コロナなべ。 コロナ鍋もトレンド入り「コロナ禍」一体何て読む?

コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナなべ

栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況について 栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況一覧 栃木県内における新型コロナウイルス感染症の発生状況は以下のとおりです。 7月17日現在• 居住地にかかわらず、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき、栃木県及び宇都宮市に届け出のあった患者について掲載しています。 (他県や検疫所に届け出があった患者は、他県等で公表されます。 ) 患者・御家族の人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。 退院・退所日の「退院」には、感染症法上の入院勧告解除(入院中)を含みます。 栃木県における新型コロナウイルス感染症の検査実施状況について 令和2 2020 年7月17日までに、栃木県(宇都宮市保健所実施分及び委託分を含む)が実施した新型コロナウイルス感染症の検査件数は10,552件です。 委託分は、委託医療機関が検体採取を実施した日の件数です。 (委託医療機関から報告があった件数を掲載しています。 ) 栃木県における新型コロナウイルス感染症に係る電話相談件数について 栃木県における新型コロナウイルス感染症に係る電話相談件数は以下のとおりです。 (7月16日現在)• 栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況について(詳細) 県内113~118例目 令和2年7月17日新型コロナウイルス感染症の発生が6件ありました。 県内108~112例目 令和2年7月16日新型コロナウイルス感染症の発生が5件ありました。 県内104~107例目 令和2年7月15日新型コロナウイルス感染症の発生が4件ありました。 県内99~103例目 令和2年7月14日新型コロナウイルス感染症の発生が5件ありました。 県内96~98例目 令和2年7月13日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内94~95例目 令和2年7月12日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内91~93例目 令和2年7月10日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内89~90例目 令和2年7月8日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内88例目 令和2年7月7日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内87例目 令和2年7月5日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内85~86例目 令和2年7月3日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内83~84例目 令和2年7月2日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内80~82例目 令和2年7月1日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内77~79例目 令和2年6月30日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内75~76例目 令和2年6月29日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内70~74例目 令和2年6月28日新型コロナウイルス感染症の発生が5件ありました。 県内67~69例目 令和2年6月27日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内66例目 令和2年6月2日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内65例目 令和2年5月25日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内63~64例目 令和2年5月20日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内62例目 令和2年5月19日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内61例目 令和2年5月18日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内59~60例目 令和2年5月15日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内58例目 令和2年5月14日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内57例目 令和2年5月12日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内56例目 令和2年5月8日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内55例目 令和2年5月7日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内55例目 (4月30日に発生届取り下げのため削除) 令和2年4月28日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内53~54例目 令和2年4月26日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内52例目 令和2年4月22日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内50~51例目 令和2年4月21日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内47~49例目 令和2年4月20日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内45~46例目 令和2年4月19日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内43~44例目 令和2年4月17日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内41~42例目 令和2年4月16日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内40例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内39例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内38例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内37例目 令和2年4月14日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内36例目 令和2年4月13日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内33~35例目 令和2年4月11日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内32例目 令和2年4月10日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内29~31例目 令和2年4月9日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内27~28例目 令和2年4月9日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内23~26例目 令和2年4月8日新型コロナウイルス感染症の発生が4件ありました。 県内21~22例目 令和2年4月8日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内20例目 令和2年4月7日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内18~19例目 令和2年4月7日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内17例目 令和2年4月1日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内15~16例目 令和2年4月1日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内13~14例目 令和2年3月31日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内12例目 令和2年3月29日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内11例目 令和2年3月26日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内7~10例目 令和2年3月25日新型コロナウイルス感染症の発生が4件ありました。 県内5~6例目 令和2年3月24日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内4例目 令和2年3月20日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内3例目 令和2年3月18日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内2例目 令和2年3月5日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内1例目 令和2年2月22日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。

次の

コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナなべ

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の

【新型コロナ対策】「みんなが買ったもの」医師に聞いた「備えておきべきもの」

コロナなべ

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の