艦これ 潮 裏切り。 【MMD艦これ】「もう一つの艦これ」短編 2

艦こレーンとは (カンコレーンとは) [単語記事]

艦これ 潮 裏切り

『艦こレーン』とはと用のを題材とした作品に付けられる。 このでは、しばしばしい論争が起きています。 を書くときはをよく、に努めてください。 概要 及び両作品は、中に各の軍が保有していた軍用艦を元にしたを収集、強化育成しにすることを的とする作品である。 艦こレーンというは、の版開始あたりから作品に付けられ始めたと考えられる。 タグが使われている作品の例• 同一艦同士のもの 同じ軍用艦をとしたもの。 では数多くの艦が元のがされている反面、のように他の軍用艦を元にしたものは少ない。 そのためか、艦の同士が一緒に描かれている画像が較的多い。 根幹にあるものが同じためか仲まじい様子で描かれているものが多いが、外見的要素(に)の差異から一触即発な雰囲気になるもみられる。 同じ艦をにしたのを交換して描いたもので上記『同一艦同士のもの』の的な位置付けになるが、稀に異なるのを身につけるもある。 余談だが側のが側のを着ている場合、某を倣って「アのすがた」と呼ばれる事がある。 史実を元にしたもの 史実での出来事やになった軍用艦のをもとにしたもの。 元のでされているの関係上、が旧のもの、が連合のものである作品が多い。 なお、史実を元にしたの場合は、と重苦しい話になりやすく、またこれらのは非常にデリケートであるものも多い。 取り扱う場合は慎重に。 に関係ののに多い。 片やにおいて、片やで。 意気投合するのに時間は掛からなかったようだ。 なお上記2名に加えて、側のよりが含まれる事もある。 を含めた場合、「」とも呼ばれる 共通点と相違点 先ほども記述したが両作品ともに軍用艦をしたを収集し育成していくであり、共通点もある。 いくつか挙げると、• 、、、他、当時に保有していた軍用艦がされ登場すること。 両作品共に出演しているが複数いる。 一方で、基本的なや各種でのに関しては異なる箇所が多い。 例えば、• 域におけるにて、は旧側が元になる事が多いが、は連合側が元になる事が多い ただしどちら側でもない独自の率も高め などがある。 、、、は化した【ちゃん、・】が、 は【 】としてのがされている。 このタグを付けた作品を投稿、また話題として扱うときの注意点 も増えている両作品のだが、気を付ける点もいくつかある。 との全体で発生していることだが、開発やの違いなどを取り上げてそれらを2つのどちらかまたは両方の作品をく棒にしているが非常に多い。 もしどちらかを過剰に持ち上げたり片方のある部分を執拗に摘してくるを見ることがあれば構うことがないように。 基本的にというものは相手の反応を楽しんでいるであり、反応が薄ければに去っていく。 また、どちらか片方の作品のみを扱っている作品やで、もう片方の作品の名前やを出す事は基本的にやめた方がよいだろう。 他、作品固有の 特にその量が多い側 に関しては、 作品でも容易に扱うのは避けた方が難。 他、同一の軍用艦をにしていても両作品でのは全く異なっている存在である。 これらを組み合わせてどのような反応があるか?と想像して楽しむのは本の魅の1つだが、その際に相手側のをよくしておくことは大事なことである。 や口調、を間違えて覚えてしまってはせっかくのの魅は減ってしまう。 は多くの可性をもたらすかもしれないが、反面扱いが難しいものでもある。 これらを踏まえて楽しんでいただきたい。 関連静画 関連項目• 版に両作品と同じが数人出演している他、と同じが担当しているがいる。 また、この作品のを登場させた作品もある。 3作品の場合、「こレーンR」が付く事も• や幼い見たのに出没する、某・某・某 脚注• では用「」にて初登場。

次の

【艦これ】潮ちゃんの成長記録【2013~18年】

艦これ 潮 裏切り

関連動画• 再生回数:26260 コメント:614 マイリス:267• 再生回数:36269 コメント:133 マイリス:135• 再生回数:101597 コメント:621 マイリス:505• 再生回数:116933 コメント:623 マイリス:316• 再生回数:27894 コメント:1015 マイリス:246• 再生回数:52598 コメント:3204 マイリス:515• 再生回数:66062 コメント:911 マイリス:515• 再生回数:154392 コメント:1843 マイリス:1223• 再生回数:27786 コメント:137 マイリス:253• 再生回数:296064 コメント:21786 マイリス:2731• 再生回数:107124 コメント:1760 マイリス:345• 再生回数:176993 コメント:1135 マイリス:4886 タグ がついた人気の動画•

次の

潮(艦これ)とは (ウシオとは) [単語記事]

艦これ 潮 裏切り

~軽巡寮・球磨型の部屋~ 天龍「…」 木曾「…」ペラ 天龍「…」ジッ 木曾「…」ペラ 天龍「…」ジィッ 木曾「…なぁ天龍」 天龍「なんだ?」 木曾「…ガン飛ばすの止めてくんねえ?」 天龍「おう」ジッ 木曾「………」 天龍「……」 木曾「…」ペラ 天龍「なぁ」 木曾「ん?」 天龍「木曾ってさ…」 木曾「うん」 天龍「何で眼帯つけてんだ?」 木曾「うん」ペラ 天龍「……」 木曾「…」ペラ 天龍「おいスルーしてんじゃねぇぞ」 木曾「あ、ごめん聞いてなかった」 天龍「………」 ~~~ 木曾「眼帯?」 天龍「おう」 木曾「…お前こそ何で付けてんだ?」 天龍「い、言う必要ねぇ」 木曾「いや言えよ」 天龍「俺はお前に聞いてんだよ」 木曾「俺もお前に聞いてんだよ」 天龍「……」 天龍「…質問に答えようぜ?」 木曾「…何でそんな焦ってんの」 天龍「焦ってねぇし。 全然焦ってねぇし」 木曾「……」 木曾「まぁ、アレだ」 天龍「……」 木曾「アイデンティティ、かな」 天龍「ふーん」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「お前アイデンティティの意味分かってるか?」 天龍「!…ほらアレだろ、アレアレ、あの」アセアセ 木曾「やっぱ分かってねえじゃねえか」 天龍「………」 木曾「存在感っつーか、俺らしさ、っつーかさ」 天龍「…なるほどな」 木曾「…球磨姉も多摩姉もさ、アレじゃん」 天龍「あぁ、あの変な語尾」 木曾「な。 存在感出てるだろ」 天龍「おう」 木曾「……」 天龍「!…だったらさぁ」 木曾「?」 天龍「お前も語尾に『キソー』ってつければ」 木曾「ねぇよ」 木曾「…そんで、大井姉と北上姉」 天龍「…あぁ、うん」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…からの、俺」 天龍「ブフッ」 木曾「おい笑ってんじゃねえ」 天龍「あーうん、大体分かった」 木曾「…分かったか」 天龍「要は、目立ちたいってことか」 木曾「……ぉぅ」 天龍「はー、それ聞いて安心したぜー…」 木曾「………ん?」 天龍「あ?」 木曾「…あっ、お前もそういう感じ?」 天龍「いやちげぇし全然ちげぇし」 木曾「じゃあお前それ何でつけてんだよ」 天龍「古傷を隠してんだよ」 木曾「…絶対ウソ」 天龍「ウソじゃねぇし」 木曾「そんなら取ってみろよ」 天龍「!ダメだ、お前が見たら失神しちまう」 木曾「いやいや安心しろって」ガシ 天龍「やっやめろ!外そうとするなぁ!おい!」バタバタ 木曾「うりゃ」グィ 天龍「あ゛あぁ!?」 天龍「……」ズーン 木曾「…そんな落ち込むなよ」 天龍「……」 木曾「多分みんなファッションって気づいてるから」 天龍「マジで?」 木曾「…だって寝るとき外すだろ」 天龍「…そうだな」 木曾「まぁその、なんつーかさ」 天龍「なんだよ」 木曾「お互いさ、頑張ろうぜ?」 天龍「眼帯同士ってか」 木曾「おう」 天龍「…わかったよ」 天龍「……」 木曾「あっはは」ペラ 天龍「…おい」 木曾「…んだよ」 天龍「…お前の傷とオッドアイって本物?」 木曾「…本物だと思うか?」 天龍「……」 木曾「メイクとカラコンに決まってんだろ」 天龍「…あぁ、だよな」 木曾「……ドキッとしたか?」 天龍「そんなんじゃねぇし」 木曾「くくっ」 天龍「笑うなぁ!」 木曾「…だってよ」 天龍「……」 木曾「この世に木曾何人いると思ってんだよ」 天龍「メタいなお前」 木曾「…この際いいだろ」 天龍「まぁな」 木曾「…まぁ何人かは多分オッドアイで何人かはガチの傷なんだと思う」 木曾「でもな?」 天龍「…あぁ」 木曾「全員あるとは限らねぇだろ」 天龍「…そうかもな」 木曾「俺は言うなりゃアレだから」 天龍「……」 木曾「アルバイトだから」 天龍「バイト木曾」 木曾「おう、バイト木曾だから」 天龍「じゃあ本物の傷でオッドアイの木曾はどうなるんだよ」 木曾「……正社員木曾?」 天龍「正社員…ブフッ…ダメだくっだらねぇ」 木曾「…自分でもよくわかんねぇわ」 天龍「まぁ、言いたいことは分かった」 木曾「おう」 木曾「良かったら傷メイクのやり方教えてやろうか?」 天龍「いや、遠慮しとく」 木曾「まあお前不器用だもんな」 天龍「うっせ」 木曾「いつまでも龍田に甘えんなよ」 天龍「…どっちかっていうと甘えてんのはあいつの方かな」 木曾「意外だな」 天龍「だろ?」 木曾「…なんでドヤ顔なのかはよくわからねぇけど」 天龍「俺だって長女なんだぜっていう」 木曾「アピール?」 天龍「それな」 天龍「妹ってさ、しっかりしてるよな」 木曾「…そうか?」 天龍「何ていうか、わきまえてる?」 木曾「あー、確かにそういうところはあるかも」 天龍「長女だからしっかりしろーっつーけどさ」 木曾「おう」 天龍「二番目とか三番目の方がしっかりしてんだよな」 木曾「…急にどうしたんだよ」 天龍「いや、妹側の意見が聞きてぇなと思って」 木曾「俺?」 天龍「おう」 木曾「そーだなー…」 木曾「確かに言われてみればそんな気もするが…」 木曾「でもそれって真ん中の姉妹だと思うんだ」 天龍「…ってことは?」 木曾「俺は末っ子だからっつーこと」 天龍「おう」 木曾「よく言うだろ」 天龍「?」 木曾「一番上と一番下は親が甘やかすから自由で」 天龍「真ん中は構ってくれないから自立するってことか」 木曾「それな」 天龍「でも一番下って逆にグレたりするよな」 木曾「俺をまじまじ見ながら言うセリフかよ」 天龍「あ、すまん」 木曾「……」 天龍「でもよ」 木曾「あん?」 天龍「やっぱ思うじゃん」 木曾「何がだよ」 天龍「グレた結果眼帯かなって」フフ 木曾「お前それブーメランってことに気づけよ」 天龍「……」 木曾「……」ペラ 天龍「……」 木曾「……」ペラ 天龍「……」 木曾「……」ペラ 天龍「…バイト木曾」ボソッ 木曾「……フフ」 天龍「……バイト木曾」ボソッ 木曾「突然思い出したように呟くのやめようか」 天龍「…腹減ったな」 木曾「…あぁ、もうそんな時間か」 天龍「何食うよ?」ゴソゴソ 木曾「それ球磨姉と多摩姉んだから勝手に食うと怒られんぞ」 天龍「大丈夫、木曾が食っていいって言ったって言うから」 木曾「おいマジやめろ」 天龍「お、アルフォート」 木曾「だからやめろって」 木曾「鳳翔さんとこ行こうぜ」 天龍「わかったよ」 ~厨房~ 天龍「おーい、鳳翔さん」 木曾「…いねーな」 天龍「やっぱ戻ってアレを」 木曾「いい加減にしろよ」 天龍「じゃあどーすんだよー」 木曾「仕方ねぇ、作るか」 天龍「……」 木曾「お前も手伝えよ」 天龍「勝手に使って怒られねえかな」 木曾「そんときはそんときだ」 木曾「何食うよ」 天龍「お前が作ってくれるならなんでもいい」 木曾「…夫か!」 天龍「おうよ。 俺は亭主関白だからよ」 木曾「今時亭主関白なんかねぇよ」 天龍「…いや…そこんとこ頼むよ」 木曾「いいから手伝ってくれよ」 天龍「…分かったよ」 木曾「手の込んだのは作れねえし…」 天龍「だよな」 木曾「適当に炒飯でもいっとくか」 天龍「おっ、いいじゃん」 木曾「はい」 天龍「卵?」 木曾「割ってそこのボウルに入れて溶け」 天龍「おうよ」 木曾「飯は…よかった、まだあるな」パカ 木曾「具が…具が良いのが無ぇな…」ウーン 木曾「これとこれと…この辺かな…」 天龍「木曾!こんな感じでどうよ」 木曾「あーうん。 いいんじゃねぇか?」 木曾「フライパン出して、油引いといてくれ」 天龍「どこにあるんだ」 木曾「そこの下の棚じゃねーか?」 天龍「あ、あったあった!サンキュー」 木曾「天龍、具はこれでもいいよな?」 天龍「あ?」 天龍「キャベツ ほぼ芯 とハムとさつま揚げ…?」 木曾「さつま揚げのアウェー感がどーしよーもねぇけど、いいだろ?」 天龍「ま、イケるんじゃねぇか?」 木曾「それなら良かった」 木曾「じゃ、卵を先に炒めといてくれ」 天龍「了解!」 木曾「キャベツ刻んで…っしょ、かてぇな」トントン 木曾「ハムとさつま揚げも小さめに切って、っと」トントン 天龍「卵の焼ける匂いが最高だなぁオイ」 木曾「焦がすなよー」 天龍「わかってるー!」 ~~~ 木曾「へい、炒飯一丁あがりっと」 天龍「あーもう腹ペコだぜ…」 木曾「それじゃ食うか」 天龍「いただきまーす!」 木曾「…いただきます」 天龍「…うん」モグモグ 木曾「…悪くはないな」モグモグ 天龍「なんか物足りねーけど」モグモグ 木曾「実際色々足りないからな」モグモグ ~~~ 天龍・木曾「「ご馳走様でした」」カチャン 天龍「あー食った食った」 木曾「おい、待てよ」 天龍「なんだよ?」 木曾「皿洗え」ジャー 天龍「うわっマジか」 木曾「当然だろ」 天龍「ちっ」 木曾「綺麗に洗えよ」ゴシゴシ 天龍「面倒くせーな…」ワシャワシャ 木曾「主婦の皆さんの苦労が分かってねーな」 天龍「そんなの分かりたくもねぇ…」 木曾「部屋に帰ってきたな」 天龍「おう」 木曾「……」チラ 天龍「…何でこっち見るんだよ」 木曾「何で俺の部屋に来んのかなって」 天龍「いいだろ別に」 木曾「お前と話してると本が読み終われないんだよ」 天龍「そーいや何読んでんだ?」 木曾「天は赤い河のほとり」 天龍「…少女漫画?」 木曾「平たく言えばな」 天龍「しっかしお前が少女漫画ねぇ…」 木曾「悪いかよ」 天龍「悪かねぇけどよ」 木曾「仕方ねーだろバイト木曾なんだからよ」 天龍「そうだな」 木曾「つーかお前だってバイト天龍だろ」 天龍「俺まで仲間に引き込む気かよ」 木曾「間違いじゃねーだろ」 天龍「…そうだな、俺もバイト天龍だよ」 木曾「……」 天龍「…これ俺も読んでいいか?」 木曾「……どうぞ」 木曾「あー目が痛い」 天龍「どっちのだよ」 木曾「右」 天龍「眼帯の方か」 木曾「取るか」スッ 天龍「……」 木曾「カラコンの間に入ったなこりゃ…」パチパチ 天龍「…よく見ると傷メイクなんだな」 木曾「さっきも言っただろ…あ、洗浄液取って」 天龍「どこだよ」 木曾「そっちの棚の上から二番目」 天龍「これか」スッ 木曾「すまんな」 木曾「目薬も取ってくれ、同じとこ」 天龍「あいよ」 木曾「…さんきゅ、ふぅ」 天龍「俺が注してやろうか」 木曾「いや、いい」 天龍「ほら」 木曾「いいって」 天龍「たまには頼れよ!」 木曾「お前絶対ミスるだろ」 天龍「そこまで不器用じゃねぇよ!」 木曾「よし、もう大丈夫だ」 天龍「……」 木曾「ふぅ」パチッ 天龍「……」 木曾「……」ペラ 天龍「……」ペラ 木曾「…そういえばさ」 天龍「…なんだよ」 木曾「お前皆の前で目が痒くなったりしたときどうする?」 天龍「そりゃ、掻くだろ」 木曾「眼帯の方な」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…我慢するな」 木曾「だよな」 天龍「……」 木曾「でもこの間の作戦会議の時」 天龍「はぁっ!?ちげーし!そういうやつと全然ちげーし!!」 天龍「あん時はちょっとテンションおかしかっただけで…」 木曾「テンパりすぎだろお前…」 天龍「はぁ、はぁ、はぁ……」ゼェゼェ 木曾「ビックリしたんだぜ」 天龍「ぅぁぁぁぁ...... 」ジタバタ 木曾「隣でお前が俯いて悶え始めたと思ったら」 木曾「『古傷の左目が疼くっ…』だからな」ハハッ 天龍「…疼いてたのは事実だし」 木曾「アレのせいでお前駆逐の連中からの評価一気に下がったからな」 天龍「もう思い出させるなよ…」 天龍「だってっ…!」 木曾「ん?」 天龍「だって、イメージがあるだろ!」 木曾「だからさっきも言ったけど」 木曾「みんな気を使ってるんだよ」 天龍「うう……」 木曾「あの後お前が走って出て行って大変だったんだぞ」 天龍「……悪かったよ」 木曾「同じ眼帯だからって俺にまでとばっちりだからな」 天龍「……」 木曾「一応言っとくが龍田もフォローしてくれたんだからな」 天龍「……何て?」 木曾「『天龍ちゃんはイタい所がいっぱいあるけどいい娘なんです』って」 天龍「フォローになってねぇぞ龍田…」 木曾「後でありがとう言っとけよ」 天龍「言わねえよ!」 木曾「でもあいつはあいつで姉思いのいい奴だぞ」 天龍「そうかぁ?」 木曾「おう、この前覗いたらお前のジャージ着てお前のパンツ被ってお前のベッドで悶えてた」 天龍「変態じゃねぇか!」 天龍「っていうかお前もお前で何見てるんだよ…」 木曾「たまたま扉が開きっぱなしになってたからついな」 天龍「もうアイツと同じ部屋で寝れねえよ…」 木曾「俺んとこには来んなよ」 天龍「酷ぇ!お前のことはソウルメイトだと思ってたのに…」 木曾「うちはうちで大変なんだよ」 天龍「……」 木曾「たまに球磨姉と多摩姉が暖を求めて潜り込んでくるからな」 天龍「そうか…」 木曾「大井姉と北上姉は一緒にくんずほぐれつだし」 木曾「それに比べたら愛されてるだけマシだろ?」 天龍「その愛ってやつが怖ぇえんだよ…」 木曾「どうしても逃げたいなら川内のとことか」 木曾「ほら、なんかちょっと似てね?」 天龍「…キャラが?」 木曾「おう」 天龍「ねーよ」 木曾「そうか」 天龍「確かに夜起きてるだろうけどよ」 木曾「だろ?」 天龍「俺の目的は安眠なんだよ」 木曾「夜戦バカと一緒じゃ達成できねぇよ、ってか?」 天龍「そういうことだ」 木曾「言われてみればな」 天龍「それな」 木曾「それに川内は夜戦バカだけどお前はただのバカだもんな」 天龍「うっせーよ…」 木曾「まぁ大人しく気づかないふりしてるのが一番だろうよ」 天龍「ホントだよ、お前が言いさえしなきゃ」 木曾「悪い悪い、ついな」 天龍「でも龍田、俺にそんなそぶり全然見せないんだよな」 木曾「そうなのか」 天龍「会話してっとだいたい揚げ足取られて吊し上げよ」 木曾「あー、確かに言い方意外とキツいよな」 天龍「アイツなんだかんだ頭いいからな」 木曾「長女はバカなのにな」 天龍「うっ、うるせえよ!お前んとこだってそうだろ」 木曾「ん?球磨姉か?」 木曾「球磨姉は普通に頭いいぜ」 天龍「えぇ…ウソだろ」 木曾「しっかり姉貴やってるっつーの」 天龍「でも語尾は『クマー』だぞ?」 木曾「それ球磨姉から奪ったらただの姉貴だからよ」 天龍「…まあ、そうだな」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「俺らから眼帯とったら何にも残んねーのと一緒だよ」ハハッ 天龍「自虐かよ」 天龍「…まぁ龍田には今夜あたり話してみるよ」 木曾「上手いことはぐらかされたりしてな」 天龍「だろーな」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…なぁ、天龍」 天龍「んだよ、俺続き読みてえんだよ」 木曾「いいだろ別に」 天龍「…おう、そんで?」 木曾「ずっと気になってたんだけどさ…」 天龍「おう」 木曾「お前ら姉妹の謎の余裕はなんなんだ?」 天龍「……あぁ…」 木曾「何だよあの『フフ、怖いか』だっけ」 天龍「……」 木曾「そんで龍田の『危ないですよ~』とかさ」 天龍「『フフフ、怖いか?』な」 木曾「それそれ」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「アレ、アレなぁ……」 木曾「正直、お前ら旧式じゃねーかっていう」 天龍「それ言い出したらお前らも大概だろ」 木曾「軽巡で新型つったら阿賀野型くらいだもんな」 天龍「……んで、セリフの件だけどさぁ」 木曾「うん」 天龍「アレ、マニュアルに書いてあるんだよ」 木曾「…だよな」 天龍「お前も?」 木曾「…まあな」 天龍「最初見た時さ、目が点だもん」 木曾「…これマジで読み上げなきゃいけねーの?って思ったね」 天龍「…そういうキャラだかんな」 木曾「バイトは辛いな」 天龍「…そうだな」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…アレって誰の趣味なんだろうな」 天龍「……誰なんだろうな」 木曾「気になるなー」 天龍「…マニュアルでふと思ったんだけどさ」 木曾「……」 天龍「お前の姉三人のキャラ付けもアレなの、マニュアル?」 木曾「…いや、ガチのやつ」 天龍「……」 木曾「…うん、マニュアル通りにやってるわけじゃないと思う」 天龍「そうか…」 木曾「…まぁ語尾付けなくても喋れるし北上姉がいなくても平気な顔してるけどな」 天龍「だろ?」 木曾「良心っていうか、配慮の表れ?」 天龍「誰に対してだよ」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…提督かな」 天龍「…だよなー」 木曾「……なんかアレだな」 天龍「…何が?」 木曾「こういう話ってさ」 天龍「おう」 木曾「なんつったらいいんだろ…」 天龍「…あぁ、うん、言いたいことは分かる」 木曾「なんか、話しちゃいけない雰囲気あるじゃん」 天龍「裏話的なな」 木曾「そうそう」 天龍「皆話したがらないっつー感じだよな」 木曾「だから言えてよかったよ」 天龍「そうだな…」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」ペラ 木曾「……」ペラ 天龍「……」ペラ 木曾「……」ペラ 天龍「……」パタン 木曾「……」ペラ 天龍「……」ジッ 木曾「……」ペラ 天龍「……」ジッ 木曾「…なんだよ」 天龍「読み終わったから暇なんだよ」 木曾「次の読めよ」 天龍「お前が今読んでる奴だよ!」 木曾「…読むのはえーな」 天龍「おう!読めない感じのとこは飛ばしてっからな」 木曾「……」 天龍「ふふっ…」 木曾「…内容頭に入ってねーだろ」 天龍「漫画なんだから絵見りゃ何となく掴めるって」 木曾「まぁ……」 天龍「違うのかよ」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「雑だなお前」 天龍「うっせーよ」 木曾「お前はコレよりさ」 天龍「おう」 木曾「ジャンプとか読んだほうがいいんじゃないか」 天龍「お前こそだろ」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…ロゴ?」 天龍「それな」 木曾「…あー…うん…」 天龍「海賊のな」 木曾「男っぽいしな」 天龍「だろ」 木曾「じゃあお前買ってきてくれよ」 天龍「パシるのかよ」 木曾「お前が読みたいんじゃないのか」 天龍「だから違ぇっつってんだろ!!」 木曾「そーいや海賊で思ったんだけどさ」 天龍「おう」 木曾「眼帯ってさ」 天龍「おう」 木曾「悪役だよな」 天龍「…だな」 木曾「しかも大体海賊だよな」 天龍「…何が言いたいかわかった」 木曾「…じゃあ言うけど」 天龍「……」 木曾「海軍なのに眼帯ってアレじゃね?」 天龍「俺はんなことねーと思うけど」 木曾「…そうか」 天龍「まぁ、普通にアリだろ」 天龍「それに」 木曾「?」 天龍「一応、真珠湾とかフィリピンとか荒らしてっから…」 木曾「…あぁ、連合側的にはね」 天龍「海賊よりタチ悪いぜ、って言う」 木曾「あー……」 天龍「……」 木曾「そういう発想もあるかー…」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…艦娘になってから付ける理由はわからねーけど」 木曾「…おう」 木曾「もう夜だな」 天龍「はえーな」 木曾「そろそろ飯食いに行くか」 天龍「今日の晩飯なんだろなぁ」 木曾「…さて、行くか」 天龍「おう!」 ガチャ 天龍「おい、木曾」 木曾「なんだよ」 天龍「そこで寝てる二人起こさなくていいのか?」 木曾「……」 木曾「球磨姉と多摩姉は勝手に出てくるだろうから」 天龍「…そうだな」 ガチャ バタン 天龍「……」スタスタ 木曾「……」スタスタ 龍田「!あら天龍ちゃん、どこに行ってたの?」ヒョコ 天龍「げっ」 木曾「……」 龍田「?…なあに二人とも?」 天龍 気まずい…気まずすぎる… 木曾 俺、無関係だよな…なんで逃げ出せないんだ…? 龍田「ん~?私のお顔になにか付いてるの~?」 天龍「いっ、いや…なんでも、ねえんだ…な!」 木曾「おっ!?おう、おうよ!」 木曾 なんで俺に振るんだよコイツはぁ! 龍田「ふぅ~ん…まぁいいけど」 龍田「一緒にお夕食、頂きましょう?」 天龍「そ、そうだな!木曾!お前も一緒に食おうぜ!」 木曾「あ、ああ!もちろん!」 木曾 だからなんで俺を巻き込むんだよおおおお!! 龍田「今日のお夕食は豚の生姜焼きみたい」 天龍「おう!美味そうだなぁ 上ずりつつ 」 龍田「天龍ちゃん?大丈夫?」 龍田「いつもおかしいけど今日はもっとおかしいわよ?」キョトン 天龍「っておい!?どういう意味だよそれ!」 龍田「うふふっ」 木曾 すげぇ疎外感を感じる… 木曾「……」チラ 球磨「いい匂いがするクマー」 多摩「鳳翔さん、大盛りでお願いするにゃ」 鳳翔「はいはい」ウフフ 木曾 よし、なんとかして球磨姉たちのところに… 木曾「な、なあ、天龍?」 天龍「なんだ?」 木曾「俺、球磨姉たちの所へ…」 球磨「木曾。 何してるクマ?」ヌッ 多摩「にゃ」ヌッ 木曾「あ!球磨姉、多摩姉、一緒に食べ…」 球磨「…木曾。 仲間は大事にするクマ」ポン 多摩「そうにゃ」 木曾「…は?」 多摩「いつも姉妹で食べてるけど、たまには違う軽巡の娘と食べるのもいいと思うにゃ」 球磨「球磨達は今日は二人で食べるクマ」 球磨「天龍、龍田、木曾のこと、よろしくお願いするクマ」 天龍「ああ、今日は最初っからそのつもりだったんだ、な?」 木曾「お、おっ!おう!!」 木曾 ちくしょおおおおおおお!!! イライラ 木曾「鳳翔さん…今日は少なめで」 鳳翔「いつもはたくさん食べるのに、珍しいですね」 木曾「あぁ、うん…」 天龍「俺も…少なめで…」 龍田「天龍ちゃん?いっぱい食べないと、大きくなれないよ~?」 天龍「いや…いいんだ…」 鳳翔「……?」 ~~~ 龍田「さて、どこに座ろうかしら?」 天龍「あぁ、あの辺空いてるし座ろうぜ」 木曾「……」 龍田「じゃあ天龍ちゃんは私の隣に」 天龍「いっ、いや、木曾!こっちに来てくれ!」 木曾「し、仕方ねえなぁ 棒」 龍田「…?」 木曾 なんで俺をこっちに座らせたんだよ! コソコソ 天龍 こうやってこっそり話できねぇだろが! コソコソ 木曾 目が合うほうが気まずいだろ! コソコソ 天龍 あっ…気付かなかったァ…!! コソコソ 木曾 ばっかやろおおおおおお!!! コソコソ 龍田「……」 龍田 二人ともコソコソしてどうしたのかしら? 龍田 何だか怪しいわね キッ 龍田「二人とも、お箸が進んでないようだけど」 木曾「あっ!ちょっと調子悪くって!」 天龍「お、俺もそーなんだよははは」 龍田「そうなの?無理しないでね」 龍田 やっぱり怪しいわ… 龍田 天龍ちゃんが私に隠し事…? 龍田 …ちょっと、許せないわ ギリッ... ~~~ 天龍「飯が全然喉を通らなかった…」 木曾「お前のせいでストレスがマッハだぜ…」 天龍「すまねぇ…」 木曾「俺は部屋戻るぜ…」 天龍「おっ、おい!ちょっと待て」 木曾「俺はもう付き合いきれねぇ…」 天龍「木曾!?」 龍田「…天龍ちゃ~ん?」 天龍「!?」ビクッ 龍田「どうしたの?そんなにビックリして」 天龍「な、なんでもねぇ、なんでもねーから」 龍田「…そうだ天龍ちゃん、一緒にお風呂行こ?」 天龍「ど、どうしたんだよ突然…?」 龍田「いいじゃない、ね?」ニコッ ~脱衣所~ 天龍「」シュルシュル 天龍 ダメだ…龍田にそういう目で見られてると思うと… ブルブル 天龍 あ、あぁぁ、手が、手が震える… 龍田「」パサッ 龍田 …やっぱり、今日は様子がおかしいわ ジー 龍田 何かあったのかしら? ジー 龍田 だとしたら…あの娘、木曾ね… ジー 天龍「」パチン 天龍 なんかすっげえ視線を感じるような… 天龍 …気のせいだよな、うん 天龍 自意識過剰になってるだけ… チラ 天龍田「「あ」」 天龍田「「……」」 天龍田「「」」スッ 天龍田 目が合ってしまったあああああああああ!! 天龍 これは完全にクロだ…間違いねぇ… 天龍 俺は、俺は… 天龍 こんな奴と日頃一緒にいたのか…! 龍田 …今まで天龍ちゃんが脱衣中に後ろを向くことなんてなかったのに 龍田 どういうことなの…? 龍田 まさかバレて… 龍田 いいえ、ありえないわ… 龍田「天龍ちゃん」 天龍「ぅえぁ!?」 龍田「入りましょうか」ニコ 天龍「……おう」 カポーン... 天龍「ふぃー…」 龍田「……」チャプ 天龍 今のところ怪しいところはねーけど… 天龍 いつ本性を現すか…分からねーな… ブクブク 天龍「はぁ……」 龍田「……」 龍田 天龍ちゃん… 龍田 …なんだかよそよそしいっていうか 龍田 やっぱり、本人に聞いてみましょうか 龍田「天龍ちゃん」 天龍「…なんだよ」 龍田「今日の天龍ちゃんやっぱりおかしいわ」 龍田「何かあったんじゃ…」 天龍「違う」 龍田「でも」 天龍「違うっての」 龍田「私に隠し事してるの?」 天龍「……」 龍田「なんでも言ってよ」 龍田「私たち、二人だけの姉妹なのよ?」 天龍「…じゃあ龍田はさ」 龍田「……」 天龍「俺に隠し事してねぇって言うのかよ」 龍田「…そ、れは」 天龍「…俺、知ってんだからな」 龍田「え?」 天龍「お前、俺の服とか勝手に使ってるんだろ」 龍田「!?!」 龍田「な、んで……?」 天龍「…俺はさ」 天龍「なんだかんだ言って俺のこと心配してくれてさ」 天龍「お前の、龍田のそういうところ、信用してたっつーか…」ワシャワシャ 天龍「好き、だったんだよ」プイ 龍田「…っ……」 天龍「…でもさ」 龍田「……」 天龍「やっぱ、そういうことされたら」 天龍「俺、信用できねえよ…」 龍田「……」ザパ 天龍「…龍田?」 龍田「……」タタッ 天龍「おい!?龍田!」ザパァ 天龍「待てって」ガシッ 龍田「やめて!」バシッ 天龍「龍田…」 龍田「…ごめんなさい、、天龍ちゃん」タタッ ガララッ 衣笠「ぉおっと!」 龍田「!…すみません」タタッ 青葉「ふむふむ、何やら事件のかほり…」ニヤッ 天龍「……」 青葉「天龍さん、龍田さんと何があったんでむぐぅ?!」 衣笠「…青葉、今日はやめてあげよう?」グイ 青葉「むむーっ…むー…」 天龍「……」ブクブク 天龍 龍田…… ブクブク ~~~ ~軽巡寮・球磨型の部屋~ 木曾「…で、気まずいから俺の部屋に転がり込んできた、と」 天龍「………おう」 木曾「……はぁ…」 天龍「……」 木曾「……バカだろお前」 天龍「……わーってる」 木曾「……」 天龍「…これからどうすりゃいいんだ?」 木曾「俺に聞くのかよ」 天龍「…こういうこと相談できるのお前だけなんだよ」 木曾「…一応聞いてやるよ」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…でもよ、俺が言ったことって間違ってねーだろ」 木曾「タイミングが間違ってんだよ」 天龍「……」 木曾「…まあ、その」 天龍「……」 木曾「…時間が、必要だな」 天龍「木曾…」 木曾「今日中にケリ付けるのは、無理だろ」 天龍「…おう」 木曾「お互いに冷静になれないだろうしさ」 天龍「…分かった」 木曾「……」 天龍「…お前んとこで寝てもいいか?」 木曾「……」ハァ 天龍「……」 木曾「…今日だけな」 天龍「…ありがとよ」 天龍「…狭い」ゴソゴソ 木曾「…シングルだからな」モゾモゾ 天龍「……」 木曾「…あっちのコタツで寝てもいいんだぞ」 天龍「…コタツで寝たら風邪引くらしいからやめとく」 木曾「どこ情報だよ」 天龍「……龍田」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「でもお前バカだから風邪引かねーだろ」 天龍「龍田と同じこと言ってんじゃねぇよ」 木曾「……」 天龍「……」モゾ 木曾「…ちょ、キツい」 天龍「すまん」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…なぁ」 天龍「んだよ」 木曾「お互い眼帯外してるのって新鮮だな」 天龍「それな」 木曾「…お前んとこから時計見える?」 天龍「…あー…今11時」 木曾「……」 天龍「どうかしたのかよ」 木曾「そろそろ大井姉と北上姉が上がってくるから黙っとけよ」 天龍「なんでだよ」 木曾「大井姉がキレる」 天龍「……」 木曾「『北上さんとの寝る前のひと時を邪魔しないで』とか言い出すから」 天龍「…うわぁ」 木曾「ましてやお前が居るとなると尚更うるさいと思う」 天龍「…おうよ」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」スゥ... 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…こいつ…もう寝たのかよ…」ハァ 天龍「……」スゥ... 木曾「…俺も寝るか」 木曾「おやすみ、天龍」 ~~~ 大井「むにゃ…」 北上「大井っち、あさだよー」ユサユサ 大井「んんぅ…きたかみさぁん…」 北上「大井っちー」ユサユサ 大井「ふぁ~…ふぇ?」ポケー 北上「おはよ、大井っち」 大井「おはようございます北上さん」 北上「大井っち珍しいね、あたしより起きるの遅いなんて」 大井「…うぅ、私としたことが、北上さんの寝顔が見れなかった……」 北上「?なに?」 大井「いいえ、なんでも!」 北上「…あれ?」 大井「どうしました北上さん?」 北上「いやぁ…あれ」ユビサシ 木曾「ぅ…おもい…」グデン 天龍「たつたぁ……」ムニャ 北上「なんで天龍がここにいるんだろ…」 大井「そ、そんなことよりも北上さん!」 北上「ん~?」 大井「今日は何の日か、覚えてますか?」 北上「え~…何の日だっけ…?誰かの誕生日?」 大井「違いますよぉ!今日は…」 ~~~ 球磨「とっとと起きるクマー!!!」バサァ 木曾「ぅおぁあああ?!」ビク 天龍「なななんだァ!?!」ビク 多摩「木曾、天龍。 もうお昼が来ちゃうにゃ」 球磨「起きてこないから二人の朝食は赤城と加賀が食べちゃったクマ!」 木曾「え?えぇ?!」 多摩「そしてもうお昼ご飯の時間にゃ」 天龍「マジかよ…!」 球磨「早く眼帯つけて食堂へ行けクマ!」ガオー 木曾「わ、分かった球磨姉!いくぞ天龍!」 天龍「おわぁ!?急に引っ張るなよ!」 ~食堂~ 天龍「……」モグモグ 木曾「……なぁ」モグモグ 天龍「……」モグモグ 木曾「普通さ、こういう時って眠れねぇハズだよな」 天龍「……おう」 木曾「なにお前ぐっすり寝付いちゃってんだよ」 天龍「…俺、寝付きいいし」 木曾「……」 天龍「…いつもは龍田が起こしてくれっからな」 木曾「……」 木曾「…龍田の件、どーすんだよ」 天龍「どうって…俺にもわかんねぇ」 木曾「……」モグモグ 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…お前、海老フライの尻尾食うんだな」 木曾「…普通だろ」 天龍「いや、食わねーよ」 木曾「球磨姉も多摩姉も食ってるから普通だと思うんだが…」 天龍「あいつらは動物じゃん」 木曾「人の姉妹に対して酷くね?」 木曾「意外だな」 天龍「あん?」 木曾「お前がそんなこと気にするなんて」 天龍「じゃあお前骨取らずに魚食うのかよ」 木曾「極論だろ」 天龍「大体歯に刺さるじゃねーか」 木曾「あー…歯っつーか、歯茎?」 天龍「おう」 木曾「それは分かる」 天龍「だろ?」 木曾「でも勿体無くね?」 天龍「そうかぁ?」 木曾「しっぽだけ残すじゃん?」 天龍「おう」 木曾「中途半端にこの、身が若干残るだろ?」 天龍「…そのくらいよくね?」 木曾「あー分かってねぇ分かってねーわ」 天龍「はぁ?」 木曾「お前ここにどれだけ栄養詰まってると思ってんだよ」 天龍「結構みみっちいのなお前…」 木曾「食い物大事にしろってことだよ」 天龍「…そんなんだからバイト木曾なんだよ」 木曾「うっせーよバイト天龍」 木曾「思い出したように昨日のネタ言うのやめろよ」 天龍「はっはっは」 木曾「笑ってるとこ悪いが姉妹トラブル真っ只中だからなお前」 天龍「お前が代わりに謝ってきてくれよ」 木曾「無理だろ」 天龍「ほら俺の服と眼帯貸すから」 木曾「だから無理だっつってんだろ」 天龍「なんとなく似てるしいけるって」 木曾「似てるようで全然似てないんだよ俺らは」 木曾「ほらちょうどあそこに居るじゃん」ユビサシ 龍田「」モグモグ 天龍「うっわマジか」 木曾「ちゃちゃーっと行ってくるだけだろ」 天龍「やだやだ絶対行かねぇ」 木曾「いずれは解決しなきゃいけない問題だろうが!」ダンッ! 天龍「二人の空いた距離は時間が埋めてくれるって言うだろ!」ドンッ! まるゆ「ひぃ!」ビクッ 龍田「」チラッ 天龍「お前がでけー声出すからこっち見てるじゃねぇかよ!」 木曾「今がチャンスだろ行ってこいよ」 天龍「……」 天龍「…なぁ、おい」 まるゆ「ぇ、えと、私、ですか…?」 木曾「なんでまるゆに振るんだよ」 天龍「いいだろ別に、なぁまるゆ」 まるゆ「ぇ、あの、はぃ…」 天龍「実は…」 ~~~ 天龍「…ってことがあったんだ」 まるゆ「そうでしたか…」 天龍「こういうときどうすればいいと思う?」 まるゆ「ぅぁ、あの、それは、えーっと…」オロオロ 木曾「天龍、まるゆは姉妹がいねーんだからわかんねーよ」 まるゆ「ぅぅ…」 天龍「…そうか」 木曾「まるゆ、ごめんな」 まるゆ「ぃ、いえ!私もお役に立てなくって…すみません」 まるゆ「でも、ちゃんと龍田さんとお話して解決したほうがいいかと…」 天龍「……」 まるゆ「そ、それじゃ、ゎ、私はこの辺りで…」ササッ 木曾「じゃあな」 天龍「……はぁ…」 木曾「…やっぱりさ」 天龍「……」 木曾「話し合って解決しようぜ」 天龍「…おう」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「龍田だって、どうしたらいいか分かんなくなってると思うぞ?」 天龍「…どうかな、アイツは」 木曾「今回はさ」 天龍「……」 木曾「ちょっと、特殊な状況だ」 天龍「ちょっとどころのレベル超えてるけどな」 木曾「…妹の立場から言わせてもらうけど」 天龍「………」 木曾「…こういうときくらい姉らしいとこ見せて欲しいんだよ」 天龍「……」 木曾「…多分な」 天龍「…仕方ねぇな、ったく」 木曾「ま、後はお前らの問題だからな」 木曾「俺は部屋で球磨姉達の相手してくるわ」 天龍「お前も大変だな」 木曾「ったく、テメーはテメーで俺の仕事増やしやがって」 天龍「悪かったよ」 木曾「じゃーな、いい報告を期待してるぜ」スタスタ 天龍「…木曾!」 木曾「ん?なんだよ?」クル 天龍「その……ありがとな」 木曾「…ああ」 ~軽巡寮・天龍型の部屋~ 天龍「すぅ~…」 天龍「はぁー…」 天龍「…よっし!行くぞ!」 天龍「…たっ、龍田!いるか!?」ガチャ 龍田「…天龍ちゃん」 天龍「おっ、おう、龍田…」 龍田「……」 天龍 やべぇコレどうすんだ何言えばいいんだ ダラダラ 天龍「その…さ…」オロオロ 龍田「天龍ちゃん」 天龍「あっ!お、おう、何だ?」 龍田「これ」スッ 天龍「?」 龍田「…今日、何の日か知ってる?」 天龍「…えーっと…何の日、だっけ…?」 龍田「バレンタインデー、でしょ?」 天龍「それで、コレか」 龍田「うん…」 天龍「…でも、俺、お前のこと」 龍田「……」 天龍「傷つけちまったし…」 龍田「うん…」 天龍「こいつを貰う資格なんて…」 龍田「天龍ちゃん」 天龍「ん…?」 龍田「謝らなきゃいけないのは、私のほうだよ」 龍田「…私ね、今日は天龍ちゃんに怒られると思ってた」 天龍「…龍田」 龍田「あんなことをして、本当は許される訳ないって」 龍田「でも天龍ちゃんは、私のこと心配してくれて」 龍田「悪くもないのに、こうやって謝りに来てくれて…」 天龍「…いや、俺も悪かったよ」 天龍「お前の気持ちなんて何にも考えてなかった」 天龍「正直、さ」 天龍「俺はいっつもお前にたしなめられて」 天龍「姉なのにわがままで勝手ばっかして」 天龍「そのくせ誰かを頼りにして」 天龍「お前も、迷惑だよな…」 龍田「そんなことないよ…!」 天龍「……」 龍田「だって、天龍ちゃんは、」 龍田「誰よりも仲間想いでいい娘だもの」 天龍「……」 龍田「もちろん周りを振り回して無茶しちゃうこともあるかもしれない」 龍田「でも、そういう真っ直ぐな所を」 龍田「私は誇りに思ってるの」 天龍「……龍田」 龍田「そのチョコレート」 天龍「あぁ」 龍田「日頃お世話になってる天龍ちゃんに」グスッ 龍田「大好きな天龍ちゃんに」 龍田「どうしてもあげたくて」 龍田「頑張って作ってたの」 天龍「うん……」 龍田「でも昨日はあぁいう風に言われて」 龍田「もう、ダメかもって…」 龍田「この気持ちを、伝えられないかも、って…!」グスグス 龍田「…ごめんね?こんな妹で」 龍田「…それから…大好き、天龍ちゃん」 天龍「…泣くなよ」 龍田「だっ、だって、だって!」 天龍「よしよし」ギュ 龍田「うえぇぇぇぇん... 」グズグズ 天龍「こんなに想われてたなんて気付かなかったよ」 龍田「ふええぇぇぇ…」グズグズ 天龍「…ありがとう」 龍田「うう、ぐす…」 天龍「そんで俺も、悪かった」 龍田「天龍ちゃん…」 天龍「やっぱりお姉ちゃんが居ねえとダメみてぇだな?」ハハッ 龍田「天龍ちゃんってば…」グス 天龍「これから辛いことがあったらお姉ちゃんの胸で泣いていいんだからな~?」 龍田「…天龍ちゃん、調子に乗りすぎよ?」ツネッ 天龍「痛ってぇ!なにすんだよ!?」 龍田「え~?なんか、ムカつくかな~って」クスクス 天龍「くそぉ!こっちが下手に出たらこれだ…!」 龍田「天龍ちゃん」 天龍「なんだよ、全く…」 龍田「今後ともよろしくね?お姉ちゃん?」 天龍「!今、お姉ちゃんって…!」 龍田「ん~?なんにも言ってないよ~?」グリッ! 天龍「痛ってえええええええ!!!」 ~~~ 天龍「…はぁ……」 木曾「…そんで、コレが貰ったチョコか」 天龍「おう、結局アイツには勝てねーわ…」 木曾「だろうなー」パカ 木曾「…うん、流石龍田。 美味いな」 天龍「って何勝手に食ってんだよ!!」 木曾「毒見だよ毒見」 天龍「その理屈はおかしいだろ…」 木曾「大体相談に乗ってやったんだからこれくらいはなぁ」 天龍「ったく…」 木曾「まぁ良かったんじゃね?」 天龍「仲が戻ってか?」 木曾「ずっとぎこちないまんまよりマシだったろ」 天龍「それはそうだけどよ」 木曾「一緒に出撃した時に『あっ、龍田…』みたいになるの嫌だろ」 天龍「怒られるだろうな」 木曾「周りにな」 木曾「あ、そうそう、後でまるゆにも報告しとかねーとな」 天龍「…あぁ、そういやそうだな」 木曾「あいつ困ってたぞ」 木曾「『天龍さんに物申して大丈夫だったでしょうか…』って」 天龍「謝罪も兼ねて報告に行かないとな…」 木曾「…お前これ食わねぇの?」モグ 天龍「さりげに食べ進めてんじゃねーよ」 木曾「あーもう半分ぐらいしかねぇよ」 天龍「お前食い過ぎだって!」 木曾「悪かったよ」 天龍「ったく…」 天龍「…美味い」 木曾「だろ」 木曾「…そういえばお前、龍田以外で貰った?」 天龍「何がだよ?」 木曾「バレンタインの」 天龍「…いや?」 木曾「だろうな」 天龍「…何だよそのしたり顔」 木曾「俺とお前じゃ違うんだよ…」 天龍「…えっっ」 天龍「えっ、お前、アレ、え?」 天龍「貰ってる…の…?」 木曾「おう」 天龍「おかしいだろ…」 木曾「んなことねぇって」 天龍「だ、大体俺ら女だしよ」 木曾「天龍」 天龍「あ?」 木曾「焦んなよ」ニヤニヤ 天龍「うをあああああ!!!」ブンブン 木曾「大丈夫かおい」 天龍「大丈夫なわけ…ねぇだろ…」 天龍「誰に…誰に貰ったんだ…」 木曾「まぁ球磨姉とか多摩姉とか駆逐艦の連中とか…大体皆くれるだろ」 天龍「いや、それはない…」 木曾「でもお前って慕われてそうなのにな」 天龍「誰にだよ?」 木曾「駆逐とか」 天龍「いや、舐められてるしそれは無ぇ…」 木曾「だからこそくれそうなもんだが…」 天龍「…お前はいいよな、実力が伴ってて」 木曾「なんだよ急に…」 木曾「確かに改二にもなれたけどよ」 天龍「そこだよ」 木曾「えっ?」 天龍「俺はほら旧式、とか初期艦とか言われてさ」 天龍「極めつけはフフ怖だ」 木曾「あぁ…」 天龍「『旧式のくせに何だコイツ』みたいな、さ」 木曾「……」 天龍「それに引き換えお前はそこそこの実力」 天龍「重雷装巡洋艦にもなれた」 木曾「…確かに、差はあるか」 天龍「何だよあのマント…」 木曾「支給品だよ」 天龍「お前だけクロスボーンガンダムフルクロスみたいになりやがってよぉ」 木曾「…悪いな」 天龍「俺だって好きで言ってんじゃない…」 天龍「マニュアルで言わされてるだけなんだよ…」 木曾「まぁ、うん」 天龍「…くっそー…」 木曾「なんか、ゴメンな」 木曾「ほら、俺の貰った分分けてやるからよ」 天龍「…余計に惨めな気もするんだけど」 木曾「こんなに貰っても消費しきれないからな」ドサッ 天龍「そんなに貰ってたのかよ…」 木曾「…俺、モテるからな」パカ 天龍「同じ眼帯なのにどうして差が付いたんだろうな」ガサガサ 木曾「俺もそう思う」モグモグ 天龍「これ、パウンドケーキかぁ…」 木曾「それまるゆがくれたヤツ」 天龍「マジか」 木曾「半分食っていいぞ」 天龍「へいへいっと」 木曾「うん、美味い」モグモグ 天龍「コレ、喉渇くな…」モグモグ 木曾「冷蔵庫にアレ、バンホーテン入ってるから飲んでもいいぞ」 天龍「缶?」 木曾「おう」 天龍「じゃあ貰う」 木曾「俺の分の桃水も取って」 天龍「はいよ」スッ 木曾「あ、それ多摩姉の」 天龍「こっちか」スッ 木曾「それそれ、さんきゅー」 天龍「」ゴクゴク 木曾「」ゴクゴク 天龍・木曾「「ぷはっ」」 木曾「…なぁ天龍」 天龍「どうした」 木曾「…お前にも改二、来るといいな」 天龍「…ああ」 木曾「……」 天龍「お前がクロスボーンなら、俺はダークハウンドだな」 木曾「そうだな」 ~軽巡寮・球磨型の部屋~ 天龍「……」 木曾「……」 天龍「今何時?」 木曾「そろそろ3時」 天龍「…アレ始めるな」 木曾「あー…アニメ?」 天龍「おう、艦これ」 木曾「リモコンどこやったっけ…あった」ピッ 天龍「遅れ放送って辛いよな」 木曾「地方はな」 TV「セカーイノースーベーテーガミイロニトケーテーモー」 天龍「…始まったな」 木曾「ああ」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…何で俺ら出てないんだろうな」 木曾「だよな」 天龍「…お前んとこ姉貴全員出てんのにな」 木曾「うっせーよ」 天龍「……」 TV「ナノデスー」 木曾「……」 TV「ハラショー」 天龍「…息抜き回っぽいな」 木曾「息が詰まるような展開なんて如月のくだりくらいだろ」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「あのくだりホントいらなかったよな」 木曾「中途半端にシリアス入れるならどっちかに傾けってな」 TV「マイクチェックー」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「腹減ってきたな」 木曾「この時間にカレーとかやめてほしいよな」 天龍「木曾」 木曾「んだよ」 天龍「レトルトでいいから作れよ」 木曾「やだよ俺観れねーじゃん」 天龍「…あー」 木曾「……」 天龍「…楽しそうだな」 木曾「…うちでもカレー大会やんのか?」 天龍「うーん…」 木曾「……」 天龍「みんなでカレー食べるだけになりそう」 木曾「炊き出しかよ」 TV「フーブキーノヨーウナー」 天龍「……」 木曾「…今週も終わりか」 天龍「木曾、終わったしカレー」 木曾「っち、分かったよ」 天龍「サンキュー!」 木曾「面倒臭い奴だな…」 ガチャ バタン 木曾「…部屋から出ると寒いな」 木曾「…ったく、アイツめ」スタスタ ~厨房~ 木曾「レトルトカレーは…」ガサガサ 木曾「あった」 木曾「鍋、鍋は…」 木曾「……」ジャー 木曾「……」コトッ 木曾「……」カチッカチ 木曾「…元栓閉められてんな」 木曾「……」キュッ 木曾「これでよし、っと」 木曾「…後は」 木曾「……」 木曾「…待ってる間暇だな」 木曾「……」 ~~~ 木曾「出来たぞー」ガチャ 天龍「おっ、コレコレ、これが食いたかったんだよ」 木曾「ったくよ…」 天龍「ルーの匂いが最高だなぁオイ」 木曾「冷める前に早く食え」 天龍「おい木曾!」 木曾「なんだよ」 天龍「お前コレ福神漬けとらっきょう入ってねーじゃねーか」 木曾「いちいち文句が多いなお前は…」 天龍「福神漬けとらっきょうが無ぇカレーなんて…」 木曾「……」 天龍「俺は認めないっ……!」 木曾「自分で取って来いよ」 天龍「木曾のアホー!」バタバタッ 木曾「夜中に騒ぐんじゃねーよ!」 大井「ちょっと!うるさいわよ貴女達!」クワッ 天龍「うぉあ!?」 木曾「すまん大井姉」 大井「まったくもう…」フン 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…食堂行くか」 木曾「…おう」 ~食堂~ 木曾「…ちっと不気味だな」 天龍「なんだぁ?ビビってんのかぁ?」 ギィ.... 天龍「うわぁ!?木曾!」ギュッ 木曾「……」 天龍「……」スッ 木曾「お前のがビビってんじゃねーか」 天龍「違ぇからな!お前のことを守ろうとしただけだし!」 木曾「…ふっ」 天龍「くっそぉ…」 木曾「この時間に起きてんのって俺らぐらいだろうなー」パカ 天龍「川内とか起きてるんじゃねぇのか?」 木曾「アイツは9時ぐらいから騒ぎ出して2時にはお眠だそうだ」ビリッ 木曾「神通が言ってた」ポリポリ 天龍「…言うほど夜更かしって訳じゃねーんだな」 木曾「騒ぐだけ騒いでケロっとしてるところはお前にそっくりだけどな」 天龍「誰がトラブルメーカーだっつーの」 木曾「ハハっ」ポリポリ 天龍「……そのポッキーくれ」 木曾「…ん」スッ 天龍「これも貰ったやつ?」 木曾「おう」 天龍「誰にだ」 木曾「さあなー」 天龍「分からねぇのかよ」 木曾「だって箱詰めされて渡されたし」 天龍「は?」 木曾「こんくらいのみかん箱に、お菓子詰め込んであって」 木曾「横にペンで『木曾さんへ』って書いてあんの」 天龍「アイドルかよ」 天龍「お前名前付きで渡されんのに俺には無しなのな」ポリポリ 木曾「その辺は扱いの差があるよな」 天龍「…そういや誰が持ってきたんだよ」 木曾「箱?」 天龍「箱」 木曾「ああ、五月雨と潮が二人できたんだよ」 木曾「球磨姉と多摩姉の分も持ってな」 天龍「…慕われてんな」 木曾「まあな」 木曾「でも俺んとこ来てお前んとこにないってのはおかしいよな」 天龍「いや、どうだろうな…」 木曾「なんだかんだ言っても軽巡の先輩だし」 木曾「龍田とかもわりと慕われてるだろ」ポリポリ 天龍「うーん……」 木曾「…まあ来年に期待しようぜ」 天龍「…おう」 木曾「……」 天龍「……」ポリポリ 天龍「……」クカー 木曾「…おい」 天龍「……」クカー 木曾「天龍」 天龍「んぁ……」ムニャァ 木曾「…寝てやがる」 木曾「……」 天龍「キソー…」 木曾「…さーて、ペンはどこやったかな~」 木曾「」カキカキ 天龍「ウニャ……」 木曾「」カキカキ 天龍「……」 木曾「」カキカキ 天龍「タツタ……」 木曾「…うっし」 天龍「……」ラクガキマミレー 木曾「…起きた時が楽しみだぜ」 ~~~ TV「トッキュウジャー! 」 天龍「…んぁ?」 天龍「……」ゴシゴシ 天龍「朝か…」 木曾「おはよう天龍…ブフッ」 天龍「?なんだよ」 木曾「何でもねーよ」 天龍「??」 木曾「ほらこれ」スッ 天龍「…カフェラテか」 木曾「即席だけどな」 天龍「…」ズズッ 木曾「……」ズズ 天龍「…意外と美味い」 木曾「意外ととか言ってんじゃねー」 天龍「お前にそういうイメージなかったからな」 木曾「…だろうな」 TV「カメンライダードライヴ! 」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「…仮面ライダーっていいよな」 木曾「正義のヒーローだからな」 天龍「俺もやりてぇなー」 木曾「何を?」 天龍「変身!…ってやつ」 木曾「あー、それな」 木曾「俺アレが好き」 天龍「何が?」 木曾「あの、半分で色違うやつ」 天龍「ダブルか」 木曾「それそれ、ダブル」 天龍「……」 木曾「いいよな」 天龍「俺も好きだ」 木曾「やっぱりな」 天龍「……」 木曾「……」 TV「タイヤコウカーン! 」 天龍「…思ったんだけどさー」 木曾「何を?」 天龍「俺ら二人でダブルやったら面白そうじゃね?」 木曾「あー」 天龍「俺が左でお前が右かな」 木曾「…待て」 天龍「なんだよ?」 木曾「それだと前が見えねぇ」 天龍「……」 TV「シグナルバイッ! 」 木曾「かっけーな」 天龍「俺らも必殺技欲しいな」 木曾「それな」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…お前今必殺技の内容必死で考えてるだろ」 天龍「……何で分かるんだよ…」 鳳翔「あら?珍しいですね」スッ 木曾「あ!鳳翔さん、おはようございます」 鳳翔「ふふっ、おはようございます」 天龍「そうか、朝飯の時間か」 鳳翔「今日は日曜ですから皆さん遅いと思いますよ」 木曾「つったって、出撃組とかは早いっしょ?」 鳳翔「そうですね、もう出て行かれた頃かと」 天龍「…俺ら最近出撃してねーなー」 木曾「俺はたまーに出番あるけどな」 天龍「羨ましい…」 鳳翔「もしかしてお二人共、ずっと起きてらしたんですか?」ガサゴソ 天龍「だな」 木曾「おう」 鳳翔「もう…身体を壊してしまいますよ?」カチャカチャ 木曾「ははっ、すいません」 天龍「どうも眠れなくってなー…」 鳳翔「…そうだ、何か先にお出ししましょうか?」ザー... キュッ 天龍「マジすか?!」 木曾「お願いします!」 鳳翔「うふふ、わかりました」 鳳翔「はい、どうぞ」 木曾「…サンドイッチか」 天龍「おっ、ありがとうございます!」 鳳翔「ゆっくり召し上がってね…あら?」 天龍「ん?」モグモグ 木曾「…ぷっ」 鳳翔「ふふっ…天龍さん、凄い顔ね」クスクス 天龍「えっ」 木曾「あはははは…」 鳳翔「えーっと、はい、鏡」 天龍「どういうことだオイ…」ラクガキマミレー 木曾「は…っ、ダメだ腹痛ぇ…」 天龍「木曾テメェエエエ!!!」グイッ 木曾「あっははははははは!!」ゲラゲラ 天龍「チクショー!」 木曾「俺の前で居眠りするお前が悪い!」 天龍「調子に乗るなああああああ!!」 鳳翔「もう、二人とも…」 鳳翔「落ち着いてください」 天龍「ハァ…ハァ……」 鳳翔「ちょうど出撃した皆さんのためにお湯を沸かしてますから、お風呂入ってもいいですよ」 天龍「…あざっす」 木曾「…悪かったよ」 天龍「眼帯の下まで眼帯描きやがって…」 木曾「額の『Heaven Dragon』も頑張って書いたんだぞ」ゲラゲラ 天龍「ドラゴン族か俺は…」 木曾「あはははは」 天龍「笑いすぎだろ…」 ~脱衣所~ 天龍「……」ガララッ 木曾「…テンションひっくいな」 天龍「着替え取りに行ったら龍田にすっげぇ笑われた」シュルッ 木曾「だと思ったよ」パサ 天龍「お前もうこういうことやめろよ」プチップチ 木曾「さぁな?」 天龍「またやる気なのかよ」 ~浴場~ カポー... ン 天龍「くっそー…」ゴシゴシ 木曾「顔擦りすぎ」 天龍「コレ何で書いたんだよ…」 木曾「マッキーで」 天龍「通りで落ちねぇ訳だ…」ゴシゴシ 木曾「はははは」 天龍「笑い事じゃねーしお前のせいだかんな」 木曾「……」 天龍「あー…」ゴシゴシ 木曾「なぁ」 天龍「…んだよ」ゴシゴシ 木曾「お前ってさ」 天龍「おう」ゴシゴシ 木曾「地味にスタイルいいよな」 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「……」 天龍「お前よりはな」ゴシゴシ 木曾「チッ」 木曾「…調子のんなよ」 天龍「…おかえしだよ」ゴシゴシ 木曾「……」 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「……」 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「えいっ」モミュ 天龍「ぅおあっ!?」 木曾「…でかい」モミュモミュ 天龍「おい!?放せよ!!」 木曾「…満足感がヤバイなコレ」 天龍「お前…流石にやりすぎだろ…」ゼェゼェ 木曾「悪い悪い」 天龍「くそ……」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…今度また揉ませて」 天龍「…ぶっ飛ばすぞ」 木曾「ほら、よく言うだろ」 天龍「…何が?」 木曾「女子校じゃよくあることって」 天龍「ここは鎮守府だぞ」 木曾「あー…」 天龍「……」 木曾「他人の胸を揉むって清々しいな!」 天龍「クズじゃねーか」 天龍「お前もされてみなきゃわかんねーだろ」グイ 木曾「うお、おい?!」 天龍「問答無用だ!」ムニ 木曾「あっ…」 天龍「……」ムニムニ 木曾「おぅふ」 天龍「…確かにコレはなかなか」ムニムニ 木曾「俺の時よりなげーんだけど…」 天龍「あっすまん」パッ 木曾「……おう」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「……」 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「……」キュッキュ 天龍「……」ゴシゴシ 木曾「……」ザァー... 天龍・木曾 き…気まずい…っ…! チャプン... 木曾「……」チャプ... 天龍「……」ブクブク... 木曾「…なぁ天龍」 天龍「…おう」 木曾「…本当に悪かったと思ってる」 天龍「…どっちの事でだよ」 木曾「落書きの方も揉んだ方もだ」 天龍「…おう」 木曾「……」 天龍「…俺も悪かったよ」 木曾「…いいよ、俺気にしてねえし」 天龍「べ、別に俺だって…そんな、怒りすぎたと思ってるし」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「自分から気まずい方向に持ってってるな、俺ら」 天龍「…そうだな」 ~脱衣所~ 木曾「で、お前いくつあんだよ?」 天龍「何が?」 木曾「胸」 天龍「…わかんねー」 木曾「ブラのタグ見りゃ分かるだろ」 天龍「…付けてねーしな」 木曾「はっ?」 天龍「…俺、ブラとか付けてないし」 木曾「え…常に?」 天龍「おう、いっつも」 木曾「なんでだよ?」 天龍「いや、付けるのめんどいしキツいし」 木曾「えぇー…」 天龍「なんか問題あるかよ」 木曾「…大丈夫なのか?」 天龍「んー…まあそんなに気にならないし」 天龍「どうしても、って時はブラトップ着てるし」 木曾「…なるほど」 ~~~ 天龍「…なぁ、とれてるか?」 木曾「大丈夫、気づかねーよ」 天龍「ったく、お前のせいで」 木曾「それ、言い出したらキリがないからもうやめようぜ」 天龍「…わかってる」 木曾「あー…飯食いに行くか」 天龍「今日の朝飯なんだろな」 木曾「匂い的に焼き魚っぽい?」 天龍「なんだよ、夕立の真似か?」 木曾「うっせーよ」 ~軽巡寮・天龍型の部屋~ 天龍「新しい武器が欲しいな…」 木曾「ふうん…」ペラ 天龍「……」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「……」ペラ 天龍「反応しろよ」ペシ 木曾「痛てっ」 木曾「…別にどうでもいいしよ」 天龍「改二になった奴は余裕が違うなぁ」 木曾「そういうことじゃねぇけど」 天龍「俺だってよ…」 木曾「あーもう面倒臭い奴だな…」 天龍「……」 木曾「…天龍ちゃんはどんな新しい武器がいいんですかー?」 天龍「ムカつくな…ぶっ飛ばしていいか?」 木曾「…まあ落ち着けよ」 木曾「…あの剣じゃダメなのか?」 天龍「なんか、使い飽きた」 木曾「あぁ」 天龍「なんか他のかっこいいヤツが欲しいんだよ」 木曾「つったってな…」 天龍「なんだよ?」 木曾「アレ持ってないと怒られるぜ?」 天龍「マジ?」 木曾「多分な」 天龍「アレ一本ぐらい問題ないだろ」 木曾「マニュアルに載ってないか?」 天龍「あー…」 木曾「探せ」 天龍「分かった」 木曾「……」 天龍「えーと…確かこの辺に」ゴソゴソ 木曾「……」 天龍「あったあった」スッ 木曾「貸してみ」 天龍「ん」スッ 木曾「えーっと…服装規定のところかな」ペラペラ 天龍「……」 木曾「…装飾品…装飾品は…?」 天龍「……」 木曾「あった!」 天龍「あるのか」 木曾「ここだな」スッ 木曾「『規定された装飾品 刃物、銃器含む は必ず身につけること』」 天龍「……」 木曾「だってよ」 天龍「そっかぁ…」 木曾「あ、あと」 天龍「え?」 木曾「『艦にそぐわない装飾品の類は必ず外すこと』って」 天龍「ぅぇ…」 木曾「…そういうことらしいわ」 天龍「あぁ……」 天龍「仕方ねーか…」 木曾「まあ、バイトだしな」 天龍「おう…」 木曾「……」 天龍「……」 木曾「…正規採用試験受ければ?」 天龍「…自由度高いんだっけ」 木曾「らしいぜ」 天龍「あー……」 天龍「うちで正規の人っていんの?」 木曾「あー…鳳翔さんとか」 天龍「だけ?」 木曾「青葉も確か」 天龍「マジか」 木曾「お前もやってみれば?」 天龍「でもなぁ…」 木曾「あ、お前勉強できねーから無理か」 天龍「おう…」 木曾「…っていうか、俺としても反対だけどな」 天龍「なんでだよ」 木曾「もし取れたらさ」 天龍「おう」 木曾「多分だけど、異動になるだろ」 天龍「そうなのか」 木曾「鳳翔さん…は俺らより前からいるから分からねーけど」 天龍「ああ、青葉」 木曾「そ。 vip2ch. メタ情報•

次の