宅 建 業法 試験。 「宅建業法」の出題内容と勉強法は?

宅建業法の勉強方法とコツ!試験合格への道のり [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅 建 業法 試験

・宅建業とは ・宅建業免許 ・宅地建物取引士 ・営業保証金と保証協会 ・業務上の規則 ・重要説明事項 35条書面 ・37条書面 ・自ら売主の8つの制限 ・監督処分と罰則 ・住宅瑕疵担保履行法 それぞれの出題範囲について、詳細を解説していきます。 どのような場合に『業』として取り扱われるかをきちんと理解しておきましょう。 90日、60日、30日、5年など数字多く出始めてきます。 ここはしっかりと暗記になります。 ここは宅建士にとって重要な部分です。 宅建業の免許と同様に宅建士にも欠格事由があります。 宅建業者の欠格事由と宅建士の欠格事由をしっかりと区別しておくことがとても重要です。 宅建業者の欠格事由と宅建士の欠格事由は似て異なるところですので十分に注意して勉強してください。 営業保証金等を供託し、免許権者に届けた後でなければ営業をすることはできません。 営業保証金がいくらか、主たる事務所とは何かが問われます。 その額と営業保証金の取り戻しについてよく理解しましょう。 そして営業保証金ではなく保証協会に弁済業務保証金を支払うことによって高額な営業保証金を供託しなくてよくなります。 『営業保証金』『弁済業務保証金』の違いに十分理解しましょう。 また保証協会の仕組みについてもよく理解することが必要となります。 一般媒介と専任媒介と専属専任媒介の三つの違いをしっかりと理解しましょう。 報酬額の制限もこの分野に入ってきます。 数字を暗記していないと解けない問題が出題されますので、必ず売買の媒介報酬の限度額の速算式を覚えましょう。 近年法改正があり少し複雑になりましたがコツをつかめば解ける問題です。 賃借の場合は住居用と住居用建物以外の計算方法が異なりますので気をつけましょう。 ここで点数を落とすようなことがあってはなりません。 重要説明事項とは何か、どんなことを記載しなくてはならないのか。 一戸建ての場合と区分所有建物(マンション)と賃貸の場合ではその記載事項が変わってきます。 そしてこの重要説明事項は宅建士がそれを口頭にて説明しなくてはなりません。 なのでここをしっかりと理解していないと仕事にも影響してきますので、参考書をしっかりと読んで問題を何度も解いてみしょう。 重要説明事項との共通点と相違点をしっかり押さえることがとても重要です。 この違いをしっかりと覚えておかないと得点につながりません。 そして契約書という重要なものに宅建士は内容を確認し記名押印をしなくてはなりません。 契約書に関して知識がなければできない仕事ですのでしっかりと理解してください。 どこから出題されるかわかりませんので8つすべてをしっかりとしっかりと理解し問題を何度も解き応用も身につけてください。 どのような場合このような処分を受けるのか、まただれが処分権限をもっているかが問われます。 また宅建士に対しても監督処分はあります。 これも宅建業者同様どのような場合に処分を受けるのかが問われます。 ここはそんなに難しい分野ではないのでコツを押さえて得点にしましょう。 ここで重要なのは資力確保に関する問題がひっかけ問題が多いということです。 数字だけ覚えるのではなく細かい部分までしっかりと勉強しましょう。 なので、宅建士試験の中で最も配点が大きい宅建業法を得意科目にすることが重要となります。 まずは、宅建業法の勉強からスタートしつつ、他の科目に移っていくようにしましょう。 そのため、 曖昧な知識だけでは正答できないです。 曖昧な知識を10作るよりも、正確な知識を1作ることを意識して勉強を進めましょう。

次の

宅建業法の勉強方法とコツ!試験合格への道のり [宅地建物取引士(宅建)試験] All About

宅 建 業法 試験

宅建試験に改正点が出題される理由 宅建試験は、法律系の国家資格なので、改正点はもちろんすぐに出題される傾向が強いです。 ちなみに、宅建試験に合格した後に、宅地建物取引士証の交付を受ける場合、合格後1年以内であれば、法定講習という6時間の講習を受講する必要がありません。 その理由は、合格して1年以内であれば、最新の改正点や判例を知っているからです。 ということは、裏を返せば、宅建試験では改正点が出題されるということを意味します。 なお、2018年度の宅建試験では、直近1年以内の改正点が6肢も出題されています。 2019年度の宅建試験の改正点は多くはありませんが、建築基準法の改正が重要です(税法を除く)。 なお、今回の改正の施行日が、2019年4月1日よりも後になるものもあるので、すべてが今年の宅建試験の出題範囲となるわけではない点にも注意しましょう。 接道義務の例外が追加されました(建築基準法) 建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならないのが原則ですが、「その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて 建築審査会の同意を得て許可したもの」についてだけ、例外が認められていました(旧建築基準法43条1項)。 今回の改正により、「その敷地が幅員4m以上の道( 道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。 )に 2m以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの」も例外とする規定が追加されました(新建築基準法43条2項1号)。 接道義務の緩和措置が追加されました。 《筆者:田中謙次の視点》 新たな例外の基準については、 建築審査会の同意が要件となっていない点が重要です。 なお、「避難及び通行の安全上必要な道の基準」とは、農道や通路等で、管理者の使用合意が得られていること、一定の舗装がなされていること等が想定されています。 また、「利用者が少数である建築物の基準」とは、当該通路等に発生する交通量を制限する観点から戸建て住宅とすることが想定されています。 重層長屋にも厳しいルールが適用されます(建築基準法) 地方公共団体は、用途または規模の特殊性により必要な場合に、地方公共団体の条例で接道義務に関する制限を付加することができますが(旧建築基準法43条2項)、昨今、問題となっていた重層長屋の問題を解決するため、制限を付加できる次の例外規定が1つ追加されました。 重層長屋について接道義務の加重措置が追加されました。 「その敷地が袋路状道路(その一端のみが他の道路に接続したものをいう。 )にのみ接する建築物で、延べ面積が 150㎡を超えるもの( 一戸建ての住宅を除く。 )」(新建築基準法43条3項5号) 《筆者:田中謙次の視点》 条例による条件付加についても頻出分野ですが、都心部の重層長屋問題を解決するため、条項が追加されました。 ただ、過去問を見る限り、条例で付加できても緩和できない、という程度の出題が大半なので、この改正点が出題される可能性は低いでしょう。 老人ホームと容積率の緩和(建築基準法) 共同住宅から老人ホーム等への用途変更をしやすくし、既存ストックの利活用の促進を図るため、老人ホーム等の入所系福祉施設における供用の廊下・階段について、共同住宅と同様に、容積率の算定基礎となる床面積から除外されました(新建築基準法52条)。 老人ホームの容積率の計算についてさらに緩和措置が追加されました。 《筆者:田中謙次の視点》 容積率の例外は頻出分野です。 数年前のエレベーターシャフトについての改正点はすぐに出題されたことから、今回の改正点も出題の可能性が高いです。 建築基準法改正ー日影規制の適用除外に係る合理化(建築基準法) 日影規制について、「特定行政庁が土地の状況等により周囲の居住環境を害するおそれがないと認めて建築審査会の同意を得て許可した場合」という例外規定がありましたが、そこに、「又は当該許可を受けた建築物を周囲の居住環境を害するおそれがないものとして政令で定める位置及び規模の範囲内において増築し、改築し、若しくは移転する場合」という例外規定が追加されました(新建築基準法56条の2)。 日影規制について緩和措置が追加されました。 《筆者:田中謙次の視点》 日影規制に関しては頻出分野ですが、今回の改正箇所である「但書き」については出題されたことがありません。 したがって、出題の可能性は低いでしょう。 重要事項説明の追加(宅地建物取引業法) 重要事項説明書面には、いわゆる法令上の制限について、宅地建物取引業法施行令3条に規定する内容を記載しなければなりません。 毎年、何かしら追加されていますが、今年も2つ追加されました。 1.高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律関係 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律による改正後の高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(以下「改正バリフリ法」という。 )51条の2では、移動等円滑化促進地区内又は重点整備地区内の一団の土地の土地所有者等は、その全員の合意により、高齢者、障害者等が円滑に利用することができる案内所その他の当該土地の区域における移動等円滑化に資する施設の整備又は管理に関する協定(以下「移動等円滑化施設協定」という。 )を締結することができることとされました。 この場合において、改正バリフリ法第51条の2第3項の規定において準用する同法第46条等の規定では、公告があった移動等円滑化施設協定については、その公告後に当該協定の対象である土地の所有者等となった者に対しても当該協定の効力が及ぶと規定されています。 上記の内容が重要事項説明の対象として追加されました。 2.森林経営管理法関係 森林経営管理法第4条で、市町村は、その区域内に存する森林の全部又は一部について、当該森林についての経営管理の状況、当該森林の存する地域の実情その他の事情を勘案して、当該森林の経営管理権を当該市町村に集積することが必要かつ適当であると認める場合には、経営管理集積計画を定めるものとされました。 この場合において、同法第7条第3項の規定では、その公告後に当該経営管理権に係る森林の所有者となった者に対しても当該計画の効力が及ぶとされています。 また、同法第35条では、市町村は、経営管理権を有する森林について、民間事業者に経営管理実施権の設定を行おうとする場合には、経営管理実施権配分計画を定めるものとされました。 この場合において、同法第37条第3項では、その公告後に当該経営管理実施権に係る森林の所有者となった者に対しても当該計画の効力が及ぶとされています。 上記の内容が重要事項説明の対象として追加されました。 《筆者:田中謙次の視点》 宅建業法の改正点なので、念の為、覚えておきましょう。 ただ、出題の可能性は低いと思います。 長期相続登記等未了土地に係る不動産登記法の特例等(所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法) 人口減少・高齢化の進展に伴う土地利用ニーズの低下や地方から都市等への人口移動を背景とした土地の所有意識の希薄化等により、所有者不明土地が全国的に増加しており、今後も、相続機会の増加に伴って増加の一途をたどることが見込まれています。 所有者不明土地は、所有者の特定等に多大なコス トを要するため、公共事業の推進等の様々な場面で円滑な事業実施の大きな支障となっています。 この ような課題に対応するため、「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が成立し、平成30年6月13日に公布されました。 1.所有者の探索を合理化する仕組み ・土地等権利者関連情報の利用及び提供 土地の所有者の探索のために必要な公的情報(固定資産課税台帳、地籍調査票等)について、行政機関が利用できる制度が創設されました。 ・長期相続登記等未了土地に係る不動産登記法の特例 長期間、相続登記等がされていない土地について、登記官が、長期相続登記等未了土地である旨等を登記簿に記録すること等ができる制度が創設されました。 2.所有者不明土地を適切に管理する仕組み 所有者不明土地の適切な管理のために特に必要がある場合に、地方公共団体の長等が家庭裁判所に対し財産管理人の選任等を請求可能にする制度が創設されました。 《筆者:田中謙次の視点》 所有者不明土地や空き地の問題は社会問題となっていますが、出題の可能性は低いと思います。 相続人も死亡した場合は登録免許税が免税される?(所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法) 個人が相続(相続人に対する遺贈も含みます。 )により土地の所有権を取得した場合において、当該個人が当該相続による当該土地の所有権の移転の登記を受ける前に死亡したときは、平成30年4月1日から令和3年3月31日までの間に当該個人を当該土地の所有権の登記名義人とするために受ける登記については、登録免許税が課せられません。 具体的には、登記名義人となっている被相続人Aから相続人Bが相続により土地の所有権を取得した場合、その相続登記をしないまま相続人Bが亡くなったときは、相続人Bをその土地の登記名義人とするための相続登記については、登録免許税が免税となるわけです。 所有者不明土地における登録免許税の免除制度 なお、必ずしもCがその土地を相続している必要はなく、例えばBが生前にその土地を第三者に売却していたとしても、1次相続についての相続登記の登録免許税は免税となります。 《筆者:田中謙次の視点》 所有者不明土地や空き地の問題は社会問題となっていますが、出題の可能性は低いと思います。 《筆者:田中謙次の視点》 軽減措置の延長なので、直接的には試験内容に影響しません。 住宅ローン控除の拡充(令和元年10月の消費税率引上げに伴う住宅に係る対策) 消費税率の引上げに際し、需要変動の平準化の観点から、住宅に関する税制上の支援策を講じられます。 11 年目以降の3年間については、消費税率2%引上げ分の負担に着目した控除額の上限を設定されます。 具体的には、各年において、以下のいずれか少ない金額を税額控除します。 ただし、ローン残高が少ない場合は、これまでどおり住宅ローン年末残高に応じて減税されます。 住宅ローン控除の拡充のイメージ(一般住宅の場合) 1. 建物購入価格、住宅ローン年末残高の控除対象限度額は一般住宅の場合 4,000 万円、認定住宅の場合 5,000 万円(改正前の制度と同水準)。 入居11~13年目についても、所得税額から控除しきれない額は、改正前の制度と同じ控除限度額(所得税の課税総所得金額等の7%(最高13. 65万円))の範囲で個人住民税額から控除。 なお、個人住民税の減収額は、全額国費で補填。 入居1~10年目は改正前の制度と同様の税額控除。 令和元年(2019年)10月1日から令和2年(2020年)12月31日までの間に居住の用に供した場合に適用される。 《筆者:田中謙次の視点》 消費税が10%となった場合には、宅建試験でも頻出分野の改正となります。 ただし、問題作成時期を考慮すれば、2019年度の宅建試験には出題されないものと思われます。 贈与税の非課税枠の大幅な拡充(令和元年10月の消費税率引上げに伴う住宅に係る対策) 直系尊属である両親、祖父母などから住宅取得資金として贈与を受けた場合に一定の金額が非課税となる制度です。 平成28年1月~平成31年3月に契約した場合の非課税限度額は、1,200万円(良質な住宅用家屋)又は700万円(良質な住宅用家屋以外)であるのに対して、平成31年4月~令和2年3月に住宅を消費税10%で取得する契約をした場合は、3,000万円(良質な住宅用家屋)又は2,500万円(良質な住宅用家屋以外)となります。 《筆者:田中謙次の視点》 消費税が10%となった場合には、宅建試験でも頻出分野の改正となります。 ただし、問題作成時期を考慮すれば、2019年度の宅建試験には出題されないものと思われます。 空き家の発生を抑制するための特例措置の拡充・延長(所得税・個人住民税) 空き家の発生を抑制するための空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除について、適用期間が4年間延長(令和2年1月1日~令和5年12月31日)されるとともに、被相続人の 直前居住要件を緩和し、老人ホーム等に入居していた場合が特例適用対象に加えられました。 《筆者:田中謙次の視点》 特例措置の延長なので、直接的には試験内容に影響しません。 買取再販で扱われる住宅の取得等に係る特例措置の拡充・延長(不動産取得税) 既存住宅流通・リフォーム市場の活性化を図るため、買取再販事業者が既存住宅を取得し一定のリフォームを行った場合、不動産取得税を減額する特例措置が2年間延長間(平成31年4月1日~令和3年3月31日)されるとともに、省エネ改修の適用要件の合理化する措置が講じられました。 《筆者:田中謙次の視点》 特例措置の延長なので、直接的には試験内容に影響しません。 サービス付き高齢者向け住宅供給促進税制の延長(不動産取得税・固定資産税) 高齢者が安心して暮らせる住宅ストックが不足していることから、在宅医療・介護の場となるサービス付き高齢者向け住宅の供 給を促進するため、新築のサービス付き高齢者向け住宅に係る特例措置が2年間延長(平成31年4月1日~令和3年3月31日)されました。 《筆者:田中謙次の視点》 特例措置の延長なので、直接的には試験内容に影響しません。 【関連記事】•

次の

宅建試験日2020/申し込み日程~願書

宅 建 業法 試験

毎年、宅建試験の合格発表のすぐあとに、 翌年10月の試験に向けた教材が書店に並びます。 通信講座も受付を開始し始めます。 試験日は10月の第3日曜日です。 試験日まであと約10カ月。 しました。 簡易的な表と図解なので一目で理解できます。 宅建試験で5点免除(プラス)される特典が(宅建試験に落ちても) 有効期限が3年間! 宅建試験日は2019年も必ずやってきます!試験の時期が近付いてあせるのか、 申し込みの期間内に準備して余裕で合格するのか、賢明な選択をするもしないも あなた次第です!TACや日建学院が実施していますが、以下に代表的なスクールを挙げます。 4月~5月中旬で受付終了 のため、早めの申し込みが段取りよく受講できるかと思います。 上記リストのリンク先の予定表の日程を見てみますと、申し込みの関係上、試験日までまだ余裕がある5月中の段階で宅建試験の受験を決意しなければならないことがわかります。 気付いた時が始め時!予定は前倒しでやっていた方が何事も段取り良くこなす事が出来ます。 5問免除は 宅建試験の合否への影響が大きいです。 宅建試験申し込み期間(7月)まであと半年。 試験日まであと9か月。 ちなみに 受験の条件や資格などはありません。 誰でも受けられます。 試験日まであと約8カ月。 6月~官報公告。 試験日まであと4か月。 画像クリックで国立印刷局のサイトへジャンプ リンク先では画像は縦になっているので回転ボタンを3回押すことがが必要です。 右クリックで当サイト内で新しいタブで画像のみを開くこともできます。 郵送での申し込みは簡易書留で申し込みするので、宛先に確実に届いたかどうか 追跡できます。 " 郵便追跡サービス" で検索検索!• 東日本の• 西日本の• また、この頃から予備校のも申し込みできるようになります。 試験日まであと約3カ月。 8月下旬、 試験会場通知(はがき)送付 宅建試験日まであと2か月 都道府県の協力機関からのこのハガキの到着が間違いなく申込みされた確認です。 平成25年度宅建試験案内には、『平成25年8月19日ごろ発送予定です』とあります。 下の写真は私の受験時(平成22年)のものです。 私の受験した2010年は受付票は発送予定日翌日に到着しました。 申し込み時、試験会場の希望を第1~第3まで書きますが、 決定した試験会場が裏に記載してあります。 一年に一回の試験というの皆が緊張した中で行われる雰囲気に慣れるには にも申し込みをして実際に受験のシミュレーションをしておくのが ケアレスミスの予防になるかもしれません。 試験日まであと約2カ月。 9月下旬(~10月上旬) 受験票が送付されます。 宅建試験日まであと半月 不動産適正取引推進機構より発送されます。 平成25年度宅建試験案内には、『平成25年10月1日 火 以降に発送予定』とあります。 下の写真は私の受験時(平成22年)のものです。 圧着はがきの内側に受験番号等が記載されています。 試験日まであと1カ月ありません! 宅建試験日 2010年・令和2年は10月18日(日) 毎年10月の第3日曜日が試験日です。 試験時間は13:00~15:00の2時間。 この試験に落ちると、受験料を宅建手当を頂いて回収するまでさらに時間がかかります。 7,000円が無駄になり、翌年の試験日まで一年という長い期間待たされます。 下の写真は私が受験した2010年のものです。 模試も受けずに本試験に臨んだので、問題用紙の大きさも初めて確認。 A4でした。 問題の配列もわからなかったので、その確認にも模試や予想問題は有効でしょう。 問題用紙は持って帰れます。 がされたら各資格学校のサイトで自己採点が できるように、問題用紙には自分の解答にチェックいれておきましょう。 合格発表日 2020年・令和2年は12月2日(水) 宅建試験日から6週間後の水曜日が毎年の合格点発表日です。 にて9:30公開で、翌年7月の末日、2021年(令和3年) 7月31日(土) 17時00分まで掲載。 (例年から予想の場合) 合格発表日の当日または翌日にが届きます。 2009年~週刊住宅新聞で0:00過ぎに合格点が公開されるのが通例になっていましたが 2019年は住宅新報社のfacebookとtwitterでの合格点発表の速報でした。 2020年の合格点の確認・予想の的中等の結果詳細は トップページのでどうぞ。 年により試験日から6週間後の水曜日が【11月の最終水曜日】か【12月の第1水曜日】 になります。 合格者のみ、に申し込みできます。 受験結果の受験番号を確認する実際の画面はのページで絶賛?公開中! スポンサーリンク sponsor link.

次の