手間をかけてしまい。 「お手間を取らせてしまい」の本当の使い方と意味は?ビジネスで使える例文や言い換え表現も|MINE(マイン)

手間をかけずに最短で希望の物件を見つける方法教えます

手間をかけてしまい

楽しみにしている外食解禁 外食解禁の予定ですが、やっぱり心配だなと思ってきた。 そんな風に思っている人少なくないですよね。 おふたりさまで話し合っていますが、 外食・旅行心配だね。 となってしまいます。 周りの友達・家族と話しても話題は、 コロナ関連ばかりです。 給付金の事・お金・外食・仕事などで、 全てがコロナに関しての内容で、 話していても不安しかない状況で、 少しでも楽しいことを考えたいものです。 スポンサーリンク 少し手間をかけて家ですごす 少し手間をかえて家ですごすことを考えみました。 少しの手間は家で食べるもの・飲むものにこだわること、 キレイな部屋ですごすこと、思い出のものを見る時間など、 家にいる時間が多いし、梅雨時期なので気分的にも落ち込みます。 天気が良いと気持ちはいいし、何をしようと思ってきます。 断捨離は進んでいますが、キッチンの断捨離と掃除に苦戦しています。 もう少しで良い感じになると思って、頑張っています。 そうめんのめんつゆを手作り そうめんのめんつゆを手作りしました。 時間がないと手作りする気にはなりません。 今は美味しいめんつゆが販売されています。 しかし、自分でつくるとやっぱり美味しいです。 そうめんの食べ方やめんつゆは、地域によっては違いますが、 今回はなすそうめんです。 そうめんは頂き物なので、節約になっています。 同じ味ではないので飽きないで食べることができます。 これからも出来るものは手作りしたいのですが、 少しだけ手間をかけることがポイントなので、 面倒くさい物・腱鞘炎が悪化しそうな動作は避けたいです。

次の

「お手間を取らせてしまい」の本当の使い方と意味は?ビジネスで使える例文や言い換え表現も|MINE(マイン)

手間をかけてしまい

Q 「お手数をお掛けして申し訳ありません」、従来この表現を何も考えずに使っていました。 WEB上で検索しても、よく使われていることが窺われます。 ところがある時、次の疑問が生じて以来、この表現が使えなくなってしまいました。 結論としては通用している表現なのだろうと思うものの、何故? と自問すると自答できません。 手数を掛けたのは相手方であって、その原因をつくったのが私です。 原因を作ったことを詫びるのですから、正しくは「お手数を掛けさせて申し訳ありません」、こう述べるべきなのではありませんか。 この考えの適否、並びに「お手数をお掛けして申し訳ありません」が正しい場合、その理由が文法上からも正しいのか、文法には外れているが慣習として正しいのか、解説を希望します。 よろしくお願いします(よく知られた疑問で、何処かで論じられていはしまいかと危惧しながら)。 A ベストアンサー どういたしまして、は「あなたが思っているほどわたしは気にしてないんです」という意味ですから、もちろん「ご迷惑をおかけしました」でも使えます。 ただその「ご迷惑」の内容によりけりでしょう。 例えば、何かを教えて欲しいと頼まれて、そのあと「いろいろご迷惑をおかけしまして」といわれれば「どういたしまして」はいたってふつうの挨拶です。 「ご迷惑」がほんとうはそれほどのことでもなく、かけられた本人も相手への好意からむしろ喜んでしているような、言葉のあやとしての「ご迷惑」の場合がこれ。 ところが隣の乱暴息子がうちの家のガラスを割って、親が「ご迷惑をおかけしました」とあやまりにきたときに「どういたしまして」はいかにもそらぞらしい。 あきらかにウソに聞こえる。 「ご迷惑」がほんとうに迷惑で迷惑でたまらないときに、「どういたしまして(=迷惑ではありませんよ)」というのは虚礼に見えてしまうし、かえって相手も「これはいやみを言われてるのか」と勘ぐってしまう。 こういうときは「どういたしまして」ではやはりちょっとおかしいでしょうね。 「今後はどうかひとつよろしくお願いしますよ。 ま、お気になさらずに」とでも言うほうが適当か。 一般に、「ご迷惑」がほんとうに迷惑になってゆくにつれて、「どういたしまして」はあまり使われなくなってゆくようです。 お互いの感情の問題として。 どういたしまして、は「あなたが思っているほどわたしは気にしてないんです」という意味ですから、もちろん「ご迷惑をおかけしました」でも使えます。 ただその「ご迷惑」の内容によりけりでしょう。 例えば、何かを教えて欲しいと頼まれて、そのあと「いろいろご迷惑をおかけしまして」といわれれば「どういたしまして」はいたってふつうの挨拶です。 「ご迷惑」がほんとうはそれほどのことでもなく、かけられた本人も相手への好意からむしろ喜んでしているような、言葉のあやとしての「ご迷惑」の場合がこれ... A ベストアンサー >「お手数をおかけしました。 」と「ご迷惑をおかけしました。 」は、使い分けでもするのでしょうか。 します。 * 手数: 1 手間暇のかかること。 手続きの簡単でないこと。 2 特にその物事のために尽力すること (三省堂『広辞林』) 「手数をかける」の場合、特に 2 のニュアンスが強いです。 迷惑:人から、困るようなことを頼まれたり、されたりすること。 当惑すること 同上 * 行為、行動の当事者が「本当は(内心)嫌であるのに」その行為に携わった場合、特に後者が使われるように思います。 ですから文頭に置いて使う場合は、相手がその仕事に対して「どう思うだろうか」ということを推察している訳です。 例)「お手数をおかけしますが No. >「お手数をおかけしました。 」と「ご迷惑をおかけしました。 」は、使い分けでもするのでしょうか。 します。 * 手数: 1 手間暇のかかること。 手続きの簡単でないこと。 2 特にその物事のために尽力すること (三省堂『広辞林』) 「手数をかける」の場合、特に 2 のニュアンスが強いです。 迷惑:人から、困るようなことを頼まれたり、されたりすること。 当惑すること 同上 * 行為、行動の当事者が「本当は(内心)嫌であるのに」その行為に携わった場合、特に後者... A ベストアンサー ついこないだまで受験生でした。 この7月に国家試験を受けてきました。 彼の性格、試験に対する努力の量、合格可能性にもよると思いますが、私は、今回、4度目の受験で、模試ではかなり上位で合格圏にいて、「普通にやれば」受かる位置にいました。 ですが、試験は水物で普通にやればが怖いものです。 前日も眠れません。 早めの夕方の時間帯なら起きているでしょうから、眠れなくても大丈夫、思うようにやって来いと送ってあげたらどうでしょう。 予備校の先生が口すっぱく言っていたのですが、人間一日寝ないくらいでは、試験に影響しません。 私の試験は5時間のものでしたが、終わったあとくたくたですが、2時間も眠れませんでしたが、大丈夫でした。 試験の日は集中力が違いますから、そのくらいは乗り切れます。 他の合格者からもわりとそういうのを耳にしました。 眠れない不安もあるかもしれません。 普通にできるかどうかの不安もあるかもしれません。 試験は開き直って、思うようにやるのが一番だと思います。 当日はいってらっしゃいかな。 これはまた試験後の話ですが、合格発表の前夜にまたメールしてあげて下さい。 きっと眠れませんから。 今度のメールは受かってるから大丈夫というような内容のメールを。 私は約一週間前そんなメールを頂きました。 泣きそうになりました。 合格をお祈りいたします。 思うようにやれば大丈夫ですよ。 ついこないだまで受験生でした。 この7月に国家試験を受けてきました。 彼の性格、試験に対する努力の量、合格可能性にもよると思いますが、私は、今回、4度目の受験で、模試ではかなり上位で合格圏にいて、「普通にやれば」受かる位置にいました。 ですが、試験は水物で普通にやればが怖いものです。 前日も眠れません。 早めの夕方の時間帯なら起きているでしょうから、眠れなくても大丈夫、思うようにやって来いと送ってあげたらどうでしょう。 予備校の先生が口すっぱく言っていたのですが、人間... A ベストアンサー 以前幼稚園に勤務していました。 anrinkomachi様こんにちは! お出かけですか?良いですね。 私の勤めていた園ではご父兄からの電話で 「家庭の事情で一週間お休みさせます」 とか、ストレートに 「旅行に行くのでお休みします」 など説明されていました。 小学校に上がってからだと社会性を身につけるためにも遊びの理由でお休みするのは難しいでしょうが、幼稚園ですとそれもお子さんの大切な経験になりますよね。 堂々と仰って良いと思います。 ちなみに、お子さんは園では何でも話してくれます。 お父さんお母さんが大好きなので、お出かけした話などはとても嬉しそうに報告してくれます。 こちらとしてもそんなお子さんを見るのはとても嬉しいです。 もし、仮病などで休まれますと、登園してきてからその子がどうしていいのかわからなくなるでしょうし、こちらも病み上がりのお子さんへの対処などいろいろ考えてしまいますので、およしになった方が良いかと思います。 ただ年少さんなので、しばらく休んだ後の登園では、入園当時の様に、お母さんと離れたくなくて泣き虫さんになっちゃう事もあるかもですね。 しばらくするとなじむでしょうし問題ないとは思いますが、不安でしたら先生とお話ししてみて下さいね。 以前幼稚園に勤務していました。 anrinkomachi様こんにちは! お出かけですか?良いですね。 私の勤めていた園ではご父兄からの電話で 「家庭の事情で一週間お休みさせます」 とか、ストレートに 「旅行に行くのでお休みします」 など説明されていました。 小学校に上がってからだと社会性を身につけるためにも遊びの理由でお休みするのは難しいでしょうが、幼稚園ですとそれもお子さんの大切な経験になりますよね。 堂々と仰って良いと思います。 ちなみに、お子さんは園では何でも話してくれ...

次の

「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

手間をかけてしまい

「お手数おかけしました」の意味と漢字 「お手数をおかけしました」の意味は「こちらの依頼に対して、労力をかけさせました」 「お手数をおかけしました」は 「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせました」という意味になります。 こちらのために何かをしてくれた 相手に対しての、感謝やお詫びの気持ちが込められています。 「手数」の意味は「それに施すべき手段の数、その物事または他人のために特に力を尽くすこと」です。 ビジネスシーンで使われる場合は「自分以外の第三者のために行う物事を達成するために必要な労力」を意味します。。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「掛ける」は「他に向けてある動作・作用に及ぼす」「ある物・場所などに事物の一部をささえとめる」を意味します。 「手数を掛ける」以外にも、「迷惑を掛ける」「時間が掛かる」「電話が掛かる」などと使います。 ただ、 「お手数をおかけしました」は「お手数をお掛けしました」と漢字で表記することは少ないです。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数をおかけしました」はビジネスシーンで使う 「お手数をおかけしました」は、ビジネスシーンで 目上の人に使うことができる表現です。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしました」は二重敬語ではないので、正しい敬語表現です。 より丁寧にしたい場合は「する」の謙譲語「いたす」を使って、「お手数をおかけいたしました」とします。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 使い方としては、 ・お手数をおかけしました。 ありがとうございました ・お手数をおかけしましたにもかからず〜ありがとうございます ・お手数おかけしましたが〜心から感謝申し上げます などとなります。 例文 ・この度は、大変お手数をおかけしました。 ・わざわざ遠いところからお越しいただきありがとうございます。 お手数をおかけいたしました。 ・お手数をおかけしましたが、おかげで報告書が完成いたしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 また、謝罪の言葉だけを述べるよりも「お手数をおかけしました」を添えると、何に対してのお詫びかということが伝わりやすくなります。 「お手数をおかけしました」は少々堅い表現のため、多少の謝罪に使うには仰々しいです。 使い方としては、 ・お手数をおかけして、申し訳ございません ・お手数をおかけして、大変恐縮です ・お手数をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます などとなります。 例文 ・お手数をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・この度は、私の個人的なお願いで何かとお手数をおかけいたしました。 ・問題が解決したので、ご連絡いたします。 お手数をおかけしました。 ・先日は当方の不手際で、大変お手数をおかけいたしました。 「お手数をおかけしました」への返事・返信 ビジネスシーンでは「とんでもないです」「お気になさらないでください」などを使う 相手が「お手数をおかけしました」と使ってきた場合「申し訳ない」という気持ちが含まれています。 そのため「謝らなくて大丈夫ですよ」「迷惑ではありませんよ」といった気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、 ・とんでもございません ・お気になさらないでください ・滅相もないです ・お役に立てて光栄です などが適切です。 「とんでもないです」「お気になさらず」は「心配しないで」「気に留めないで」という意味合いになります。 「問題ないです」「大丈夫です」だと少々素っ気ない感じがでてしまいます。 「とんでもないです」「お気になさらず」だと印象が柔らかく、相手に不快感を与えることもないです。 「お手数をおかけしました」に対する返事の例文 ・お気になさらないでください。 ・とんでもないです。 お役に立てて光栄です。 ・これぐらい何ともありません。 ご安心ください。 ・滅相もないです。 少しでもお力になれて良かったです。 ・お役に立てたようで、安心しました。 「お手数をおかけしました」の類語 ご面倒をおかけしました 「面倒」の意味は、 ・体裁の悪いこと、見苦しいこと ・ものごとをするのが煩わしいこと、手数のかかること になります。 「ご面倒をおかけしました」も「お手数をおかけしました」と同様に、謝罪や感謝をするときに使います。 「ご面倒〜」という表現はかなり面倒なことをお願いしてしまった場合に使うのが適しています。 「ご面倒をおかけしました」は親しい間柄の相手に使用する言葉なので、目上の人にはあまり使いません。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、ご無理なお願いでご面倒をおかけしました。 ・ご面倒をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしました 「迷惑」の意味は、 ・どうして良いか迷うこと ・困り苦しむこと、難儀すること ・他人からやっかいな目にあわされて困ること になります。 「ご迷惑をおかけしました」は自分の行動や招いたことによって、相手に悪い影響を及ぼしてしまった場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご迷惑」は、自分が何らかの失敗をしているときでないと、使うべきではありません。 また「ご迷惑をおかけしました」だけでも謝罪の気持ちは伝わりますが、「ご迷惑をおかけしました」のみだと物足りない感じがするので、謝罪の言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・この度は、当方の手違いにより、大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。 深くお詫び申し上げます。 お手間を取らせてしまいました 「お手間を取らせてしまいました」で使う「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 となります。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 例文 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 お手を煩わせてしまいました 「手を煩わす」は「人の世話になる」「面倒をかける」「厄介をかける」を意味します。 ビジネスシーンでは、目上の人に、例えば書類の整理を手伝ってもらったり、責任者として謝罪の席に同席させてしまったりなどと様々な場面で使うことができます。 例文 ・この度は、お忙しい中、私のお願いでお手を煩わせてしまいました。 誠に申し訳ございません。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 「お手数をおかけしました」の英語 「お手数」は「inconvenience」「trouble」など 「お手数」つまり「迷惑」を意味する英語は、 ・inconvenience ・trouble などになります。 「toruble」は名詞としても動詞(他動詞)としても使います。 謝罪の表現は「apologize for... 」「be sorry for... 」 「お手数をおかけしました」という表現には謝罪・お詫びのニュアンスが含まれています。 よって、英語では、 ・apologize for... ・be sorry for... / be sorry to... 動詞 などの形を使います。 「お手数をおかけしました」の英語の例文 「お手数をおかけしました」は英語で、 ・I'm sorry for your inconvenience. ・I'm sorry to trouble you. ・Sorry for the trouble ・I know it's a big ask などと表現します。

次の