韓国 崩壊 youtube。 韓国の崩壊が始まった!レベルの低い韓国の国民性が問題だ!韓国銀行が金融危機後初の韓国のマイナス成長を予測 韓国の反応

こんにちは。韓国崩壊→北に併合→核保有→日本に核攻撃ってな事に...

韓国 崩壊 youtube

武藤正敏 [元・在韓国特命全権大使] むとう・まさとし 1948年生まれ、1972年横浜国立大学経済学部卒業。 同年、外務省入省。 在ホノルル総領事(2002年)、在クウェート特命全権大使(07年)を経て10年より在大韓民国特命全権大使。 12年に退任。 著書に「日韓対立の真相」「韓国の大誤算」「韓国人に生まれなくてよかった」(いずれも悟空出版)「真っ赤な韓国」 宝島社、辺真一との共著 など多数。 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 冷え込んだままの日韓関係。 だが両国の国民は、互いの実像をよく知らないまま、悪感情を募らせているのが実態だ。 今後どのような関係を築くにせよ、重要なのは冷静で客観的な視点である。 韓国をよく知る筆者が、外交から政治、経済、社会まで、その内側を考察する。 12月19日、韓国大手紙「中央日報」に『【コラム】文大統領の〈経験したことがない国の終着駅はどこなのか〉」が掲載された。 コラムを要約すると、以下のようになる。 ・同じ革新政権でも、金大中大統領と盧武鉉大統領は市場経済の原理に忠実であった。 これに対し、文在寅政権では左派経済原理に従い、古い社会主義政策が呼び起こされ、韓国経済は混乱と後退に陥った。 ・金大中大統領と盧武鉉大統領も南北問題に執着したが、守るべきところは守られた。 しかし、文大統領の対北政策には卑屈があふれ、国のアイデンティティは傷だらけ。 金大中・盧武鉉大統領の遺産に対する拒否であり脱線だ。 ・文大統領の目指すところは「一度も経験したことがない国づくり」だが、その具体的な形状を示していない。 金炯オ(キム・ヒョンオ)元国会議長は「任期の半分が過ぎても文大統領が国をどこに導いていくのか指向・終着駅が不明だ」という。 ・文大統領は長期政権を目指し、権力掌握と体制変革に執念を燃やしている。 その実践はほとんど隠密に行われたが、曺国(チョ・グク)事件を境に、露骨にそれを実践している。 金秉準(キム・ビョンジュン)元韓国党非常対策委員長(盧武鉉政権の青瓦台政策室長)は「仮面を脱ぎ捨てて、全体主義に向かおうという意志を露骨に表している」と話している。

次の

韓国の反応|韓国経済の崩壊や日本と韓国の関係など|youtube

韓国 崩壊 youtube

武藤正敏 [元・在韓国特命全権大使] むとう・まさとし 1948年生まれ、1972年横浜国立大学経済学部卒業。 同年、外務省入省。 在ホノルル総領事(2002年)、在クウェート特命全権大使(07年)を経て10年より在大韓民国特命全権大使。 12年に退任。 著書に「日韓対立の真相」「韓国の大誤算」「韓国人に生まれなくてよかった」(いずれも悟空出版)「真っ赤な韓国」 宝島社、辺真一との共著 など多数。 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 冷え込んだままの日韓関係。 だが両国の国民は、互いの実像をよく知らないまま、悪感情を募らせているのが実態だ。 今後どのような関係を築くにせよ、重要なのは冷静で客観的な視点である。 韓国をよく知る筆者が、外交から政治、経済、社会まで、その内側を考察する。 12月19日、韓国大手紙「中央日報」に『【コラム】文大統領の〈経験したことがない国の終着駅はどこなのか〉」が掲載された。 コラムを要約すると、以下のようになる。 ・同じ革新政権でも、金大中大統領と盧武鉉大統領は市場経済の原理に忠実であった。 これに対し、文在寅政権では左派経済原理に従い、古い社会主義政策が呼び起こされ、韓国経済は混乱と後退に陥った。 ・金大中大統領と盧武鉉大統領も南北問題に執着したが、守るべきところは守られた。 しかし、文大統領の対北政策には卑屈があふれ、国のアイデンティティは傷だらけ。 金大中・盧武鉉大統領の遺産に対する拒否であり脱線だ。 ・文大統領の目指すところは「一度も経験したことがない国づくり」だが、その具体的な形状を示していない。 金炯オ(キム・ヒョンオ)元国会議長は「任期の半分が過ぎても文大統領が国をどこに導いていくのか指向・終着駅が不明だ」という。 ・文大統領は長期政権を目指し、権力掌握と体制変革に執念を燃やしている。 その実践はほとんど隠密に行われたが、曺国(チョ・グク)事件を境に、露骨にそれを実践している。 金秉準(キム・ビョンジュン)元韓国党非常対策委員長(盧武鉉政権の青瓦台政策室長)は「仮面を脱ぎ捨てて、全体主義に向かおうという意志を露骨に表している」と話している。

次の

【韓国崩壊】韓国最新ニュースと韓国の反応(4月1日)

韓国 崩壊 youtube

手術失敗による重病説が浮上している金正恩委員長(写真:REUTERS/Heo Ran) 金正恩朝鮮労働党委員長が重病で死に瀕している可能性もあるという一報が流れたことによって、韓国、アメリカ、そして中国には小さな衝撃が走った。 これら3カ国の政府はすべて、明確な後継計画も持たない核武装国家の権力崩壊に対して備える必要性に突如として直面することになったからだ。 金の健康状態に関する状況が依然不透明な中、アメリカのドナルド・トランプ大統領、韓国の文在寅大統領、および中国の習近平国家主席が、北朝鮮内での危機に対して準備ができていないことは明らかだ。 北朝鮮に手が回らない状態 金の重病説を軽視することを狙った彼らの急ごしらえなコメントから判断すると、3人とも金が引き続き指導者として権力を握り続けることを期待しているようだ。 アメリカと韓国の同盟関係が崩れ、中国には協力するための動機がほとんどなく、全政府が新型コロナウイルスへの対処にてんてこ舞いの今、すぐに対応することはほぼ無理だろう。 「私が知る限り、北朝鮮の崩壊に対して準備できているところはない」と、オバマ政権の元韓国政策担当国防省高官のヴァン・ジャクソンは語る。 「トランプ就任以降、同盟の中で崩壊シナリオに関して高官レベルではおそらく何の取り組みもなされていないのではないか。 文政権は北朝鮮の崩壊シナリオを『自己成就的予言』と見なし、関心を持っていない。 中国は後継危機が起きても他国よりはいい立ち位置にあるだろうが、中国すら入り込む隙はあまりなく、影響力も限られている」と、現在はニュージーランド・ウェリントンのヴィクトリア大学のシニアレクチャラーであるジャクソンは付け加えた。 しかし、北朝鮮危機への対応を避けたいという思いは、計画がないという意味ではない。 アメリカと韓国には、北朝鮮の体制が崩壊した場合に、合同軍事行動を行うための秘密の作戦計画「OPLAN 5029」がある。

次の