コンサドーレ 札幌 掲示。 超コンサドーレ札幌掲示板2

2020年シーズン『ポスターサポーター』協力のお知らせ

コンサドーレ 札幌 掲示

会員 会員とは、クラブが入会を認めた方をいいます。 クラブコンサドーレ会員証 クラブコンサドーレ会員証は会員のみが利用でき、他人に貸したり譲ったりすることは出来ません。 有効期限 2020年度 会員期間 2020年2月1日~2021 年1月31日 4. 内容の変更 年度途中での会員区分の変更はできません。 会費 (1)会員は事務局所定の入会金・年会費を事務局の定める方法により納めるものとします。 納められた入会金・年会費は、下記の事由がある場合、返金させていただきます。 会員の死亡、疾病その他のファンクラブサービスを受けることが不可能もしくは著しく困難な事情が生じた場合 2. 会員資格に基づくファンクラブサービスを受ける前に退会を申し出た場合 3. 会員資格の有効期間開始前に退会を申し出た場合 (2)解約をお申入れの際にはお申入れの事情により、医師の診断書等解約事由のあることを証明する資料の提出をお願いする場合があります。 なお、物品・特典の返送にかかる費用は会員が負担するものとします。 (3)解約時には、会員が納めた会費から次の金額を控除した残額を返金させていただきます。 当会の運営に発生した費用 2. 退会手続きにかかる事務手数料として1,000円+消費税 (4)前3項にかかわらず、法令の定めにより入会無効・取消しとなる場合は、当該法令の定めるところにより取り扱うものとします。 お申込みに関しての注意事項 1. クラブコンサドーレ継続・新規をお申込みのお客様は、1回のお申込につき1名分のご購入となります。 住所欄には会員証の発送先をご入力または、ご確認ください。 その際 マンション・アパート名まで必ずご入力ください。 電話番号を市外局番から忘れずにご入力または、ご確認ください。 お申込後の変更・キャンセルはいかなる場合もお受けできません。 会員証の譲渡・再販売などのトラブルは責任を負いかねますのでご了承ください。 予定数が終了次第、受付は終了となります。 本受付はPC・スマートフォンからのみ お申込みが可能です。 毎週火・水曜日の02:30~05:30はシステムメンテナンスのためお申込みいただけません。 クラブコンサドーレ継続・新規お申込みの際にクレジットカード決済を選択されたお客様は、次年度より自動継続サービスをご利用いただけます。 次年度以降のご継続は、今回お申込頂いたクレジットカードより自動決済させていただきます。 ただし、年会費・シーズンシート料金等の改定があった場合は、自動決済せず、事前にご継続の意思確認をさせて頂きます。 (シーズン中、マイページにて、お客様ご自身で自動継続の設定を取り消すことができます。 ) 9. 2019年度以降の継続お手続きにおいて口座引落をご希望の方はクラブコンサドーレ事務局までお問い合わせください。 マイページ利用規約 平成27年2月10日 制定 第1条 (本規約について) 1. この利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社コンサドーレ(以下「北海道コンサドーレ札幌」といいます)及びぴあ株式会社(以下「ぴあ(株)」といいます。 なお、北海道コンサドーレ札幌とぴあ(株)を総称して、以下「サービス提供者」といいます)が運営する、会員向けマイページサービス(以下「本サービス」といいます)を、会員が利用する際の一切の行為に適用されます。 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものであり、会員は、本規約に従って本サービスを利用するものとします。 また、本サービスに付随する全てのサービス(ワンタッチパス(Jリーグが導入しているJリーグ全試合対象観戦記録システム)、Jリーグチケット(ぴあ(株)及び公益社団法人日本プロサッカーリーグが運営するJリーグチケット販売サイト)、グッズウェブショップ等のサービスを含みます)を利用する場合には、会員はそれぞれのサービスで定められる規約、ポリシー等を確認し、それらに従うものとします。 会員は、本サービスを利用する都度、本サービスにおいて提供される情報、注意事項などを確認するものとします。 また、会員は、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされるものとします。 本規約のうち、現時点ではサービスが開始していないといった理由で、実際には会員に適用されない規定がある場合は、将来適用可能となった時点から適用されるものとします。 第2条 (本規約の範囲) 1. サービス提供者は、本規約の他にサービスの利用条件、利用上の決まり等を規定する場合があります。 その場合、その規定の名称が何であるかを問わず、本規約の一部を構成するものとします。 本規約の定めと、本規約以外の本規約等の定めが異なる場合は、本規約の定めが優先して適用されるものとします。 第3条 (本規約の変更) 1. サービス提供者は、やむを得ない事情がない限り、事前に会員に対して変更内容を通知の上、本規約を、任意の理由で変更できるものとし、会員はこれを承諾するものとします。 サービス提供者は、本規約の変更につき7日間の通知期間を設けるものとし、変更後の本規約は、サービス提供者が別途定める場合を除いて、本サービスのウェブサイト上に表示した日の翌日から7日間の経過をもって効力を生じるものとします。 会員が、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用された場合は、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。 第4条 (通知) 1.本規約に基づくサービス提供者から会員に対する通知その他の連絡は、電子メールをもって行うものとします。 この場合、サービス提供者は、会員の登録メールアドレスに電子メールを送信したことをもって、会員に対する通知が行われたものとみなされます。 2.サービス提供者は、会員全員に対する通知に関しては、本サービスのウェブサイト上に通知内容を公表することをもって、前項に定める通知に代えることができます。 この場合、公表の時点をもって、通知が到達したものとみなされます。 3.本規約に基づく会員からサービス提供者に対する通知その他の連絡は、サービス提供者の電子メールアドレスに対する電子メールによるものとします。 第5条 (未成年者のサービス利用) 1. 未成年者が本サービスを利用する場合、本サービスの一切の利用(本条各項を含む本利用規約への同意を含みます)について、保護者の承諾を要するものとします。 本規約に別途定めるとおり、未成年会員の保護者(保護者が本サービスの会員でない場合も同様です)は、当該未成年会員を管理・監督するものとし、未成年会員が本サービスを利用して行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。 第6条 (利用申込みとその承認) 1.本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、サービス提供者が定める方法により、利用の申込みを行います。 なお、利用の申込みをした者(以下「利用申込者」といいます)は、ぴあ(株)が、その申込みを承認し、本サービスにかかるID及びパスワードを発行した時点で、会員となります。 2.サービス提供者は、本サービスで提供する機能等に、会員の種類に応じた制限を設けることができます。 3.利用申込者は、Jリーグ及び本サービス事業者が送信するメールマガジン、その他Jリーグ及び本サービス事業者が適切と判断した電子メールを受信することを予め同意したものとみなされます。 第7条 (利用申込みの不承認等) 本サービスの利用申込みを受けたサービス提供者は、利用申込者が、以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、本サービスの利用を承認しない場合があります。 1 利用申込者が、前条第1項の方法によらずに利用の申込みをした場合 2 利用申込者が、過去(利用申込みをした時点を含みます)に、本規約等の違反により、本サービスの利用承認が取り消されている者である場合 3 利用申込者が反社会的勢力の構成員もしくはその関係者である場合 4 申込内容に虚偽の記載があったことが判明した場合 5 利用申込者が実在しない場合 6 利用申込者の指定したクレジットカード等の決済手段につき、クレジットカード会社、金融機関等により、利用停止処分等が行われている場合 7 入会申込の目的が、いわゆるダフ屋行為(チケットの不等な売買行為)またはショバ屋行為(座席等の不等な占拠行為)である、もしくは会員がいわゆるダフ屋行為またはショバ屋行為の常習者であるとサービス提供者が認める場合 8 その他、サービス提供者が不適切と判断した場合 第8条 (登録解除) 1. 会員は、自己の自由な意思で本サービスの登録解除を希望する場合には、サービス提供者が定める方法により、本サービスの登録解除の申出を行います。 サービス提供者は、会員が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、サービス提供者の判断で、会員を強制的に本サービスから登録解除し、本サービスの利用をお断りする場合があります。 1 第6条の方法によらずに利用申込みを行ったことが明らかとなった場合 2 本規約等に違反した場合、または違反するおそれがある場合 3 会員がお亡くなりになった場合 4 その他、サービス提供者が不適切と判断した場合 3.サービス提供者は、本サービスの登録を解除されたお客様の個人情報等、一切の情報を、解除後も引き続き保有する義務を負わないものとします。 第9条 (IDの保有) 1. 複数人が1つのIDを共同して保有することはできません。 会員は、本サービスの会員として有する権利を、サービス提供者が特別に認めた場合を除き、第三者に対して譲渡または貸与し、名義変更その他一切の処分をすることができないものとします。 第10条 (利用環境の整備) 1. 会員は、本サービスを利用するために必要な、PCその他のあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を、自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。 会員は、日本国内外において、本サービスを利用するためには、パケット通信料等の通信費用が発生し、当該通信費用を自ら負担することを確認します。 会員は、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、サービス提供者は、会員の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。 第11条 (ID及びパスワードの管理責任) 1.会員は、自らのIDに関するパスワードを、第三者に使用させ、あるいは第三者と共有することはできません。 会員は、自らのID及びこれに対応するパスワードの使用及び管理について、一切の責任を持つものとします。 2.サービス提供者は、ID及びこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害については、一切の責任を負いません。 3.会員は、ID及びこれに対応するパスワードが盗まれるなど、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにサービス提供者にその旨連絡すると共に、サービス提供者からの指示がある場合にはこれに従います。 4.会員は、自己の設定したパスワードを失念した場合は、直ちにサービス提供者に申し出て、その指示に従います。 第12条 (利用料金) 本サービスの登録及び基本サービスは無料とします。 ただし、本サービスに付随するサービス等を利用する場合は、当該サービスの提供者との間で、利用料金・費用等が発生する場合があります。 第13条 (使用許諾条件等) 1. 本サービスにおいて、サービス提供者が提供する、全てのコンテンツに関する権利は、サービス提供者が保有しています。 したがって、サービス提供者は、会員に対し、サービス提供者が保有する特許権、商標権、著作権、権利性あるノウハウその他の知的財産権(以下、単に「知的財産権等」といいます)の実施または使用を許諾するものではありません。 本サービスの登録解除等により、会員が会員としての資格を喪失した場合は、本サービスの利用権も消滅します。 第14条 (禁止事項) 会員は、本サービスの利用に当たり、以下の各号に該当し、該当するおそれがある行為、または、該当し、該当するおそれがあるとサービス提供者が判断する行為を行ってはなりません。 1 本サービス内のデータを操作または変更しようとする行為 2 本サービスを第三者に利用させる行為 3 本サービスに影響を与える外部ツールの利用・作成・頒布等の行為 4 サービス提供者または第三者のサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為 5 複数人が1つのIDを共同して保有する行為 6 サービス提供者または第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為 7 サービス提供者または第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為 8 サービス提供者または第三者を差別もしくは誹謗中傷し、その名誉もしくは信用を毀損する行為 9 営利を目的として、本サービスを利用し、購入もしくは譲り受けたチケットを第三者に販売ないし譲渡する行為 10 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な状態におく行為 11 上記各号の他、法令、本規約等、公序良俗等に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、サービス提供者の信用を毀損し、またはサービス提供者の財産を侵害する行為、第三者もしくはサービス提供者に不利益を与える行為 12 上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為 13 その他、サービス提供者が不適切と判断する行為 第15条 (免責) 1. 本サービスは、サービス提供者がその時点で提供可能なものとします。 サービス提供者は、提供する情報、コンテンツ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につき、いかなる保証もしません。 サービス提供者は、本サービス上のバグその他を補修する義務及び本サービスを改良または改善する義務は負いません。 会員は、会員自身の責任において本サービスを利用するものとし、サービス提供者は、会員が本サービスを利用する中でなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負いません。 また、未成年会員の保護者は、未成年会員を管理・監督するものとし、未成年会員が本サービスを利用して行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。 このことは、会員が本サービスの登録解除等により会員としての資格を喪失している場合でも異なることはありません。 サービス提供者は、会員が本サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと、その他本サービスに関連する事項に起因または関連して生じた一切の損害について、一切の責任を負いません。 万一、本サービスに関連して会員間において紛争があった場合でも、当該会員間で解決するものとし、サービス提供者は一切その責任を負いません。 本規約に別途定めるとおり、サービス提供者は、本サービスの内容の追加、変更、または本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。 また、アクセス過多、その他予期しない原因で、本サービスの表示速度の低下や、アクセスが不可能となった場合も同様に、一切その責任を負いません。 本サービスに付随する、商品・サービスを販売している販売者との取引は、会員と当該販売者の責任において行い、当該商品・サービスの代金の支払い、契約条件の決定、保証、担保責任その他の一切の責任については、会員と当該販売者が責任を負うこととし、サービス提供者は一切の責任を負いません。 本規約に別途定めるとおり、本規約等に違反する行為またはその恐れがある行為があったと信じるに足りる相当な理由があるとサービス提供者が判断した場合は、当該行為を行った会員の登録を強制的に解除する場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。 本規約等が、消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合で、かつ、サービス提供者が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、サービス提供者に故意または重大な過失がある場合を除いて、サービス提供者は、当該会員が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。 したがって、サービス提供者は、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見することができた場合を含みます)については、その責任を負いません。 サービス提供者が、本サービスに関する事業の一部ないし全部を第三者(サービス提供者の関連会社を含みます)に譲渡等(事業譲渡、会社分割等を含みます)する場合には、本規約等に関する契約上の地位、本規約等に基づく権利及び義務、並びに会員の登録情報その他の情報を、当該譲渡等の譲受人に譲渡等することができるものとし、会員は、かかる譲渡等につきあらかじめ同意します。サービス提供者は、当該譲渡等に伴って会員に何らかの不利益または損害が発生した場合であっても、一切責任を負いません。 サービス提供者は、理由のいかんを問わず、本サービスの追加、変更、中断、終了につき、一切の責任を免除され、会員に何らかの不利益または損害が発生した場合であっても、サービス提供者は一切責任を負いません。 第16条 (本サービスの変更等) 1. サービス提供者は、サービスの運営者の判断により、本サービスの仕様・デザイン・視聴覚表現等の変更、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了することができ、それに伴い会員または第三者に生じる損害を賠償する義務を負いません。 ただし、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了する場合は、やむを得ない事情がある場合を除き、会員に事前に通知することとします。 サービス提供者は、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了する場合であっても、中断または終了に伴い会員または第三者に生じる損害を賠償する義務を負いません。 第17条 (本規約等の違反行為等への対処) 1. 会員が本規約に違反した場合、その他サービス提供者が必要と認めた場合は、サービス提供者は当該会員に対して、以下の各号に定める措置を含む、サービス提供者が必要と判断する措置を講ずることがありますが、その義務を負うものではありません。 なお、この措置により、会員に不利益や、損害が発生した場合であっても、サービス提供者はその責任を負いません。 1 本規約等に違反する行為を止め、同様の行為を繰り返さないよう要求すること 2 刑事事件、行政事件その他に該当する可能性がある場合の警察その他の公的機関への通報等の、違反事実を本サービス内外に開示すること 3 一時的にIDを利用停止とすること 4 会員の本サービスの登録を解除すること 5 利用申込者の利用申込みを承諾しないこと 2. 会員は、サービス提供者が本条第1項の規定に基づいて行った本規約等に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできません。 サービス提供者は、第2項の処分を受けた会員について、本サービスを提供しないこと(サービス提供の拒絶、既に登録している他のサービスの登録解除を含みます)ができるものとし、また、当該処分に必要となる範囲で、当該会員の個人情報等を保存する場合があります。 第18条 (個人情報) 1. サービス提供者は、会員から個人情報を取得した場合には、当該個人情報を、サービス提供者が別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。 会員は、サービス提供者がその個人情報及びその個人の固有の情報を利用して、電子メールその他の手段により本サービスに関する情報の案内などの営業活動を行うこと、ならびにサービス提供者が適切と判断した第三者の商品・サービス等の広告案内などの販売促進活動を行うことを予め承諾するものとします。 第19条 (通信の秘密) 1. サービス提供者は、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第4条に基づき、会員の通信の秘密を守ることをお約束します。 サービス提供者は、以下の各号に該当するとサービス提供者が判断した場合には、前項に定める義務を負わず、会員への事前告知を行うことなく、必要な範囲において、会員の通信の秘密に関わる情報を、閲覧、開示、削除等することができます。 1 刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)または犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(平成11年法律第137号)の定めに基づく強制の処分または裁判所の命令が行われた場合 2 法令に基づく強制的な処分が行われた場合 3 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたとサービス提供者が判断した場合 4 他人の生命・身体、財産、名誉・プライバシーの保護のために必要があるとサービス提供者が判断した場合 5 会員の個別の同意がある場合 6 その他、本サービスの運営を適切に行うために必要不可欠な場合 第20条 (本規約等の有効性) 1.本規約等の各条項の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該条項の無効と判断された部分以外の部分及び本規約等のその他の規定は、有効とします。 2.本規約等の各条項の一部が、ある会員との関係で無効とされ、または取り消された場合であっても、その他の会員との関係においては、本規約等は有効とします。 第21条 (法律の適用及び裁判管轄) 1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。 本規約に関して、サービス提供者と会員との間で紛争が生じた場合は、事物管轄に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。 プライバシーポリシー 個人情報の取扱について 1. 個人情報の利用について ご記入いただいた個人情報は、以下の利用目的に必要な範囲で利用させていただきます。 チケット等の販売促進を目的とした情報、サービスの提供• 各種会員様への特典、サービスの提供• 各種スポンサー様への権益、サービスの提供• 各種イベント、キャンペーン、懸賞等において、諸連絡事項や当選可否等の通知、景品等の送付• 当社の業務上必要な範囲における、部署間及び職員間の諸連絡事項の通知• お客さまの各種お問合せ、ご依頼、ご要望への対応• 個人情報保護法その他法令で認められた利用目的での利用また、取得いたしました個人情報を加工して、個人を特定できない状態としたうえで、統計的なデータとして利用することがあります。 個人情報の第三者への開示、提供について 以下の場合を除いて第三者へは開示、提供いたしません。 事前にお客さまの同意をいただいた場合• サービスのご提供などの際、一部業務を代理店、運送業者、決済業者などに委託する場合• 個人情報保護法その他法令で認められた場合 3. 個人情報の利用目的 北海道コンサドーレ札幌は当クラブの判断で、当クラブ、もしくはJリーグが保護措置を講じた上での業務委託先より、その個人情報及びその個人の固有の情報(嗜好情報等も含む)を利用して、電子メールその他の手段により本サービスに関する情報の案内等の営業活動を行うこと、ならびに両社(クラブ/Jリーグ)が適切と判断した第三者(主に、クラブやJリーグパートナーを指す)の商品・サービス等の広告案内等の販売促進活動を行うことを予め承諾するものとします。 個人情報の管理について 個人情報を開示、提供する業務委託先に対しては、守秘義務契約の締結などを行うとともに、個人情報を適切に管理するため厳正な指示、監督を行います。 情報の管理元:株式会社コンサドーレ/ぴあ株式会社 マイページプライバシーポリシー 平成27年2月10日 制定 株式会社コンサドーレ及びぴあ株式会社(以下、併せて「当社ら」といいます)は、個人情報保護の重要性を強く認識し、その取り扱いには細心の注意を払います。 そのため、当社らは、当社らが会員に関する情報をどのように取得、利用、開示、移転および保存するのかについて規定するプライバシーポリシーを定めます。 このプライバシーポリシーは、当社らが定めるプライバシーポリシー及びサービスの利用規約等とともに、会員向けマイページサービス(以下「本サービス」といいます)の利用に適用されます。 取得する情報 1. 会員から直接取得する情報 当社らは、会員が本サービスの登録手続を行う場合、以下の情報を提供していただく場合があります。 1 年齢・生年月日 2 氏名 3 メールアドレス 4 アカウントへのアクセス者の本人確認に必要なパスワード等のその他の情報 5 住所・電話番号 6 当社らがウェブサイトにおいて取得すると定めた情報 7 その他当社らが指定する会員に関する情報 1. カスタマーサポートに関連する情報 当社らカスタマーサポートのサポートを受ける場合、会員が提供する連絡先情報(通常は氏名とメールアドレスですがこれらに限られません)、サービス上のアクティビティに関する情報、および会員IDを取得、保管することがあります。 また、サポートの際のやり取りおよびその中に含まれる情報も保管することがあります。 クッキー等を利用した情報取得 本サービスにアクセスする際、当社らは下記の特定の技術情報を取得します。 当社らおよび当社らの代理となるサービス提供者は、ログファイルおよびトラッキング技術を使用し、クッキー、IPアドレス、ブラウザの種類、ブラウザの言語、参照ページおよび出口ページ、プラットフォームの種類、クリック数、ドメイン名、ランディングページ、ページ閲覧数およびページの閲覧順序、各ページのURL、特定のページの閲覧時間、アプリもしくはウェブサイトの状況および当社らのアプリもしくはウェブサイトにおけるアクティビティを行った日時、およびその他の情報を取得、分析します。 内部での使用を目的とし、これらの情報を会員の会員ID番号と関連付ける場合もあります。 取得した情報の利用 当社らは、取得した会員の情報を以下の目的のために利用します。 1 当社らの商品・サービスの提供のため 2 本人確認、認証サービスのため 3 本サービスを利用してご購入にされた商品・サービス等(チケットを含みます)に関するご連絡及び本サービスに関連する規約等の変更などの重要な通知をお送りするため 4 ターゲットを絞った当社らまたは第三者の商品またはサービスの広告の開発、提供のため 5 アンケートの実施のため 6 懸賞、キャンペーンの実施のため 7 マーケティング調査、統計、分析のため 8 システムメンテナンス、不具合対応のため 9 技術サポートの提供、会員からの問い合わせ対応のため 10 本サービス、その他当社らが提供する商品・サービス等の開発、提供、メンテナンス及び向上に役立てるため 11 広告の配信およびその成果確認のため 12 不正行為もしくは違法となる可能性のある行為を防止し、利用規約を施行するため 13 その他当社らの各サービスにおいて定める目的のため 3. 情報の共有・第三者提供 当社らは、以下の場合、会員の情報を第三者と共有ないし第三者に提供することがあります。 1 会員の同意を得た場合 当社らは、会員の同意を得た場合、会員の情報(個人情報の場合もあります)を第三者である会社、組織、個人に提供することがあります。 2 第三者サービス提供者との共有 データ分析、メール送信、ホスティングサービス、カスタマーサービスなどを当社らの代理で行うサービスを提供する第三者、または、当社らのマーケティングのサポートを行う第三者に対して会員の情報を提供します。 すべての第三者サービス提供者に対して、開示情報の機密を保持し、当社らの代理でサービスを提供する以外の目的に会員の情報を使用しないように指示するものとします。 3 試合・興行主催者への提供 本サービスにより購入したチケットを用いて会場に入場する際の本人確認のため、試合・興行主催者及び会場の管理者にチケット購入者及びチケット利用者の情報(個人情報の場合もあります)の全部または一部を提供することがあります。 また、本サービスにてチケットを購入した会員に対して、興行主催者が、試合・興行の中止・延期・内容変更等の連絡や、それに伴う払い戻し業務を行うため、当社らから興行主催者にチケット購入者及びチケット利用者の情報(個人情報の場合もあります)を提供することがあります。 4 第三者広告主との共有 当社らは、 i 特定の技術情報(IPアドレスを含みます)、 ii 個人を特定できない統計情報、(iii 個人を特定できないサービスの利用に関する情報を第三者広告主と共有することがあります。 会員は、このような情報を当社らまたは第三者広告主が会員傾向分析、人口統計分析、ウェブ分析のため、また、会員に行動ターゲティング広告と呼ばれる広告のために使用することに同意します。 5 法律上の理由 会員の居住国内外において、法律、規則、法的手続または公的もしくは政府機関からの要求により、当社らが会員の個人情報を開示することが必要になる場合があります。 当社らは、国家安全保障、法の執行またはその他の公益の実現のために必要または適切であると判断した場合、会員に関する情報を公開することがあります。 当社らは、当社らの利用規約の執行、当社らの運営もしくは会員の保護のために、開示が合理的に必要であると判断する場合、会員に関する情報を開示することがあります。 6 売却または合併 組織再編、合併または譲渡に際し、当社らが取得した個人情報の全部または一部を関係者に移転することがあります。 個人情報の保護 1 当社らは、会員の個人情報の紛失、盗用、悪用、不正アクセス、開示、改ざんおよび破壊を防ぐための、合理的な、管理上の、技術的および物理的措置を講じています。 2 会員の個人情報の安全性を保持するため、当社らは従業員にプライバシーおよび安全性のガイドラインを伝達し、社内でのプライバシー保護対策を徹底しています。 個人情報へのアクセス 1 当社らが法律または正当な事業目的のために当該データの保存を要求されない限り、当社らに不正確なデータの訂正またはデータの削除を要請するために、会員がアクセスできるように、当社らは商業的に合理的な努力をします。 2 情報が誤っている場合、すぐに更新または削除する方法を会員に提供するように、当社らは誠実に努力します。 ただし、正当なビジネス上または法律上の目的で当該情報を保持する必要がある場合を除きます。 3 会員からの要請に対応する前に、本人確認をお願いすることがあります 4 当社らは、不合理に繰り返し行われる要請、過度の技術的努力を要する要請、他者のプライバシーを害する虞のある要請、著しく非現実的な要請または当該アクセスについて適用される法律により別段要求されない要請については、お断りすることがございます。 取得した情報の廃棄 取得した個人情報は、当社らによる通常の事業運営に照らして、合理的に不要と判断される時点で廃棄します。 プライバシーに関するお問い合わせ 当社らのプライバシーポリシーに関する質問やお問い合わせは、下記のご連絡先宛にご連絡ください。 プライバシーポリシーの変更 当社らは、プライバシーポリシーを随時更新することがあります。 プライバシーポリシーの重要な変更は、最新のプライバシーポリシーとともに本サービス上に掲示します。 プライバシーポリシーの変更は、当社らが本サービス上に掲載した時点から適用されるものとします。

次の

コンサドーレ札幌のペトロビッチ監督が61歳に 日本で13度目の誕生日

コンサドーレ 札幌 掲示

札幌ペトロビッチ監督61歳 日本で13度目誕生日 北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロビッチ監督が18日、61歳の誕生日を迎えた。 札幌・宮の沢での練習後、報道陣から特製ケーキを贈られ祝福された。 ケーキを1口食べると「ベリーグッド!」と笑顔。 「日本に来て13回目の誕生日。 私も長く日本にいるなと思う。 大事なのは健康でいること。 1年しっかり健康で自分の仕事を全うできれば」と、抱負を口にしていた。 76 日本代表の監督やるなら、優勝しないとな。 ここぞと言う時の勝負弱さが目につく。 代表は 4バック嗜好が強い中で、いつまで 3バックに拘るのかも見ものだな。 74 老けてるのは日差しを受けているから 引用元: — 都倉賢 Ken Tokura 返り咲きカウントダウン tokurasaurus ミシャ、61歳の誕生日おめでとう🎉 — 駒井善成 yoshi2266.

次の

コンサドーレ札幌何でも掲示板

コンサドーレ 札幌 掲示

北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアムである札幌ドームは、7日、2018年度「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」の受賞者を発表した。 2018年度「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」にチャナティップ選手が選出された。 同日、市内ホテルで開催されたスポンサー向けの「2018 コンサドーレ札幌 感謝の集い」内にて授与式が行われた。 チャナティップ選手の選出理由は、札幌ドームサイトにて実施したファン投票で最多票を獲得(計3,293票中2,065)したことや、その持ち前のスピードと足技が評価されたことによる。 「札幌ドームMVP賞・サッカー部門」は2004年より毎年実施されており、受賞者のプレートが、札幌ドームの連絡通路廊下に掲示される。 SNS上の関連コメント 今季のコンサドーレの大躍進をけん引したチャナティップ選手が、Jリーグの優秀選手賞と札幌ドームMVP賞を受賞しました。 チャナティップ選手、おめでとうございます。 — 北海道コンサドーレ札幌《公式》 consaofficial 関連外部サイト• — 札幌ドーム• — 北海道コンサドーレ札幌オフィシャル ニュースより コンサデコンサ内関連記事•

次の