未来 の ミライ くん ちゃん 声。 細田守監督最新作『未来のミライ』くんちゃん声優評価が低い上白石萌歌の声は合ってないと賛否のアニメ映画あらすじネタバレ感想

未来のミライのくんちゃんの声優が下手で合ってない?ネットの反応まとめ!

未来 の ミライ くん ちゃん 声

もくじ• toho-ent. php? そのため今回、妹の『萌歌』さんが『未来のミライ』に出演したことにより、 姉妹で細田守監督の作品に出演したことになりますね! 『萌歌』さんはこれまでに女優として、ドラマや映画には出演していたもの、声優としての活動経験は無く『未来のミライ』がアニメ初出演となったそうです! アニメ初出演が、 『細田守監督の最新作の主人公』ということで、いきなり注目作に大抜擢されました。 ちなみに『福山雅治』さんも『未来のミライ』の出演が長編アニメでの声優初挑戦となったようです。 作中では『青年(ひいじいじ)役』ということで、 渋い声で演技が上手かったと評判になっています。 福山さんが演じる『ひいじいじ(青年)』に関してはで書いていますので、良かったら見て下さいね! 声優としての 福山さんの演技に関するネットでの反応については、で書いています! まずは、 『くんちゃんの声』に対するネットの反応を下にまとめました。 ミライの未来に関しては自分は話より声優陣について苛立っていて、特にくんちゃんに関しては最初から最後まで成人女性の声にしか聞こえなかった。 Web ページのキャストでまともなのは宮崎美子だけだったな。 — Toshihiro Goto x67x6fx74x6f 未来のミライ くんちゃんの声優さん 役と合ってなかったー。 もろ若い女の子が喋ってます感がやばい。。。 — 神崎 UpBk7 2018年7月22日 ただ、くんちゃんは声優さんに演じて欲しかったなあ。 第一声めに感じた違和感が最後まで抜けなかった。 個人的にもこの意見には同意しています。 映画を見ていても決して『棒読み』とかでは無いですし、演技自体に関しては問題はないと思います。 ネットの反応でも、演技が下手という意見はそこまで多くは無かったです。 しかし上の意見でも出ているように、 声があまり合っていないという印象を受けました。 4歳の声というよりは、 中 学生くらいの女の子という感じで、叫ぶような演技をしている際には、その傾向がより顕著に表れていました。 映画を見ていても他のキャストの声が馴染んでいただけに、最後までどうしても 『やや浮いてしまっているなあ』という印象を持ってしまいましたね。 そもそも幼児の演技はとても難しいはずですし、 声優初挑戦で演じる役としてはかなり『ハードルが高い』のではないでしょうか? そこからも『くんちゃん』に関しては、本業として声優をやっている方や、声の質を考えても子役の方に演じて貰ったほうが良さそうな気もします。 上白石さんが『くんちゃん』を演じることになった、きっかけについては下の通りです。 ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。 引用 上のように、元々は『 成長したミライ』役のオーディションに参加したが、細田監督の意向で『くんちゃん』を演じることになったようですね! この経緯を知って、個人的にはそのまま 『ミライ役で良かったのでは?』と思ってしまいました 笑 声質的にも女子中学生の『ミライ』を演じた方がしっくりきますよ! あまり素人が意見するのは気が引けますが、多くの人が共感してくれたら嬉しいです 笑 ちなみに『成長したミライ』がなぜ現代にやってきたのかはで書いていますので良かったら見て下さいね!.

次の

未来のミライは声優が下手で酷い!声に違和感がありすぎて映画に集中できないと話題!

未来 の ミライ くん ちゃん 声

『未来のミライ』「くんちゃん」について 本作の主人公。 本名は「おおた くん(太田訓)」。 甘えん坊な4歳の男の子。 生まれてきた妹に両親の愛情を奪われ、戸惑う。 ある日、飼い犬のゆっこと庭にいた時に「ミライ」と言う少女と出逢い、時空を超えた冒険の旅に出る。 電車が大好きで電車の名前を覚えている。 お父さんに妹の名前は何が良いと聞かれた際は「のぞみ」、「つばめ」の名前を挙げている。 いつも電車のおもちゃで遊んでいて、度々このおもちゃに関するトラブルも発生する。 オレンジ色の201系をデフォルメしたイラストが描かれた服を持っている。 尚、原作小説にはくんちゃん誕生の際に「命名 訓」という漢字が当てられている。 また、幼稚園の名札には「おおた くん(太田訓)」と書かれている。 出典:Wikipedia 本題に入りますが、映画『未来のミライ』の主人公「くんちゃん」の声優は 上白石萌歌さん です!! 『未来のミライ』くんちゃんの声優は誰?名前は上白石萌歌! それでは、映画『未来のミライ』の主人公「くんちゃん」の声優を務める上白石萌歌さんのプロフィールについて以下でみていきましょう。 上白石萌歌(かみしらいし もか) 本名 同じ 生年月日 2000年2月28日(19歳) 出生地 鹿児島県鹿児島市 身長 162 cm 血液型 A型 職業 女優 ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台 活動期間 2011年 — 事務所 東宝芸能 姉に上白石萌音さんがいて、お互いに芸能関係のお仕事を頑張っています。 趣味は歌唱、走ること、写真を撮ること、散歩、美術館めぐりだそうです! まだ19歳と若いですが、10歳の時から芸能会入りしています。 小学校5年生ですよ!?考えられませんね。 当時の東宝シンデレラオーディションでは最年少のグランプリ入りだったそうです。 『未来のミライ』くんちゃんの声上白石萌歌、声に違和感?下手なの? 映画『未来のミライ』の主人公「くんちゃん」の声優は女優の上白石萌歌さんだともったいないいうことがわかりましたが、どうやら上白石萌歌さんが声優を務める「くんちゃん」の声に違和感がある、下手じゃないかというコメントが多いようなので掲載しようと思います。 =========== 未来のミライはくんちゃんの声が酷すぎてほんとに耳を疑うレベル =========== 「未来のミライ」…くんちゃんの声がザンネンなんだよなぁああああああああああああああああああああああ…ゲフンゲフン。 =========== え!未来のミライのくんちゃん?の声変じゃね?成人女性みたいな声じゃん。 演じるのはもうすぐ成人する女性ですね(笑)) =========== ユーネクストで先回りして未来のミライ観たけど、主人公のくんちゃんの声が女子高生の声にしか聞こえなくて 頭の中で小さな男の子の声に補完しようとしても限界だったから開始10分も経たずに見るのやめてしまった… 残念、、. くんちゃん…。 子どもの声と話し方じゃないよ…。 =========== わたし、未だに未来のミライのくんちゃんの声が合って無さすぎたことずっと根に持ってる =========== ミ ライ の 未来見ようと思ったけどくんちゃんの声が全く合ってなくて集中出来ない =========== 未来 の ミ ライはくんちゃんの声が男の子っぽくなくて違和感が勝っちゃって全然面白くなかった でも映像は本当綺麗で細田監督の醍醐味は味わえる そしてゆっこは可愛いし、ひいじぃちゃんは最高 =========== 来週から細田祭りか。 未来のミライのくんちゃんの声優、ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてたな。 =========== 未来 の ミ ライはくんちゃんの声が違和感しかなくて内容が入ってこないんだよなあ。 でも若い頃のおじいちゃんと未来のくんちゃんがイケメンすぎるって事だけは覚えてる =========== 来週、『未来のミライ』やるのか。 くんちゃんの声がなぁ。 声のせいで見に行かなかったくらいだからなぁ。 =========== 、、、、、、、、、。 酷評の嵐ですね。。。 もしかしてこの記事を読んでくださってる方はくんちゃんの声優誰や!下手すぎるとか考えて読みにきてくれました?(笑).

次の

【未来のミライ声優一覧】くんちゃんが下手で違和感あり?

未来 の ミライ くん ちゃん 声

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。 ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受けるみたこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、 そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。 そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。 お父さん、お母さん、そして犬のゆっこと小さな庭のある家に暮らしているが、妹が生まれたことで両親の愛情を奪われることに。 ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。 くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました。 とても難しい役でしたが、模索しながらも楽しんで挑戦しました。 くんちゃんはずっと見ていても飽きないくらい愛くるしい。 「」は、細田監督の愛を強く感じる作品です。 その愛情を受け取り、くんちゃんとしてしっかり存在したいです。 【関連記事】 ミライちゃん(CV:黒木華) くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた不思議な少女。 監督と今作で再びご一緒することができてとても嬉しいです。 4歳の子どもが主人公の作品はなかなかないのでとても楽しみにしていました。 私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。 くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です。 おとうさん(CV:星野源) くんちゃんが時をこえた先で出会う青年。 父親の面影を宿している。 くんちゃんに大きな影響を与えることに。 収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を観させていただきましたが、その段階ですでに、心引き込まれ感動出来るこの作品が持つ力に驚きました。 歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。 僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています。

次の