マーゴット・ロビー 映画 オススメ。 今、アメコミをけん引するのは女性たち!マーゴット・ロビーが明かす『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』誕生秘話とは?

マーゴット・ロビーの年齢身長プロフィール&結婚・夫は?かわいいインスタ画像まとめ最新作は「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」

マーゴット・ロビー 映画 オススメ

マーゴット・ロビーのプロフィール まずは、基本的なプロフィールから見ていきましょう。 ・生年月日:1990年7月2日 ・出身:オーストラリア クイーンズランド州 ・デビュー:『ダークネス・ビギンズ』 2008年 マーゴット・ロビーはオーストラリアで生まれ、苦労人としても知られています。 シングルマザーである母親を助けるために、アルバイトを掛け持ちしながら学業に励んでいました。 そして、18歳の時に出演した『ダークネス・ビギンズ』 2008年 で映画女優としてデビューし、現在に至ります。 マーゴット・ロビーの女優としての活躍 それでは、マーゴット・ロビーの映画女優としての活躍について詳しく見ていきましょう。 DC映画での主演作 ・『スーサイド・スクワッド』 2016年 ・『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 2020年 『スーサイド・スクワッド』 2016年 でのハーレイ・クイン役をきっかけに、映画ファン以外にも、その名を知られました。 ハーレイ・クインの可愛さは世界中の女性を魅了し、ハロウィンでは彼女のコスプレをする人が続出するほどでした。 その人気から、続編『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 2020年 が公開されました。 レオナルド・ディカプリオとの体当たり演技で、一躍注目を浴びました。 その演技力は非常に高く、『アイトーニャ 史上最大のスキャンダル』 2017年 『スキャンダル』 2019年 でアカデミー賞とゴールデングローブ賞で二度のノミネートを果たしました。 さらに、女優としてだけではなく『アイトーニャ 史上最大のスキャンダル』 2017年 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 2020年 などでは、制作にも携わり活躍の幅を広げています。 マーゴット・ロビーの知られざる一面3選 俳優として順調に活躍するマーゴット・ロビーですが、彼女には知られざる一面が、たくさんあるんです。 そんな知られざる一面を見ていきましょう! 現役ホッケー選手?アクティブなプライベート 実は、ハリウッドイチのアクティブ派として知られるマーゴット・ロビー。 オーストラリア出身ということもあり、サーフィンやカヌーなどを楽しんでいるみたいです。 Instagramからも、そんな彼女のいアクティブっぷりが感じられます。 さらに、最近ではアイスホッケーにハマり、自身も選手としてプレイしているとか。 本当にアクティブな一面が伝わるエピソードですね。 お洒落すぎると話題な私服姿 映画内の役でも可愛いファッションを見せてくれるマーゴット・ロビーですが、私服姿も可愛いと話題になっています。 そして、最近話題になっているのが、コロナウイルス禍でのマスク姿。 マスクが不足するため顔にバンダナを巻いて、スーパー向かう姿が激写されています。 そんなマスク姿すら、お洒落で可愛すぎると話題になっていました。 製作会社の立ち上げ!女性脚本家支援の活動 俳優だけでなく、『アイトーニャ 史上最大のスキャンダル』 2017年 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 2020年 などで制作にも携わるマーゴット・ロビーですが、自身で映画制作会社を立ち上げ、活躍をさらに広げています。 女性脚本家の活動支援のために映画制作会社を立ち上げたと語っており、『スキャンダル』 2019年 で共演したシャーリーズ・セロンとも協力し、女性の活動支援を進めていくようです。 今後は、俳優業以外の活動でも、目が離せませんね。 まとめ 今回はハーレイ・クインことマーゴット・ロビーについて紹介しました。 俳優業だけでなく制作業にもチャレンジし、プライベートではホッケー選手だという一面もありました。 多方面でアクティブに活躍する彼女に、今後も注目です!.

次の

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY / マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー 映画 オススメ

エマ・ワトソン 出典: おいおい・・嘘だろ。 鼻から血が出てきた。 可愛すぎる。 天使なのか。 化粧濃くてもかわいいし薄くてもかわいい人類最強の女性だと思う。 僕が彼女を知ったのはハリーポッターシリーズ。 あの時はこんなきれいな人になるとは思ってもいなかった・・ プロフィール ・1990年4月15日生まれ ・身長160㎝ ・出身地フランス、パリ ・イギリスの女優 何枚か自分の好きな写真を貼りますねw 出典: 出典: 出典: お分かりいただけただろうか・・・どの写真でもエマ・ワトソンは可愛いのである・・そんなエマ・ワトソンがもっと見たい方は映画を見るべし。 (笑) エマ・ワトソンが出演するおすすめ映画 ・ハリーポッターシリーズ ・ウォールフラワー 二人目は個人的にエマ・ワトソンと少し顔が似ていると思っている・・・ クリステン・スチュワート 出典: 個人的にはエマ・ワトソンより好きかも。 映画とかでキスシーンがあるんだけど、この人の演技がすごい可愛い。 付き合えるなら20年寿命縮んでも構わない。 クリステン・スチュアートが出演しているおすすめ映画 ・トワイライト シリーズ作品 まあ、一番見たほうがいいのは断トツでトワイライトかな。 女の子が好きな恋愛映画なんだけど、吸血鬼が出てくるから男でも楽しめる映画。 見てない人は絶対見たほうがいい。 お次は、、、キスシーンがエロい・・・ ジェシカ・ビール 出典: 名前はあんま有名じゃないけど、結構有名な映画に出てる!あと演技上手いのと何より、エロい。 プロフィール ・1982年3月3日生まれ ・身長170㎝ ・出身地アメリカ、ミネソタ州 ・アメリカの女優 ・ジャスティン・ティンバーレイクと結婚(2012年~) 出典: 美男美女夫婦やな、、、これは子供イケメンになるに違いない。 出典: ジェシカ・ビールが出演しているおすすめ動画 ・トータル・リコール NEXTは昨日見たけど、キスシーン可愛すぎる。 お風呂上りってのもいいね。 お次はハロウィンの仮装で流行ったハーレー・クイーン役を演じてた・・・ マーゴット・ロビー まあ、みんなこの映画は見たんじゃないかな。 個人的には思ってた映画と違くて、あんま面白くなかったな。 でもハーレー・クイーンは可愛かった。 凶暴な女ってのもありだね・・ プロフィール ・1990年7月2日生まれ ・身長168㎝ ・出身地オーストラリア ・アメリカの女優 ・トム・アッカーリーと結婚(2016年~) 出典: いや~、、、イケメンしか美女とは結婚できないのか。 この体が拝める映画がありますよ。。。 ww マーゴット・ロビーが出演しているおすすめ映画 ・ウルフ・オブ・ウォールストリート(マーゴット・ロビーの裸拝めます) 最後は、僕が愛してやまない・・・ エマ・ストーン 出典: 本当にあなたが好きです。 もしこのブログを見てくれたら付き合ってください。 写真写りはあんまりだけど、演技が死ぬほどかわいい。 特に笑顔と泣きそうになる顔が天使。 ハスキーボイスも好きやな。 プロフィール ・1988年11月6日生まれ ・身長168㎝ ・出身地アメリカ、アリゾナ州 ・アメリカの女優 ・2010年「アメイジング・スパイダーマン」にキャスティングされたことをきっかけにアンドリュー・ガーフィールドとの交際が始まったが、 2015年に破局が報じられた。 出典: なんていい笑顔しやがる。。。 ハア、、付き合いてぇ・・ エマ・ストーンが出演しているおすすめ映画 ・小悪魔はなぜモテる?!.

次の

国内でも大人気のオージー女優『マーゴット・ロビー』出演映画を紹介

マーゴット・ロビー 映画 オススメ

ハーレイ・クイン: マーゴット・ロビー• ハントレス: メアリー・エリザベス・ウィンステッド• ブラック・キャナリー: ジャニー・スモレット=ベル• レニー・モントーヤ: ロージー・ペレス• カサンドラ・ケイン: エラ・ジェイ・バスコ• ブラック・マスク: ユアン・マクレガー ハーレイ・クインは『スーサイド・スクワッド』に引き続き マーゴット・ロビーが演じます。 自ら企画を持ち込んだほどハーレイを愛している彼女。 前作以上に自由で気まぐれで愛らしくハーレイを演じています。 謎めいた殺し屋ハントレスを演じるのは、ホラー映画に多数出演し、スクリーム・クイーンの異名を持つ メアリー・エリザベス・ウィンステッド。 凄腕の殺し屋、でも人付き合いは苦手で人見知りというギャップをもつ役をクールにコミカルに演じています。 その他にも個性的な役者陣がハーレイとともに暴れまわっています。 そして、本作の敵役 ブラック・マスクを演じるのは ユアン・マクレガー。 以外にも本格的な悪役を演じるのは初めてというユアン。 本作で、プライドが高く、残忍で時として怒りをコントロール出来なくなる危ういヴィランを流石の演技力で見事に作り上げています。 リンク 本作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は前作『 スーサイド・スクワッド』のスピンオフよりの続編にあたります。 前作は興行的・批評的にも今一つで、マーゴット・ロビーのハーレイ・クインをこの世に生み出したという点が唯一の褒めどころというのが個人的な感想。 あらすじでも言及しているジョーカーとの馴れ初めについては、映画の冒頭で回想で語られるので、本作から鑑賞してもお話についていけないということはありません。 前作を観ておくとニヤリとできるシーンと言えば、「キャプテン・ブーメラン」の手配書が一瞬映るところと、ハーレイのセリフで「世界救った~うんぬんかんぬん」というところくらい。 個人的には本作のみを鑑賞しても全く問題ないと思います。 Ent. 本作はハーレイ・クインが我々観客に語り掛ける回想をベースに物語が進行していきます。 彼女が思いつくままに物語が進んでいくので、時系列はバラバラ。 ストーリーの重要な部分について語っていると思ったら、思い出したように回想シーンへ飛んでしまう。 それに、語る内容自体もいまいち信用ならないときがあります。 失恋の顛末について話しているときなんか、「お互いに同意した、大人の別れよ~」なんて語りながら、実際にはジョーカーにあっさり捨てられ、泣きわめいて縋り付いていたり。 さながら、映画自体が気まぐれで嘘つき、何を考えているかわからない彼女に翻弄されているような作りになっています。 はじめは彼女の無軌道でテンポの速い語りについていくのがやっとなのに、気づいたら振り回されるのが心地よいとまで感じてしまうのが、ハーレイの危ない魅力なのだと思います。 この激しいアクションシーンをマーゴット・ロビーはスタントなしで演じているのが凄いよね アクションシーンの状況設定も非常に魅せ方にこだわっていました。 Ent. 持ち込んだM79 グレネードランチャーにはこれでもかというほど派手な装飾を施し、装填した銃弾も多彩。 暴動鎮圧用のビーンバック弾(鉛入りお手玉)に七色の煙幕弾、もはや見た目の派手さだけで選んだであろう紙吹雪弾と、過剰なくらいにカラフルでド派手。 警察署に殴り込みに行く時ですら、自身の好みを重視して、すべてをエンターテイメントにしてしまうハーレイだけに生み出せるシーンでしたね。 Ent. 鮮やかな脚技で真正面から囚人たちをボコボコなぎ倒していくのは爽快でした。 彼女が脚を挙げるたびに、水しぶきが舞うのも美しい。 そして、圧巻だったのは、最終決戦。 舞台は遊園地の子供向けの遊技場ブービートラップ。 ばっちりお着替えを済ませたハーレイたち、不気味な道化の仮面を被ったブラック・マスクの手下たち、とビジュアルのインパクトは完璧。 さらには遊園地のアトラクションを最大限に活かして、所せましと暴れまわるハーレイ達の戦いは一度見ただけでは追いきれないほど。 混戦の最中に、長い髪だと闘いにくいからとヘアゴムを渡してあげるくだりは、女性同士ならではのやり取りで非常に本作の個性が光る場面でした。 さらにさらに、とらわれたカサンドラを追いかけるシーンでは、ローラースケートにバイクと車が入り乱れるチェイスシーンに。 カサンドラを乗せる車にローラースケートで猛然と迫るハーレイ。 それを援護するようにバイクで追走するハントレス。 バイクから延ばしたロープにつかまって加速し、車に飛び掛かる! こんなシーンはハーレイにしか作り出せません。 ビジュアルの派手さや状況設定の凄さに驚く一方、アクション自体はトンデモではなく、ギリギリ現実味を失わないバランスを保っているのは流石だよね。 Ent. 本作はアミコミ映画であり、いわゆるポップコーン・ムービー的アクション映画でありながら、描こうとするテーマは普遍的です。 それは「女性 VS 男性」という構図です。 ハーレイおよびBIRDS OF PREYの面々は皆なんらかの形で男性に虐げられてきました。 ハーレイはかつてはジョーカーの恋人としてゴッサムの裏社会でクイーンとして君臨していましたが、実際はジョーカーの都合のよい女でしかありませんでした。 今作ではあっさりと捨てられてしまします。 ハントレスは幼いころにブラック・マスクの私欲のために一家を皆殺しにされ、隠遁生活を余儀なくされました。 ブラック・キャナリーはかごの中の小鳥として、ブラック・マスクの経営するナイト・クラブで働かされています。 レニー・モントーヤは、刑事としてどれだけ汗をかいて事件を解決しても同僚の男性刑事に手柄を横取りされ万年ヒラ刑事のママ。 まさにガラスの天井です。 一方、作中で男性性を一手に引き受けていたのはブラック・マスクです。 権力欲が強く、神経質でサディスト。 女性を自身の飾りのようにしか見ていない典型的なミソジニスト。 それでもユアンが演じると魅力的なヴィランになるんだけど 作中でブラック・マスクはブラック・キャナリーをたびたび「小鳥ちゃん」と呼んでいました。 自分の手の中で鳴くことしか出来ない、かごの中の小鳥と認識していたからでしょう。 しかし、彼女はハーレイ達とともに武器をとり、愚かな野郎どもに華麗に反撃してみせます。 そもそも「BIRDS OF PREY」の意味は「猛禽類」です。 彼女たちは、鳥は鳥でも手に負えない獰猛な「猛禽類」でした。 男性に囚われた生き方を女性たちが団結し、おのがコブシで痛快にブチ倒す姿が、清々しさすらありました。 見事ブラック・マスクを打倒した後、ハントレス、警察を辞めたモントーヤ、ブラック・キャナリーの3人は自警団「 BIRDS OF PREY」を結成します。 3人が原作コミックに登場した衣装を身にまとっているというサービスも。 男性が支配する社会にカウンターを食らわせるには、お利口さんの小鳥たちのままでは出来ませんでした。 社会のルールなど気にも留めない「ヴィラン」として、社会のルールにとらわれず己の信念で動くヴィジランテとして生きていく彼女たちがからなし得たことでした。 そして、「BIRDS OF PREY」に加わらなかったハーレイとカサンドラは2人して「 バッドアス・マザーファッカー」なる会社を作って怪しげなビジネスを始めます。 最後に念願のエッグサンドを満足気に頬張るハーレイ。 これからさらに大暴れしていくのは間違いないでしょう。 おわりに:さらなる次回作への期待も 「 ヤバい男と別れた女は、もっとヤバいやつだった!」 本作の見どころは圧倒的なド派手ビジュアルと、対照的に硬派で肉弾戦主体のアクションでしょう。 気まぐれで次の行動が全く読めないハーレイに翻弄されながら、しっかりとしたアクションで満足させてくれる。 近年のアメコミ映画でも屈指の出来のアクション映画だったと思います。 女性の解放というテーマも織り交ぜつつ、余り説教くさくせず、しっかりエンターテイメントとして仕上げているのもとっても素晴らしい。 さらには、次回作への期待を持たせるラストシーンまであって、おなか一杯に楽しませてくれる作品です。 ぜひとも劇場の大きなスクリーンで体感して欲しい作品です。

次の