きめつのやいばの無一郎くん。 鬼滅の刃 第118話「無一郎の無」感想・考察

インナーマスク 鬼滅の刃 鬼滅 きめつ

きめつのやいばの無一郎くん

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 週刊少年ジャンプ2018年35号 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 無一郎くんの無は無邪気の無! おはこんばんにちは! 今週もがっつり無一郎くんパートですっかりゴキゲンなトンガリです。 無一郎くんは痣が出ているからか凄く調子が良い様子。 玉壺も負けじと反撃。 自分の美しさ、気品、優雅さが理解できないのはお前が無教養の貧乏人だからだ、と煽ります。 口がふたつもついているだけあって舌戦には強そうですね。 「便所虫に本を見せても読めないのと同じ」 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 「君の方が何だか便所に住んでいそうだけど」 めっっっっちゃ分かる!!!! 古い便器から生えている玉壺さんが容易に想像できて一人で笑ってしまいました。 相当にハイレベルな悪口合戦……。 猗窩座対煉獄さんの時には有り得なかったような鬼滅問答です。 両者一歩も譲らず。 そこで無一郎くんが少し攻め手を変えました。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 壺を貶した瞬間、玉壺さんが血管を破裂させながらド派手に激怒しました! 芸術家気取りなだけあって自身の作品への悪口はスルーできなかったようです! 悔しいけどなんか憎めない……。 こいつは鍛人の断末魔を作った最低な鬼なんだ……。 激しい怒りを露わにした玉壺は物理的な攻撃を仕掛けます。 (私の壺のどこが歪んでいるんだ!!) 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 血鬼術 一万滑空粘魚 いちまんかっくうねんぎょ!! 一万匹の刺客が無一郎くんを襲います!! ちっちゃい腕でちっちゃい壺をたくさん持ってる玉壺の姿がシュール過ぎて緊迫感が……。 無一郎くんは焦る様子も見せず呼吸を整えながら対応します。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 霞の呼吸 陸ノ型 月の 霞消 かしょう 霞の残像を纏いながら見事に全ての粘魚を斬り落としました!! 圧倒的な速度と攻撃範囲!! これには流石の玉壺さんも想定外で驚きを隠せなかった模様。 「私の毒は何処へ行った」と常識的な疑問を抱いています。 しかしどうやら粘魚が撒き散らす体液もまた、皮膚から吸収される毒だったようです! 一匹残らず斬り散らかしてしまって逆に無一郎くん大ピンチ!と思いきや……。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 霞の呼吸 参ノ型 霞散 かさんの 飛沫 しぶき 粘魚の体液を回転によって全て弾き飛ばしました!! 霞の呼吸大盤振る舞いですね!! これで壱から陸まで披露されたかな? 無一郎くんは間髪入れずに玉壺へ追撃をしますが、玉壺が脱皮して躱しました。 脱皮って……。 無一郎くんも思わず「あーもう面倒くさいな」とこぼすほどです。 上弦の肆・半天狗といい、上弦は戦ってて嫌になってくるギミックが多いですね。 ゲームのボスキャラとかにいたら初見で挑む時は物凄く苛ついてしまいそう。 「避けて木の上に逃げるのやめてくれないかな」 「お前には私の真の姿を見せてやる」 「はいはい」 「この姿を見せるのはお前で三人目」 「結構いるね」 「黙れ 私が本気を出した時生きていられた者はいない」 「すごいねー」 「口を閉じてろ馬鹿餓鬼が!!」 無一郎くんの煽りスキルすげえ!! 玉壺もここまで虚仮にされたことは初めてなのではないでしょうか……。 そしていよいよ玉壺本気モードのお披露目です。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 ……。 …………。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 「何とか言ったらどうなんだこの木偶の坊が!!」 「本当に人の神経を逆撫でする餓鬼だな!!」 緊迫する柱対上弦の戦いでとうとう上弦が本気を出したのにシュールギャグって!?!? 小さかった複数の腕がなくなり、二本のゴツい腕になりました! 手には水かきがついており、全身が鱗で覆われています。 樹に巻き付いている姿は蛇っぽくもありますが、これまでの傾向を考えるとこれも魚類モチーフでしょうか。 ウツボとか神話上の大型海洋生物とか? シーサーペントみたいな……。 それかもう、人魚かな。 美しいとか言ってるし。 この姿を見たのは三人目ということは、これまでに二人の柱が玉壺をここまで追い詰めたということですね。 過去の柱の活躍を聞くのはなんだか嬉しい。 しかしその戦いで亡くなられたようで悲しい……。 この姿になったら全身が壺から出ているしもう壺から壺への瞬間移動は使えない? パワーアップの代償として弱点が増えるとかそういう変身であれば大歓迎なのですが……。 いかんせん絶望感があんまない……。 あまり切迫感のない状況の様に感じていましたが、これでも玉壺は怒っています。 無一郎くんがさらに煽りますが……。 「いやだってさっき黙ってろって言われたし…」 「それにそんな吃驚もしなかった…」 「し…」 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 無一郎くんの言葉が終わるのを待たずに殴りかかって来ました! これまでは血鬼術で生み出した謎生物で攻撃を仕掛けてきていたのに本気モードでは直接攻撃です。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 そして何とこの姿では拳で触れたものが全て鮮魚になるそうです!! どんな能力だ!!!! 咄嗟に躱して木の上に逃げていた無一郎くんでしたが、服に掠っていたらしく隊服の一部が鮮魚に……。 その際に攻撃に巻き込まれないようにと鋼鐵塚さんと鉄穴森さんを逃して 蹴り飛ばして いたので十分対応はできている……のでしょう、多分。 しかしどうもこの鮮魚たちが攻撃してくることはなさそう? ということは毒もない? もしや食べ放題? というか過去二人、玉壺のこの姿を見た剣士は鮮魚になってしまったのでしょうか!? ふざけた能力だけど改めて考えると恐ろしく悍ましい……。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第120話 「どんな凄い攻撃も当たらなかったら意味ないでしょ」 大胆不敵!! 余裕の笑みを浮かべる無一郎くん!! 玉壺が本当に本気で、無一郎くんの毒舌が本当に本音だとしたら、これは本当の本当に無一郎くんの上弦単独撃破あるかも!? 次号は巻頭カラーで激戦開幕ということだし大盛り上がりの無一郎くんパートが続きそうです!! このまま完全覚醒無一郎くん勝って!!(無一郎くん好き) まぁ……そうはならないのが鬼滅の刃なので……。 ここから無一郎くんがやられるとしたらどんな展開かなぁ。 玉壺がさらに奥の手を隠し持っている。 鋼鐵塚さんか鉄穴森さんを人質に取られる。 これはむしろ玉壺の負けフラグか• 実はしっかり毒が効いていてすんでのところで力尽きる。 悪口での挑発は短期決戦狙いのため• 上弦の増援が来る。 考えられるのはこんなところ……? 管理人的にはこのまま勝ってくれて一向に構いませんけどね!!! 玉壺さんの体は鱗やら水かきやら柔らかくも強靭なバネやら、鬼というよりは人魚ですね。 半天狗の時も「ぬらりひょん」っぽい というかまぁ天狗でもある なぁと感じたので、もしかして刀鍛冶の里編出演の上弦二体は日本の妖怪がモチーフになっているのでしょうか? 変身したことで純粋に身体能力が大幅にパワーアップした感じで、壺の瞬間移動無しでもそれ以上の速度で動き回れるのかもしれません。 変身方法も脱皮だったしさらに何度か脱皮して形態を変えてきそうなんですよね~。 あぁぁやだなぁ。 もし蛇がモチーフだったら蛇柱・伊黒小芭内さんが増援で来てくれるフラグになったのになぁ。 小芭内さん好き 海産物だから水繋がりで水柱の冨岡義勇さんに譲りましょうか。 「どうだね私のこの神の手の威力」って言ってるのが少し気になりました。 玉壺は幼少の頃に浜で人魚を見た。 その時の人魚があまりにも美しく、自身の作品でその美しき神を表現したかった。 しかし誰からも理解されず……、とかそんな話があったりなかったりするかもしれませんね。 しかも玉壺のことだからその時見た人魚はただのマグロ 暗くて見間違えた だった展開ですよ。 妄想はするだけならタダなので良いですねぇ。 なんにせよ玉壺戦も盛り上がってきました!! クライマックスが近いのかどうかは分かりませんが……! 次回も熱い展開が続くだろうと期待してしまいます! 巻頭カラーも物凄く楽しみです!! それではまた!! ばいちゃ!.

次の

⚠︎訳あり インナーマスク 鬼滅の刃 時任無一郎風 【ハンドメイド】

きめつのやいばの無一郎くん

『鬼滅の刃(きめつのやいば)』 165 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、伊黒と蜜璃ペアが上弦の肆、鳴女と遭遇しました。 彼女の血鬼術に苦戦する二人・・・。 一方、行冥と逸れた無一郎は一人上弦の壱、黒死牟と対峙しました。 では気になる続きを見ていきましょう!! 165話の感想とあらすじ 上弦の壱 黒死牟は、無一郎の筋肉や骨などが透視できるようです。 「やはり・・・そうか・・・」と呟いた黒死牟。 無一郎の鼓動が速くなりました。 (これが上弦の壱・・・) (他のとは比べものにならない重厚な様、威厳すらある) そして黒死牟が日輪刀を持っていることに気がつきました。 (鬼狩りだったのか?しかも相当な使い手の・・・) 体が戦闘を拒否し、ブルブルと震え出した無一郎。 お前は継国家に残して来た子供の末裔。 つまりは私の子孫だ・・・」 (子孫?僕が!?じゃあこの男は始まりの呼吸の剣士!?) (落ち着け!!取り乱すな) スウっと意識を集中さた無一郎。 「うむ・・・精神力も申し分ない」と黒死牟。 無一郎は斬り掛かりました!! 霞の呼吸 弐ノ型 八重霞!! 「なかなか良き技だ・・・霞か・・成るほど・・悪くない・・・」 一瞬で無一郎の背後に移動した黒死牟。 無一郎は再び技を仕掛けました。 霞の呼吸 伍ノ型 霞雲の海!! 再び瞬時に移動した黒死牟。 力の差は明らかのようです。 「無一郎・・年の頃は14あたりか・・その若さでそこまで練り上げられた剣技、私に怯みはしたものの、それを抑え込み斬りかかる胆力。 さすが我が末裔」 「おちょくっているのか?仮に末裔であったとしても、何百年も経ってたらお前の血も細胞も俺の中にはひとかけらも残ってないよ」 そう告げた無一郎の額と頬に痣が出現しました!! (痣・・・そうか、出ていたのか) 霞の呼吸 漆ノ型 朧!! 初めて見る技だと感じた黒死牟。 (独特の緩急、動きが読みづらい。 撹乱も兼ねた技。 実に良き技) (流麗で美しい。 無一郎が編み出した技なのだろう) 「こちらも抜かねば・・・無作法というもの・・・」 そういって技を仕掛けた黒死牟。 月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮!! 左手首から先を切り落とされてしまった無一郎。 (待てーい!!!!嫌だ嫌だ嫌だぁああ!!!) (月の呼吸!?鬼となっても呼吸による剣技が使えるのか) (異次元の速さだ) 左腕に布を強く巻きつけ止血した無一郎。 (素晴らしい。 腕を失ってすぐに止血) (そこからさらに攻撃をしようという気概) 霞の呼吸 移流斬り・・・ 技を仕掛けた無一郎の刀を瞬時に奪い、その刀を肩に突き刺した黒死牟。 無一郎は柱に止められ動けません。 「我が末裔よ。 あの方にお前を鬼として使っていただこう」 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで購入• 読む!• valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。 valuecommerce. valuecommerce.

次の

【鬼滅の刃】無一郎が弱くない理由|実は縁壱の…【きめつのやいば】玄弥との関係性や黒死牟おじさんも!

きめつのやいばの無一郎くん

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 週刊少年ジャンプ2018年33号 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「思い出したよ 炭治郎」 「僕の父は君と同じ赤い瞳の人だった」 おはこんばんちは! ジャンプ展行ってから懐かし気分でこんな挨拶をしていたら、なんと今週号 2018年33号 の現連載陣フェイバリットキャラクター企画で、吾峠先生のお気に入りキャラクターが則巻アラレちゃんでした!! こんな偶然もあるんだなぁと嬉しい気持ちになりました。 んちゃ! ではでは本編の感想考察いきたいと思います。 前回、なんとか水獄鉢から脱出することに成功した無一郎くん。 急速に記憶も取り戻しているようです。 記憶の中で炭治郎と被って語りかけてきていたのはお父さんでした。 炭治郎と同じ赤い瞳だったというのは偶然とは考えづらいです。 時透パパが日の呼吸の剣士の子孫だとしたら、竈門家の祖先が日の呼吸の剣士及びその末裔と子をなしたということでよさそうですね。 時透ママが日の呼吸の血筋なら……たまたま竈門家の近縁の人間と結ばれたということでしょうか。 時透パパは竈門炭十郎さんのご兄弟という可能性も無くはない……かな……。 そうすると炭治郎と無一郎くんは従兄弟ということになるかな。 時透家は杣人だったようです。 竈門家と同じように剣士とは関係無い職ですね。 記憶を辿りながらずっと身体に刺さっていた針を抜いていく無一郎ですが、毒の影響で痺れが酷い様子。 水の鉢から出られた所で僕はもう……と弱音を吐きそうになりますが、お館様の言葉がフラッシュバックします。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 眼の辺りまで病が進行しているお館様の言葉……。 記憶の無い無一郎くんでは毒で痺れたらそのままやられてしまうけれど、確固たる自分を取り戻した無一郎くんなら毒を喰らっていても負けない、と解釈してもいいのでしょうか。 病が進行したお館様の顔を痛ましく思いながら小鉄くんの様子を見るべく身を寄せます。 この時、「小鉄くん」と呼ぶ無一郎くんが何だかとても優しくて好きです。 無一郎くんの背後から小鉄くんを刺した金魚みたいなのが迫りますが一閃。 痺れていてもこの程度は問題なさそう。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 あっさりと両親の最期が語られましたがどちらも辛いですねこれ……。 お父さんが薬草を採りに行っていたのは病気で弱っていたお母さんのためでしょうし……。 炭十郎さんも身体が弱かったし、お母さんは日の呼吸を使っていたから身体が弱かったというのは有り得るかもしれませんね。 辛うじて喋ることができている小鉄くんを介抱しながら、さらに記憶を辿ります。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 衝撃の事実。 無一郎くんは双子だった!! しかもお兄ちゃんの名前は有一郎くん! 二人の表情を見るだけで何となく性格の違いが分かるような気がします。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「情けは人のためならず」 「誰かのために何かしてもろくなことにならない」 「ちがうよ」 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ」 「父さんが言ってた」 「人のために何かしようとして死んだ人間の言うことなんてあてにならない」 有一郎くんは相当なリアリスト。 徹底した合理主義者という感じのようです。 言うことが物凄く冷たいの。 配慮かなぁ!? お父さんに対しても、 「あんな状態になってて薬草なんかで治るはずないだろ 馬鹿の極みだね」 「嵐の中を外に出なけりゃ死んだのは母さん一人で済んだのに」 とぼろっくそなコメントです。 当然無一郎くんは言い返します。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「俺は事実しか言ってない うるさいから大声出すな 猪が来るぞ」 凄いこれ。 もう何というか。 そして極めつけはこれ。 しかしどことなく韻を踏んでいるようなワードチョイスにやはり日の呼吸の凄さを感じます……。 乾いている木ならこれくらい運べるものなのかな……。 「兄は言葉のきつい人だった」 「記憶のない時の僕は何だか兄に似ていた気がする」 読んでいても感じましたが、やっぱりそうみたいですね。 記憶を失っている時の無一郎くんの言動はかなり有一郎くんっぽいです。 こんな感じでお兄さんとの息の詰まるような二人暮らしをしていたみたいですが、しんどくなかったのかな……。 この時に抑圧されていた感情とかストレスのせいで記憶を失ってからあんな性格になってしまったのえは。 (適当) そんな二人の生活にとある来客がありました。 お館様こと、産屋敷家現当主・産屋敷耀哉様の御内儀のあまね様です。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 あまりにも美しく、白樺の木の精だと思う程とは。 管理人的には眼がちょっと怖く感じます……。 美しすぎて怖いぐらいだということにしておきますが……。 お子さんそっくりですよね。 あまね様は時透兄妹が日の呼吸の剣士の子孫であることを把握しており、スカウトに来ていました。 しかし有一郎くんが暴言を吐いて追い返してしまいます。 無一郎くんは何だか分からないけど凄い剣士の子孫だという事実を無邪気に喜んでいました。 有一郎くんはと言うと、知ったことじゃないと相も変わらず邪険に扱うばかり。 そして無一郎くんは「剣士になろう」と持ちかけます。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「お前に何ができるって言うんだよ!」 大根を力任せにぶつ切りにしてからの怒声。 ウキウキしていた無一郎くんもいたたまれない表情に……。 「米も一人で炊けないような奴が剣士になる? 人を助ける?」 「馬鹿も休み休み言えよ!!」 「本当にお前は父さんと母さんそっくりだな!」 「具合が悪いのを言わないで働いて体を壊した母さんも」 「嵐の中薬草なんか採りに行った父さんも」 「あんなに止めたのに……! 母さんにも休んでって何度も言ったのに!」 「人を助けるなんてことはな 選ばれた人間にしかできないんだ!」 「先祖が剣士だったからって子供の俺たちに何ができる?」 「教えてやろうか? できること! 俺たちにできること!」 「犬死にと無駄死にだよ! 父さんと母さんの子供だからな!」 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 半べそ無一郎くんかわいい……。 でも今回は有一郎くんに同意してしまいます……。 どれだけお金が無くてどれだけ満足に食べられていなかったのか分かりませんし子供のためを思っての行動だったのだとは思います。 でも結果的に子供二人だけを残してこの世を去るというのは、残された子供たちにしたらそれはもう辛いなんてものじゃないと思います。 それに有一郎くんはずっとこうして欲しいという願いを叫び続けていたんですよ……。 でも両親はどちらも自分の言う通りにはしてくれなかった……。 両親が健在だった時の有一郎くんはどんな子供だったのでしょうか。 無一郎くんと有一郎くんは口を利かなくなりました。 その後もあまね様は家へ通ってくれていたようです。 あまね様に有一郎くんが水を浴びせかけた時だけ一度喧嘩をしたというエピソード。 こういう人間味が増すエピソードをちょろっと挟むのはやめてください、悲劇でのダメージも増加します。 そして事件は起こりました。 玉壺と戦っている時に思い出したあの夜です。 戸を開けて寝ていたら鬼が入って来た。 すぐに有一郎くんが襲われ、左腕がちぎられてしまいました。 激しい怒りで目の前が真っ赤になった無一郎くんは鬼と対峙します。 あまりの怒りに記憶が飛んでいる程です。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「気づくと鬼は死にかけていた」 うっエグい……。 怒りで潜在能力が解放された無一郎くんは鬼を地面に貼り付け岩で頭を潰していました。 鬼なのでこれでも死にませんが、朝日によって鬼は消えました。 戦闘の訓練を受けていない11歳の男の子が、割と人を喰っていそうな鬼相手にこれだけのことをできるたのはやはり日の呼吸の剣士の子孫だったからでしょう。 あとやっぱりって凄い。 疲れ果てた無一郎くんは有一郎くんの所へ向かいます。 有一郎くんは神にお願いをしていました。 死にゆきそうな小鉄くんの姿に有一郎くんの姿を重ねたのか……。 とにかく超絶熱くて心に沁みる素晴らしい回だったのではないでしょうか! 有一郎くんがずっとトゲトゲして毒舌吐きまくって冷たい言葉ばかりだったのは何としても弟だけは守りたかったからだったんですね……。 そしてその冷たさは、記憶を失った無一郎くんをずっと守り続けていたのでしょうか。 双子物の定番として、実は弟だと思ってたのが兄だった!みたいな展開がありますが、時透兄弟に関してはそんな要素なさそうですね。 ラストに無一郎くんの顔に痣が浮かび上がるのも胸が熱くなりました! 痣って、日の呼吸の剣士の子孫だから出せているのではなく、真に誰かのために戦うことができる者に出るのではないでしょうか。 強さを求めるでもなく、名誉を求めるでもなく、ただただ人のために戦う……。 でもそれなら煉獄さんだってできてましたよね。 あと無一郎の無は無限の無というのはグッと来ましたが。 それでも子供の名前に「有」と「無」を付けるってちょっと違和感が……。 じゃぁ有一郎くんの有はなんの有なの。 有言?有能? それとも他に仏教的な意味とかあるんでしょうか。 今回の話で産屋敷家が日の呼吸の存在と、その子孫の存在を掴んでいたことがハッキリしましたね。 いったいどこから日の呼吸の子孫の存在を掴んでいたのか。 槇寿郎さんが荒れ始めた理由とか炎柱の書記から? それとも元から知っておりずっと子孫を捜していたのでしょうか。 言うことは割と間違いなさそうな有一郎くんが「結局はあの女に利用されるだけだ! 何か企んでるに決まってる!」と言っていたので、そっちのルートも有り得そうな気がしてきました。 (有り得るの有!?) それと同様に無一郎くんを襲撃した鬼も、子孫の存在に気付いた鬼舞辻無惨の差金という感じではありませんでしたね。 ということは鬼舞辻無惨は日の呼吸の剣士に子孫がいることは知らないのかな。 でも今回の件で知られちゃいましたね。 刀鍛冶の里編が終わった後の上弦会議がめちゃんこ楽しみです。 ここからは日の呼吸で毒無効化、日の呼吸に耐えられる刀をもらって、なんやかんやそのまま玉壺撃破。 って感じの無一郎くん無双でしょうか。 いやああそんなの上弦が解体されちゃう!!! ということでさらにそこから童磨乱入で慣れない日の呼吸で疲れ果てた無一郎くん死ぼ…… いやいやいや無い無い。 悲劇はいけません悲劇は。 真の日の呼吸の力で玉壺が得体の知れないダメージを負う。 からの離脱って感じで痛み分けでしょうか。 でも鬼滅の刃の鬼ってそれも難しいですよね……。 傷はいくらでも再生するし逃げ帰ったら上司に殺されるし……。 痣を持つものを生け捕りにせよ、みたいな命令が下されてればなぁ……。 ここから一気に鬼殺隊が有利な展開になって欲しいところではありますが、そう上手くいかないのが鬼滅の刃! 気を緩めずに無一郎くんを応援していきたいと思います!! あといよいよ本領を発揮し始めた半天狗サイドの炭治郎も応援します!! そしてこの流れだと死んでそうな小鉄くんもギャグで良いので生存していて欲しいです!!!! それでは次回もよろしくおねがいします。 バイちゃ!.

次の