実印 銀行 印 同じ。 実印とは?認印・銀行印・シャチハタとの違い

実印と銀行印を同じにすることはできるのか?

実印 銀行 印 同じ

銀行印を実印にしても構いませんが、その場合、銀行は別の印鑑に 変更して下さい。 重要な実印を銀行印と兼用するのは間違いです。 印鑑証明・押印した書類から印影の偽造が簡単にできます。 一般人は一生に何回も実印を使いません。 使わないかもしれません。 相続、住宅ローン借入、不動産・普通車の売却時位です。 実印登録したら、盗まれないように厳重に保管しないといけません。 使わないのに実印登録しても管理が大変なので、作る必要なしです。 必要になった時に、手元にある印鑑で実印登録すれば良いのです。 盗んだ印鑑を勝手に押されたり、偽造印を使った文書偽造で、 不動産の乗っ取り、借用証などの犯罪は昔からあります。 『ナニワ金融道』というドラマで、いしだあゆみがたい焼きの蒸気で、 印影を浮かして写し取り……、偽造詳細に手口を披露してました。 昔は実印を押した書類からパラフィン紙などで朱肉を転写しましたが、 今は、印鑑証明や通帳の印影をスキャナして、偽の印鑑を作ったり、 プリンタで印影を印刷して、簡単に書類を偽造できます。 盗んだ通帳の印影から偽造して、預金を払い出す犯罪が続出したので、 銀行は通帳に印鑑を押さなくなりました。 A ベストアンサー こんにちは。 実印は、本人が押した証明として、印鑑登録証と一緒で初めて、 効力を持ちますので、仮にそっくりの物を誰かが持っていても 実印としてニセ効果を使うことはできません。 登録証の管理が大切なんです。 一般の文房具屋さんで購入した物は認めてもらえない 登録できない)等言われることもあるかもしれませんが ゴム印などでなければ、認められるみたいですよ。 私の実印は、間に合わせで買ったその辺のツゲのハンコです。 ちゃんと登録でき、家も車も買ってますし、悪い事も起こっていません。 実印用として、購入したものなら大丈夫でしょう! おそらく開運字体やらなんやら・・・縁起にもこだわっている とネット販売の事を聞きます。 せっかくの物に傷をつける事は、意味が無いと思いますよ。 Q 場所違いでしたらすみません。 これから色々な銀行の口座を作りたいのですが、印鑑を持っていない為買うか、作るかしなくてはいけません。 そこで銀行(郵便局も)で使える印鑑は何でしょうか?銀行印ですか?(銀行印が何なのかすら分かりません)100均のでもいいですか? 銀行印、実印、認印、シャチハタ、三文半・・etcの違いが分かりません。。。 他にもありますか? あと、印影?書体は何でも良いですか?古印体、印相体、てん書体等、一般的なものや、場面においてどうなるか分かりません。。 横書が良いのか縦か?、姓と名両方入れるのか、名のみは使えるか?等。。 正しい使い方が知りたいです。 今、オークションにて小半の行書体の印鑑を落札しようか迷っています。 口座作成時には使えますか? 色々一気に聞いてしまいすみません^^;面倒かと思いますが、 とりあえず、口座を作るときの印鑑の条件を教えていただきたいです!!お願いします。 rakuten. このショップでは実印・銀行印・認印を以下のように記載しています。 実印は、印鑑登録をして使用するので通常の場合【フルネーム】彫刻します。 独身女性の方は、名のみで彫刻されるかたも多いです。 法律又は社会上で重要な印で主に「印鑑証明」「公正証書」「不動産登記」等の受領に使用します。 (姓名彫刻の印鑑でなければ印鑑登録できない役所もございますので確認が必要です。 ) 銀行印は金融関係に登録する重要な印鑑です。 銀行や金融機関で預貯金口座開設、預金の引き出しの際などに使用する印鑑です。 金銭に関わるものですので非常に大切な印鑑です。 実生活において重要な印鑑になります。 実印や認め印と兼用せず使用することをお勧めいたします。 認め印は、確認事項などに使用する機会の多い印鑑です。 認印は、文字通り「認めた」ことを証明する印鑑のことでです。 印鑑といえばほとんどの場合が認印です。 本人が押印したことが証明できれば、法律上の効力は実印と変わりませんので慎重にお取り扱い下さい。 実印や銀行印とは分けて使いましょう。 印鑑の太さの決まりはありませんが、実印・銀行印・認印の順に細くするとわかりやすいし、書体もサイトに出ていますが、それぞれ変える事で区別がつきやすくなります。 口座を作るときには100均のは駄目で、街のハンコ屋で銀行印向けのハンコを購入してください。 また、銀行印は縦書きの姓のみ、行書体が一般的です。 フルネームのも使えますが、フルネームは実印に用いる事が多いので、将来実印を作るならば、銀行印は苗字のみがいいと思います。 rakuten. このショップでは実印・銀行印・認印を以下のように記載しています。 実印は、印鑑登録をして使用するので通常の場合【フルネーム】彫刻します。 独身女性の方は、名のみで彫刻されるかたも多いです。 法律又は社会上で重要な印で主に「印鑑証明」「公正証書」「不動産登記」等の受領に使用します。 (姓名彫刻の印鑑でなければ印鑑登録できない役所もございますので確認が必要です。 ) 銀行印は金融関係に登録する重要な... 水牛は、オランダ水牛と黒水牛があります。 朱肉が最ものりやすい材質は象牙で次に水牛・柘植と続き印鑑に良く用いられます。 しかし、象牙も水牛の角も死んだ動物から採ります。 柘植は植物ですが、伐採した木材です。 死んだ物から採ると運気が下がるなら、印鑑に適した材料はなくなります。 他に、水晶・チタン等が印材に用いられますが、朱肉に馴染み「綺麗な印影」を捺せる印材は、象牙・水牛が優れてます。 私は、古くから象牙の印鑑を愛用してますが運気が下がった実感はありません。 もし、黒水牛の印鑑を用いたとしても印材で運気が左右される事はあり得ないと思っています。 既製品の三文判を銀行印に使っている人も見掛けます。 シャチハタのようなゴム印以外は銀行印に出来ますが、既製品の三文判よりは注文して彫ってもらった印鑑の方が好ましいです。 Q 宜しくお願いします。 住宅ローンの事前審査を通り、 ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、 引越しも決まっていたのですが・・ まさかの審査落ちでした。 落ちた原因ははっきり分からないのですが、 過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。 正直、理解不能です。 10年も昔からの通帳内容を言われても・・・ 覚えているものも覚えてないものもあります。 審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、 そんなことも全くありません。 もう他の銀行に行っても無理でしょうか? 現在の住居も出なくてはならないですし、 引越し業者も断らなければいけないし・・ 本当に大打撃でした。 A ベストアンサー 関係業界人。 事前でOKだけど本審査で落ちるのは、 1 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは 証拠資料が提出できなかった 2 事前審査時より信用状態が悪化した。 (他社でも)カードの 延滞など。 が多いです。 また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が 無いなどの証明が必要になるケースがあります。 「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、 事前審査は早急に回答をするためのものなので、 時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を 全面的に正しいものと仮定しているのです。 本審査は事前審査の 内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ 事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。 よく見かけるケースとして、 自己資金の証明ができないことがあります。 例えばローン2000万、 自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、 「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。 そうなると 1 に該当し、断られる可能性が出ます。 他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか? そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している 会社)から借入をしていませんか? もしこれがあると、これも 1 に該当し、 「現在の借入残高」として申告した内容と違いが 出てくるため、断られる理由になりえます。 最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に あります。 包み隠さず相談してみると良いと思います。 (状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。 ) 関係業界人。 事前でOKだけど本審査で落ちるのは、 1 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは 証拠資料が提出できなかった 2 事前審査時より信用状態が悪化した。 (他社でも)カードの 延滞など。 が多いです。 また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が 無いなどの証明が必要になるケースがあります。 「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、 事前審査は早急に回答をするためのものなので、 時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた... A ベストアンサー >国民一人一人がもっていて当たり前のものですか? 実印が無いと「印鑑証明が必要になる契約など」を結べません。 また「法的に有効な遺言書」にも「実印」が必要になりますから、財産を子孫に遺すつもりなら、実印があった方が良いでしょう。 「遺書も遺さないし、一生そういう契約に縁がない」と言うなら、必要ないかもしれません。 因みに「印鑑証明が必要になる契約」とは、 ・土地などの不動産を売ったり買ったりするとき ・自動車やバイクを買ったり、売ったり、譲ったりするとき ・マンションなどの、重大な賃貸借契約をするとき ・保険金を受け取るときに、保険契約書に押してある届出印が見当たらないとき ・ゴルフ会員権を譲り渡す契約をするとき ・公正証書を作成するとき(公正証書遺言を作るとき) ・相続で遺産分割協議書を作成するとき ・アパートを借りる人の保証人になるとき ・その他 などです。 なお、実印は「印鑑屋さんで印鑑を作って、役所で登録」するだけで作れます。 但し、以下のような印鑑は登録できません。 ・すでに別の人が登録済みの印鑑 ・住民票・外国人登録原票に記載されている氏名(氏・名・氏名の一部組み合わせ)で表していないもの ・職業・資格・その他氏名以外の事項を表しているもの ・印影の大きさが8mmの正方形に収まるもの、25mmの正方形に収まらないもの ・ゴム印、シャチハタ印など、変質する材質を使用したもの ・縁が欠けているもの ・機械製造などで大量生産されたもの(三文判) ・その他、登録窓口で係員に不備を指摘されたもの そのため「フルネームが彫られ、手彫りで彫られ、偽造できず、この世に1つしか存在しないもの」でなければなりません。 ぶっちゃけ、大きな買い物をするなどで「印鑑証明が要りますので、役所でもらって来て下さい」って場面に遭遇するまで、実印は不要です。 >国民一人一人がもっていて当たり前のものですか? 実印が無いと「印鑑証明が必要になる契約など」を結べません。 また「法的に有効な遺言書」にも「実印」が必要になりますから、財産を子孫に遺すつもりなら、実印があった方が良いでしょう。 「遺書も遺さないし、一生そういう契約に縁がない」と言うなら、必要ないかもしれません。 因みに「印鑑証明が必要になる契約」とは、 ・土地などの不動産を売ったり買ったりするとき ・自動車やバイクを買ったり、売ったり、譲ったりするとき ・マンションなどの、... A ベストアンサー 参考サイトに示した日銀の見解を見る限り、 印鑑が同じだから同一預金人とみなす、ということが明文化されてはいません。 ちなみにその文言は次のとおり。 2 夫婦・親子など家族の預金については、名義が別であれば、 別々の預金者として取り扱われます。 とはいえ、 家族の名義を借りたに過ぎない他人名義と認定された場合には、 同一の預金者として取り扱われてしまうことになりますし、 収入のない子供などが何の理由もなく多額の預金を保有していると見なされれば、 贈与と判断されることもあるでしょう (預金保険の話ではなく、税の問題になってきます)。 ただ、実際にペイオフのとき、名義借りとみなすかどうかの判定が どのように行われるかがちょっとわかりませんが。 でも、その判定は 一括して預金保険機構が行いますので、潰れた銀行によって 判断が変わってくる、というようなことは避けられるはずです。 もっとも、危機管理の観点から見れば、同じ判子でいくつもの通帳から お金が引き出せる状態、ってのはまずいのかな、とは思いますけど。 boj. htm 参考サイトに示した日銀の見解を見る限り、 印鑑が同じだから同一預金人とみなす、ということが明文化されてはいません。 ちなみにその文言は次のとおり。 2 夫婦・親子など家族の預金については、名義が別であれば、 別々の預金者として取り扱われます。 とはいえ、 家族の名義を借りたに過ぎない他人名義と認定された場合には、 同一の預金者として取り扱われてしまうことになりますし、 収入のない子供などが何の理由もなく多額の預金を保有していると見なされれば、... Q 婚姻届の証人に署名・捺印を、彼の父親と私の父親に頼みました。 彼の実家も私の実家も離れているため、それぞれの実家に婚姻届を郵送して署名・捺印してもらいました。 そして、今、送り返されてきた婚姻届を見ていて気付いたのですが… 気になる点がいくつかあります。 本籍・住所ともに「都道府県」から書いておらず「市区町村」から書き始めている。 生年月日に「昭和」ではなく「S」と書かれている。 このような婚姻届では記載不備として受理してもらえないでしょうか? その場合、訂正するのは私or彼でも問題ないのでしょうか? (証人欄に捺印してある印鑑は彼の父・私の父のものなので、「訂正印押して、書き直して!」って言うにしても、また郵送して…だと時間がかかるなあと思って、心配です。 私or彼の印鑑でも訂正印として訂正できるのでしょうか?) 本当は区役所に確認できれば良いのでしょうが、なかなか時間がなくて確認しに行く時間がありません。 おわかりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。 A ベストアンサー こんばんは。 元プロです(笑。 役所で、戸籍の担当で山ほど婚姻届を受け付けていました)。 お答えから書きますと、全く心配いりません。 極端に言えば、架空の住所を書いてあろうが、架空の人物が書かれていようが、ちゃんと住所、氏名らしき物が書いてあり、名前と同じ判子さえ押してあれば大丈夫です。 証人欄とはその程度のものです。 届書を審査する際も、本当にそんな人が存在するのかとか、調べたり一切しなくてもいいことになっています。 明らかに受理してもらえないのは、主に次の3点です(いかにも役所的な話なんですが)。 ・シャチハタの判子(つまり、朱肉を使っていない場合ですね。 保存している間に、滲んで来るからです)で押してある場合 ・あなたの場合のように、ご両親などに書いてもらう場合(つまり、同じ姓の場合)、届け人と証人が明らかに同じ判子を押している場合 ・生年月日から見て、証人が未成年の場合 です。 最後は責任能力から何となくわかりますが、前の二点は役所らしいでしょ(笑)。

次の

銀行印と実印を同じにするのは危険?

実印 銀行 印 同じ

初めに「実印」は、自分が住民登録をしている各市区町村の役所や役場で、印鑑登録を行った印鑑のことを指します。 それにより手に入る印鑑証明と実印のセットは、本人確認としての効果が強く相続や保険の受け取り、自動車の購入など大きな額のお金が動く際に使われます。 一方「銀行印」は、銀行で取引開始や口座開設を行う際に登録する印鑑の事を指します。 こちらは、登録した印鑑と開設した口座や証書のセットにより本人確認としての効果が生まれます。 あくまでも銀行内の本人確認ですが、大切なお金を預ける場所なので重要な印鑑です。 とは言え、どちらもそれぞれ自ら用意した印鑑を「実印」や「銀行印」として登録するので、実は同じ1つの印鑑を使い回して登録することもできます。 市区町村や銀行によってサイズや名前の規定がありますが、それぞれクリアした印鑑なら「実印でもあり銀行印でもある」という印鑑が手に入ります。 ですが、やはり2種類の印鑑を用意して「実印」と「銀行印」を区別する人が圧倒的です。 それはこのような理由からきています。 使い分ける理由1:不正や偽造を防ぐため 自分の資産を取り扱う銀行印も充分大切ですが、実印は更に公的な効力が認められた信頼性の高い印鑑です。 比較的使う頻度の高い銀行印を実印と同じ印鑑にしてしまうと、それだけ実印の印影を見せる機会が増えてしまいます。 不正や偽造を防ぐために実印と銀行印を使い分けているのです。 ちなみに、実印で彫刻する名前は一見読みにくい書体が多いですが、これも偽造を防ぐためにあえて独特な書体を使っています。 使い分ける理由2:経年劣化や破損のリスクを防ぐため 高級な素材の印鑑は経年劣化に強いと言われていますが、それでも使い続けていればどうしても劣化は起きてしまいます。 印鑑を販売しているお店では経年劣化に伴う彫り直しサービスも用意していますが、うっかり落としてしまった破損などは適用されないことが多いです。 使う頻度が高い銀行印を実印と同じ印鑑にしてしまうと、破損のリスクも高まってしまいます。 実印の場合は再度印鑑登録をする手間もあるので、長く大切に使うために2種類を使い分ければ「うっかり」な事故のリスクを防ぐ効果があります。 使い分ける理由3:印鑑の種類を楽しむため 特に女性からの声が多かったのが、印鑑を選ぶ楽しさについてです。 実印は改まった場や大切な契約で使われることが多いため相応しい素材の印鑑を用意していますが、今は可愛らしいデザインやカラフルな素材といったおしゃれな印鑑も増えてきました。 実印は高級な素材から選び、使う頻度の高い銀行印はしっかりした素材ながらもおしゃれで可愛いデザインを購入する「印鑑の使い分け」を楽しんでいるのです。 実印と印鑑はしっかり使い分けていくのがベスト! やはり安全性を兼ね備えながら長く大切に使い続けていくことを考えると、実印と銀行印は2種類の印鑑を使い分けていくのがベストですね。 また、おしゃれなデザインや素材の印鑑を楽しみたいという理由は女性ならではといったところですが、最近のおしゃれな印鑑は水晶素材や柘植にラインストーンを施すなど、高級品質が多く使われています。 どちらも大切な印鑑だからこそ、相応しい素材の印鑑を選ぶことも忘れてはいけない大切なポイントです。

次の

実印と銀行印、同じ印鑑はダメだと言いますが?

実印 銀行 印 同じ

・実印・銀行印・認印の意味や違いは? ・実印・銀行印・認印はフルネームや名前だけでもいいの? ・実印・銀行印・認印のサイズや書体、向きに決まりはある? Sponsored Link 実印・銀行印・認印の意味や違いは? 実印 実印は、印鑑の中でも一番重要な印鑑で、住民登録をしている各市区町村で、 印鑑登録を行った印鑑のことです。 実印を登録すると、印鑑証明を発行して貰う事が出来ます。 この印鑑証明と実印のセットは、相続や保険の受け取り、不動産や自動車の購入などの際に使われます。 大きな額のお金が動く時に使われる大事な印鑑だということです。 銀行印 銀行印は、銀行届出印や銀行取引印とも呼ばれる印鑑です。 銀行で取引開始や口座開設を行う際に登録します。 登録をした銀行でだけ効力がある印鑑ということになります。 つまり、複数の銀行で取引がある場合、銀行ごとに銀行印を変えても構いません。 使い分けるか、一本の印鑑を使い回すかは自由ですが、銀行印と通帳さえあれば、預金からお金をおろすことができるので、管理には十分気をつけましょう。 認印 認印は、印鑑登録していない全ての印鑑のことを指しています。 シャチハタや三文判と呼ばれる印鑑が多く使われます。 郵便物の受け取りや、回覧への押印など、日常生活の中で最も利用する機会が多い印鑑ですね。 どこにも登録する必要がない印鑑ですから、いくつ持っていても問題はありません。 実印・銀行印・認印、すべて同じ印鑑を使う事は可能? 実印・銀行印として登録する印鑑が同一のものでも、法的な問題はありません。 ただし、銀行印と実印を同じにしていた場合、万が一紛失したり、盗難にあったりした際に、印鑑登録の廃止と銀行印登録の廃止手続きの両方が必要になります。 それぞれ別の印鑑にしておけば、盗難の手続きが間に合わなかったり、印鑑を偽造されたりした場合のリスクが分散できます。 銀行印と実印を同じものにする場合でも、認印だけは別にしましょう。 認印は、多くの人に印影を見られる機会があります。 偽造の恐れが多すぎますから、別のものを用意しましょう。 実印・銀行印・認印はフルネームや名前だけでもいいの? 認印は、どんなものを使っても自由ですから、特に規定はありません。 実印・銀行印も、フルネーム、苗字のみ、名前のみのどの場合でも登録可能です。 ただ、 実印は、フルネームで作る人が多いようです。 苗字だけだと似たような印影がたくさんあり、詐欺等に使用される確率が上がるからです。 また、苗字のみの実印だと家族間で混乱するということもあります。 また、女性は結婚して苗字が変わる事を想定して、名前だけで印鑑を作ることもあります。 印鑑登録をした後で、苗字が変わった場合は、新しい印鑑で、印鑑登録をやり直すことが出来るので、心配ありません。 Sponsored Link 実印・銀行印・認印のサイズや書体、向きに決まりはある? サイズ ここでいう 「サイズ」とは、印面の直径の大きさのことです。 実印は、8mm以上25mm以内の正方形の枠内に収まる印鑑だけが登録できるようになっています。 そのため、それ以外の規格の印鑑は登録することができません。 印鑑の形に関しては楕円形でも角印でも問題ありませんが、細かな規定に関しては各市町村によって違いがあるため事前確認が必要となるでしょう。 銀行印に関しても、実印のサイズに準じた規定になっている銀行が殆どです。 さて、8mm以上25mm以内というと、かなり開きがありますね。 そこで、 平均的なサイズも合わせて紹介します。 一般的には、 実印は、女性は15. 0mm、男性は16. 5mmまたは18. 0mm 銀行印は、13. 5mm〜16. 5mmのものが多くなります。 そして、印鑑のサイズは、 実印 > 銀行印 > 認印となるように揃えるのが普通です。 これは、妻が夫よりも大きいサイズで実印を作った場合、女性の力や運が強くなり男性のほうが弱くなってしまうため、家庭に不幸が訪れるという運勢学的な観点から生まれた習慣です。 運勢学や夫婦のバランスなどを気にしないのであれば、妻の方が大きい印鑑を使っても問題ありません。 書体 実印や銀行印におススメなのは、 篆書体(てんしょたい)や、篆書体を元に御作られた 吉相体(きっそうたい)です。 ひと目では、何と書いてあるか分からない字体なので、偽造されにくいという利点があります。 ただし、あまりにも書体にアレンジが加えられて名前が判別できないと、印鑑登録できない可能性があるため、あまりおすすめできません。 認印は、逆に、名前が見やすい方がいいので、 可読性の高い【隷書体】【古印体】どちらかがおすすめです。 読みにくい書体の印鑑を使うと、誰の印鑑か分からなくて困る場面があるかもしれません。 向き 一般的に印鑑の名前は縦書きです。 しかし、横書きの印鑑を作成する人も大勢います。 横書きの印鑑は右から左へと読むことができるように文字を配置します。 実印・銀行印・認印の管理には気を付けて。 実印 > 銀行印 > 認印の順に大事な印鑑だという事が分かりましたね。 三本セットで購入する人も多いかと思いますが、 保管には充分に気をつけましょう。 どれがどの印鑑だったのか分からなくならないように、ケースに「実印」「銀行印」などと記入したり、「実印と印鑑証明」「通帳と銀行印」をセットで保管するひとがいますが、盗難時に危険ですから、気をつけましょう。

次の