北欧 暮らし の 道具 店 動画。 北欧、暮らしの道具店の最新動画|YouTubeランキング

SNSで手を止める「伝わる動画」を目指して──「北欧、暮らしの道具店」動画制作の裏側。

北欧 暮らし の 道具 店 動画

「北欧、暮らしの道具店さん」のYouTube、チャンネル登録者数が10万人を超えたということで… 2019年公開のスタッフコーデや商品ベスト3などの再生回数が数万単位なのがすごい。 YouTubeでタイアップすると1再生あたり、それなりの金額がかかるから、ここまでチャンネルが育つと資産価値がハンパない。 ) で、YouTube大好きマンの私は、 どうしてこのチャンネルが伸びたのかを考えてみました。 とりあえず動画を古い順で検索。 チャンネルは6年も前からあったんですね、知らなかった。。 当時の動画は、商品の使い方や特徴など、ダイレクトに紹介するものが大半でした。 そこで条件を人気順にして再度検索。 約1年前に投稿された短編WEBドラマが圧倒的再生回数を誇っていること発覚。 ここから視聴者、チャンネル登録者が徐々に増えたのでは?と想定できます。 とりあえず観てみた。 しかしながら単にエモい作品がいいからとか、俳優さんを起用しているから、広告をかけているから(どのくらいかけたか分からないけど)だけでチャンネル登録者数は増えないと思います。 何故ならそれらを理由に登録したユーザーの中には一時的なファンも多いと思うから。 では、このWEBドラマのマジで最&高な魅力はどこか。 それは、ダイレクトに商品紹介をするのではなく、ストーリーを展開する際の小道具として商品を動画に登場させることで、広告色をあまり出すことなくナチュラルにそれらがあるシーン、それらを使った時の心地よさなど 付加価値をターゲット(視聴者)に想像させているところだと私は考えます。 これは企業やメディアの公式チャンネルに限らずで。 最近YouTuberの中でも再生回数が伸びやすい企画の中に生活の一部を見せる ルーティン企画があります。 (最近だと GRWM企画も人気) あからさまなタイアップ動画は視聴者から嫌われる傾向にありますが、テロップや概要欄を見ないとタイアップだと気づかないレベルの動画は逆に視聴者、ファン達から「案件動画って気づかなかった!すごい!みやすかった!」と、高評価される傾向にあります。 北欧、暮らしの道具店のチャンネルはこの手法をインフルエンサーを通さずにメディア自体が実践しており、結果、チャンネル登録者数が増えたのではないでしょうか?か??、、たぶんそう、だと、思って、ま、す。 しかも日常のシーンの中に商材いれこむとか、「北欧、暮らしの道具店」ってメディア名にドンピシャじゃん。 すごい。 な ちなみに、ドラマの次に再生回数が多いのは言わずもがな、ルーティン企画。 私は新卒からしばらくの間、海外挙式のウエディングプランナーをしていました。 結婚式に必要なアイテムって何かと高額。 しかも私の場合は、挙式会場が海外の為、お客様に会場をご見学いただくことも、お料理をご試食いただくことも、お花などの装飾アイテムを手に取って見てもらうこともできませんでした。 全部現地手配だから。 資料の写真を見せてイメージしてもらうしかなかったんです。 』とご案内してもお客様は、 その金額を支払ってそれらを購入することの何がいいのか?どういったメリットが自分達にあるのか?購入する意味とは?がわからず、 なんか高いもの押し売りされているのでは??と思われご購入や満足度に繋がりません。 そこで当時私は、ダイレクトにアイテムをご案内するのではなく、それらがあるシーン、それらを使う意味をご案内するようにしていました。 ベールダウンから誓いのキスを行うまでにどういった意味があるのか。 ブーケとブートニアがなぜお揃いのお花でできているのか。 レイセレモニー(お花の首飾りをゲストにプレゼントしてハグするする)をすると、どんな気持ちになるのか。 などなど。 企業目線で商品を提供するのではなく、お客様目線でその商品がお客様それぞれにとって、どんな付加価値があるかをご案内していました。 こうやってご案内すると、『当日がイメージできた。 そのセレモニーをやりたい。 そのために、この商品を買いたい。 』と、おっしゃってくださるお客様が多かったです。 長くなってしまいましたが、今回、北欧、暮らしの道具店のドラマをはじめ、直近で投稿されている動画を観た際に、このことを思い出しました。 ECでイメージすることのできな部分をYouTubeという媒体を利用し補っているなと。 景気やカスタマージャーニーはどんどん変化するから、価格だけで競争しても限界があるし他社と差別化できません。 それよりも、このブランドだから、この商品だから、あなたがこれを使うから、体験することのできるシーン、感じることのできる付加価値を相手につたえることで心に響くのではないかな~というのが私の持論です。 久しぶりにnote書いたら締め方わからなくなってしまったけど。。 以上です。 ここまで読んでくれたあなた。 ありがとうございました。 (個人的にはドラマ挿入歌がサニーデイサービスだったところもぐっときたポイントでした。

次の

北欧、暮らしの道具店

北欧 暮らし の 道具 店 動画

雑貨や洋服を選ぶようにメイクを楽しむ、という提案。 販売は自社ECサイトのみ。 新型コロナウィルスの流行により、当初予定していた記者発表や試用イベントの開催は叶わず、「北欧、暮らしの道具店」内での告知・販売ではありましたが、発売から約1ヶ月で販売個数5000個という反響をいただくことができました。 この背景には、暮らしの中で雑貨や洋服を選ぶように、メイクの時間も「自分らしさ」を表現する手段として楽しみたいというコンセプトが、どのような状況においても自分のためにメイクを施すという動機につながったのではないかと考えております。 今回の反響についてアドバイザーのビューティーライターAYANAさんからのコメント 今回のプロジェクトを通して、なによりも店長の佐藤さんはじめスタッフのみなさんが「メイクってよくわからないもの」みたいな姿勢から「メイク、ちょっと楽しいかも?」を経て「メイクって面白い!」とどんどん変化していったことが印象的でした。 彼女たちは「北欧、暮らしの道具店」のお客さま代表なんです。 だから、彼女たちがこのアイテムを自分のやりかたで楽しむ様をみていて、これはお客さまたちにも響くのだろうな、と安心したのを覚えています。 モテるとか若く見せるとか頑張っちゃうみたいな温度感ではなく、暮らしを楽しむようにメイクを楽しむ方法があるということ。 そんなメッセージを伝えていくミッションを、この化粧品たちはこれからも担っていくんだろうと思います。 コンセプト・開発について詳細はこちら 関連:「北欧、暮らしの道具店」オリジナルコスメ誕生!( 」 チャレンジカラーが人気。 1はグリーンのアイカラーとオレンジのリップ。 今回発売したのは、アイカラー5種とリップカラー3種。 全てのカラーが大きく偏ることなく販売されておりますが、中でもアイカラーでは「05 フォレストグリーン」、リップカラーは「02 ウィッシュオレンジ」が最も多くご購入されております。 アイカラー「05 フォレストグリーン」は、チャレンジカラーではありますが、実際肌にのせるとグレーやカーキのような発色をすることで施しやすく、スタッフの一押しカラーとしてもご紹介しております。 また、リップカラー「02 ウィッシュオレンジ」は「前向きな気持ちに」という願い(ウィッシュ)を込めた、表情を明るく見せる色味が広く受け入れられたのではないかと考えております。 化粧に苦手意識を持っていた店長・佐藤が、メイクに興味を持った経緯や、AYANAさんと共に化粧品開発を行なった1年を振り返りました。 関連:メイクアップシリーズ記念対談( ) 今後の展望 2020年秋・冬に向けて新たなオリジナル商品の開発を進めてまいります。 そして、さらに当店のお客さまがそれぞれに「フィット」したメイクを探すお手伝いができるように、これまで「北欧、暮らしの道具店」において雑貨や洋服をご紹介してきたのと同様に、他社の化粧品や化粧道具などのセレクト商品を織り交ぜて商品展開を広げながら、コラムや動画など様々な方法で想いを届けていきたいと考えております。

次の

北欧、暮らしの道具店

北欧 暮らし の 道具 店 動画

いくつかアイテムを登録して後からじっくり検討したり、作ってみたいレシピを保存したり、ぜひお楽しみください。 特別なデザインでお楽しみいただけます。 (2019年以降の一部に限ります。 さらにユーザーのみなさんが、生活の中でちょっとした「非日常」を感じ楽しんでいただけるよう、オリジナルコンテンツ(テキスト、写真、動画、ラジオetc)を企画制作し、毎日お届けしています。 「北欧、暮らしの道具店」で検索してください。 推奨動作環境以外のバージョンでは、正常に動作しない、またはインストール自体ができない場合もございますので、推奨動作環境へのアップデートをお願いいたします。 推奨OS:iOS11. までお問い合わせください。 の商標または登録商標です。 私たちは、人生が自分用にあつらえられたかのように、「フィットしている」と感じられる事こそ、本当の意味で豊かで幸せなことだと考えています。 自分にフィットするものを捜し、それに出会う。 その過程で誰かと比較する必要も無い、自分用のフィットする暮し方をつくって行く。 そうやって多くの人々が、自分の人生をお気に入りの着心地抜群のシャツのように感じるようになったなら、自由で、多様で、寛容で、ハッピーな世の中になるんじゃないか。 そんなことを夢見ています。 同じアイテムを持つにしても、ただ、安くてオシャレに見えて…それだけでは無いんだなと…。 北欧の暮らし…さんのショップはひとつひとつがストーリーを感じる一品一品です。 オリジナル商品は勿論のこと、スタッフの方々が自信を持ってお勧めする品々も買った後に、「ああ、これを買って本当に良かった」と思えるんです。 それは、ステキなデザインの奥にある何かほっこりさせる様な、まるでそれが自分に語りかけるような空気感があり、愛おしくなります。 とても大事にしたい気持ち。。 物を持つってそういう事なのかなとあらためて感じさせてくれます。 いつも有難う。

次の