りそなポイント ラインポイント。 ポイントを交換する|りそなクラブ|りそな銀行

りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCBの詳細

りそなポイント ラインポイント

本キャンペーンは自動エントリーですので別途応募の必要はございません。 期間中にポイント交換した場合でも、会員情報が確認できない等の理由でポイント交換がエラーとなった場合は、本キャンペーンの対象外となります。 ポイント交換にはANAマイレージクラブお客様番号(10桁)が必要となります。 店頭、郵送でポイント交換のお申込みをする場合は、お申込みから受付までに数営業日かかることから受付期限を2016年12月26日(月)、郵送の場合は2016年12月26日(月)消印までを対象とさせていただきます。 また、書類に不備がある場合は対象外となることがあります。 抽選ボーナスマイル積算時にANAマイレージクラブを退会されている場合、本キャンペーン対象外となります。 本キャンペーンは、告知無く変更または終了する場合がございます。 一度ANAのマイルに交換されますと、ポイントに戻すことはできません。 ポイントは2ポイント(1マイル)以上、2ポイント(1マイル)ずつ交換が可能です。 同一のANAマイレージクラブ会員へのポイント交換は1日1回までです。 ポイントからマイルへの移行手数料は無料です。 ポイントからマイルへの交換分は申請後約1~2カ月後に積算されます。

次の

【りそなグループ】 ANAのマイルへのポイント交換で、りそなグループ合計500名様に100マイルプレゼント!

りそなポイント ラインポイント

Contents• LINEポイントからメトロポイントへの交換手順 それではLINEポイントからメトロポイントへの交換手順を画像付きで解説していきます。 LINEアプリのウォレットを開く まずはLINEアプリを立ち上げて、ウォレットをタッチして開きましょう。 以下のように所持しているLINEポイントなどが表示されます。 ここではPマークの後に表示されている数値がLINEポイントとなり、メトロポイントへ交換するポイントとなります。 最低交換数が300ポイントなので、ポイントが足りているか確認した上で画面中程にある「LINE ポイント」をタッチしましょう。 画面が切り替わります。 LINEポイントを使う 画面がウォレットからLINEポイントに切り替わったら、ポイント数の下にある「使う」をタッチしてさらに表示を切り替えます。 使うに切り替えた後、下にスクロールしていくと以下のように交換の項目内にメトロポイントが表示されます。 メトロポイントをタッチしましょう。 必要事項を入力する メトロポイントへの交換申請画面では、以下の項目を入力しましょう。 To Me CARDお客様番号(ANAマイレージクラブ会員番号と同じです)• 名(ローマ字表記 半角入力)• 姓(ローマ字表記 半角入力) ソラチカカードの券面を見ながら入力すると間違いがないでしょう。 入力したらすぐ下にある希望の交換ポイント数を選択します。 ご覧のように、LINEポイントからメトロポイントへの交換は300ポイント・500ポイント・1,000ポイントの3つのコースから選択する形式となっています。 多くのポイントを交換したい方は一度に10,000ポイントなどは出来ませんので多少手間はかかりますが、1,000ポイントずつ交換していきましょう。 今回は最大の1,000ポイントをタッチして交換します。 誕生日• 電話番号• メールアドレス• 住所 2018年8月以降初めてポイント交換する際は上記入力が必要になりますので画面表示に従って入力してください。 <追記ここまで> 確認して交換完了 1,000ポイントをタッチすると、以下のような確認画面が表示されます。 「はい」をタッチします。 すぐに、「確認 受け付けました」という画面が表示されますのでここでもう一度「はい」をタッチします。 すると、以下のように画面上部のポイント数が1,000ポイント減り、その下に交換先の表示と交換先での受け取りポイント数が表示されます。 ここでは1,000ポイント交換したので、900メトロポイントが加算されますよという表示になっています。 交換手続きは以上で終了です。 多くのポイントを交換したい場合はこの手順を繰り返し行ってください。 ポイント移行に掛かる日数 LINEポイントからメトロポイントに交換する手順は上記でお分りいただけたと思います。 では次に、実際にメトロポイントになるまでにかかる日数はどのくらいかというと、最短で約25日かかります。 他のポイントサイト同士の交換ですと早くて即日や数日で交換完了となるサイトも多いですが、公式アナウンスでは数週間という表示がされています。 筆者がLINEポイントをメトロポイントに交換して実際の日数を調べてみると、ポイント交換にそれぞれ締め日と付与日があり、最短で約25日となりました。 LINEポイントからの交換申請の締め日が毎月15日となっており、15日より早く交換申請しても15日分と同じ日にしかメトロポイントは付与されません。 メトロポイントの付与日は毎月11日となっています。 つまり、毎月15日までに交換申請された分のLINEポイントが翌月11日までにメトロポイントに交換・付与されます。 約1ヶ月かかってしまいますが、毎月交換申請しておけばメトロポイントの確認は毎月11日だけで済むので、月に一度だけメトロポイントが付与されているか確認するようにしましょう。 LINEポイントへ交換可能なポイントサイト ANAマイルへ高い交換率が維持されているLINEポイントですが、直接貯める以外にも他のポイントサイトからポイントを交換する方法もあります。 LINEポイントへポイントをできるだけ減らさずに交換することができれば、それだけ多くのLINEポイントが、最終的にはANAマイルが手に入ることになります。 ここではLINEポイントに直接交換可能なポイントサイトを紹介します、以下のポイントサイトをうまく活用してたくさんのポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。 LINEポイントに交換可能なポイントサイト 交換率 交換日数 90. LINEポイントを直接貯めるよりポイントタウンで貯める方が簡単に多くのポイントが貯められます。 また、Gポイントも手数料がかかりますが高い交換率のポイントサイトですし、手数料を返還する仕組みがあるので実質ポイントタウンと変わらない100%の交換率にすることが可能です。 さらに、moppyはGポイントへも交換可能なので直接LINEポイントに交換せず、Gポイントを経由してLINEポイントに交換するとこちらも交換率100%となります。 複数のポイントサイトに少しずつポイントがばらけているような方はGポイントに集約してからLINEポイントに移行するのがおすすめです。 LINEポイントとは そもそもLINEポイントとはなんなのでしょうか。 LINEポイントとはLINEが運営する各種サービスの利用やJCB加盟店舗などでポイントが貯まるポイントサービス及びポイントそのものをさします。 LINEポイントの価値は、1ポイント=1円となっています。 LINEが運営するサービス内で利用可能なだけでなく、メトロポイントなどの他のポイントシステムへの交換、ギフト券や商品などへの交換も可能です。 また、LINEが運営する電子決済サービスである「LINE Pay」に利用することも可能なので現金としての使い方もできます。 逆にLINE Pay利用でLINEポイントを貯めることも可能なので、身近な支払い関連一式をLINE Payで支払うこともおすすめです、LINE Pay利用でポイントを貯める方法はをご覧ください。 なお、以前はLINE公式アカウントを友だち追加したり動画をみたりするともらえたLINEフリーコインですが、2016年4月25日よりLINEポイントに統合されました。 まとめ LINEポイントからメトロポイントへの交換はスマートフォンのLINEアプリから簡単に行うことができます。 交換する際にソラチカカードを用意しておくと、必要な入力事項がわかるのでオススメです。 入力事項は、• To Me CARD お客様番号• 姓名(ローマ字表記) だけです。 あとはメトロポイントに加算されるまで待つだけです。 LINE Payを利用するだけで簡単にLINEポイントを貯めることも可能です、詳しくはをご覧ください。 メトロポイントからANAマイルへの交換方法は「」をご覧ください。

次の

りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCBの詳細

りそなポイント ラインポイント

キャッシュレス5%還元キャンペーンが6月に終わり、9月からはマイナポイントによる還元が始まります。 マイナポイントは、ペイペイやファミペイなどに紐づけておいて、そちらを利用するとたまるというシステムとなります。 よって、使えるお店はそれぞれの決済サービスに依存します。 マイナポイント、お得にためるなら? マイナポイントは、ファミペイやペイペイなどと先にリンクさせておきます。 リンクさせておいた決済を使った時にマイナポイントがたまるというシステムとなります。 よって、 マイナポイントが使えるお店は、 紐づけている電子マネーによって決まってくることになります。 ただしリンクできるのは1つだけですので、慎重に選びましょう。 申し込み方法については以下参照ください。 マイナポイントでは、うわのせして独自還元やポイント進呈を発表しているサービスがあり、これはかなりお得です。 メルペイ:決済額の5%還元(上限1000円)• スイカチャージ:JRE POINT1000円相当• dカード決済、d払い決済、d払いチャージ:9月末までの登録で500ポイント• au PAYチャージ、au PAYカード決済:20%還元(最大1000円)• WAONチャージ:10%還元(最大2000円)• FamiPayチャージ:9月30日までの登録で先着10万名に500円相当• ラインペイ:8月25日までの登録で、3カ月間クーポンを5枚追加 また決済とチャージとでマイナポイント対応が分けられている場合、チャージで最初に一気に2万円分いれて5000ポイントゲットしたほうが、全部きれいに使いきれるのでおすすめです。 上記の特典がない場合には 利用店舗の多い決済サービスを使ったほうが結果的にたまると思います。 マイナポイント、使えるお店はどこ? 汎用系 汎用系はなんといっても対応店舗数が多いのが魅力です。 よく使うコンビニや大手ファミレスなどはまず対応しています。 無難に選ぶなら、こちらの汎用系決済から選びましょう。 au pay AUユーザには特に便利なのがAUペイです。 QRコード決済 d払い D,D,D,D,Dディー。 ドコモの決済サービスです。 QRコード決済 DigiCash ブロックチェーン技術を活用したQRコード決済。 Edy 楽天の電子マネーです。 対応店舗が多いので、うちならEdyでもいいかなとも思います。 Jコイン スマホ決済です。 QRコード決済 Kyash Kyashはスマホアプリ型の決済サービスです。 LINE Pay みんな使ってるチャットアプリLINEの提供する決済サービスです。 通常還元はカードがない人は0%となっています。 カードがあれば1%~還元となるので、マイナポイントとあわせてお得に使うにはカードを作ったほうがよいでしょう。 QRコード決済 PayPay いまやQRコード決済の代名詞ともいえるサービスに成長したペイペイ。 2019年には加盟店数は170万カ所以上となっており、大体のファミレスでも利用できます。 ただ一部店舗は手数料アップに伴い徹底するところも出てきていますので、多少注意は必要です。 QRコード決済 バンドルカード 簡単にVISAプリペイドカードが作れるサービス。 物理カードの発行にもお対応しています。 VISA対応なので、アマゾンや楽天などのオンラインストアでも利用できます。 メルペイ メルカリの決済サービス。 IDと連携しており、IDの約50万店舗が利用できます。 マイナポイントのサービスに合わせ、 1000円分上乗せを発表しています。 QRコード決済 ゆうちょペイ 郵貯利用者にとって便利なのがゆうちょペイです。 QRコード決済 りそなウォレット りそな銀行の決済アプリです。 多くのドラグストア・飲食店などで使えますが、チェーン店によっては埼玉のお店のみ対応という場合もあります。 利用にあたっては吟味が必要です。 QRコード決済 楽天カード 御存知楽天のクレジットカード。 一人で2枚作ってはいけませんので注意しましょう。 楽天ペイ 楽天の提供するスマホ決済などのサービス。 楽天ペイでは7月からはポイント利用者へ1%還元を実施するので、マイナポイントと合わせてよりお得に活用できると思います。 QRコード決済 銀行・クレジットカード系 銀行系のカードでも対応します。 青森銀行VISAカード• あきぎんVISAカード• イオンカード• SMBCデビット• おきぎんVISAカード• OnlyOneVISAカード(秋田銀行)• いわぎんVISAカード• オリコ• 鹿児島カード• 九州カード• 九州しんきんVisaカード• 京葉銀VISAカード• ごうぎんVISAカード(山陰合同銀行)• JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行)• しんきんカード• スルガカード• 荘銀ブライトワンVisa(荘内銀行)• たんぎんバンクカードVisa(但馬銀行)• ちくぎんマルチナVISAカード• つくばバンクカード• 東京カード• 東邦VISAカード• 東邦Alwaysカード• 北都ブライトワン(北都銀行)• 三井住友カード• 三井住友トラストカード• 三重銀カード• やまぎんカード• りそなカード 鉄道・交通系 鉄道の交通費がポイント還元の対象になるかはまだわかりません。 しかしエキナカなどはよくスイカを使うでしょうし、結局よく使ってらくちんなのはこちらの鉄道系ではないでしょうか。 ICOCA JR西日本の非接触決済。 通勤通学でJR西日本を日常的に使っている方にはやはり便利だと思います。 KITACA 北海道旅客鉄道株式会社の電子マネー。 MANACA 名古屋鉄道株式会社発行の電子マネー。 ミュースターポイントが対応します。 NIMOCA 九州地方を中心とした鉄道・バスで利用できる電子マネー。 PASMO 関東地方・山梨県・静岡県の鉄道27事業者・バス76事業者で使えるICカード。 SUGOCA 九州旅客鉄道のICカード電子マネー。 SUICA JR東日本の非接触決済。 利用店舗は多いですし、通勤通学でJR東日本を日常的に使っている方にはやはり便利だと思います。 マイナポイント登録で1,000円プラス。 合計6,000円のキャンペーンを実施します。 TOICA JR東海の電子マネー。 くまモンのICカード 熊本) 産交バスグループ、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バスで利用できる電子マネーです。 TOKYU CARD 東急グループの鉄道やお店で使えるカードです。 地域通貨系 地域系の場合、利用店舗は限られます。 疲弊している地元の商店街を活性化させるのにつかってあげるというのもいい使い方だと思います。 アクアコイン(千葉) 千葉県の君津信用組合が提供する電子地域通貨です。 QRコード決済 さるぼぼコイン(岐阜) 飛驒信用組合による電子地域通貨。 サンセットコイン(静岡) 西伊豆町内で使える電子地域通貨 スマイルカード(広島) 広島を中心としたお店で使えるカードです。 たんばコイン 兵庫) 兵庫県丹波市で利用できる地域通貨QRコード決済です。 ナギフトマネー(岡山) 岡山県奈義町で使える電子マネー。 はまPay(神奈川) 横浜銀行提供の電子マネー。 はやかけん(福岡) 福岡の交通局が発行するICカードです。 Payどん(鹿児島) 鹿児島銀行がつくった鹿児島のためのキャッシュレス決済サービス。 ほろか(広島) 広島で使える決済サービス。 店舗数は他サービスに比べると少ないですが、地元支援という観点では利用してみてもよいでしょう。 まちペイサービス(愛媛) まちづくり松山とまちペイが運営する地域電子マネーです。 ゆめか、あまみゆたか、しんばしゆたか(広島) ゆめかは、広島県広島市のスーパー「イズミ」の関連企業が発行するクレカです。 コンビニ・店舗系 店舗系の決済でもマイナポイントに対応しています。 マイナポイントは一人当たりの上限は決して高くありません。 下手に使おう使おうと思って使わずでキャンペーンが終わってしまう人もいることでしょう。 それならいっそ、毎日よく使っているスーパーなどのカードに紐づけておいたほうが効率よくポイントを貯められるのではないでしょうか。 AOCA(クスリのアオキ) クスリのアオキの電子マネー。 アークスRARAプリカ(アークス) アークスの店舗(ジョイス、ユニバース等 で使える電子マネーです。 アルゾカード・万惣カード(アルゾ・万惣) アルゾ・万惣・マルシェーで使える電子マネー。 エフカマネー(フジ) フジで使える電子マネー。 エポス(丸井) 丸井のエポスカードです。 えんてつカード(遠鉄グループ) 遠鉄グループで使える電子マネー。 おさいふHippo(クリエイトS・D) 神奈川県を中心とするドラグストアクリエイトS・Dの電子マネー。 オレボポイントカード(大津屋) 「オレンジBOX」「オレボキッチン」「オレボステーション」「これがうまいんじゃ大津屋」「Kirari」「福井市観光物産館 福福館」で使える電子マネー。 きむらフレッシュカード 香川、岡山を中心に展開する「新鮮市場きむら」の電子マネー。 コジカ CGCグループ スーパーでいろんなチェーン店を展開しているCGCグループの決済サービスです。 コーナンPay ホームセンター「コーナン」の電子マネー。 駿河屋マイカード 駿河屋で使える電子マネー。 セイちゃん電子マネー(セイミヤ) セイミヤの店舗で使える「セイちゃんカード」です。 田子重カード 田子重各店の電子マネー。 トライアル電子マネーサービス トライアルが提供する電子マネー。 nanaco セブン&Iホールディングス) セブン系の電子マネーです。 セブンイレブンやイトーヨーカ堂などで利用できます。 2020年4月末で約661,000店で利用できます。 毎日セブンへ行くような人ならナナコで十分かもしれませんね。 nicopi 杏林堂薬局 杏林堂薬局のプリペイド機能付きポイントカード。 Bibica 大賀薬局 大賀薬局の電子マネーです。 ひまわりカードPlus スーパードラッグひまわり 株式会社ププレひまわりが展開する店舗で利用可能。 広島、岡山、愛媛、兵庫などのスーパードラッグひまわりで使えます。 ファミペイ ファミリーマート ファミリーマートなどで利用可能。 QRコード決済 フィールさくらカード(FEEL) 名古屋を中心に展開するスーパーFEELの電子マネー。 ベニカマネー ベニーマート ベニーマート・メガ・カブセンターで使える電子マネー。 マキヤプリカ(エスポット) エスポットで使える電子マネー。 マルカマネー 丸久グループ 丸久グループで使える電子マネー。 PECOMA セイコーマート セイコーマート発行の電子マネー。 スマホ決済にも対応しています。 ほぺたんカード 生活協同組合コープみらい、いばらきコープ生活協同組合、とちぎコープ生活協同組合、生活協同組合コープぐんま、生活協同組合コープながのなどがポイント対応を実施します。 HOP 平和堂 平和堂の電子マネー。 masaca サンリブ・マルショク・サンク サンリブ・マルショク・サンクの各店直営売場などで利用できる電子マネー majica ドン・キホーテ ドン・キホーテの電子マネーです。 マリカカード(サンキュードラッグ) サンキュードラッグで使える電子マネーです。 Hiプレポカード HIヒロセの電子マネー。 ヤマダマネー ヤマダストアの電子マネー。 UNICARD UNION スーパーのUNIONの電子マネー。 litta H2Oリテーリング H2Oリテーリングの電子マネーです。 阪急OASISやIZUMIYAなどで使えます。 LaCuCa(ライフ スーパーライフの電子マネー。 Lu Vit電子マネー ホームセンターバローなどで使える電子マネー。 CA 薬王堂 岩手、秋田、宮城などで展開するドラグストアチェーン、薬王堂で使える電子マネーです。 WAON イオン イオン系の電子マネーです。 イオンをよく使う人には便利なサービスです。 その他 アップルペイは対応する? SUICAがマイナポイントに対応すると思いますので、そちらと紐づけれておけばマイナポイントがたまるものと思います。 参考: apicode.

次の