頭痛に効くサプリメント。 ひどい肩こり首コリ解消に効くサプリメントランキング

サプリメント(食べ物)で頭痛を治す方法

頭痛に効くサプリメント

ボルタレンは頭痛にも効く薬ではありますが、 「ロキソニン」よりもさらに効果が強い解熱鎮痛剤として 「ボルタレン」という位置づけの薬です。 ボルタレンは市販はされておらず、医師の処方によってのみ使用することができます。 歯の痛みを軽減するため、坐骨神経痛などの炎症による痛みを軽減するため、 また、場合によっては ロキソニンも効かないような強い痛みに対し、一時的に処方されるものです。 ボルタレンは他のどの痛み止めと比べても強い効果があり、 麻薬であるモルヒネの前に使われる痛み止めでもあります。 偏頭痛に苦しむ人なら服用して楽になりたいという気持ちがあるかもしれませんが、 長期服用にはリスクを伴います。 劇薬指定の薬です ボルタレンには劇薬指定成分が含まれており、自己判断での服用や、 長期にわたる服用はとても危険です。 さらに、胃にも強い負担をかけます。 ボルタレンやボラボミンは非ステロイド消炎鎮痛剤なので、腎臓の血流量が低下しやすく、 排尿の量がも少なくなるようで、ロキソニンよりも強いむくみが起きることも少なくないです。 むくみが副作用の1つだなんて、気づきにくいのですが、 むくみが続くと・・体重も体脂肪も増えますからね・・ダイエットの敵! ボルタレンが処方される際は、 胃が荒れるのを防ぐために、必ず胃の粘膜を保護する薬も一緒に処方されます。 ボルタレンのような強い薬を胃薬なしで飲んでしまうと、胃粘膜を刺激し、 その部分が炎症を起こして「びらん」になることがあり、出血を伴うこともあります。 さらに進行すれば胃潰瘍や、最悪の場合胃がんにまでなってしまうこともあるのです。 これは一例にすぎません。 私はボルタレンを7日間飲んだら、さすがに胃が膨張し、不快感が出てきて、 むくんで、体重と体脂肪が増えて、ガックリです。 そして、 ロキソニン以上に強い作用があるため、強い薬を飲み続けることによって起こる 「薬物乱用頭痛」になってしまうこともあります。 薬物乱用頭痛は、ロキソニンやボルタレンのような強い作用のある薬を飲みすぎることによって 頭痛薬が効かなくなり、 さらにはこれらの薬を飲むと頭痛が悪化してしまうという、厄介なものです。 特に、週に何度も偏頭痛が起こるという人は、これらの薬に頼る回数も多くなりがち。 つまり、胃のトラブルや薬物乱用頭痛が起こる危険性が高くなっているのです。 強い薬を飲むことで、その時の痛みはすっと引くかもしれませんが、 その効果はその場限りのこと。 根本的治療にはなっていないのです。 それよりも、ボルタレンに頼る生活をしていると、頭痛とは違う箇所の痛みや、 熱を下げるべきときに「効かない」という事態になりかねないのです。 年に何度か起こる程度の風邪などによる頭痛であれば、 医師の指示に従って服用するのもいいですが、 慢性的な頭痛に悩んでいる人が毎回、強い鎮痛剤に頼るのはおすすめできないことです。 しかし、薬を飲みたくなるのは当たり前と言えるほど、偏頭痛や慢性的な頭痛は辛いもの。 そこで、薬に頼らなくても頭痛を抑えることができるよう、 根本的な体質の改善をはじめませんか。 薬からサプリメントへ 頭痛を起こりにくくし、 もし起こったとしてもその痛みを軽く抑えるという作用のあるサプリメントが今話題です。 ずきしらずの実は、天然成分にこだわって作られたサプリメントです。 薬とは全く違う考え方で作られているので、副作用も、薬物乱用性頭痛になる心配もありません。 ずきしらずの実に含まれるのは 「フィーバーフュー」という古来から痛みや炎症を抑えると知られてきたハーブや、 「オオイタドリ」という、日本で昔から痛みどめとして使われてきた植物、 そして頭痛を抑える 「マグネシウム」である「にがり」の3つの天然成分をバランスよくブレンドしたものです。 サプリメントと聞くと、安全で安心なものの、 効果がさほど期待できないというイメージを抱く人もいるかもしれません。 ですが、ずきしらずの実に含まれているのは、古来から痛み対策として使われてきた成分で、 現代の医学でもその効果は認められているものばかりです。 事実、頭痛に悩む人に対してモニター調査を行ったところ、 90%もの人がその効果を実感しました。 その後、私のように実感している人が増加し続けているので、 数字はさらに上がっているでしょう。 天然由来で体に優しいだけではなく、 医学的にも効果が実証されている成分が配合されているので、 安全面も効果の面でも、安心して使用することができています。 そろそろ強い薬に頼るのをやめて、体に負担をかけずに頭痛を治療しましょう。

次の

疲労回復に効くサプリメント【市販薬】お薦め9選

頭痛に効くサプリメント

緊張型頭痛に漢方薬は使う? 頭痛に対して次のような漢方薬が使われることがあります。 釣藤散(チョウトウサン)• 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)• 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)• 五苓散(ゴレイサン)• 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)• 葛根湯(カッコントウ)• 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)• 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)• 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)• 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 特に頭痛予防で使われる薬(抗薬など)の副作用が出たり、薬に対して アレルギー体質があって使える薬が制限される場合などに、漢方薬が有用となる場合があります。 漢方薬の多くは、処方薬と同じ生薬を含むものを市販薬として処方箋なしで買えます。 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ) 桂枝人参湯は慢性頭痛に対して効果が期待できます。 比較的体力が低下していて、冷えがあり、胃腸が弱く食欲不振や吐き気があったり、疲労を伴うような証に適するとされている漢方薬です。 一般的には呉茱萸湯が適するとされる証よりも体力が低下気味な証に適するとされます。 桂枝人参湯には、健胃作用などをあらわす桂皮(ケイヒ)が含まれています。 桂皮はシナモンとして調味料としても使われている生薬です。 食欲不振やなどの改善効果のほか、熱や痛みなどに対しても改善効果が期待できます。 桂枝人参湯は5種類の生薬からできています。 人参(ニンジン)• 甘草(カンゾウ)• 乾姜(カンキョウ)• 蒼朮(ソウジュツ) 甘草を含むため、副作用としてなどへの注意は必要となります。 その他の漢方薬 ほかにも以下のような漢方薬が使われる場合があります。 葛根湯(カッコントウ)• 肩こりや頭の重さを伴う緊張型頭痛などに使われます。 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)• 冷えを伴う緊張型頭痛や片頭痛などに使われます。 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)• 冷えを伴い胃腸の働きが弱い状態における緊張型頭痛や片頭痛などに使われます。 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)• 胃腸が弱くなどを伴う緊張型頭痛や片頭痛などに使われます。 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)• 月経不順などを伴う緊張型頭痛などに使われます。 頭痛の診察では何を聞かれる? 頭痛を訴えて病院に来た人に、医師が初めの診察でよく尋ねることと、答え方の例をまとめます。 答えを考えておけば診察室での話がスムーズに進みます。 答えをメモしておいて渡すのもいい考えです。 今までにつらい頭痛を経験したことはありますか?• はい/いいえ• で「はい」と答えた人にお聞きします。 今回の頭痛は今までと同じような頭痛ですか?• いつもと同じ• 今までと違う• わからない• で「はい」と答えた人にお聞きします。 今までの頭痛の頻度はどれくらいですか?• 週に2~3回• 月に3~4回• 月に1回• 数ヶ月に1回• たまに集中して(たとえば毎日)起こる時期がある• 今回の頭痛は、急に起きましたか?徐々に起きましたか?• 突然ある瞬間に(何時何分に起きたと分かるくらい)• 数分で急に痛くなってきた• 数日かけて痛くなってきた• 数週間以上かけて痛くなってきている• 今回のようにつらい、痛い頭痛は初めてですか?• はい/いいえ• 頭のどの部分が痛みますか?• 頭の片側• 目の奥• 頭の後ろ• 頭全体• わからない• 痛みの種類はどんな感じですか?• ガンガン、ズキズキする• ギューっと締め付けられるような感じ• ピリッと痛みが走る感じ• 頭が重たい感じ• わからない• 痛みはどれくらい続きますか?• 数秒~数十秒• 数時間• 1日以内• 数日間• 1週間~1ヶ月以内• 1ヶ月以上続いている• 痛みのせいで、日常生活にどれくらい影響が出ていますか?当てはまるものをすべて選んでください。 痛みのあまりじっとしていることができない• 痛いので横になって寝ていたい、あるいは座っていたい• 仕事や家事、勉強はできない• 歩いたり身動きすると悪化する• 歩くのは問題ない• 痛いけれども仕事や家事、勉強はできる• 頭痛以外の症状で、当てはまるものを教えてください。 吐き気、嘔吐• 首や肩のこり• 目の疲れ• 音や光に敏感になる• 頭痛の前に目の前がチカチカと光ったり、変な音が聞こえる• ふわふわしためまい• グルグルと目の前が回転するめまい• 目が充血したり、涙が出る• 鼻づまり、鼻水• 熱がある• 何かすると決まって頭痛がすると思うことはありますか?当てはまるものをすべて選んでください。 アルコール• 寝すぎ• 寝不足• 生活や仕事のストレス• ストレスから解放されたとき• デスクワーク• 最近数ヶ月以内に、頭を打ったことはありますか?• はい/いいえ• 過去にかかった病気と、今かかっている病気があれば教えてください。 今飲んでいる薬、サプリメント、健康食品があれば教えてください。 薬物乱用頭痛はなぜ起こる? ひどい頭痛を経験すると、不安から薬を飲む回数や量がどんどん増えてきます。 すると次第に脳が痛みに敏感になり、頭痛がひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。 薬物乱用とは、医薬品を本来の治療目的から逸脱した用法や用量あるいは目的のもとに使用すること、治療目的にない薬物を不正に使用することを言います。 頭痛の薬でも処方されたときの指示を守って使わなければ乱用に当たります。 薬物乱用頭痛(Medication-Overuse Headache、MOH)は、頭痛の治療薬の乱用が原因で起こります。 診断としては、「1ヶ月に15日以上頭痛があり、3ヶ月を超えて1種類以上の急性期または対症的な頭痛の治療薬を定期的に乱用している状態で、頭痛は薬を飲んでいる間にもあらわれ、場合によっては悪化する」というものが薬物乱用頭痛とされます。 薬物乱用頭痛の治療 治療の原則は主に以下の3点とされています。 原因薬剤の中止(原因となっている薬剤を2ヶ月間中止する)• 薬剤中止後に起こる頭痛や吐き気・嘔吐などへの対応• 頭痛予防薬の使用 原因薬物の中止後、反動で頭痛(反跳頭痛、離脱頭痛)や吐き気・嘔吐などが起こる場合があります。 これに対しては通常、原因薬物以外の治療薬で対処します。 重症の場合は入院も考慮し、(原因薬物以外の)鎮痛薬や吐き気止めの薬などが使われます。 また漢方薬も効果が期待できます。 たとえば川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)はその安全性の高さなどから適するとされる場合もあります。 原因薬剤を中止したあとも「」を用いての服薬管理などが大切です。 重要なことは日頃から頭痛治療薬を飲み過ぎないように注意することです。 NSAIDs、トリプタン製剤、エルゴタミン製剤などは特に処方医や薬剤師の話をよく聞いた上で指示された回数を守って使ってください。 市販薬(OTC医薬品)の規定回数や規定用量を超えての使用は避けて下さい。 カフェインが含まれている鎮痛薬は効果が高い反面、依存性があり特に注意が必要です。 市販薬の中にも例えば「ACE処方(ACE:この場合、アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミドの頭文字を合わせた言葉)」といってカフェインを含む鎮痛薬が多く販売されています。 体操以外の対策は? 運動以外にも次のように筋肉を緩める方法があります。 筋肉の血行をよくし、筋肉をほぐします。 筋肉の血行をよくし、筋肉をほぐします。 飲み過ぎは避けてください。 椅子の高さを調整する• 仕事中に前かがみになっていると肩がこります。 姿勢を良くする• 姿勢が悪いと肩こりの原因になります。 マッサージ• 適度な範囲で行えば、筋肉がゆるんで、頭の痛みも良くなります。 筋肉に触っただけで声を出すくらい痛いときは避けてください。 ストレスを解消する• ストレスの原因を除くことは難しい場合もあります。 趣味やリラックスできることを見つけてストレスを解消するのも大切です。 ほかに鍼治療が緊張型頭痛に有効とした報告もあります。

次の

首こり、肩こり解消によく効くのは薬とサプリメントどっちなの!?

頭痛に効くサプリメント

これらの栄養素は食べ物からすべて摂取するのは難しい場合があり、サプリメントで補うのが手軽で効果的です。 ビタミンB2の効果:細胞の働きを助けて偏頭痛を防いでくれる ビタミンB2は食べたものをエネルギーに変えて、赤血球の生成を助けてくれます。 また、ミトコンドリアに作用して細胞の働きを改善することで、偏頭痛を予防につながります。 ビタミンB2が多く含まれるのは緑黄色野菜やレバー、乳製品など。 健康な体を保つのに必要とされる量は成人女性で1. 2ミリグラムとされています(参考:牛乳1杯で0. 3ミリグラム)。 このビタミンB2を多く摂取することで偏頭痛の予防になります。 ビタミンB2を3ヵ月飲み続けたら偏頭痛の回数が半減 では400ミリグラムのビタミンB2を毎日3ヵ月摂取すると、偏頭痛の回数が半減したという結果になりました。 また、では毎日400ミリグラムのビタミンB2を摂取すると、偏頭痛の予防において標準的な予防治療薬と同じ程度の効果があることが分かっています。 海外で行われた研究のようにビタミンB2を毎日400ミリグラム摂取するのは、食べ物からでは難しいのでサプリメントを活用するといいでしょう。 ビタミンB2を取りすぎて大丈夫かと心配する方もいるかと思いますが、ビタミンB2は水溶性ビタミンなので使われずに余ると排泄されるので、過剰症(過剰摂取による弊害)はほぼ起こりません。 ビタミンB2をとると、尿が濃い黄色になるけど体に害はないから大丈夫。 マグネシウムの効果:神経の興奮をしずめて偏頭痛を予防してくれる 外部からの刺激で神経が興奮すると偏頭痛は起こりやすくなります。 その神経の興奮を防いでくれるのがマグネシウムです。 マグネシウムは筋肉と神経の働きを助ける必須ミネラル。 細胞膜を安定させて、神経の興奮をしずめる働きもあります。 海藻や大豆製品、ナッツ類などに多く含まれています。 1日あたりの理想的な摂取量は成人女性で270ミリグラムです(参考:アーモンド30グラムで90ミリグラム)。 偏頭痛持ちの人は、血中のマグネシウム濃度が低いことがよくあります。 マグネシウムを3ヵ月飲み続けたら偏頭痛の頻度と痛みが減った では、600ミリグラムのマグネシウム サプリメントを3ヶ月のあいだ毎朝摂取すると偏頭痛の頻度が42%、偏頭痛の痛みが34%軽減することが分かりました。 マグネシウムもビタミンB2と同じように使わずに余ると排泄されるのですが、場合によっては便がゆるくなったりすることもあります。 ・偏頭痛と関係の深い神経伝達物質セロトニンを調節する ・血液が固まるのを抑えて、血液をスムーズにする ・偏頭痛が起きたときの神経周辺の炎症を抑える フィーバーフューが偏頭痛の予防で注目されたのは1978年のことで、イギリスの新聞にフィーバーフューで偏頭痛を治したという女性の記事が掲載されたことが始まりです。 この記事がキッカケとなって本格的に研究されて、現在では偏頭痛の予防に効果があると医学的にも認められました。 フィーバーフューで偏頭痛の頻度と痛みが減った では100ミリグラムのフィーバーフューを毎日摂取すると、偏頭痛の頻度は24%、偏頭痛の痛みが45%軽減することが示されています。 なお、フィーバーフューは血液をスムーズにするかわりに、血液の凝固能力を低下させます。 出血性の病気のある人や血液の凝固を低下させるほかの薬を服用している人は医師に相談してから使ってください。 フィーバーフューはハーブティーもあるけど、すっごくクセが強いからサプリメントのほうがいいんだって。 偏頭痛の予防に効果がある栄養素が含まれているおすすめサプリ サプリメントでツラい偏頭痛の頻度や痛みを減らせるのなら、一度は試してみようかと思う人もいるのではないでしょうか。 ビタミンB2、マグネシウム、フィーバーフューのサプリメントは薬局やネットでも売られていて、手軽に手に入れることができます。 ただ、費用の総額や飲む量が多くなってしまうこともあります。 偏頭痛の人のあいだで人気なのは、これらの成分が1つにまとまったサプリです。 偏頭痛の予防に効果がある成分が含まれていて、1つで偏頭痛対策ができます。 生理の時期に偏頭痛がひどくなる人におすすめな「ズキラック」 漢方生薬研究所のズキラックはビタミンB2、マグネシウム、フィーバーフューのほかに、体のめぐりやホルモンバランスをサポートする成分が含まれています。 偏頭痛持ちで、とくに生理の時期に偏頭痛がひどくなる人に選ばれています。 偏頭痛対策に特化していてコスパもいい「ずきしらずの実」 北の快適工房のずきしらずの実はフィーバーフューとマグネシウム、そして神経の炎症をしずめるオオイタドリが配合されています。 北の快適工房は、驚くほど良い商品ができたときしか商品化しないというルールで商品開発をしている会社。 社内に健康管理士が常に常駐していて、いつでも電話・メール相談ができますし、社長自身も健康管理士で信頼度が高いです。 ずきしらずの実は偏頭痛に特化していて、価格も偏頭痛サプリのなかでは低価格に設定されています。 我が家でも偏頭痛持ちの奥さんがリピートしている商品です。

次の