武田 邦彦 コロナ ウイルス。 【ホンマでっか⁉︎】武田邦彦先生怒る!新型コロナ感染者数・感染拡大・外出自粛の真実

武田邦彦先生の言うコロナの結末と日本赤十字社が懸念する第2、第3の感染症の恐怖~私にできる事~

武田 邦彦 コロナ ウイルス

ホンマでっか!? TVに出演されている武田邦彦先生 とても痛快な物言いで、お茶の間をたのしませてくれます。 テレビで見るとただの面白い人に見えるかもしれませんが、原子力や材料・環境・倫理などの研究を行っており、学術論文・総説などは約800編、学術発表約1400件、特許などは約100件の実績をお持ちの方です。 現在は中部大学総合工学研究所 教授(特任教授)に就任されています。 私個人としては、肩書とかはどうでもよくて、自らの収集したデータに基づいて、既存の考え方や常識にとらわれない発言をされているところが大好きです。 私のブログでも少し前に記事で取り上げさせていただきました。 新型コロナウイルスについて、独特の知見を述べられていたので、紹介させていただきました。 2020年4月28日現在も、新型コロナウイルスに関する情報を積極的に発信されています。 少しずつ、新型コロナウイルスに関する情報がわかってきた今、新型コロナウイルスの結末について考えてみたいと思います。 ゴールデンウイーク直前の新型コロナウイルスの現状 東洋経済オンラインから、感染者数のグラフを引用します。 このサイトのグラフは、とても親切に作りこまれています。 ニュースサイトなどでよく見るグラフは、感染者の累計だけが表示されていますが、東洋経済オンラインの「新型コロナウイルス国内感染の状況」は「新規数」「累計数」を切り替えることが出来ます。 画像引用:東洋経済オンライン 新規患者数の増加が4月12日から18日あたりをピークに下がってきていることが分かります。 全国集計でいうと、確かに新規感染者数は減ってきています。 このまま収束してくれるのか?と期待してしまいます。 4月7日に非常事態宣言が出てから、日本中で外出を控えることが徹底されました。 その効果が表れてきたのか。 無症状病原体保有者と呼ばれる、症状はないが、ウイルスを保菌している人が水面下で大量にいて、その人たちが免疫を獲得し、集団免疫を獲得しつつあるのか。 前者の外出自粛の効果ではないかというのが、世間一般の捉え方だと思います。 私もそう思います。 このサイトの優れている点は各県ごとでのグラフ表示ができるという所があります。 北海道の新規患者数を表示させてみると 画像引用:東洋経済オンライン 感染者数の山がいくつか分かれていて、第2、第3のピークがやってきている印象があります。 北海道の状態を見ると、ここ数日で下がってきている感染者数がまたぶり返す可能性も捨てきれません。 武田邦彦先生が主張する今後の新型コロナウイルスの影響 東京都が自粛を呼び掛けてから、患者数が増加した? 画像引用:東洋経済オンライン 武田邦彦先生は自粛をすることで、感染者数が増加したと話しています。 今まで外にで活動していた家族がずっと自宅にいることで、家族間で感染が進んだと主張されています。 武田先生は新型コロナウイルスの感染予防の自粛は効果が期待できないと考えているみたいです。 コロナウイルスの伝搬は飛沫感染と接触感染により起こるといわれています。 武田先生は接触感染による感染がメインだと考えているようです。 「人ー人」ルートで感染するケースよりも、「人ー物ー人」ルートで感染するケースの方が多いとのことです。 つまり、自粛することでは、直接感染者数を減らすことはできない。 それよりも、手の触れる環境を消毒する方が効果的だと訴えています。 外から家の中に持ち帰ったものに付着したウイルスをアルコールや次亜塩素酸水で消毒することが一番効果的だと話しています。 コロナウイルスの収束について 武田先生は新型コロナウイルの収束は2つケースが想定されると話しています。 ゴールデンウイーク後に収束する これは4月前半のピークが流行の主ピークであり、このまま収束する。 こちらは楽観論です。 8月くらいに収束する 4月前半のピークが流行前段階であり、もう1度流行のピークがくるという可能性。 こちらは悲観論です。 楽観論が7割、悲観論が3割の確率だという事です。 確かに、4月26日~28日の新規感染者数を見ると、その様に思えてきます。 私には、非常事態宣言による外出自粛が効果があったのか、無かったかの判断はつきませんが、武田先生が主張している内容をすべて否定はできないとは考えます。 考え方というのは自由-冷静に分析してパニックにならずに行動- 私は、武田先生の動画を見て自粛生活を辞めて、外食したりサウナに行ったり旅行に行ったりすることはありません。 仕事が医療職でテレワークと無縁の仕事なので、毎日出勤します。 コロナウイルスに関する情報は正確だと思われるものから、不正確なものまで雑多に溢れています。 不安を煽る情報も数多くあります。 営業自粛しないパチンコ店の店舗名を公表すると、そのパチンコ店に客が押し寄せたなんていうニュース。 これでは、なんのための自粛か?・・・と騒ぎ立てる。 確かにパチンコ店にウイルス保持者が入店すれば、そこでクラスター発生のリスクが高まります。 (不思議とパチンコ店でのクラスターの報告は無い) パチンコ店やパチンコ好きの人を擁護するつもりはありません。 (非難するつもりもない) 私にパチンコ屋の営業を止めることも出来ないし、パチンコに行く人を止めることも出来ません。 私が新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためにできる事は単純 変えられるのは自分だけ 新型コロナウイルスがこの先、ゴールデンウイーク後に収束するのか、8月ごろに収束するのか、それとも、第2波がやってくるのか・・・ それは分かりません。 異常事態が長期化すると、自分が我慢しているのに、あの人はずるいという思想に陥りがちです。 病院勤務している私としては、異常事態宣言下でも休めないし、感染のリスクの高い環境に身を置くことになります。 出勤時に子供と散歩をしている親子を見ると、正直うらやましいな・・・と思う事あります。 その人、その人で抱えている問題は違うんですよね。 出勤できなくて、生活に不安を抱えているかもしれないし、長引く休校自粛のストレスでDVに発展するなんていうニュースも耳にします。 みんな大変なんです。 他の人は変えられない、変えられるのは自分だけ 私にできる事は• 石鹸を使ってまめに手洗いをする• ドアノブ等手が触れるところをアルコールや次亜塩素水を使って拭き清掃する• 仕事や買い物以外で人の多い所には行かない• マスクを着用する これだけです。 恐ろしいのは第2、第3の感染症 ここでいう第2、第3の感染症というのは 新型コロナウイルスが変異して新たな脅威として人類を襲うとかいう話ではありません。 日本赤十字社のWEBサイトの内容を引用して説明します 第1の感染性は病気そのものです 新型コロナウイルス自体の事です 第2の感染症は不安と恐れです 新型コロナウイルスはわからないことが多く、治療薬もないしワクチンもないため恐怖を感じます。 現状インフルエンザよりも感染者数や死者数が少ないにも関わらずこれほど恐怖を感じるのは、なんだか分からない・薬が無いという事が大きな原因です。 不安や恐れは、気づく力・聞く力・自分を支える力を弱めてしまします。 その結果、考えることをやめてしまいます。 画像出典:日本赤十字社 第3の感染症は嫌悪・偏見・差別です 不安と恐れから嫌悪・偏見・差別が生まれます。 見えないウイルスとの戦いでみんな消耗しきっています。 咳をしている人や、マスクをしていない人、感染者数が多い地域の人に対して過剰なまでに警戒してしまい。 誰も信じられなくなってしまいます。 新型コロナウイルスの最も怖いところは、 ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するということが、文字通り人と社会とのつながりを断ってしまうケースが多いところです。 画像出典:日本赤十字社 この第1・第2・第3の感染症はぐるぐるループして日本中、世界中の人たちを巻き込んでいきます。 画像出典:日本赤十字社 まとめ テレビやネットには新型コロナウイルスに関する不安を煽る情報にあふれています。 もっと、たくさんの人が新型コロナウイルのせいで亡くなるかもしれない。 自分や自分の家族が感染するかもしれない・・・という恐怖から、多くの人が思考停止状態になってしまっています。 私の個人的な主観ですがテレビのワイドショーの新型コロナウイルスに関する情報は不安を煽る伝え方に偏っていると感じます。 PCR検査をしない事が悪いとか、テレワークしない企業が悪いとか・・・ 不安なほうへ引き寄せられます。 ワイドショーからの情報収集はほどほどにしたほうが良いと感じています。 (と言いながら私も見ていますが・・・ワイドショー) 新型コロナウイルスに関する情報収集は冷静な状態で行う必要があります。 それには一方的に情報を流し込んでくるテレビよりも、自分で情報を選ぶことが出来る媒体、新聞やネットの方が、まだよいと感じています。 これもほどほどが良いです。 人間は本質的に悪いニュースばかりに目が行ってしまいます。 冷静でないと第2の感染症である不安と恐怖に飲み込まれてしまいます。 武田邦彦先生は遅くても8月には新型コロナウイルスは収束すると述べれられています。 この考えは世間一般の考えからすると楽観的ともいえます。 楽観的な情報にしても、悲観的な情報にしても、よく自分で考えることが重要で、 この人が言っているからと思考停止してしまうと、考えは悪い方へ悪い方へと思考が進んでしまい、不安と恐怖がやってきます。 新型コロナウイルスの本質が、不安と恐怖、それによる嫌悪・偏見・差別だということを理解して、自分にできる事だけをやっていくことが、結果として感染症に負けない自分・社会につながります。 必ず! me-hige.

次の

武田邦彦先生の言うコロナの結末と日本赤十字社が懸念する第2、第3の感染症の恐怖~私にできる事~

武田 邦彦 コロナ ウイルス

聞き流しにも最適です。 中国からコ〇ナが来たというだけでは責任の免除になりません。 なんでかって言うと、日本はほとんど感染者が増えなかったんですよ。 主には靴を脱いで上がる習慣とかそういったものでしょうけども、いずれにしても日本は非常に少なかったわけです。 2つ大きな犯罪がありますね。 1つは、大したことないのに非常に多くの人に損害を与えたという問題。 もう1つは、主にテレビですけども、大したことがないのに人々に非常に深刻な不安感、恐れを抱かせたこと。 この2つは、どうしても解決しておかないと、次回にこういうことが起こった時、もしくは、日本社会というものがこのままでは崩壊してしまいますね。 その中には・・・。 武田邦彦先生の公式チャンネルではございませんが、 良かったらチャンネル登録をお願い致します。 [公式] ニューソク通信社 自然治癒倶楽部 【武田邦彦先生プロフィール】 昭和18年 1943 6月3日、東京都生まれ。 昭和37年 1962 都立西高等学校卒業・昭和41年 1966 東京大学教養学部基礎科学科卒業。 同年 1966 旭化成工業(株)に入社、 1986 同社ウラン濃縮研究所長、平成5年 1993 より芝浦工業大学工学部教授を経て、平成14年 2002 より名古屋大学大学院教授,平成19年より中部大学教授. 平成27年より同じく中部大学教授(特任教授)に就任(辞令は「中部大学教授を命ずる。 特任教授を委嘱する」となっている。 工学博士、専攻は資源材料工学。 (現在のその他の役職) 名古屋市経営アドバイザー、富山市政策参与、名古屋大学高等研究院院友、芝浦工業大学名誉賛助員、旭化成社友、高分子学会フェロー、株式会社ラッド取締役(社外)、ダイコク電機株式会社取締役(社外) (前、元などの履歴) 内閣府原子力委員会専門委員、内閣府原子力安全委員会専門委員、文部科学省中央教育審議会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員。 東京大学、京都大学、東北大学、横浜国立大学、早稲田大学、立教大学、愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、芝浦工業大学評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長、NEDO技術委員,日本工学教育協会常任理事、JABEE工学一般審査委員長、非営利法人「おもしろ科学たんけん工房」「テクノ未来塾」理事などを経験。 アンドル県シャブリ生まれ。 パスツール研究所に在籍した。 1983年、HIVを発見した。 2008年、フランソワーズ・バレ=シヌシ及びハラルド・ツア・ハウゼンと共にノーベル生理学・医学賞を授与された。 しかし、当時HIVの発見に関しては米国のメリーランド大学ヒトウイルス学研究所のロバート・ギャロとの間でどちらが最初の発見者かの争議もあり、米仏両政府を巻き込んで政治問題化しかけた経緯もあるが、ギャロは受賞対象外となった。

次の

【武田邦彦】新型コロナ緊急 事態が変わりました!政府は何かを隠している。もはや私たちは政府もマスコミも信用できない状態にある。皆さん、覚悟が必要です

武田 邦彦 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスについてですけども、いよいよ私たち国民はこの病気について真剣に考えなきゃいけない段階に来たと思います。 現在の状態で、出ているデータと政府の決定がこれほど離れているのは、何かあるんです。 だから日本の歴史初めて政府を信用できない状態にあるんです。 私の長い人生でもこれほどのことは初めてです。 こうなったらもう自衛ですね。 皆さんマスクをして手も洗って、人混みに行かずになんのかんの全部対策を取ったほうがいいですね。 家族内でも気をつけたほうがいいですよ。 とくにタオルを共有したりコップを共有したりすることがないように、家族で誰かが移っても絶対病院行けませんからね。 救急車も来てくれませんから。 勉強になる武田先生のトークを武蔵野ののどかな風景とともに毎日配信しています。 武田先生プロフィール 東京大学教養学部基礎科学科卒業。 同年 1966 旭化成工業(株)に入社、 1986 同社研究所長、平成5年 1993 より芝浦工業大学工学部教授を経て、平成14年 2002 より名古屋大学大学院教授,平成19年より中部大学教授。 youtube. youtube. youtube. youtube. 私は以前に「不機嫌な太陽」の推薦文を先生に書いていただいたものですが、 その節はありがとうございました。 痛風とか胃の病気になられている、とのことで、お見舞い申し上げます。 合成洗剤、食品添加物の界面活性剤の危険性を訴えられた故人の柳沢文正博士は、 著書「健康食入門 酸性体質を変える 」で体質をアルカリ性にするために野菜が重要であると、主張されていました。 そのためにはDIC 大日本インク のスピルリナ 藍藻 が良いのではないでしょうか。 参考にしていただければ幸いです。 話は違いますが、この柳沢文正博士は、糖尿病や肝臓病の特効薬「メゾ酒石酸カルシウム」を開発されていましたが、 法律改正で、自然に存在する化学物質でも数億円もかかる臨床データが必要となったために、発売停止となってしまいました。 また、界面活性剤は健康に良いような印象を与えますので、界面破壊剤と名称を変更すべきだと思います。 また、坂村健博士はOSのwindowsよりずっと前に、それより優れているTRONを開発されましたが、米国の反対で製品化が阻止されました。 活躍されている日本の科学者が認められないのは、本当に残念に思う次第です。 先生方が頑張っておられるので、一般市民の私も頑張ろうと思います。 どうかお体を大事にしてください。

次の