Zoom データ 使用 量。 モバイル通信でZoomをしたときのパケット通信量を測ってみた!

Zoomとデータ通信量を比較してみました!他のビデオ通話とどちらが多いの?

Zoom データ 使用 量

コンテンツ• 新型コロナをきっかけに塾にZOOMを導入&データ 通信 量を計測 新型コロナで環境に大きな変化が生まれてますね。 そんな中、塾が休んでばっかりもいられないのでZOOMで始めてくれました。 スマホはもちろん、スマホからテザリングでパソコンで使用も可能。 但し データ通信量がWiFiでない場合は注意が必要です。 ZOOMで塾を1時間超受講した場合のデータ通信 量 ZOOMのデータ使用量を測定するためテザリングでテストをしました。 おおよそ500MB ~ 700MBとなりました。 ざっくり、平均してみると 1時間(60分間)で約0. 6GB(600MB)ですね。 スポンサーリンク まとめ:ZOOMのデータ通信量はスマホ テザリング1時間で何MB?節約も可能 ZOOMをWiFi無しの環境で利用し、データ通信量を実際に計測してみました。 ZOOMはWiFi無しでも使用可能ですが、データ残量に注意しながら利用しましょう。

次の

Zoomを1時間使ったらどのくらいの通信量があるの?

Zoom データ 使用 量

新型コロナウイルス感染症対策として、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都道府県の企業には「オフィス出勤者の最低7割削減」が要請された。 テレワークで作業している方も多いだろう。 関係者がそれぞれの自宅で作業となると、気軽に打ち合わせするのも難しい。 電話やメール、チャットなどのツールを使ったコミュニケーションにも限界があることから、顔の見える「ビデオ会議」(テレカン/テレカンファレンス)に注目が集まっている。 現在、ビデオ会議に利用される主なツールは「Hangouts Meet」(Google提供)、「Microsoft Teams」(Microsoft提供)、「Zoom」(ズームビデオコミュニケーションズ提供)の3つだろう。 いずれもパソコン、スマートフォン、タブレットなど、デバイスの選択肢は豊富。 アプリのインターフェイスもわかりやすく、ユーザーが急増しているのも頷ける。 今回は「Hangouts Meet」「Teams」「Zoom」のデータ通信量と通信速度をを使って測定した。 通信環境やデバイスによって違いはあると思うが、目安にはなるだろう。 掲載している画面キャプチャは一例。 ビデオ会議の主催者と参加者を想定し、映像と音声ON、音声のみONを比較している。 双方ともにパソコンの環境と、主催者:パソコン・参加者:スマートフォンの環境で6分間、各5回ずつ計測した。 データ通信量は、1時間あたりの換算値としている。 ホストとしてビデオ会議を主催できないだけだ。 「Hangouts Meet」の通信量 「Zoom」の1時間あたりのデータ通信量は、200~300MBとの情報をよく見るが、測定結果は、1時間あたり500~1,450MBとなった。 音声のみのデータ通信量も44~56MBと「Hangouts Meet」「Microsoft Teams」より高めだ。 セキュリティアップデートの影響かも知れない。 今回の実験では最新バージョン(パソコン:v4. 11、スマートフォン:v4. 11)を利用している。 映像と音声は鮮明だ。 さらにデータ通信量が増える。 なお、「Zoom」はカメラ前での動きが激しいとデータ通信量が急増するほか、ウィンドウサイズによっても変動する。 「Hangouts Meet」と「Microsoft Teams」では見られない動作だ。 レンダリングの違いだろう。 しかし、カメラの前でプレゼンテーションするような場合、映像の鮮明さが足りない。 次いで「Microsoft Teams」が、690~810MB。 「Hangouts Meet」と「Zoom」比較して、映像は安定している印象だ。 「Zoom」は500~1450MBと振れ幅が大きい。 鮮明かつスムーズな映像を求めると、3者に甲乙つけがたい。 データ通信量を節約するなら、音声のみとするのが無難だ。

次の

【Zoomで会議】通信量はどれくらい?実際に測って分かった通信量の減らし方

Zoom データ 使用 量

ZoomでWeb会議に参加すると、どれぐらいデータ容量を消費するのか知りたい! …という方に向けて、この記事に情報をまとめました。 ということでこんにちは、 です! ZoomのようなオンラインWeb会議は、やはりそれなりにデータ通信量が発生します。 できることなら容量無制限のWiFiなどを使いたいものですが、場合によっては通信パケット数に制限のある環境でWeb会議に参加しないといけない…ということもありえます。 この記事では、音声通話・ビデオ通話の両方のデータ通信量の目安をまとめました。 これらの数値は、実際にぼく自信がWeb会議でデータ消費量を確認したものになります。 それでは早速見ていきましょう!• 音声通話:7394分 123時間• ビデオ通話:571分 9. 5時間 音声通話の場合、 123時間も使えますので、7GBのパケット制限化でもそれほど問題はない言えますね。 ビデオ通話の方は、やはりかかる通信量が多いため 9. 5時間ほどになってしまいます。 もちろんこの時間分をフルにWeb会議することはないと思いますが、たとえ1時間・数時間のWeb会議であったとしても、7GBの通信量のうちかなり大部分を使ってしまうことには注意が必要です。 仮に1時間、ビデオ通話をした場合はだいたい 720MBほどかかる計算ですので、単純に1ヶ月の通信量の10分の1を消費してしまうことになります。 ビデオ通話は、容量無制限のWiFiや回線を使うのがベストです。 1分間: 12MB• 10分間:122MB• 40分間:490MB• 1時間: 736MB• 2時間: 1. 5GB• 12時間:8. 8GB• 24時間:17. 6GB 無料アカウントで3人以上通話する場合の時間制限である40分の場合は 490MBほど、 1時間だと 736MBほどになります。 データ消費量は音声通話の 12倍です。 やはり、それなりにデータ通信量に余裕のあるWiFiやインターネットプランを用意しておかないと、ビデオ通話をするのは不安ですね。 突然容量制限まで達して途中で通信がストップしてしまったり、 他のデータ通信がそれ移行できなくなってしまう、という可能性もあります。 環境によってデータ量が大きく変わってくるので、余裕を見ておいたほうが無難です。 【オススメ】通信量・無制限で利用可能なWiFiサービス Zoomを使うなら、通信量・無制限のWiFiルータを使いましょう。 光通信などを自宅やオフィスに引き込むという選択肢もありますが、設置と工事にかかる手間を考えると、その手間を省けるWiFiルータの方がオススメです。 特に現在、テレワーク需要が急激に増えた関係で、工事完了までかなり時間がかかるため、WiFiルータを受け取って即利用可能となるWiFiレンタルサービスがベストです。 TipstourのオススメWiFiサービスは以下の通りです。 Zoomでは、ビデオ通話1時間あたり、 700MB近くものデータ通信量を使います。 光通信などを自宅やオフィスに引き込むという選択肢もありますが、設置と工事にかかる手間を考えると、その手間を省けるWiFiルータの方がオススメです。 特に現在、テレワーク需要が急激に増えた関係で、工事完了までかなり時間がかかるため、WiFiルータを受け取って即利用可能となるWiFiレンタルサービスがベストです。 TipstourのオススメWiFiサービスは以下の通りです。

次の