引越し コロナ。 新型コロナで「引っ越し」も自粛。1年の稼ぎの半分が消えた業者も(週刊SPA!)

新型コロナウイルス(肺炎)に感染した場合の引越しのキャンセル方法と違約金について|引越し準備ナビ

引越し コロナ

新型コロナウイルスが世界中に大きな影響を与えています。 日本でも昨日、1都4県の知事が感染拡大を避けるための共同声明を発表しました。 これを受けて、感染をあまり心配していない私も都内への 引越しを 断念することに。 もう1つは朗報で、やっとマスクが手に入りました~ 今回は、新型コロナウイルスにまつわる2つの話を、ご紹介したいと思います。 新型コロナウイルスの蔓延による外出自粛の要請 新型コロナウイルスの影響は、ますます深刻になってきています。 国内の感染者が急増したことを受けて、昨日26日 、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨の1都4県の知事が共同声明を発表。 これ以上の感染拡大と首都封鎖を防ぐために、 不要不急の外出を自粛することや時差出勤、 の実施などを要請。 少しでも感染拡大を抑制するには、次の週末に外出を控えることが最重要だと判断したようです。 感染者が発生した企業では、原則在宅勤務になったところもある模様。 新型コロナウイルスの感染者が急増したのは、春分の日を含む3連休に多くの人が外出したことが原因と考えられています。 新生活の準備や引っ越し、お花見などで、普段より出かける人が増えたのでしょう。 感染拡大を防ぐために少しでも早い段階で手を打つのは、理にかなっているのでは。 私は今週末に開催予定のイベントに参加する予定でしたが、少し前に中止が決定。 とても残念でしたが、今となっては的確な判断だったと思います。 新型コロナウイルスの影響で都内への引越しを断念 今回の共同声明を受けて、私も引越しをやめることにしました。 現在の部屋は5月に契約更新なので、そのタイミングで都内に引越すつもりでした。 現在住んでいる部屋は都心から少し遠いので、便利な都内に住みたいなと。 また持ち物がかなり減って、もっと狭い部屋でも十分暮らせるなとも。 部屋が狭くなると家賃も下げられるし、ルーティンワークである床の雑巾がけも格段に楽になりそう。 多少お金や手間はかかりますが、引越すメリットのほうがデメリットよりも多いと判断。 引越す気満々だったのですが、この状況では部屋探しをするにも気を遣います。 このタイミングで引越す必要があるわけではないので、今回は見送ることにしました。 私は基本的に、 できる限りの対策を講じていれば、かかる可能性は低いと考えているんですね。 それでも、かかって知らないうちにまき散らす可能性も0ではないなと。 もしそうなったらあまりにも無責任。 今回の引越しはまさに不要不急かも。 以上の理由で、引っ越しをやめることにしました。 3月は引っ越しシーズンなので、多くの方が進学や就職、転勤などで引越しされるのではないでしょうか。 引越す方も業者さんも大変だと思いますが、くれぐれも感染しないことをお祈りします。 楽天でマスクが買えた トイレットペーパーは店頭に並ぶようになりましたが、マスクはなかなか手に入りませんでした。 昨年購入したセリアのガーゼマスクと、ウレタンのマスクを洗って使っていた状態。 私は花粉症ではないのですが、現在喉の治療中。 マスクは必須です。 手持ちのマスクがだいぶ傷んできたので新しいものが欲しいと思い、数日前にネットで探しました。 見落としていたのか全く取り扱いがなく、ネットでの購入は断念。 昨日ひょんなことからマスクが楽天で買えることを知り、無事購入できました。 長女と連絡を取った時、マスクの話になったんですね。 なかなか手に入らないと言ったら、楽天にあるとの情報。 早速、私が購入したのはこちら。 他にもたくさん出品されていたのですが、決め手は3つ。 ・送料無料 ・4月2日入荷であること ・箱の生産が追い付かないので箱なし 1つでも送料無料なので助かります。 入荷についても他社より早いのがいいなと。 箱はいらないので、このほうが私には好都合。 こちらの企業理念にも共感しました。 2か所の行政団体に4万枚を寄付するとか。 現在はアマゾンでもマスクの取り扱いがあるようです。 購入したマスクは、として少し非常袋にも入れておく予定です。 全捨離提唱者の櫻庭露樹さんも、ご自身はかからないと信じているとか。 その根拠となるのが、 普段からできる簡単なことが多いので、よろしかったらぜひ実践なさってみてください。 外出を自粛しつつしっかり予防して、新型コロナウイルスを撃退しましょう。 それが本当ならもう少しの辛抱です。 気持ちを切り替えて、できるだけ楽しく過ごしたいですね。 じっくり部屋を片づける、いいチャンスかもしれません。 この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。 ohitorisamazanmai.

次の

【新型コロナ】緊急事態の延長:5月7日~6月の引越しはどうする?引越し業者の予約は?

引越し コロナ

職場や学校まで遠いので引越しをしたい• 子どもが生まれたので広い家に引越したい• いまの住居に不満がある• 条件のいい物件がでてきた 賃貸物件の更新手数料が発生するから今がいいという人もいるかもしれません。 でも、いずれの理由にしても、このタイミングを逃すと生活ができなくなるというわけではありません。 不便があるにしても、これまで通りの生活が送れます。 だとしたら、引越しは新型コロナウイルスが収束するまで待ちましょう。 なぜなら引越しをすることで必要以上のリスクを負うことになるためです。 どのようなリスクが発生するのか、次章で詳しく解説していきます。 引越しで発生する新型コロナウイルスの3つのリスク 新型コロナウイルスによって不要不急の外出を避けるように要請されています。 このタイミングで引越しをすることで、自分が感染してしまう可能性もありますし、さらには自分がすでに無自覚の感染者だった場合、感染を拡大させてしまう可能性があります。 それくらいは、すでに理解しているかと思いますが、他にも3つのリスクがあります。 都市部から地方への引越しは近隣から不安がられる• 地方から都市部への引越しは感染リスクが高まる• 新生活に慣れるのに時間がかかる それぞれのリスクについて解説していきます。 都市部から地方へは近隣から不安がられる どういう理由であっても、この段階での東京や大阪といった都会から地方への引越しはイメージがよくありません。 「東京を逃げてきた」「新型コロナウイルスを持ってきたかもしれない」そういった印象がついてしまうのは避けられません。 そうなったときに、ご近所さんとうまく関係を築けなくなる可能性があります。 お子さんがいる場合には、いじめの対象になるリスクもあります。 実際に東日本大震災後に福島から避難してきた子どもが、学校でいじめられたという報告もあります。 お子さんのいる家庭の場合、そのようなリスクがあることを必ず頭に入れておきましょう。 地方から都市部は感染リスクが高まる 地方から都市部への引越しの場合には、単純に感染リスクが高まります。 日本では人口密度の高い地域ほど新型コロナウイルスの患者が増えています。 特に東京は人口が多く、さらに満員電車など人との接触が起こりやすい環境にあります。 そういう場所に引越すのは、どう考えても危険ですよね。 感染者がほとんどいない地方に留まるほうが間違いなく安全です。 都市部はトイレットペーパーやお米などが不足することがあります。 メリットはひとつもありませんので、どうしても引越さなければいけないのであれば、収束するまで待ちましょう。 新生活に慣れるのに時間がかかる 新型コロナウイルスによって、あたり前の日常が消えてしまいました。 営業をしていないお店も増えていますし、仕事をしたくても採用している職場はほとんどありません。 新生活に必要なものを買い揃えようと思っても、お店が閉まっているなんてこともあります。 引越しは生活環境が大きく変わりますが、このような状況で引越しをすると、生活が安定するのに時間がかかってしまいます。 新しい環境で友だちを作るのにも、人と人との交流がないので、つながるのに時間がかかります。 役所ですら十分な対応ができない状況ですので、手続きにもスムーズにできないことも考えられます。 何をするにしてもストレスを感じることになるというのが、大きなリスクのひとつになります。 引越しで発生するキャンセル料は直前でないと発生しない すでに引越しの予約をしていたけど、新型コロナウイルスの状況が改善されずに迷っている人もいますよね。 引越しを延期したらキャンセル料が発生するのではないかと、不安になっている人もいるはずです。 でも安心してください。 引越しのキャンセル料には取り決めがあります。 標準引越運送約款で定められていますので、どの引越し業者を利用しても同じです。 さすがに前々日以降に決断するということはないかと思いますので、基本的には新型コロナウイルス対策としての引越しキャンセルは無料で対応してもらえます。 ただしキャンセルすると決めたら、1日でも早く引越し業者に連絡してあげましょう。 キャンセルの理由としては「新型コロナウイルス対策として」と伝えるだけでかまいません。 延期をするのであれば、それも合わせて伝えておくといいでしょう。 引越し予定者の半数は予定通り引越しをしている 引用: 日本では年度末の3月に転勤や就職、進学のために引越しをする人が増えますが、2020年の年度末も同じように引越しをした人たちがいます。 自ら望んで引越しをするというのではなく、会社都合という場合もあるので延期したくでもできなかったという人もいるのでしょう。 とはいえ現時点では引越しが感染拡大を引き起こしたという話はありませんし、国からも引越しの自粛要請は出ていません。 そういう意味では、どうしても引越しをしなくてはいけない理由があるなら、ある程度のリスクを受け入れた上で引越しをするのはありです。 ただこれまでと同じ感覚というわけにはいかず、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。 どのような点に注意すればいいのかについて、次章から解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。 引越し先選びで気をつけるポイント まずは賃貸物件への引越しをする人のために、引越し先選びで気をつけてもらいたいポイントを挙げていきます。 引越し先の物件は妥協が必要• 内見は最小限にしマスクを持参しておく• 物件は職場や学校の徒歩圏内から選ぶ これだけでは何に気をつければいいのか分からないかと思いますので、それぞれ具体的な内容について見ていきましょう。 引越し先の物件は妥協が必要 引越しには流動性というものがあります。 年度末の3月のように、人が多く動く時期にはたくさんの空き物件が出てきます。 条件のいい物件で暮らしている人も、仕事の都合で出ていかなくてはいけないということもあり、思わぬ好物件が出てくることもあります。 ところが、新型コロナウイルスの発生以降は人が動かないようになっているので、選べる物件に限りがあります。 それも、他の人たちが選ばなかった物件が残っているので、自分の理想どおりの部屋というのは簡単には見つかりません。 「広さは十分だけど駅から遠い」「静かなエリアだけどオートロックではない」といった感じで、自分の希望がすべては叶わないことが多いので、物件選びではある程度の妥協が必要です。 自分なりに優先順位を決めて、妥協できる部分は諦めるようにしましょう。 内見は最小限にしマスクを持参しておく このタイミングでの内見は、不動産会社も大家さんもできれば行いたくないものです。 無自覚の感染者もいるわけで、接客するのにもリスクがあるためです。 不動産会社によっては、そもそも内見をストップしていることもあります。 内見を希望する場合には、事前にメールなどでやりとりをして、候補となる物件を2〜3件に絞っておきましょう。 室内の写真や動画を事前に撮影してもらっておけば、現地でのチェックポイントも最小限で済むので、対応可能かどうか聞いてみてください。 また、内見するときには必ず マスクを着用してください。 マスクなしで内見中にくしゃみをすると担当者が後から除菌処理をしなくてはいけなくなります。 最低限のマナーとして来店時からマスクをつけておきましょう。 物件は職場や学校の徒歩圏内から選ぶ 仕事や進学のための引越しをするのであれば、できるだけ職場や学校に徒歩で行ける物件がおすすめです。 職場に近いと緊急で呼び出されるかもしれないと思って、職場から遠くに部屋を借りる人もいますが、そうなると電車移動というリスクが発生します。 新型コロナウイルス対策という意味では、公共の交通機関はできるだけ頼らないのが理想です。 徒歩で無理なく通えるのは2km圏内ですので、職場や学校から2km圏内の物件を不動産会社にリストアップしてもらいましょう。 東京や大阪といった都市部では家賃が高くて難しいという人は、自転車で通える範囲として5km圏内で探しましょう。 普段は自転車通勤で、雨の日は電車やバスに乗るようにするだけでも、感染リスクを下げられます。 騒動が収まった後も、通勤ストレスがなくなるので精神的に余裕ができます。 自由にできる時間も増えますので、できるだけ職場近くの物件を選びましょう。 引越しをするときの3つのポイント 引越し先が決まったら、あとは作業と手続きを行うだけですが、この時にも気をつけるポイントが3つあります。 役所での転出届は郵便で行う• 自分の移動方法に細心の注意を払う• 引越しの挨拶はメモで済ませる こちらもそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。 役所での転出届は郵便で行う 引越しをするときには役所で転出届と転入届を出す必要があります。 現在暮らしている自治体の役所と新しく暮らすことになる自治体の役所、それぞれ1回ずつ行かなくてはいけません。 ところが新型コロナウイルス対策として、転出届はほとんどの自治体が郵便での受付に対応しています。 また転入届は引越しをしてから14日以内の提出が義務付けられていますが、自治体によっては14日を過ぎての提出も可能としています。 状況の変化によって自治体の対応も変わりますので、まずは自治体のホームページでどのような対応を行っているのか確認して、できるだけ役所に行かなくて済む方法で事務手続きを終わらせましょう。 自分の移動方法に細心の注意を払う 引越しをするときに、自家用車がある場合には自分の車で安全に移動できますが、そうでない場合には公共の交通機関を利用することになります。 それほどリスクは高くないとはいえ、普段乗ることのない飛行機や新幹線を使うこともあるはずです。 過剰に注意する必要はありませんが、必要以上にあちこちに手を触れないようにすることと、こまめな除菌を心がけましょう。 乗り物を待っている間は、できるだけ人との距離を保つようにするのも有効です。 新居についたらすぐに着替えることも重要です。 引越しのトラックよりも新居到着が早くなる可能性がある場合には、手荷物に着替えを一式入れておくとよいでしょう。 できることは多くありませんが、リスクを少しでも減らす行動を心がけてください。 引越しの挨拶はメモで済ませる 引越しをしたら隣近所に挨拶をするのがマナーですが、こういうときには挨拶されても迷惑に感じる人もいます。 相手に与える印象が悪くなると、これからの生活で何かと不便です。 迷惑に思われないように、引っ越しの挨拶はメモで行いましょう。 どこから引っ越ししてきた誰なのかを分かるようにし、落ち着いたら挨拶に伺いますと書いてメモを投函しておきましょう。 引越し料金だけを考えればチャンス ここまでの説明で、新型コロナウイルスが収束する前の引越しはリスクが高いことをわかってもらえたかと思いますが、このタイミングで引越しをするメリットがひとつだけあります。 それは、 引越し料金を低く抑えることができるということです。 引越し料金には定価がなく、年度末のように利用者が多いときには高額な見積金額を提示し、反対に利用者が少ないときには他の業者に取られないように見積金額を下げます。 今は新型コロナウイルスが広まって引越しを延期する人が増えていますので、引越し業者にしてみればどうにかして仕事を確保したい状態にあります。 このため、通常よりも見積金額が低くなり、予算を抑えたい人にはチャンスということになります。 ただし何も考えずに1社だけに依頼すると「こういう時期だから」と新型コロナウイルスを理由にむしろ割高な金額を提示されることもあります。 それを避けるために、一括見積りサービスを利用して相見積もりの状態にしましょう。 競争相手がいるとなると、引越し業者はそれぞれに限界まで下げた見積を出してきます。 少しでも安く引越しをしたいという人におすすめのテクニックですので覚えておきましょう。 まとめ 新型コロナウイルスは感染力が高く、感染しないためには外出を控えるのが対策の基本となります。 このため、特別な事情がないかぎり、このタイミングでの引越しは避けて、収束するまで延期しましょう。 ただし、この状況がどれくらい続くのかは誰にもわかりません。 仕事の都合などでどうしても引越しをしなくてはいけない人もいるはずです。 引越しが避けられないという場合には、物件選びの段階からできるだけ人に会わないで済むように心がけましょう。 実際に引っ越しをするときにも、人や物との接触を避けるように気をつけてください。 引越しの挨拶もまずはメモで行い、近所の人たちを不安な気持ちにさせないようにしましょう。 また引越し業者によっては割高な見積金額を提示してくることもありますので、相見積もりの形になる一括見積りサービスの利用がおすすめです。 新型コロナウイルスが収束するまで収入面での不安がありますので、少しでも費を抑えて引越ししましょう。

次の

2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?【HOME'S

引越し コロナ

家賃の滞納期間はできるだけ短く! コロナウィルス感染拡大の影響がじわじわと社会と経済にダメージを与えている今。 「コロナの影響で収入が減少し、家賃が払えない」「もっと家賃が安いところに引っ越すべき?」こんな声がよく聞かれるようになってきました。 今回のような不可抗力によるケースでも民法上、家賃の延滞は認められず、期限内に支払う義務があります。 ただし、滞納後すぐの退去は法的に認められないことから、1~2カ月の猶予をもち、3カ月程度滞納したところで退去を求められるケースが多いようです。 一度、家を失ってしまうと、就労がより困難になり、行政サービスも受けづらくなります。 できるだけ、家を失う前にどんな支援が受けられるか自治体に相談するのが得策と言えるでしょう。 このようなケースで特に早めに申請したいのが『住宅確保給付金』です。 住宅確保給付金とは 家賃の一部を負担し、支払いを軽減してくれる『住宅確保給付金』は仕事を失ったことで家賃を払えない人が対象となる給付金です。 従来からある給付金制度で自治体の生活支援課などの窓口で申請できますが、感染拡大を防ぐため現在は郵送で手続きすることも可能です。 給付期間は原則3カ月、最長で9か月家賃が支給されますが、これまで対象となっていたのは「離職または廃業から2年以内の人」であり、休業中の人は支給の対象外となっていました。 しかし、4月20日に「本人の都合や本人に責任がある場合を除いた休業者」も対象となるように法改正が行われました。 そのため、コロナの影響で出勤日数を減らされたり、自宅待機になったりして収入が減った人も対象に含まれるようになり雇用契約がないフリーランスも支給の対象となります。 ただし、同じ世帯の家族に収入がある人や一定額以上の貯金があるという人は給付金を受けることができません。 横浜市を例をあげてみましょう。 収入と家賃 少しでも早く給付金を受け取りたいという方は、自分が住んでいる自治体に問い合わせるなどしていつから申請できるのか、どのように申請するのが一番早く給付金を受け取れるかどうか確認してから申請をするといいでしょう。 例えば、国民一人一人が一律受け取れる10万円の特別定額給付金はオンライン申請の場合、申請の重複がないか、また住民基本台帳との相違がないかのすり合わせを行わなければならないため郵送申請の方が早く給付金を受け取れる自治体が多いそうです。 すでに家賃を滞納してしまっている方やシングルで子育て中の方など、とにかくすぐに現金が必要という方は、自治体の窓口に相談してできるだけ時間がかからない申請方法を選ぶようにしてくださいね。

次の