さらざんまい 10話。 さらざんまい

【さらざんまい 11話(最終回) 感想】これが最後のさらざんまいだ!【アニメ感想】

さらざんまい 10話

さらざんまい:11話(最終回)のあらすじと感想• あらすじ 第11皿:つながりたいから、さらざんまい ・悠(とおい)は、縁の外にでるために 過去の自分を銃で消し始める。 それを止めるために、 一稀(かずき)と燕太(えんた)が 記憶の世界に入り込む。 4年前にくれたミサンガの 世界を壊させないように向かうも カワウソが邪魔に入り、ケッピが戦い 先に進ませる。 ・兄に別れを告げて、一稀(かずき)の記憶を こわそうとする、悠(とおい)を止めに入るも つながりをけされてしまう。 黒ケッピが現れて、3人のつながりを忘却させる。 忘却のなか、皿と叫びケッピがかっぱに変身させる。 黒ケッピとカワウソに挑む3人のカッパとケッピ レオとマブが元の姿でいきかえて、手助けをする。 ・ミサンガを過去の一稀(かずき)に渡して、過去と繋がり、 欲望の川を越えて、未来が漏洩される。 つながりをたとうとする葛藤の未来と戦いながら、 それでもつながりを求める。 縁を取り戻して、ケッピとサラはもとの世界へ戻る。 ・悠(とおい)は自首して、刑務所へ、 出所後に、一稀(かずき)と燕太(えんた)が つながる。 感想 ・ 人と人のつながりをアニメの中で、 しっかりえがいてた気がする。 2回みてなんとか全体がみえた気がする。 いい最終回でした。 関連リンク 関連商品.

次の

さらざんまい

さらざんまい 10話

アニメ9話 簡単なあらすじ 撃たれてしまった燕太。 そんな燕太が今夜、山場を迎えるというところ。 悲しむ一稀。 しかし燕太は河童になって一稀の前に現れます。 しかし、頭の皿は余命を宣告しており早く、皿を使用して燕太を復活させないといけないという状況に陥ってしまいます。 一方悠、兄と行動を共にしていましたが、兄と共に抗争に巻き込まれてしまいます。 弟以外の人間に非情なまでの冷酷さを見せる誓。 仲間すらも撃ってしまいます。 銃撃戦となり、弾切れとなった誓でしたが、悠hが捨てたはずの銃を持って参戦。 無事、逃げ切ったと思ったところで兄は撃たれてしまいます。 そしてカワウソ側の、真武と玲央。 自分の知っている真武が戻ってきたとはしゃぐ玲央でしたが、お土産を買って帰るとそこに真武の姿はありません。 真武を探しに行くとそこには自分の姿をしたカワウソが真武を抱きしめています。 カワウソは人の欲望を移す鏡と知った玲央。 自分の知っている方法で真武を取り戻すと心に決めます。 ここからいよいよ最終決戦。 誰が勝ち、皿を手に入れるのか!?というところ。 アニメ9話 燕太の事故で繋がりを思い出した一稀 燕太の姉から、幼少期の燕太との話を聞いた一稀。 クラスに馴染めなかった一稀が、パスを出してくれと頼んだ話。 そして、姉は一稀に、一稀は悪くない。 犯人が悪いという旨の話をします。 これは、春香が車椅子となった事件と近しいものがあります。 河童になった燕太と話、皿を取り戻すという覚悟を決めます。 そこで、夜な夜な最終決戦へと向かう一稀はそっと家を出ようとします。 その時春香は目を覚まし、自分と燕太の願いが叶ったという絵を一稀に見せます。 そこで、幼少期に悠と出会ったことを思い出した一稀。 一稀は今回の燕太の事故をきっかけに、過去の悠、燕太とのつながりを思い出したのでした。

次の

【さらざんまい 11話(最終回) 感想】これが最後のさらざんまいだ!【アニメ感想】

さらざんまい 10話

皿を取り戻すため、カッパにしてもらおうとケッピに話す一稀と燕太。 しかしそのとき、ケッピに一発の銃弾が撃ち込まれる。 ケッピに銃を撃ってきたのは…玲央だー! ケッピはカワウソ用の結界を張っていたにも関わらず効いていない様子の玲央。 玲央「俺らはカッパだからなぁ」 こマ? ケッピ曰く、玲央たちはケッピの臣下だったとのこと。 つまり玲央と真武は、元はケッピ側の人間で、カワウソ側に寝返ったってこと? サラっと重要なこというじゃねーか! 一稀・燕太と玲央、お互いに皿が必要な者たち。 一行は揃ってカワウソ帝国の地下へ行くことに。 ケッピが真武と対面し説得するも、心ここに在らずといった真武。 まぁ本物の真武じゃなくて、所詮は人形だしね。 その隙に一稀たちはその場を脱出。 最深部についた一稀たちは奪われた4枚の皿を発見。 しかし皿を守っていたのは『黒ケッピ』 黒ケッピは、かつてカワウソに奪われたケッピの絶望、ケッピの半身とのこと。 一稀たちの目の前にカワウソも現れ、燕太の持っていた5枚目の皿を奪われそうになるもなんとか阻止。 ほな残り4枚だけでも…とカワウソが動くも、玲央が銃弾を撃ち込み4枚の皿は玲央の手に。 ならばとカワウソは、とある欲望を満たしたいという真武を装置に落とし…。 カパゾンビ、いや『マブゾンビ』の誕生だ! 真武の欲望に触れる覚悟があるなら確かめろ、とかつての臣下であった玲央を諭すケッピ。 玲央は渋々ながらもケッピの拘束をとき、自身のお尻を突き出す。 玲央「やれーっ!!」 とケッピにお尻を差し出す玲央、ウホッ! ということで玲央がカッパ姿になって、マブゾンビと対峙するぜ! カッパ姿の玲央は、人間の状態見たいに目つきが悪くギザギザの歯が特徴。 まんま玲央だこれ。 いつものカパゾンビ退治前の歌を一人で歌う玲央。 何気に真武も合いの手を入れてるじゃねーか! 君ゾンビ状態なのに歌ってるのぉ!? 歌を歌いながらマブゾンビに迫る玲央。 マブゾンビは抵抗せずに玲央にお尻を突き出す姿、なんかシュールだ…。 自ら玲央に尻子玉を抜かせて、真武の欲望を確かめる玲央。 そして明かされる真実は、玲央とつながりたいという真武の欲望。 しかし真武は、玲央とつながりたいと思うと機械の心臓が爆発するとカワウソに脅されていたため、玲央が嫌いだと振る舞うしかなかった模様。 ということで真武は、玲央と一緒いるためにつながりを捨てたということだったのさ。 尻子玉を抜かれた真武は…あれ、カッパ姿!? 真武のカッパ姿は、メガネ。 もうこれだけで真武ってわかる! カッパ姿となった玲央と真武が、二人でケッピに尻子玉を届ける道中、玲央への愛を口にする真武。 カワウソの言葉通り、玲央とつながってしまった真武は…。 グッバイ真武、フォーエバー真武。 玲央の真実を知っても尚、カワウソの策略だと信じきれない玲央。 感情を整理できない玲央は一稀たちに向かって銃弾を放つ。 玲央の放つ銃弾は橋を破壊したりとかなりの威力。 一度はケッピが銃弾を防ぐも、マブゾンビから生まれた5枚目の希望の皿を持った一稀に玲央が迫り…。 撃っていいのは撃たれる覚悟の、以下略。 ということで現場に駆け付けた悠(とおい)が、手持ちの拳銃で玲央を撃ち、玲央は消滅…。 と思ったけど、ケッピの言葉から察するに眠ってる状態かな? 銀の希望の皿が5枚集まり、金の希望の皿に変化。 丁度そのとき、燕太の命のタイムリミットが残り40秒。 早く願いを叶えろというケッピ。 しかし悠は兄さんを生き返らせるからと、一稀に銃を突き付けながら皿を要求。 燕太の命のタイムリミットが刻々と迫り、残り10秒のカウントダウンもスタート。 金の希望の皿を手にした一稀の判断は…? というのはエンディング後のCパートで! Cパートの最後はケッピの半身、黒ケッピが登場。 一稀たちが最後に黒ケッピを倒して物語も終わりか~なかなか熱い展開やね! と思ったら悠は黒ケッピの誘惑に乗って、闇堕ちした模様、えぇ…。 玲央の襲撃から二人の退場、そして皿の使用と悠の闇堕ちと、展開が早くていいねぇ! 玲央と真武がカッパになったところは、本気で驚きましたわ…。 敵の敵は味方、の理論で玲央と真武も一稀たちと共闘するか!?と思ったけどここで退場か…。 敵側だけどいいキャラたちだった。 残すは悠を救えるかどうかと、カワウソとの決着ってところかな。 最近は一稀たち3人がカッパになってないけど、最後にやってくれると信じてるぜ!.

次の