ」の紹介が休日の情報番組でやっている、とネット の一部 で話題になっており、アニメから武田氏の小説に興味を持った筆者も、タイムシフト録画できていた同番組を観てみた。 新刊の内容は「響け! 」シリーズとは打って変わってかなり暗めだが、作者本人のTwitterによると放送後に売り切れた書店もあったようで、改めてTV放送の影響力の大きさを感じた 自分も買った 設置前の注意点。 「テレビを点けたらすぐ全録」が便利 ところで、タイムシフトマシンを利用する前に気をつけたいのが「HDDケースの設置場所」。 一度タイムシフト録画を始めると、基本的にはコンセントから電源ケーブルを抜いたりHDDケースを動かしたりできなくなるので、あらかじめしっかり決めておきたい。 また、とりあえずUSB 1基にHDDを繋いでタイムシフト録画を始めて、後からもう1台足して容量を拡張することはできないと考えた方が良い。 USB 2基でワンセットのHDDとして認識するため、後からUSB HDDを追加しようとすると、録画番組を全部消してセットアップし直しになるのだ。 筆者は最初にこれをやらかし、泣く泣く数日分の録画データを手放した。 32TBとまではいかなくても、最初からできるだけ大容量のHDDを選びたい。 今回試用したWD RedとHDDケースを32TBぶん揃えたときの価格は約13万5,000円 '19年2月時点。 また、録画番組を見たいときにいちいちレコーダーを起動して映像入力を切り替えて……という手間がかからず、電源を付けたらすぐ観られるのも、テレビの全録機能を使うメリットといえる。 ちなみに、55X920はDTCP-IPサーバー機能を備えているが、これは録画番組をREGZAのレコーダーやDTCP-IP対応サーバーにダビングしたり、DTCP-IP対応テレビからネットワーク経由で観たりするためのもの。 スマホ用のDTCP-IPプレーヤーアプリ「DiXiM Play」でアクセスしてもタイムシフト録画した番組は再生できなかった。 手持ちのiPhoneやXperiaではMPEG-2 TSをそのまま再生できないのが原因と思われるが、ちょっと残念。 自宅には過去に東芝から発売されていた、防水仕様のレグザポータブルテレビ「10WP1」があったので試したところ、お風呂からタイムシフト番組が見られた。 今年の冬は長湯が捗りそうだ。 タイムシフト録画の電気代は月500円〜。 HDDの音は気になる? 6chを録画し続けるタイムシフトマシン機能の魅力は分かったが、気になるのは消費電力。 55X920のカタログ値は385W、待機時0. 4Wとなっているが、これは定格動作時 リモコン待機時 の数値だ。 録画しているがテレビを見ていない時間の消費電力はどうだろうか? 簡易電力量計 ELPA EC-05EB を使い、55X920と2台のHDDケース 計32TB をまとめて測ったところ、タイムシフト録画中は73〜75W程度、録画停止時はほぼ0Wとなった。 筆者宅は東京電力の「従量電灯B」で契約しており、1kWhあたりの料金は26円 第2段階料金。 今回、筆者が55X920に設定した録画設定で、1週間 計64時間 の電気料金を計算すると以下のようになった。 5円 2. 3円 2. 8円 そしてざっくり見積もると、1カ月 4週間 の電気代は約500円、1年 52週間 で約6,490円となる。 単純な比較はできないが、金額だけを見れば、月1,000円程の映像配信サービスに毎月料金を支払うよりは安いといえる。 自宅でのタイムシフト録画中は、消費電力は73〜75W程度だった ちなみに、55X920単体でHDDケースを含めずに同様の条件で測ると、タイムシフト録画中はおおよそ34W程度、録画していない時はほぼ0W。 これで1週間に64時間録ったときの電気代は約56. 6円 2. 1カ月で約230円、1年で約2,940円になる計算だ。 3円 1. 録画時の消費電力としては高く見えるが、ストレージのサイズやタイムシフト録画の利便性を考えると、個人的には納得できる範囲だと思う。 実際の電気料金は、1日にテレビを見る時間や、接続するストレージ HDDケースなど の電力、ネットワーク利用の有無など、利用状況や環境によって変わるだろう。 上記の計算値は、筆者が2週間程度実際に利用した際の参考値としてとどめておいて欲しい。 なお、タイムシフト録画しながらテレビを見ているときの消費電力は、映像の明るさなどによって150〜240Wあたりで頻繁に変化していた。 また、DTCP-IPサーバー機能オン時は、テレビを見ず、かつ録画していない間も、常時30W程度消費するようだ。 最初に大容量HDDを選ぶと幸せになれる、かも。 4Kタイムシフトに期待 タイムシフトマシンで「見たい地デジ番組がすべて手元にある」という安心感を体験すると、見たい番組は録画予約する、という通常の録画スタイルにはもう戻れないな、と思う。 マニアックな機能だと感じていた全録だが、普段それほどテレビを見ているわけではない自分にもその魅力がよく分かった。 もし、タイムシフト録画していて残しておきたい番組があれば、通常録画用のUSB HDDにダビングしたり、レコーダーの「レグザブルーレイ」経由でBlu-rayに焼くこともできる。 HDD容量いっぱいになると古い番組から自動的に削除されるが、気に入った番組を残す方法はあるので安心だ。 全録生活をスタートしてみると、地デジ8~9チャンネル分は欲しい 今回はNHKを外した とか、BS番組も全録したい、タイムシフト再生しながらリアルタイム放送を二画面で見たい 現状はできない など、欲張りな要望も出てきた。 さらにいえば、将来的には4K番組のタイムシフト録画に対応して欲しいが、実現にはもう少し時間 と需要の盛り上がり が必要だろうか……。 今回、タイムシフト録画を使って感じたのは、ちょっとがんばって容量が大きめのHDDを最初に選んでおくと、今回の筆者の設定であれば2カ月以上前の番組まで余裕で振り返ることができ、最終的な満足度が高くなりそう、ということ。 最初は無謀な挑戦にも思えたが、タイムシフトマシンで32TB HDDが実際に使えて想像以上に快適だった。

次の

【図解】タイムシフト視聴率とは?視聴率測定の考え方の変化と視聴行動の分析

タイム シフト テレビ

見出し• タイムシフト視聴率とは 放送されているテレビ番組を オンタイムでテレビの前で見ることをリアルタイム視聴と言います。 それに対して、 録画で見られる視聴の事をタイムシフト視聴と呼んでいます。 番組の放送日から7日内(168時間内)のタイムシフト視聴を測定し、計算しています。 今までテレビ番組の視聴率として掲出されていた数字はリアルタイム視聴の視聴率だったのですが、この視聴率の考え方は変わり 視聴率にタイムシフト視聴も含めることになりました。 リアルタイム視聴とタイムシフト視聴の重複があるので、その分をマイナスしてリアルタイム視聴とタイム視聴を足した数字を 総合視聴率と呼んでいます。 関連記事: 新しく変わった視聴率の測り方 近年の家族構成のあり方やテレビの視聴方法がどんどん変わってきた状況を踏まえて、 2020年4月より視聴率の基準と測り方も変わりました。 今までは世帯視聴率というものが一般的だったのですが、これが個人視聴率を基準にすることに変わったのです。 世帯の単位ではなく個人の単位で視聴率を計測することができるようになったため、 より視聴率の数字が具体的になったと言えるでしょう。 最近は一人世帯や二人世帯も増えているので、この方法になったことで数字がより具体的な意味を持ってくるようになったと思います。 関連記事: タイムシフト視聴でのCMの見られ方 テレビCMを出稿する企業様にとって気になるのがタイムシフト視聴でのテレビCMの見られ方だと思います。 テレビ番組のジャンルによっても違うので、どのような特色があるのかということを解説したいと思います。 ドラマではCMを飛ばされてしまう タイムシフト視聴で見られている番組で 一番人気のジャンルはドラマです。 やはり毎週同じ時間帯にテレビを見るというのは視聴者にとっては難しいことなのだと思います。 しかし1話見逃してしまうと次のお話の意味がわからなくなってしまうので基本的に録画をして楽しむというスタイルの人が多いのでしょう。 ただ、 タイムシフト視聴で見られているドラマの中で流れるテレビCMは多くの場合飛ばされてしまうことが多いようです。 視聴率も高めなのがドラマですが、タイムシフト視聴のことを考えるとあまりおすすめできないのが現状です。 スポーツ・報道は早送り スポーツ番組や報道番組はタイムシフト視聴でも早送りで見られることが多く、 テレビCMもスキップするのではなく早送りのまま見られていることが多いです。 情報をなるべく短時間で網羅したいという視聴者の要望がわかる結果となっています。 そのため 早送りしても内容が伝わるようなテレビCMだったり、逆に早送りすることで面白みが増すようなテレビCMを作ってみると印象に残るかもしれません。 関連記事: 視聴率を探れるビデオリサーチ 直近のテレビ番組の視聴率を ビデオリサーチのサイトで見ることができます。 週間高世帯視聴率番組• タイムシフト視聴率(世帯)• 平均視聴人数• 平均視聴人数(タイムシフト総合) をそれぞれ見ることができるようになっており、番組ジャンルごとのランキングも見ることができるので、どのような番組が見られているのかということは誰でも調べることができます。 テレビCMを出稿する時にどのような時間帯、どのような番組で放送するのかということを検討する際にぜひ役立ててみてください。 関連記事: 視聴率も質がわかる時代へ テレビというのは大きな影響力を持ったマスメディアですが、台頭してきているインターネット広告に比べると 消費者がどのような行動を取ったか、どのように広告に接しているのか、というようなことが具体的な数字で見ることができないメディアでもありました。 そのため本当に広告効果があるのかということが疑問視されることもあります。 しかしこれからは視聴率もより具体的な数字になり、さらにその視聴の質自体も測れるようにしていこうという動きになってきています。 テレビCMを出稿してくださる企業様によりデータが分かりやすくなるようテレビもまた進化しているといえるでしょう。 関連記事:.

次の

Z730X/タイムシフトマシン・録画/タイムシフトマシン|テレビ|REGZA:東芝

タイム シフト テレビ

2020年4月の新視聴率開始に向けて「新視聴率のスタートで変わること。 」をお伝えする本連載。 前号は、全地区「52週化・PM化」になることで、番組を「毎日」「世帯・個人の両データ」が捉えられること、番組制作、編成上においてPDCAが迅速に行えるようになることをお伝えしました。 2回目のテーマは、新視聴率の一端を成す「全地区でのタイムシフト測定開始」です。 タイムシフトまで範囲を拡げて視聴者の行動を把握することで、リアルタイム視聴率だけではわからなかった潜在的な視聴者を捉えることができます。 さらに、タイムシフト行動データを継続的に確認していくことで、生活者のテレビ視聴行動の全体を可視化できることも特長です。 今回は、タイムシフト視聴の実態と、タイムシフト視聴率をどのような視点で捉えていくのか、活用方法を交えてお伝えします。 記事の中でご紹介しているサービスはこちら ー タイムシフト視聴の実態 関東、関西、名古屋の3地区は先んじてタイムシフト視聴測定がされています。 そのデータから明らかになっている視聴実態を「リアルタイム視聴・タイムシフト視聴の割合」「タイムシフト視聴される時間帯」「タイムシフト視聴番組ジャンルの傾向」という3つの観点からみていきます。 視聴行動の割合 リアルタイムとタイムシフトの視聴時間割合は9:1 1日あたりのリアルタイム・タイムシフト視聴分数を並べてみると、世帯では総視聴分数540分余りのうち、リアルタイムが500分弱、タイムシフトが50分弱とおおよそ9:1の割合です【図表1】。 テレビの総視聴分数が変動してもこの割合は大きく変わらないことから、テレビのパワーを語る上でタイムシフト視聴データは欠かすことのできないものであるといえます。 特性ごとでは視聴分数のばらつきが大きく、1日のタイムシフト視聴分数が30分以上と長いのは女性35~49才、女性50才以上の女性層です。 一方、男女13~19才や男性20~34才においては1日あたり10分程度と、リアルタイム視聴同様に短時間にとどまっています。 リアルタイム・タイムシフト視聴分数を1日あたりのシェアにすると、男女4~12才におけるタイムシフト視聴のシェアが15. 2%と最も大きく、子供のテレビ視聴形態としてタイムシフトが存在感を示していることがわかります。 タイムシフト視聴される時間帯 平日の夜と土日はリアルタイム視聴と重複 リアルタイムとタイムシフトでは、視聴時間帯に違いがあるのでしょうか。 HUT(総世帯視聴率)とタイムシフト行動率(世帯)を曜日・時間帯ごとに示したヒートマップ【図表2】で比較してみると、HUTは平日7時~8時台、19時~22時台と土日に高くなっているのに対し、タイムシフト行動率は平日20時~23時台と土日に高く、平日朝の時間帯を除いてはリアルタイム視聴とタイムシフト視聴がされやすい時間帯はおおよそ共通していることがわかります。 番組ジャンル別視聴分数割合 エリア、特性によってタイムシフトで見る番組ジャンルの傾向が異なる ここまでタイムシフト視聴の時間量、時間帯をみてきましたが、今度は番組ジャンルにフォーカスします【図表3】。 タイムシフト視聴される番組ジャンルはエリアや特性によってどのように異なるのでしょうか。 【画像クリックで拡大】 関東地区で2019年7月クールにタイムシフト視聴された番組の延べ視聴分数の割合を特性別にみてみると、世帯・男性50才以上・女性各層では「ドラマ」が4割~5割近くを占めるのに対し、男女4~12才では「アニメ」が3割、男性20~34才、35~49才では「バラエティ」が4割以上と、タイムシフト視聴される番組のジャンルは特性によって違いがみられます。 さらに、エリアによる違いにも目を向けてみましょう。 関西地区では、男性20~34才、50才以上、女性20~34才で「バラエティ」の占める割合が他地区より高く、特に男性20~34才においては、タイムシフト視聴の実に半数を占めます。 女性20~34才でも「バラエティ」が「ドラマ」を大きく上回り、「バラエティ」<「ドラマ」の関東、名古屋両地区と比べても明らかに傾向が異なります。 また、名古屋地区では、男女13~19才、男性20~34才で「アニメ」の割合が高くなっています。 このように、同じ特性でもエリアによってタイムシフト視聴される番組ジャンルは微妙に異なることがわかります。 ー番組の個性を捉える ここからは、具体的にどのような番組がタイムシフト視聴されているのか、タイムシフトデータを番組分析に活かすとどのようなことがわかるのかなど、番組視聴の実態をみていきます。 リアルタイム視聴型とタイムシフト視聴型、それぞれの番組パワーを横並びでみることが可能 2019年4~9月のリアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率それぞれ上位15番組を比較してみましょう【図表4】。 リアルタイム視聴率の上位には、「24時間テレビ」のほか、「大相撲」「ラグビーワールドカップ」といったスポーツ中継やニュース、バラエティが並ぶのに対し、タイムシフト視聴率では15番組すべてをドラマが占めており、上位番組の顔ぶれは大きく異なります。 このことから、リアルタイムで見られやすい番組がある一方で、タイムシフトで見られやすい番組もあり、それぞれ異なった番組パワーを持っていることがわかります。 タイムシフト視聴からリアルタイム視聴に回帰することもある タイムシフトデータを活用した番組分析の事例として、2019年4月クールから2クールにわたって放送されたドラマ『あなたの番です』(日本テレビ)を取り上げてみます。 まず、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の推移をみてみましょう【図表5】。 第1クールの8話までは、リアルタイム視聴率、タイムシフト視聴率とも大きく上下することなく推移しましたが、そこから第1クール最終回に向けてリアルタイム視聴率が一段と高くなり、それは『特別編』でも維持しています。 そして第二クールに入ると、話が進むにつれリアルタイム視聴率が右肩上がりに上昇しますが、その中でも3話、8話ではリアルタイムがぐっと上がり、逆にタイムシフトが下がっているのがわかります。 このスコアの動きは、前話までタイムシフト視聴していた層がこの回でリアルタイムに移行(回帰)していることを示しています。 そして、この時リアルタイムに回帰した層が、以降のリアルタイム視聴率のかさ上げに一定程度貢献していることがうかがえます。 さらに最終回ではリアルタイム視聴率が大きく伸びていますが、タイムシフト視聴率も同様に上昇しており、それまでタイムシフト視聴していた層がリアルタイムに回帰しただけでなく、最終回で多くの新規視聴者や途中離脱者をも獲得したことがわかります。 ドラマのように内容が毎週継続していくコンテンツでは、タイムシフト視聴からリアルタイム視聴への回帰という視聴行動がしばしばみられるのです。 リアルタイムとタイムシフトでは視聴者特性が異なることも 次に、『あなたの番です』のリアルタイムとタイムシフトでの視聴者構成割合を比較してみます【図表6】。 リアルタイム、タイムシフトともに女性35~49才、50才以上で5割近くを占め、女性中心に視聴されたことがわかります。 その一方で、タイムシフトではリアルタイムに比べ男性の割合が下がり、男女4~12才、女性20~34才の割合が高くなります。 日曜22時30分~という放送時間帯にはリアルタイム視聴しづらい母子が、タイムシフト視聴している様子がうかがえます。 このように、同じ番組であっても、リアルタイムとタイムシフトでは異なる特性に視聴されている場合があり、タイムシフトデータもあわせて確認することでより正確な番組視聴者を捉えることが可能となります。 今回は新視聴率計画のうち「タイムシフト測定」にスポットを当てましたが、特性や番組ジャンル、そしてエリアによっても、リアルタイム・タイムシフト視聴行動にそれぞれの特徴があることを理解していただけたのではないでしょうか。 タイムシフト測定により、これまでわからなかった番組の個性や潜在的な視聴者の存在を確認できるようになります。 それは結果としてテレビのメディアとしてのパワーを正確に捉えることにもつながり、放送局をはじめテレビに関わる事業者全体にとって有益な情報になり得ると当社では考えています。 記事の中でご紹介しているサービスはこちら.

次の