ロズレイド 育成 論。 【ポケモンGO】ロズレイドのおすすめ技と最大CP&弱点

ロズレイドの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ロズレイド 育成 論

はじめに• 初投稿です。 至らない点や気になった点があればご指摘いただけると幸いです。 すべてのポケモンの参照する能力の個体値はV 最高 とします。 ダメージ計算はポケマス様のサイトとダメージ計算SSのアプリを使用させていただいております。 ロズレイドについて 第4世代から登場した草・毒タイプのポケモンです。 同じ複合タイプにはフシギバナがおりますが、あちらは高めの耐久と優秀な夢特性により晴れパのエースとして活躍しているのに対して、こちらは素の状態で高めなCとSを活かして立ち回ります。 採用理由 現環境で増加傾向にある水ロトム、アシレーヌに強く出ることができ、なおかつ花春丼、ピクシーなどの対策も持ち前のCとSで自然にできる点を評価しました。 同タイプのポケモンとの差別化点• 前述したとおり、あちらとは違ってSが高いので、素の状態で環境に多いドリュウズ、トゲキッス、ギャラドス、FCロトムの上から行動できるのが非常に大きなポイントです。 あちらは晴れパでの運用がほぼ前提となりますが、こちらは色々なパーティーに採用できる汎用性の高さがあります。 草ロトム 役割対象はほぼ同じです。 あちらはボルトチェンジや電気技を使えるため飛行タイプに強く出られる点、補助技を豊富に覚える点で優れていますが、こちらはやに有効打を持てる点、の上を取れる点、他のロトムを使えるという点で優れています。 特性 後述の脱出パックと相性のいい自然回復を選択しています。 調整意図 C:余り HB:無補正A252の地震確定耐え HD:無補正C252の大文字確定耐え S:最速抜き あまり耐久に振りすぎるとの劣化になってしまいますが、対面で勝てる相手を増やすために最低限の耐久調整を施しました。 最速ルカリオに抜かれてしまいますが、そもそもこちらから有効打を持たないので、このポケモンで見る必要はないと判断しました。 持ち物 後述のリーフストームとの相性のいい脱出パックを採用しました。 ガオガエンやウインディに出し負けた際、威嚇に反応して有利なポケモンを投げられる点も評価しています。 技構成と与ダメージ• リーフストーム 威力130、命中90の最大打点です。 持ち前のCと合わせて、弱点をつければほとんどの相手を1発で落とせます。 Cが2段階下がるというデメリットがあり、後続の起点にされてしまうリスクがありますが、脱出パックによりそれを解消することが出来ます。 H4ミミッキュ皮ダメ込み 88. ヘドロ爆弾 威力90、命中100の癖のないメインウエポンです。 主にフェアリータイプや草タイプに撃ちます。 H4 80. エナジーボール 草技はすでにリーフストームがあるので、神通力やシャドーボールなどのサブウェポンにしたほうがいいだろ、と思った方もいらっしゃると思いますが、そこまでこのポケモンでドヒドイデやGサニーゴを見たいと思わなかったのと、役割対象に技外しが負けに直結するポケモンが多かったのでこちらを採用しました。 眠り粉はありかもしれません。 H4 55. また、草4倍勢はダイマックスしても全員確1です。 マジカルシャイン ドラゴンタイプに撃つサブウェポンです。 こちらは神通力やシャドーボールと違い、を確1にできるため採用しました。 H236D4ドラパルト 54. 砂かき カバルドンをしばきつつ、砂嵐の場に無償降臨する動きが非常に強力です。 苦手なにはが強いので相性がいいです。 火ロトム 相手はやアーマーガアなどのダイジェットエースを通すにあたってこのポケモンが非常に重いので、やを誘うことが出来ます。 そこをでしばくことができれば、後続からどついてくるダイジェットエースをで安全に狩ることが出来ます。 、、 単純に相性補完として。 後続に控えさせておくことで、との対面を恐れずに初手にを投げられます。 カジリガメ このポケモンでどつきにいく際、相手のや水地面勢が城塞の如く立ちはだかります。 しかし、残念ながらこれらのポケモンはの養分にすぎません。 積み構築全般 積みの並びをみるやいないなや、相手は意気揚々と天然アッキを選出してきますが、この美しい花束を見た瞬間、相手はDに振っていないことを後悔することになるでしょう。 スカーフを誘い、大文字を耐えてマジカルシャインでイキり散らかしましょう。 いつもこのようにうまくいく訳ではないでしょうが、色々なポケモンと組み合わせて強くなる可能性を秘めたポケモンだと感じました。 最後に ここまで読んでいただいてありがとうございました。 この育成論での強みを伝えることが出来たら幸いです。 しかし、なんと僕自身まだ回してないので、これから実際に回してチューンを重ねていこうと思います。 調整の改善案や文章についての指摘など、何かありましたらコメントでよろしくお願いします。 回していないことが原因のミスです。 申し訳ありません。 採用基準としては、ラム、命中不安を嫌う場合にわたほうしを、S調整を必要としない相手により強く出たい場合に眠り粉を選択といった形ではどうでしょうか?.

次の

【ポケモン剣盾】ロズレイド育成論 これが草タイプの最大火力だ!

ロズレイド 育成 論

ロズレイドの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 70 65 125 105 90 タイプ タイプ1 タイプ2 くさ どく 特性 しぜんかいふく 手持ちに戻ると状態異常が治る どくのトゲ 接触技を受けると30%の確率で相手を毒状態にする テクニシャン(夢特性) 威力60以下の攻撃の威力が1. 5倍になる 長所・短所 ガラルの草タイプで最高値となる 特攻125と、草タイプ最高威力の リーフストーム。 この組み合わせによってガラルの草タイプでも 随一の火力を持つポケモンです。 また、ロズレイドの 素早さ種族値は90と、 強豪の多い80族を抜けるのは大きいです。 他にも 特防が105と高く、ある程度のサブウェポンも持っているので 攻撃範囲も悪くない。 総じて 中程度の素早さのポケモンや特殊アタッカーに強いポケモンとなっています。 ですが、 一致技の攻撃範囲の狭さに加え、 めざめるパワーが無くなったことで 攻撃範囲が減り、どうしても勝てない相手が増えてしまったのは厳しい点です。 特にナットレイをはじめとした 鋼タイプを相手にするのはほぼ無理と言っていいでしょう。 ただ、めざめるパワー廃止や じんつうりきの遺伝がしやすくなったため、これまでより 育てやすくなったのはありがたい点かと。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 HP:4(実数値136) 特攻:252(実数値177) 素早さ:252(実数値156) 技構成 解説 最速ドリュウズ以下の素早さのポケモンを特殊技で上から殴り倒す型です。 ロズレイドは上記の通り素早さ種族値が90あり、 強豪揃いの80族を抜けるくらいには速いポケモンです。 なのでその素早さを活かし、 高火力の特殊技で上から強烈な一撃を叩き込みます。 道具は倒せる相手を増やすために いのちのたまを持たせてさらに火力を上げましょう。 HPは道具のデメリットで減りますが、そもそも HPが低いので気にする必要はありません。 技構成は一致技の リーフストームと ヘドロばくだん、サブウェポンとして ウェザーボールと じんつうりきを入れます。 特にリーフストームは 使うと特攻が下がるので、 撃ったら交代して特攻を元に戻し、さらに特性の しぜんかいふくで状態異常を回復するコンボが成立する大技です。 また、ウェザーボールは 天候によって威力とタイプが変わるので、不安定ながら 相性補完にピッタリの性能です。 実演してみた では、このロズレイドが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 天敵のナットレイが怖いので、そっちはシャンデラに焼いてもらいます。 対戦、よろしくお願いします。 あ、フレンドさん入ってきたので名前隠しときますね。 まず対面で来たのはネギガナイト。 ですがネギガナイト、ひいてはガラルのカモネギは単かくとうなので草タイプが通ります。 …なら、草タイプ最高威力のリーフストーム+珠には 耐えられるわけがありません。 一撃です。 次に出て来たのは水ロトムですが、 リーフストームの追加効果で特攻下がってたので撤退。 後続のシャンデラに交代した後でもう一度ロズレイドを出します。 と思ったら天敵のナットレイが。 とりあえずリーフストームを撃ちましたが、4分の1程度のダメージしか受けてません。 …アレ?じゃあ 等倍以上ならナットレイ並みの耐久のポケモン一撃で落とせる火力あるって事じゃ…? 対戦、ありがとうございました。 まとめ 草タイプ最高火力を持つポケモン、ロズレイドの育成論でした。 一致技の通りにくさこそあるものの、 等倍以上なら多くのポケモンを確1にできます。 厳選もしやすくなったことですし、この 大 火力を試してみてはいかがでしょうか? 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ロズレイドの育成論と対策【草最強火力ポケモン】

ロズレイド 育成 論

ロズレイドの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 70 65 125 105 90 タイプ タイプ1 タイプ2 くさ どく 特性 しぜんかいふく 手持ちに戻ると状態異常が治る どくのトゲ 接触技を受けると30%の確率で相手を毒状態にする テクニシャン(夢特性) 威力60以下の攻撃の威力が1. 5倍になる 長所・短所 ガラルの草タイプで最高値となる 特攻125と、草タイプ最高威力の リーフストーム。 この組み合わせによってガラルの草タイプでも 随一の火力を持つポケモンです。 また、ロズレイドの 素早さ種族値は90と、 強豪の多い80族を抜けるのは大きいです。 他にも 特防が105と高く、ある程度のサブウェポンも持っているので 攻撃範囲も悪くない。 総じて 中程度の素早さのポケモンや特殊アタッカーに強いポケモンとなっています。 ですが、 一致技の攻撃範囲の狭さに加え、 めざめるパワーが無くなったことで 攻撃範囲が減り、どうしても勝てない相手が増えてしまったのは厳しい点です。 特にナットレイをはじめとした 鋼タイプを相手にするのはほぼ無理と言っていいでしょう。 ただ、めざめるパワー廃止や じんつうりきの遺伝がしやすくなったため、これまでより 育てやすくなったのはありがたい点かと。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 HP:4(実数値136) 特攻:252(実数値177) 素早さ:252(実数値156) 技構成 解説 最速ドリュウズ以下の素早さのポケモンを特殊技で上から殴り倒す型です。 ロズレイドは上記の通り素早さ種族値が90あり、 強豪揃いの80族を抜けるくらいには速いポケモンです。 なのでその素早さを活かし、 高火力の特殊技で上から強烈な一撃を叩き込みます。 道具は倒せる相手を増やすために いのちのたまを持たせてさらに火力を上げましょう。 HPは道具のデメリットで減りますが、そもそも HPが低いので気にする必要はありません。 技構成は一致技の リーフストームと ヘドロばくだん、サブウェポンとして ウェザーボールと じんつうりきを入れます。 特にリーフストームは 使うと特攻が下がるので、 撃ったら交代して特攻を元に戻し、さらに特性の しぜんかいふくで状態異常を回復するコンボが成立する大技です。 また、ウェザーボールは 天候によって威力とタイプが変わるので、不安定ながら 相性補完にピッタリの性能です。 実演してみた では、このロズレイドが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 天敵のナットレイが怖いので、そっちはシャンデラに焼いてもらいます。 対戦、よろしくお願いします。 あ、フレンドさん入ってきたので名前隠しときますね。 まず対面で来たのはネギガナイト。 ですがネギガナイト、ひいてはガラルのカモネギは単かくとうなので草タイプが通ります。 …なら、草タイプ最高威力のリーフストーム+珠には 耐えられるわけがありません。 一撃です。 次に出て来たのは水ロトムですが、 リーフストームの追加効果で特攻下がってたので撤退。 後続のシャンデラに交代した後でもう一度ロズレイドを出します。 と思ったら天敵のナットレイが。 とりあえずリーフストームを撃ちましたが、4分の1程度のダメージしか受けてません。 …アレ?じゃあ 等倍以上ならナットレイ並みの耐久のポケモン一撃で落とせる火力あるって事じゃ…? 対戦、ありがとうございました。 まとめ 草タイプ最高火力を持つポケモン、ロズレイドの育成論でした。 一致技の通りにくさこそあるものの、 等倍以上なら多くのポケモンを確1にできます。 厳選もしやすくなったことですし、この 大 火力を試してみてはいかがでしょうか? 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の