子供 白血病 初期 症状。 【急性骨髄性白血病】の8つの初期症状をチェック、病院へ行く前に

子供の白血病の症状について

子供 白血病 初期 症状

白血病患者です。 (再生不良貧血)です。 お子様が何歳なのか分かりませんが、そして白血病にはたくさんの種類があります。 貧血や風邪っぽいなどで、寝込むほどの症状が出ないで急に 倒れてしまい死にいたる方もいます。 どうして白血病と疑うのか分からないのですが まずは、血液検査をきちんと白血病を前提にしてもらえばいいだけです。 本当に心配でしたら私の経験上では専門医でないと難しいと思います。 私は再発組なのですが、ある日、痛みもかゆみもなく、熱もなく 身体が動かなくなって「あれ~??動けない」という日がありました。 熱が出て動けないのとそっくりな症状ですが、熱の苦しさは全くないのです。 異常なだるさ、とでもいうのでしょうか。 3日くらい家で寝ていて「ん、、いよいよ変だ、、」と思い 病院へ。 ところが血液検査をして白血球が異常値でも(普通最低値で3500くらいかな) 「何かの感染症でしょう。 (風邪なども含みます)まあ、今日こうやって病院にこれたので 大丈夫ですよ」てなもんです。 との時は1500でした。 (異常値なので、普通はさわぐのかもしれませんが 原因が分かるまでは、どんな病気でもこんな扱いです。 ) 2週間くらいして起き上がれるようになりましたが、その後元気な時に 再発が分かりました。 なので、私は自分をも含め、たくさんの白血病(不良性貧血含)の人を知っていますが 一概には言えません。 急性の白血病で骨髄性といわれるもので、急に発見、 そして急死の仲間も居ますが めまいが多かったです。 急に血の気が引く様に感じ、座り込んで、「あ~立ちくらみだ」なんて言っていた子が 白血病ですぐになくなったこともあります。 また白血病の種類も本当に色々です。 症状も色々です。 私の様に意識だけはしっかりしているのに何故か動けない。 急な立ちくらみみたない症状、そしてすぐに元に戻るなど。 一概には何とも現役の立場から言えません。 病気を抱えていても、ごくごく普通に寝込むこともなく 暮らしていますよ。 不治の病、とだけはどうか思わないで下さい。 何十年も病気と共存して皆、頑張って生きている人は生きています。

次の

【こどもの白血病】9つの初期症状をチェック!まずは冷静になろう

子供 白血病 初期 症状

微熱が3日以上続く。 風邪による発熱だと思っていたら、実は小児白血病の症状だったという事もあります(我が家がそうでした)。 微熱が長続きする場合は連れて行きましょう。 風邪と診断されたあとも微熱や発熱が続く場合は、別の病院の打診も念のためしておきましょう。 この時期の初期症状は風邪と良く似ていて、誤診になってしまう場合も少なくないからです。 顔色が悪く、だるそうにしている。 子供は大人のように疲れを次の日に残すようなことはほとんどありません。 毎日元気いっぱいです。 それなのに疲れやすくなった、だるそうにしている、顔色が悪いといった状態の時は何か原因があると思います。 ぶつかったところが出血斑になる。 娘は右腕と肩に出血斑がありました(病名がわかってから気づきました)。 娘にきいてみると、「わからない」「テーブルで打ったかも」と言ってました。 無意識にぶつかったくらいで出血斑がでるというのはかなり内出血しやすくなっていたのではと思いました。 出血斑は白血病によく見られる症状のひとつなので、注意が必要です。 娘の白血病発見したときの話 娘はとても活発な子で、いつも元気に野山をかけまわることが大好きな「アラレちゃん」みたいな子でした。 家でゲームをしたりすることもありましたが、私の娘のイメージは常に外でどろんこで遊んでいる印象が強いです。 そんな娘が、朝おきるのをぐずり、家でずっとごろごろしていました。 風邪かな?疲れがでたのかな?くらいしか思っていませんでした。 しかし、その日に高熱をだし、市販の薬を飲ませて解熱するものの、また上がってきて、そのたびに薬で解熱というのを繰り返しました。 このときすぐに病院に連れて行かなかったこと、「家で寝かせておけば治る」と思っていたのを本当に後悔しています。 最初の熱から1週間経っても治らず、「風邪をこじらせたのかもしれない」と病院に連れて行ったところ、悪夢の宣告を受けたのです。 「これは風邪の熱じゃない。 大きな病院で詳しく検査してもらってください」。 それから大学病院で 白血病が発覚したのです。 まとめ 小児白血病をはじめとする小児がんは、 お子さんが自分で痛みや症状を訴えることが少ないため、早期発見が難しいのが現実です。 私の娘の場合、だるそうな様子、微熱があったのに病院に連れていく事が遅かったのは、親として失格だと今も悔やんでいます。 私のような後悔をすることがないよう、このブログを読んでくださる皆様には、 親御さんが日ごろからよく観察して、お子さんの様子や体の変化を見過ごさないこと、「すぐに治るだろう」と様子見をしないことを心がけて欲しいと切に願います。

次の

悪性リンパ腫 症状 子供の場合

子供 白血病 初期 症状

子供なのでいつもの風邪かちょっとした発熱と考えるかもしれませんが、小児悪性リンパ腫も疑いましょう。 小児の場合、進行速度が成人に比べて圧倒的に早いので早めの処置が必要になります。 悪性リンパ腫は、リンパ節にできるがんです。 ほとんどが3歳から10歳の間に発病し、患者は女児よりも男児に多い傾向があります。 首や縦隔(左右の肺にはさまれた部分)、腹部に多く発生します。 悪性リンパ腫では病巣がリンパ節に集中し、骨髄の機能は比較的正常に保たれるため、貧血や出血などの白血病特有の症状はあまり現れません。 また5歳未満の子供の発症は稀で、5〜11歳の間に発症のピークがあります。 スポンサーリンク 発生部位は、首、腹部、縦隔(じゅうかく)と呼ばれる 左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分に多く発生します。 首や脇の下、足の付け根などのリンパ節に発生した場合は、 しこりを感じますが、痛みはありません。 小腸や大腸に腫瘤を作って出血や消化管が詰まってしまう腸閉塞などの症状を起こします。 肝臓や脾臓自体にリンパ腫細胞が入り込んで腫大したりすることもあります。 また、あまり多くはありませんが、頭の中に腫瘤を作ることもあり、神経症状を起こします。 主に放射線療法が行われます。 全身に広がっている場合は抗がん剤を用いた化学療法を実施します。 ホジキンリンパ腫の場合は、放射線療法と化学療法が行われ、非ホジキンリンパ腫は化学療法が行われることが多いです。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の