ドイツ fkk 体験。 ドイツ・ミュンヘンのFKK・Sunshineでの遊び方

大人旅【海外版】/世界の風俗情報・体験記サイト

ドイツ fkk 体験

FKKでムラムラされた場合は、一休みをどうぞ! 上記動画閲覧は安心・安全の完全無料ですが、万が一有料で閲覧される場合にはクーポンで5%安くなります。 FKK-Palace、FKK-OASE、FKK-World、FKK-MAINHATTAN、FKK-SHARKSとフランクフルトを中心に有名な5つ。 その他、FKKは、ミュンヘンのFKK-Sunshine、オーストリア-ウイーンのFKK-Goldentimeなど多数有名FKKが存在する。 D達は、上記のFKKの内、『FKK-OASE、FKK-World、FKK-SHARKS、FKK-Goldentime』の4つに行って来た。 その感想や情報をまとめたいと思います。 日本人男性にとって、事前の情報収集はネットになるかと思いますが、限られた時間でFKKに行かなければならない方を多いと思います。 D達もそうでした。 3週間の旅の間に周るため、『優先順位が高いFKK=可愛い姫がいるFKK』となりますが、一方でどのFKKが良いのか判断がつきませんでした。 (ネットにあるFKK情報は、数日かけて一通り読みました)そんな状況のため、FKKを熱心に勉強されていらっしゃる皆様のために、D達がお勧めFKKランキングを作成しました。 時間がない方は是非参考にしてみてください。 D達は、ドイツFKKのデビュー戦が『FKK-OASE』だったので期待と胸とアソコを膨らませて行きましたが、レベルの高さに驚愕し続けました。 期待が上がり過ぎると残念な結果になることが多いと思いますが、『FKK-OASE』は期待を逆の意味で裏切ってくれました。 D達は頑張って2発だと思っていたので慎重に選定しました。 ではOASEの調査結果ですが、先ず、女性の数ですが、入場したのが午前11時頃で既に20名前後はいました。 16時前後には50名前後まで増えていたと思います。 質に関しては、10段階中8以上が3割、5以上が5割程度とずっとハイレベルの女性の裸を見続けていると感覚がおかしくなってきます。 その中でもルーマニア人が5割ぐらいいると思いますが、正直他の国の女性よりルーマニア人が非常に綺麗で驚きます。 D達はない物ねだりなので、金髪ブロンドヘアーの女性を探していましたが、、、、いましたブロンドヘア。 しかもパリス・ヒルトン似で綺麗過ぎて言葉が出ません。 完全にSSランクです。 即決定と言いたいところですが、まだ12時にもなっていないため、気持ちだけ焦っている中冷静に判断しようと心がけました。 パリス・ヒルトン似のブロンドヘアの女性からの誘いにも動じずに、双方裸で卓球やバスケット、プールサイドでいちゃついており、1時間程度は生まれた身体そのままで時を過ごすことができました。 もちろん料金は発生しません。 パリス・ヒルトン似のブロンド女性からは、そろそろか・・・とのタイミングで私と100ユーロでどう?との誘いがありましたが、相場50ユーロの倍ということもあり交渉を続けました。 パリス・ヒルトン似のブロンドヘアの女性も自分が可愛いことを認識しているため、一向に引かない状況でしたが、時間が早かったこともあり交渉成立です。 いやぁ、まさか初めてのドイツ到着2日目で幸せな時を過ごせるとは思いませんでした。 サービスも非常に良く、一緒に遊んだ時間も含めると安すぎます。 さらに2人目は、ブルガリヤ出身・身長167㎝・20歳でモデル体系の子をチョイス。 この時既に16時前後だったので、迷わず選択をしましたが、まだまだ若いのか、形式的なもので終了。 可愛かったから良かったけど・・・部屋から出てきてとんでもない美女が通り過ぎる。 しかも2人。 1人はハンガリーのブタベスト出身・21歳で本日最高ランクでした。 3発目の挑戦を目指しましたが、回復10分も経過していないので無念でした。 どうやっても打てる玉は限られるのでこれも宿命だと思い退散しましたが、初のFKKに感動したことは言うまでもありません。 FKK-OASEは、ジャクジーや、サウナ、店内も広々としており、他のFKKと比較しても居心地が良かったです。 日本人はFKK-OASEを目指す人しかいないため、タクシーの運転手はOASE一言で納得していました。 メーターを押していませんでしたが、10ユーロで行ってくれました。 FKK-SHARKSの情報はネットでも少なく、あまり期待していなかったのですがクオリティはFKK-OASEに負けません。 情報量が少ないこともあり、終日日本人が現れることはありませんでしたので、FKKで日本人と会いたくない場合にもオススメです。 店内は2階立てとなっており、非常に豪華です。 外ではBBQが開催され料理の面でも良かったです。 さて、肝心のFKK-SHARKS情報ですが、到着は12時前後で既に女性は20人程いました。 1人目は、身長155㎝ぐらいの小柄で可愛いルーマニア人を選択。 FKK-SHARKSでもルーマニア人が多かったです。 非常にフレンドリーでサービスも良く20分程度で終わってしまいました。 ww 部屋から出てきて10分程度徘徊していると・・・と、と、とんでもないスタイルと綺麗なブロンドヘア、目はパッチリ・・・まるでリカちゃん人形です。 誰かに奪われるのが嫌だったので迷わず話しかけましたが、167㎝で22歳・ロシアとボルビアのハーフの子で、一緒にいるだけで周囲の注目を浴びる程でした。 焦る気持ちがある中、1発目の戦いが終わって10分であることを考えると少し休みたいのが本音だったので少しだけトークタイム。 一方で最上級ブロンド女性は『友達と一緒に来ているのでご飯を食べてくる』っと食事コーナーに行ってしまいました。 ・・・このパターンは、食事が終わった後は他の男に取られる可能性が高いと感じたので、一緒に着いていきました。 ストーカーか?ww これだけキープしていると流石に奪われませんでした。 お陰様で目の前にいるロシアとボルビア人のハーフの子と幸せな空間を過ごすことができましたが、行為中も夢の中にいるようでした。 現実と理解ができない程のレベルで、日本代表として非常に良い戦いをすることができました。 この経験もあり、本来FKK-SHARKSがNo1の座に相応しいとも思ったのですが、FKK-OASEの全体的な女性の安定的なレベルよりFKK-SHARKSは僅差で2位とさせて頂きました。 いやぁ、今でのあの幸せな空間は忘れません。 ありがとうFKK-SHARKS。 ・FKK-SHARKSの行き方:フランクフルト中央駅から南に約30キロのDarmstadt(ダルムシュタット)駅。 駅からタクシーで10分程行きますので、こちらも同様に歩けるレベルではないためタクシーをオススメします。 クレジットカードは利用できませんので現金を持ち歩くしかありません。 街中心から近いこともあり非常にアクセスが良かったです。 地図にあるガイゼルベルク通りからウィーン中央駅に接続するバスもありますので、Geiselbergstrase駅を利用する必要性もありませんが、初めて行かれる方はGeiselbergstrase駅から歩いた方がわかりやすいかもしれません。 さて、FKK-Goldentimeの内部情報ですが、FKK-Goldentimeの大きさは他のFKKよりも小さく、料金も高額になっています。 街中心から近いため、店内が広くないことも納得です。 直ぐ隣には高速道路が走っています。 女性のレベルは、10段階中8レベル以上が1割、6レベル以上が2割程度とFKK-OASEやFKK-SHARKSと比較するとレベルは落ちます。 そのため、ドイツに行く予定があるのであればFKK-Goldentimeに行く必要はありませんが、ウィーンに行くのであればFKK-Goldentimeは外せないと思います。 現にハンガリーで働く日本人3人と会いました。 ハンガリーのブタベストではFKKがないため、土日になると3時間かけてウィーンのFKK-Goldentimeに来るそうです。 さて本題のFKK-Goldentimeの調査結果ですが、D達は、いつも通り12時前にINして、全ての女性を物色しています。 16時過ぎ頃から女性の数が増え、20名~30名程になっていましたが、ハンガリーで働く日本人Aさんは先週と比較して少ないとのことだった。 土曜日では珍しいとのことでD達は少しショックを受けながら探し続けました。 すると、、、身長176㎝のスタイル抜群の女性を発見。 ブロンドヘアではありませんが輝いています。 直ぐに話しかけましたが、その場から動こうとはしません。 名前はエミリーと言い、軽いプロフィール情報を話し合うものの、結局、直ぐに行為を実施するかどうかのみで、それ以外は話をする気がないようです。 このようなレディの場合は、淡白で終わる可能性が高いことから少し様子見にして他の女性を探します。 ・・・・が一向にD達の好みの女性が来ません。 D達は、なけなしの90ユーロを払っているので内心焦っていました。 「仕方ない。 エミリーで行こう。 可愛いし」と決断し、エミリーに了承したことを伝えました。 早速部屋に移動し、本番が始まりますが・・・まさかの事件発生。 エミリーが無駄に値段の交渉をしてきた。 実は、D達は料金の話をしませんでした。 60ユーロと思い込んでいたのが失敗です。 部屋に入ってから料金交渉と・・・テンションが一気に落ちます。 エミリーの提示は100ユーロでアナルまでOKとのこと。 D達は正直興味がないので60ユーロと伝える。 なんとかエミリーが了承したところで、持ち込んでいたジャパニーズコンドームを渡すものの持ち込みのコンドームはプラス10ユーロといってきた。 D達はぶちぎれそうな気持ちでおり、さらにテンションが落ちる。 結局口論の末60ユーロに落ち着くが、気持ちのスイッチが入らないことから全く勃起しない。 エミリーとの口論が10分程度経過し、エミリーは30分経過したという・・・。 うざいぐらいの料金交渉と曰く付きの時間制限。 完全に切れた状況で60ユーロ払って分かれた。 D達は痛恨の失敗を反省しつつ、気持ちの整理をつける意味で愛嬌のある女性を探すことになりました。 2人目の女性は、エミリーの件を伝え、「私は大丈夫。 絶対に満足させる。 信じて」といってきた。 レベルは10段階中6程度であったが、エミリーのモヤモヤ感を払拭するために23歳のブロンドヘアである彼女にお願いした。 結果として非常に頑張ってくれたのでD達としても満足度は高かったが、FKK-Goldentimeは高い出費となって終えた。 50㌔程)電車で1時間ほどかかるが、FKKの広さ、女性の質が高いという噂(ネットで調べまくった)を聞いて何が何でも行きたくてFKK-Worldの調査を決行した。 予定通り12時前に到着したD達であるが、INして着替えをしていると早速日本人2名を発見。 D達は1人で行動しているので長時間1人でいるよりは仲間がいた方が楽しいので話しかけた。 どうやら盛岡から来ている医者であった。 勉強会を近くで行っているため仕事で来ているとのことだったが、『メインはこっち』と言っていた。 ww 流石医者。 さて、早速調査だが、先ず感じたことは『FKK-Worldはとにかく広い』。 D達が行ったFKK4箇所の中で一番広かったのがFKK-World。 外は広大に庭になっており、BBQが行われたり、小さな小屋があちらこちらであり、外人さんはフリーセックスを楽しんでいた。 あまりにもオープンなので正直驚いたが・・・。 店内も大広場が2つ、小部屋は無数にあった。 一方で女性の数は30名程とそこまで多くない。 さらに残念なことに18時頃まで粘ったがほとんど増えない状況にあった。 質の方は、4つのFKKの中で最低レベルで8レベル以上は0人。 6レベル以上が2割程度で、仕方なくチョイスした感じであった。 その中で対戦したのが26歳のルーマニア美人。 遠くからみると8レベル以上であったが、近くでみると少し年齢を感じてしまったが美人であることには変わりない。 折角なので外の小屋で対戦したが、ヒールを履きながらであったのでまるでAVの世界であった。 FKK-World凄い・・・。 ただ、全体的にはレベルがいま一つでD達のFKKランキングは4位と満足度は低めであった。 D達は徒歩で行きましたが、景色を見ながら歩くのも非常に楽しいです。 住所:Haus Kaunzberg, Gruninger Weg, 35415 Pohlheim-Garbenteich FKKより安くて可愛い素人女性とHする方法とは!? FKKは、自分の目で好みの女の子を選べるため、 男性にとって最高の場所なのですが、料金が高い・・・ 時間が短く、また爆弾女子がいるのも事実・・・ それよりも好きなだけSEXをさせてくれる可愛い素人の女の子はいないものか。。。 誰もがそんなことを考えます。 D達がよく利用する は、素人の変態女の子が多く、 可愛い素人女の子と簡単に安く出会えます。 PCMAXでHするための道のりとは!? PCMAXで無料会員登録をし、年齢確認と電話番号(メールアドレス)さえ無事登録を終えれば、 1,000円分のお試し無料ポイントが貰えます。 PCMAXの会員登録数は900万人で、 アクティブに利用している女の子がワンサカと掲示板に書き込んでいます。 ピュアな出会いを目的にしている女の子から、セフレまでと幅広く、『今すぐ会いたい』という 若い女の子が登録しており、女の子からメッセージが届くことも多いのがPCMAXです。 D達もほぼ毎日利用していますが、出会って即ホテル・・なんてことも10回以上経験済み。 FKK美女レベルの女の子も普通に登録しているから本当に驚きです。 FKKで10,000円を払うのであれば、 では1,000円で3人=10,000円で30人程度 会える可能性があります。 エッチな掲示板もあるので、セフレを見つけることも簡単なので 即エッチできるPCMAXは絶対に手放せません。 本当にオススメです。 最後に余談ですが・・・ D達は、最近仕事が忙しい中で、効率よくエッチができています。 PCMAXが有力候補ですが、D達の出会い系体験談・奮闘日記を良かったらご覧ください。 S級モデル美女とのリアル体験談はこちら 暮れにSharksに行った時の報告。 日曜割引を利用して朝一番に行って2回戦をこなし、もう種も尽きたしホテルに帰ろうと思ったが、その前に腹ごしらえのため食堂にいった。 丁度新しい料理の追加時間らしく、食堂は女の子でいっぱいで、座る席もなかった。 でも無理やり女の子の間の席に座り、食べ終えてふと前を見たら、なんと日本でいう高校生くらいの女の子がいた。 帰るつもりだったが、余りにもインパクトが強かったので、声を変えて部屋に連れて行った。 なんでもこの店に来て間なしで歳を聞くと20になったばかりだといった。 多分これはウソだと思った。 見た目18歳前後の感じ。 種も出尽くしたので手でせめた。 驚くなかれ体をえびのようにまげて逝ってしまった。 他のFKK嬢のような営業用のうめき声ではない。 学生で週3回来ているという。 ぜひ再会したいと思うが、その時まですれてないことを祈っている。 名前は・・やめておく。 もう一度会いたいな。 その子は仮にEとしょう。 フランクフルト駅からトラムで20分くらいにあるMainhattan。 他のFKKに比べるとこじんまりしてあまり豪華さはない。 女の子も派手さはないが営業も余りなく、都心に近いのに田舎っぽい。 なんでも郊外にあるWordの姉妹店とのことで店の方針かもしれない。 そのEとは店に行ったときカウンターで一人で何か飲んでいた。 いわゆるスレンダーではないが色白、金髪だった。 好みタイプだったのでしばらく観察後、部屋に誘った。 プレイ内容はは普通だった。 でも他の子のように事務的ではない何かを感じるところがあったので、明日もこの街にいるし時間もあるので、明日も来るといって別れた。 ところが当日急用ができ行けなかった。 4日後帰国日となったがどうしてもEが頭から離れなかった。 その帰国日、3時間くらい時間が空いたので思い切って店に行った。 受付でEを訪ねたらまだ出勤していず、1時間くらいしたら来るかもしれないといわれ、飛行機の時間も気になるが待つことにした。 時間も時間なのでEは諦めるかと思っていたら、突然目の前に現れた。 受付に聞いたらしくすぐ私に会いに来た。 覚えていてくれた。 そして約束した日に待ってたんだといわれたが、100%嘘でもいいからうれしかった。 その後時間いっぱい部屋で思い出を作った。 Eはロシアとポーランドのハーフで24歳と言っていた。 FKKもいくつか経験しているが、こんな女の子は初めてだ。 本当にもう一度会いたい。 キノで3Pの話。 正確には3Pではないが、Mainhattanに行った時、これまでキノで交わったことはあるが、スクリーンいっぱいのそのものずばりの映像と迫力ある部屋いっぱいの喘ぎ声は一度経験すると忘れられない。 出入り自由なので他の客が入ることもあるので、ここでプレイするのを嫌がる子もいた。 ある子は最初は(多分しぶしぶ)応じたが途中で中断し部屋に誘われたほどだ。 でもどうしてもも一度あの興奮を味わいたく、OKの子を探していたらいた。 fkkには珍しく少し太めで、小柄で色白、髪は黒かった。 連れてキノに入った。 先客がプレイ中だったがお構いなしにその隣に座り、事を始めた。 隣はでかい男で頭は禿、腹は十分でていた中年かもっと上か。 上になって必死で腰を振っていたが我々にお構いなし。 われわれも始めた。 その時、もう一組が入ってきて我々の隣に座りすぐ始めた。 禿親父は汗を付近に散らしながらまた大声をだして頑張っていた。 反対側の男も同じように大きな声を出し始めた。 ここで負けるわけにいなないので虚勢をはって喘ぎ声をだした。 すごい共演だった。 その内禿親父が逝っった。 後は入室順に終わった。 スクリーンの声も加わって一時は大サウンドだったようだ。 よく読まれている記事• 275,486 views• 138,582 views• 92,730 views• 90,657 views• 81,073 views• 44,736 views• 21,128 views• 18,734 views• 16,836 views• 16,111 views• 11,557 views• 10,144 views• 9,635 views• 8,466 views• 8,329 views• 7,865 views• 6,312 views• 5,875 views• 5,447 views• 5,220 views.

次の

ドイツFKK体験記36 FKKの凄さに嘘偽り一切なし! 2018年10月フランクフルト

ドイツ fkk 体験

ドイツFKKにて、思わずFKKとタイの風俗を比較してしまいました。 正直、今のタイのゴーゴーは需要過剰なのか何なのか、完全にお客が嬢にアピールする時代。 客が頑張るって日本のキャバクラかよ。 昔の古き良きタイランドを思い出して、思わず嘆いてしまいます。 また金額に関してもタイのゴーゴーとドイツのFKKで逆転現象が起きています。 まあFKKとゴーゴーでは業態が違うので純粋に比較はできません。 比較するならゴーゴーではなくマッサージパーラーとするべきかもしれません。 まあどちらにしても金額的には対して変わりはありません。 ちなみにそんな今のタイでゴーゴー嬢とプレイしようとすると・・・ 嬢への支払い(ショート2000バーツ~) ペイバー代(店への支払い500バーツ~3000バーツ) 飲み代(150バーツ~) ホテル代300バーツ~(自分の泊まっているホテルへ連れ帰る場合は無料 上記のように、どう少なく見積もっても 3000バーツ(約1万円)します。 しかも、これが人気嬢、つまり可愛い子、綺麗な子となると値段が跳ね上がります。 というのもタイのゴーゴーは、昔と比べて若くて可愛い子が減り、選べない子が増えたことにより、人気嬢も強気の値段設定を提示してくることによります。 するとこの総額3000バーツが6000バーツ以上へと跳ね上がります ・・・・・・いやいや、FKKで恋人プレイができる金額より高いわ!ちなみにこれがタイのお風呂、マッサージパーラーだと1500バーツからありますが、この手の店はもはや選べる子がほとんどいない状況です。 多少選べる子がいる店で遊ぼうとすると3000バーツほどは必要でしょうか? それでもFKKの一番残念なレベルの子と同等なレベルかと思います。 FKKに普通にいる金髪美女クラスの美人とタイのマッサージパーラーで遊ぼうとするならばやはり5000バーツ~を支払う必要があるかと思います。 ドイツとは関係ないタイ情報が続きますが、タイのバンコクには、白人(と言ってもヨーロッパ圏ですらない)の女の子がいるホテル、 ロイヤルガーデンホテル、があります。 このホテルは、BTSナナ駅、つまりゴーゴーバー密集地帯ナナの近くにある白人の女の子が待機するホテルになります。 しかし、そのレベルは同じくFKKでは見向きもしないようなレベルです。 これはもう比べようもありません。 何より年齢層が高い。 FKKを知った今、行こうとは思いません・・・というよりも、このFKKの状況を見ているとタイのゴーゴーに行くのが馬鹿らしくなってしまいました。 さて、そんなドイツのフランクフルトの FKKを遊びつくすのにおすすめのホテルは何といっても、 、です。 特筆すべきはその立地。 なんとフランクフルト中央駅から 徒歩1分。 駅の目の前にあります。 そして同じく目の前にはトラムの駅があるため、そこからフランクフルト市内にある FKK MAINHATTANにも簡単に行くことができます。 ホテルの真下にはバーやインド料理店。 また徒歩100m内にレストラン、小さい商店、雑貨屋、怪しい店などなんでもあるので生活にとても便利です。 部屋はシングル、専用トイレ・バスルーム(バスタブあり)、朝食ビュッフェなど十分あファシリティ。 気になるホテル代ですが、時期によりますが大体 50ユーロ~となっています。 さて、そんなドイツでのインターネットの使用方法ですが、まず思い浮かぶのは、ホテルやレストランのWIFIを使うという方法。 これはとくに問題なく使用できます。 しかし、当たり前の話ですが、その場から離れてしまえばインターネットは使えなくなります。 次に、現地でプリベイトSIMを購入するという方法があります。 この方法は現在の海外旅行の主流?で、一番安価で確実にインターネットが使用できます。 しかし、ドイツでこの方法は難しいようです。 というのもプリベイトSIM自体はどこでも売っているようですが、それを有効にするにはかなり面倒くさい手続きが必要で、事実上短期旅行者は使えない制度になっているとのことです。 詳しくはして下さい。 つまりタイやフィリピン、その他の国のように持参した白ロムスマホに現地のプリベイトSIM(SIMの期限、速度、上限などの契約は別途必要)を差し込めば自動的に使えるというわけではないようです。 また、 現地のフリーWIFIを使う、という手もあります。 しかし、ドイツは日本と同じくらい、いやひょっとしたらそれ以上にフリーWIFIスポットが充実していません。 ある限られた場所、空港、駅、観光スポットに(一応)WIFIスポットはありますが、そのほとんどはそもそも速度が遅く、かつ時間制限 (30分~1時間)があり、接続しない時間をイライラして待ち終わる、という感じでまるで使い物になりません。 というわけで、結論としては、安定してドイツ旅行中にインターネットを使用したい場合、 日本からレンタルWIFIを持参する、というのがベターな方法と言えます。 頼る人のいない他国の空の下で常時ネットを使える、という安心感はもはや保険、心の精神安定剤とも言えます。 そういう意味でも日本で レンタルWIFIを契約しておくのをお勧めします。 サイト内検索 最近の投稿• カテゴリ• 194• 452• 107• 118• 116• 307• 119• 171• 35 サイトマップ• アーカイブ• サイト情報•

次の

【攻略】フランクフルトFKK「マインハッタン・mainhattan」に行ってみた|ドイツ風俗・料金・感想

ドイツ fkk 体験

ドイツFKKにて、思わずFKKとタイの風俗を比較してしまいました。 正直、今のタイのゴーゴーは需要過剰なのか何なのか、完全にお客が嬢にアピールする時代。 客が頑張るって日本のキャバクラかよ。 昔の古き良きタイランドを思い出して、思わず嘆いてしまいます。 また金額に関してもタイのゴーゴーとドイツのFKKで逆転現象が起きています。 まあFKKとゴーゴーでは業態が違うので純粋に比較はできません。 比較するならゴーゴーではなくマッサージパーラーとするべきかもしれません。 まあどちらにしても金額的には対して変わりはありません。 ちなみにそんな今のタイでゴーゴー嬢とプレイしようとすると・・・ 嬢への支払い(ショート2000バーツ~) ペイバー代(店への支払い500バーツ~3000バーツ) 飲み代(150バーツ~) ホテル代300バーツ~(自分の泊まっているホテルへ連れ帰る場合は無料 上記のように、どう少なく見積もっても 3000バーツ(約1万円)します。 しかも、これが人気嬢、つまり可愛い子、綺麗な子となると値段が跳ね上がります。 というのもタイのゴーゴーは、昔と比べて若くて可愛い子が減り、選べない子が増えたことにより、人気嬢も強気の値段設定を提示してくることによります。 するとこの総額3000バーツが6000バーツ以上へと跳ね上がります ・・・・・・いやいや、FKKで恋人プレイができる金額より高いわ!ちなみにこれがタイのお風呂、マッサージパーラーだと1500バーツからありますが、この手の店はもはや選べる子がほとんどいない状況です。 多少選べる子がいる店で遊ぼうとすると3000バーツほどは必要でしょうか? それでもFKKの一番残念なレベルの子と同等なレベルかと思います。 FKKに普通にいる金髪美女クラスの美人とタイのマッサージパーラーで遊ぼうとするならばやはり5000バーツ~を支払う必要があるかと思います。 ドイツとは関係ないタイ情報が続きますが、タイのバンコクには、白人(と言ってもヨーロッパ圏ですらない)の女の子がいるホテル、 ロイヤルガーデンホテル、があります。 このホテルは、BTSナナ駅、つまりゴーゴーバー密集地帯ナナの近くにある白人の女の子が待機するホテルになります。 しかし、そのレベルは同じくFKKでは見向きもしないようなレベルです。 これはもう比べようもありません。 何より年齢層が高い。 FKKを知った今、行こうとは思いません・・・というよりも、このFKKの状況を見ているとタイのゴーゴーに行くのが馬鹿らしくなってしまいました。 さて、そんなドイツのフランクフルトの FKKを遊びつくすのにおすすめのホテルは何といっても、 、です。 特筆すべきはその立地。 なんとフランクフルト中央駅から 徒歩1分。 駅の目の前にあります。 そして同じく目の前にはトラムの駅があるため、そこからフランクフルト市内にある FKK MAINHATTANにも簡単に行くことができます。 ホテルの真下にはバーやインド料理店。 また徒歩100m内にレストラン、小さい商店、雑貨屋、怪しい店などなんでもあるので生活にとても便利です。 部屋はシングル、専用トイレ・バスルーム(バスタブあり)、朝食ビュッフェなど十分あファシリティ。 気になるホテル代ですが、時期によりますが大体 50ユーロ~となっています。 さて、そんなドイツでのインターネットの使用方法ですが、まず思い浮かぶのは、ホテルやレストランのWIFIを使うという方法。 これはとくに問題なく使用できます。 しかし、当たり前の話ですが、その場から離れてしまえばインターネットは使えなくなります。 次に、現地でプリベイトSIMを購入するという方法があります。 この方法は現在の海外旅行の主流?で、一番安価で確実にインターネットが使用できます。 しかし、ドイツでこの方法は難しいようです。 というのもプリベイトSIM自体はどこでも売っているようですが、それを有効にするにはかなり面倒くさい手続きが必要で、事実上短期旅行者は使えない制度になっているとのことです。 詳しくはして下さい。 つまりタイやフィリピン、その他の国のように持参した白ロムスマホに現地のプリベイトSIM(SIMの期限、速度、上限などの契約は別途必要)を差し込めば自動的に使えるというわけではないようです。 また、 現地のフリーWIFIを使う、という手もあります。 しかし、ドイツは日本と同じくらい、いやひょっとしたらそれ以上にフリーWIFIスポットが充実していません。 ある限られた場所、空港、駅、観光スポットに(一応)WIFIスポットはありますが、そのほとんどはそもそも速度が遅く、かつ時間制限 (30分~1時間)があり、接続しない時間をイライラして待ち終わる、という感じでまるで使い物になりません。 というわけで、結論としては、安定してドイツ旅行中にインターネットを使用したい場合、 日本からレンタルWIFIを持参する、というのがベターな方法と言えます。 頼る人のいない他国の空の下で常時ネットを使える、という安心感はもはや保険、心の精神安定剤とも言えます。 そういう意味でも日本で レンタルWIFIを契約しておくのをお勧めします。 サイト内検索 最近の投稿• カテゴリ• 194• 452• 107• 118• 116• 307• 119• 171• 35 サイトマップ• アーカイブ• サイト情報•

次の