煮物 日持ち 冷蔵庫。 おでんの保存方法は?作りおきしたおでんを長持ちさせるコツ!

かぼちゃの煮物は日持ちする?冷蔵庫での保存なら何日くらい大丈夫?

煮物 日持ち 冷蔵庫

惣菜の保存期間は味付けし大で如何様にでも変わります。 簡単な言い方をすれば、濃い味付け程長持ちすると言えます。 より詳しく説明すれば、pH、塩分濃度、水分活性、保存温度が影響します。 アルコールの添加も効果的です。 後は初菌数ですが調理の熱によってどの程度殺菌されたかによって変わり、段階殺菌でかなり微生物を死滅させられます。 こう行った微生物学的知識を応用すれば、かなりの保存が可能です。 薄味でなら数時間で腐敗は進みます。 外に出しておけば、およそ4時間で微生物数は2桁増えるでしょう。 8時間で腐敗に近い状態になります。 温度を10度下げれば、増殖速度を半減できます。 佃煮の様な濃い味付けにすれば、それこそ1ヵ月以上も冷蔵庫保存できる惣菜も作れます。 実は今から何年か前の盆休みの頃に冷蔵庫が壊れました。 食材を大量に買い込んで来た後にそれに気が付きました。 普通なら買って来たものを諦める所なのでしょうが、ありとあらゆる自分の知識を駆使して、冷蔵庫が届くまでの確か4日以上を持たせた事がありました。 ANo1です。 補足します。 たとえ、冷凍でも家庭の冷凍冷蔵庫では限界があります。 (-5度までしか冷えない) ドアの開け閉めの頻度でも中の温度差はかなりなもの。 夏に、室内が25度に設定されていても冷蔵庫は10度に保とうとします。 でも、一度扉を開け、5秒で閉めても18~20度位まで一気に温度が上昇します。 それからまた10度まで冷やすを繰り返すのです。 開けなくても、外気温が高いと冷気を奪われます。 冷蔵庫の温度差の大きいこれからの季節は特に注意が必要だと思いますよ。 お礼内で残り物をお弁当のおかずにってありましたが、前日の残りなら問題ないと思います。 ただ出来れば、ごはんとおかずは別容器にすることと、ご飯には「梅干し」おかずには「レモンのスライス」を添える事を勧めます。 味を変えず、痛むのを遅らせる効果があり、夏バテ対策にもなります。 あと、冷蔵庫内に冷気を逃がさないようにする「ビニールのカーテン」をお勧めします。 ホームセンターや、雑貨屋さんで置いてありますよ。 素材的には豆腐や生野菜等の水分の多い物はなかなか難しいでしょう。 そして、熱伝導率で考えますと、アルミは良いアイテムですね。 熱伝導率だけで考えますと銅やチタンも良いのですがそんな加工費がかかって高価な物は売れるはずが無いからどこも造っていませんね(苦笑) 「日もち」と言う点で、食感以外におなかを壊す原因の問題も有るかと思います。 これは 調理時から冷凍までの間にどれだけ菌が付着&増殖するか、そして、保管時の菌の増殖度合いが重要でしょう。 冷凍しても腐敗菌など、活動が押さえられるだけで、停止はしていないんです。 ほぼ 完全に停止状態を得る為にはマイナス35度以下。 実際に食品加工業者などの素材保管庫はマイナス40度からマイナス45度だそうです。 近所の佃煮屋さんは、マイナス40度以下なら 何年でも持つ。 問題は出入りで温度上昇が有るので、マイナス45度に設定していて、それでも3年以内に出庫している と言ってましたよ。 我が家の冷蔵庫は古い機種なので、冷凍がマイナス8度ですし、瞬間冷凍なんて機能もないので、常温に冷めたご飯をラップでくるんで冷凍しても、3~4日、頑張って一週間まで 菌の問題じゃなくて、食感ですね。 半年以上1年でも大丈夫なのは、だし汁です。 大きな魚のアラとか、鳥ガラとか、大きな鍋て煮込んだら、すぐに使わない分を製氷機で凍らせて、ほとんど年中利用出来ますよ~。 (パッケージの賞味期限を過ぎてたので、どこにも文句言えませんけれどね。 ) これが、マイナス30度以下で保管してたら、まだまだ数年は大丈夫だったんでしょうかねぇ~(笑) あ、そうそう、炒め物で きんぴらごぼう 密閉が良くなかったためか、数週間後にチンしたら、干涸びて(爆笑) それぞれ 対処が重要ですね。 素材的には豆腐や生野菜等の水分の多い物はなかなか難しいでしょう。 そして、熱伝導率で考えますと、アルミは良いアイテムですね。 熱伝導率だけで考えますと銅やチタン... A ベストアンサー 料理によって、冷凍の保存期間は差が有ります。 asahi-kasei. html の「ホームフリージング講座」をご参照下さい。 冷凍保存に際しては、めんどくさいですが、一回に食べる分だけを冷凍保存袋(必ずしも「ジップロック」コンテナーや「ジップロック」ブリーザーバッグでなくても良い)に小分けして保存されるのが良いです。 また、冷凍保存した時の味についてですが、長期間おいしさを長持ちさせるためには、上記URLに記されているように、空気に触れないようにすることが大切です。 料理や食品を入れた冷凍保存袋の中の空気を抜き取るのにストローを使うことがありますが、 ストローでは十分空気が抜けなかったり、またストローを使うのに嫌悪感を持たれる方もおられます。 このような場合、ジッパー付保存袋の空気を抜くことが出来る安価な真空パック器も最近販売されています。 asahi-kasei. html 料理によって、冷凍の保存期間は差が有ります。 asahi-kasei. html の「ホームフリージング講座」をご参照下さい。 冷凍保存に際しては、めんどくさいですが、一回に食べる分だけを冷凍保存袋(必ずしも「ジップロック」コンテナーや「ジップロック」ブリーザーバッグでなくても良い)に小分けして保存されるのが良いです。 また、冷凍保存した時の味についてですが、長期間おいしさを長持ちさせるためには、上記URLに記されているように、空気に触れないよ... Q いつもお世話になっています。 鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。 一人暮らしで、何食にも分けて食べています。 一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。 四人前くらい。 汁をなるべくすくわずに。 二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。 三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。 夜 お米をいれて、雑炊にする。 4皿は冷凍しておく。 こんな感じで、何食か分けているのです。 鍋からは直接食べていません。 麺類も具もほかの器にとって食べています。 ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。 家の中は寒いです。 夏にやるつもりはありません。 できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、 衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか? A ベストアンサー 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。 僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。 ほぼ同じようなことをしてます。 僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。 出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。 ちなみに、常に室温で置いてます。 店の食材に匂いが移るといけないので。 調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。 火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。 僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。 味のバリエーションが減るので。 水炊きの状態です。 疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。 あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。 無駄にしない限り経済的だと思います。 水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です...

次の

作り置きおかずは忙しい毎日を助ける!冷蔵庫で日持ちする期間は?

煮物 日持ち 冷蔵庫

常温でも保存できる? 冷蔵庫に入れられない場合! 常温保存の場合は? 基本的に常温保存はしないでください。 季節にもよりますが、夜に作ったものを常温で置いておいて次の日食べようとしたら腐ってたということはあります。 どうしても冷蔵庫に入れれない場合は、粗熱が取れてからタッパーなどの密閉できる容器に入れて保存したり、発泡スチロールの箱に保冷剤を入れて、その中で保存すると良いかと思います。 しっかり火を通してから食べよう なお、食べる前に必ずしっかりと火を通すようにしましょう。 夏場や湿気の多い季節ですと、半日で傷んでしまうということも考えられますので、この場合は絶対に常温で保存しないようにしましょう。 引用元- 作りっぱなしはダメ 冬場でも、どこに保存しておくかで全く違ってきますね。 しかし、早めに食べきってしまうのが、味の面でも体にとっても良い方法でしょう。 長く味わいたいなら冷蔵庫に入れよう! 煮物の保存方法について おせち料理は数日、日持ち可能 お正月の3の重のメイン料理「煮物」は、旬の食材をたっぷり使用して作られます。 そのため、余ってしまわないように少なく作ろうとしても、数種類の具材を入れるため、結局大量に作ってしまい、冷蔵庫内は大量の煮物でいっぱいになってしまうという経験はおせちを作ったことのある方ならば誰でも1度は経験しているのではないでしょうか。 おせち料理は日持ちさせるためにコッテリとして味付けになっているので、ある程度の日持ちは可能となっています。 煮しめ、筑前煮の場合は? しかし、常温で保存した場合、 煮しめならば3日から4日ほど、筑前煮ならば1日が限界となります。 また、常温で保存する場合、煮しめは鍋で保存し、1日に1度は必ず火入れを行うようにします。 こうすることで、熱によって菌類の繁殖を抑制し、具材に味が浸み込んで前日よりも美味しくなるからです。 筑前煮の場合、太陽の光が当たらない 室温が10度以下の場所で空気に触れないように保存するのがオススメです。 筑前煮を3日間おいしく食べたいという方は、味付けを濃いめにし、粗熱をしっかり取って密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存したり、発泡スチロールに保冷剤を入れて、保存するとある程度日持ちしますが、隠し味にお酢を少量加え、必ず1日1度は火入れを行うようにしましょう。 引用元- マメにメンテを おせち料理は、元々、正月三が日もつように作り方を工夫されたもの。 塩、砂糖、酢など、天然の保存剤を多めに使うことで、長めの保存が可能になっています。 煮物は、味を濃くはできても、汁がネック。 こまめに火を通しましょう。 日持ちさせるコツは何?? 煮物を保存したい時のポイント! 味付けを濃くする 常備菜を日持ちさせるコツは、砂糖や醤油、みりん、塩、酢などの調味料を多く入れることです。 いつもの料理より濃く味付けするようにしましょう。 砂糖やみりんに含まれる糖分、醤油や塩の塩分、酢やレモンの酸には、食品に微生物が発生し増殖するのを抑える働きがあります。 漬け物やジャム、マリネが日持ちする理由は調味料にもあるのですね。 食材にはしっかり火を通して減菌 食材には、見た目にはわからない雑菌がついています。 日持ちする常備菜を作るためには、 しっかりと加熱することが大切!雑菌の繁殖を防ぐだけではなく、殺菌・減菌することになるわけです。 作った後、冷蔵庫で保存していても、雑菌は繁殖します。 そのため食べる前に火を通すほうが悪くなりにくいです。 電子レンジで温めてもOKです。 また菌の繁殖を防ぐためにも、取り分ける時は清潔な箸を使いましょう。 直箸は厳禁です! 水分をとばす ひじきは常備菜の代表格ですが、実は同じひじきでも煮物よりつくだ煮にして煮詰めた方が日持ちするんです。 水分を少なくすることが日持ちのポイントにもなります。 ツナなども、しっかり炒めて水分を飛ばしましょう。 ほうれん草の和え物などは、別々に冷蔵しておいて食べる前に和えるのもよいですね。 水分は雑菌の繁殖には欠かせません。 そのため水分がある食品は雑菌が繁殖しまうのです。 逆に乾物はしっかりと乾燥させて水分がないため、日持ちしますよね。 引用元- 雑菌は大敵 1回ずつの食事の支度にあまり時間を掛けられないような場合、常備菜はありがたい存在です。 しかし、せっかく作っても保存方法がぞんざいではもったいないことに。 レシピがあればその通りに、保管容器にも気を配りましょう。 1 大根だけをラップに包み、冷凍用容器(袋でも可)に入れて冷凍する。 2 煮汁ごと小さめの蓋付きの冷凍用容器に入れて冷凍する。 これを1日以上冷凍庫に入れて、解凍して食べてみました。 1 は必要分だけ取り出して、 電子レンジで解凍してみました。 水分がしみだしてしまい、大根が少ししぼんだような状態に。 食感はかなり柔らかく、ふわふわした感じになりました。 2 は凍った汁ごと お鍋に入れて、温めて溶かしました。 食感は少し柔らかかったですが、汁はきちんと大根に染みていて、見た目は冷凍前と変わりませんでした。 冷凍するときは、小分けに 結果的には、煮汁と一緒に冷凍し、お鍋で温めて解凍する方法が一番おいしかったです。 ただし、1回に使う分量を考えて冷凍しないと、冷凍してからの小分けは難しいので注意してくださいね。 大根だけを冷凍しておくと、少量で使う時には便利ですが、解凍するときに水分が出てしまいやすいので、食感が落ちるかも。 少しでも水分を閉じ込めておくために、一つ一つ小分けにして冷凍したものは、レンジで解凍するのではなく、 自然解凍する方が、味の変化が少なくすみます。 引用元- まとめ 煮物は冷蔵庫で保存して、食べるときに火を通すといいですね。 日持ちをする工夫をして長く味わえるようにしてみてください。

次の

残った温かい料理はすぐ冷蔵庫へ?食中毒を防ぐ正しい保存方法

煮物 日持ち 冷蔵庫

熱を入れる時には必ず火にかけて下さい。 熱が入るからといってレンジで加熱しても意味がないので気をつけて下さい。 また、冷蔵庫で保存する時にたっぷりの煮汁と一緒に保存すると、煮汁が腐敗防止の役割をしてくれます。 長期保存したいなら煮汁は多めに! 煮物の長期保存は、火入れが必須なので火入れをする度に汁が蒸発してなくなってしまう恐れがあります。 そのため、 保存する期間が長くなって何度も火入れをする場合には、汁は多めに作って保存をした方が良いです。 もし、長期保存になるかわからない場合は、汁は多めに作って他の容器に空けておくのが良いです。 煮物自体は汁気を飛ばしておいて、2、3日で食べきれるなら食べてしまった方が美味しく食べられます。 しかし、食べきれなかったら長期保存になり火入れが必要になってくるので、火入れをする時に少しずつ煮汁を足していけば長く保存することができます。 煮物の種類で保存方法も違う?! また、 煮物の種類によっても汁を入れたままで保存をするかしないかに関わってきます。 肉じゃがや筑前煮だと冷蔵庫で3日程度• しっかりと味付けをしたひじきの煮物なんかは5日程度の日持ちになります。 煮物は、きちんと 欠かさず火入れをすれば日持ちはしますが、あまり長い期間火入れを繰り返していると煮汁が煮詰まってしまうので、美味しくなくなっていきます。 保存はできますが、なるべく早めに食べきってしまった方が良いですね。 また、 少しでも長く日持ちさせたい場合は味付けを濃いめに調理したりと工夫する必要があります。 煮物は冷凍保存ができる?! ちなみに、 煮物は冷凍でも保存できます。 ただし、冷凍保存に適さない具もあるので、棲み分けが必要になります。 冷凍に適している煮物は? 冷凍に適している主な煮物は、• 大根やかぼちゃなどは、煮汁も一緒に冷凍します。 他の煮物は、具材と煮汁を分けて冷凍して、食べる時に汁気が無くなっていたら、汁と一緒に煮詰め直せば復活します。 冷凍で保存できる期間は、だいたい2週間〜1ヶ月です。 汁気の多い煮物は、劣化が早いのでできれば早めに食べて下さい。 煮物を鍋のまま冷蔵庫で保存しても良いの? 煮物を鍋ごと冷蔵庫に入れて保存するのは特に問題はありません。 持ち手が取れて、そのまま冷蔵庫に入れられる鍋も売っている事ですし、冷蔵庫に鍋を入れられるスペースがあるなら鍋ごと入れて置いても良いですよね。 その際には、もちろん しっかり冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしてくださいね。 実は煮物は冷める時に味が染み込み美味しくなると言われているので鍋に入れたままゆっくり冷ます事は美味しく食べるコツだったりします。 なので、できる限り、じっくりゆっくり冷ましていきたいところです。 そんな時には、鍋を密閉してバスタオルに包んで新聞紙にくるんでおくとじっくり冷ます事ができます。 ただし、鍋のまま入れると冷蔵庫内の温度は上がりやすくなるので食中毒の問題が出てくるため注意が必要です。 鍋のまま冷蔵庫に入れる際はしっかり冷めているのを確認する必要があるんですね。 夏場は鍋のまま保存は避けるべき理由! 鍋のままだと冷えるのに時間がかかるので、 夏場は菌が繁殖しやすいのであまり鍋のままというのはおすすめできません。 常温で置いておくとあっという間に菌だらけになってしまいます。 食べる時には、しっかり火を入れてから食べて下さい。 夏場は別の器などに移して 早めに冷まして、冷蔵庫へ入れる方が安全ですよ! まとめ 煮物を保存するにも、保存方法で日持ちや味も変わってきます。 ここまで保存方法を考えるならめんどくさいかもしれませんが、食べられるだけの量で作った方が美味しく食べられるので良いかもしれませんね。 でも、作り置きって忙しい時には重宝するんですよね。 美味しさか手軽さか、悩ましいところです。

次の