長澤 まさみ 濡れ場。 濡れ場にガッカリ!? 長澤まさみ、問題作で露呈した“女優としての物足りなさ”|日刊サイゾー

長澤まさみは超巨乳!?カップ数は?セクシー担当で濡れ場も熱演!

長澤 まさみ 濡れ場

「世界の中心で愛を叫ぶ」でヒロインを務めてから16年、未だに清純派のイメージを保っている長澤まさみですが、近年ではセクシーな役柄にも次々と挑戦しています。 なんといってもスタイルの良さと童顔、そしてFカップとも言われる巨乳の持ち主だからきわどいラブシーンを期待している声は後を絶ちません。 日本映画だけではなく香港映画にも出演するなど、演技の幅はどんどん広がっているようです。 そんな皆大好き長澤まさみの濡れ場を今回はご紹介しましょう!清純派ですけど、ラブシーンもいける!世の男性が釘付けになったペットボトルの水を口移しで飲ませるシーンや、はたまた足をベロっと舐めちゃうシーンまで…。 人気者で出演作も多いだけに、まだ知らない過激作がありそうですね。 今後は大ヒットした「コンフィデンスマンJP」の続編でAV級の濡れ場に挑戦するなんて言われていますけど…多分それはなさそうです。 それでもあのスタイルの良さと30代を超えても、変わらぬ美貌を持つ彼女には注目していきましょう! もしかしたらイメージとは違うギャップに悶えるかも…。 長澤まさみの濡れ場やキスシーンが見れる映画・ドラマ7選 1. しかし相手役の金城武と濃厚なキスシーンはバッチリあります。 二部構成になっているので濡れ場を目的に見ると、ちょっとダレるかもしれません。 そんなあなたのために!キスシーンがあるのは二部だという情報をお伝えしておきましょう。 その場面は金城武に赤紙(徴兵の知らせ)が来たところから始まります。 めちゃくちゃ切ない顔で長澤まさみが金城武に迫り、別れを惜しむ二人は歩い抱擁を交わし、そこからキスシーンへと移行します。 画像にもあるように壁際に押し付けるようなキスです。 表情がなんともセクシーなので、存分に長澤まさみの魅力が楽しめることでしょう。 その後はお約束の首筋にキスをするばかりで、ベッドシーンがないことに憤慨!はしないようにしてください。 この映画は全編ナレーションも長澤まさみが務めていて、彼女の魅力を余すことなく全面に押し出しています。 純愛映画だからこそ、そこまで過激なシーンがなくてもいいのかなと言う感じですね。 太平論の簡単なあらすじ 三組のカップルが戦争によって翻弄される物語。 中国版の「タイタニック」として宣伝されていますが、映画のほとんどは激しい戦闘シーンで埋め尽くされているので、タイタニックを期待してみると肩透かしを食らうかもしれません。 長澤まさみが演じているのはもちろん日本人で、金城武が中国人。 2人は敵対する国の人間なので当然周囲からは反対されるというわけ。 (この辺は一応タイタニックぽいです) それから金城武は義姉との結婚を迫られるのですが…あろうことか彼は迷ってしまいます。 長澤まさみと金城武は遠く離れた場所からも手紙でやりとりをしていて、これを見ながら再び彼は奮起するんですね。 最終的に台湾行きの豪華客船がでてくるのですが、これには人がごった返し、メインがチャンツイーの物語へと移行します。 (最初から主役級ですけど) タイタニックと同じくこれは沈没してしまい、ここで主要人物が全員悲劇の死を遂げると思いきや、1000人以上の乗客の中で助かった36人の中に入ります。 生き残った彼らの運命は…。 まずは 話題騒然となった口移しのシーンから。 シュチュエーションは酔っ払って森山未來の家にお泊まりする場面です。 寝起きの彼女からまさかの口移しで水を飲まされる。 唇がしっとりと湿っているのもセクシーで、しかもノーブラ姿。 それを鷲掴みにされるんだから、これで興奮しないなら男じゃない! そのまま二度寝、添い寝を要求する姿に森山未來へ殺意が湧いた方もいるでしょう。 それぐらいセクシーです。 単なるキスシーンならこれまでもたくさんありましたけど、水を挟むだけでこんなにもセクシーになるんですね。 設定もまたエロく、長澤まさみは彼氏に調教されたという役所。 口移し以外にも変な性癖を持った彼氏に仕込まれた、エロいシーンがあるのでお見逃しなく。 濃厚と言われれば、さほど過激なシーンはないもののこの映画では他にも、仲里依紗、真木よう子、麻生久美子など人気女優のちょいエロシーンが満載です! モテキの簡単なあらすじ 物語は童貞でこれまで全く女性にモテてこなかった森山未來が、いきなりいろんな女性にモテてしまうという、題名通りモテ期が来てしまうお話。 長澤まさみとはチャットのオフ会で知り合ったという設定であり、4人出てくる女性の中で本命視している存在です。 彼女には付き合っている男性がいるので、間接的というか一度は振られた格好になるんですけど、そのストレスを麻生久美子で発散するなど、森山未來の役柄が羨ましいという表現以外当てはまるものはありません。 物語自体はそんなモテ期が訪れてしまった冴えない男に、女性たちが関わってくる中で成長する青春!?ムービーになっています。 途中ミュージカルのようにダンスシーンが盛り込まれ、パフュームなど人気アーティストもカメオ出演しています。 肩の力を抜いて見ることができる、お気楽ムービーであり、間違いなく長澤まさみが可愛いです! 3. 映画の冒頭から2人はイチャイチャしまくってます。 一応全裸でシーツに包まっているのですが…(そのシーツが邪魔だ!と叫んでも届きません)後ろから高橋一生に抱きしめられます。 そこから耳やうなじを舌でなぞっていき、 「そこダメなんだって…」と言う長澤まさみがかなりセクシー。 喘ぎ声をあげたり吐息を漏らしたりと、リアルな感じがたまらなく興奮してしまうでしょう。 舞台挨拶で本人も話していましたが、高橋一生の指使いにも注目しましょう!指を使って口を開くシーンがあり、そこは「遠慮がなくてよかった」と長澤自身が言っています。 対する高橋一生も「遠慮なくガッと行きました」と語っています。 モテ期では天真爛漫な女性を演じていましたが、ここでは正反対にキャリアウーマンになりきっており、仕事で厳しい女性のいけないところを覗いてしまった!という背徳感がなんとも言えませんね。 嘘を愛する女の簡単なあらすじ 長澤まさみと高橋一生はエリートで理想のカップル。 一方は医者、もう一方はバリバリのキャリアウーマンで将来的なことも見据えて付き合っています。 しかし、高橋一生がくも膜下出血により意識不明の重体になったことで状況が一変。 実は今までの経歴、職業、年齢に名前すらも全て嘘だったことが判明します。 当然長澤まさみは自分の愛した人が誰だったのかを確かめるために、色々と彼の身辺を調査していくのですが、そこで出てくる高橋一生自筆の小説と、生まれ育ったであろう四国のこと、そしてストーカーの女性まで現れる始末。 もしかしたら自分への愛情まで嘘だったんじゃないかと疑いを持ち始め…。 映画としてはサスペンスの位置付けなんですが、色々と突っ込みどころが満載なのでストーリー自体はそこまで楽しめないかもしれません。 ちなみにハッカー役でウィッシュの方のダイゴが出演しています。 長澤まさみの濃厚なラブシーン…はないものの、目の保養になるような場面がたくさん出てくるので、期待しても裏切られることはないですよ。 まずはベッドシーンから…。 お約束というかシーツに包まっているので肌が見るのは胸から上ぐらい…。 でもバッチリキレイな脇を見ることができます。 そして話題になったのはむしろその後にひかえている着替えのシーンでしょうか。 ジーンズにブラトップで出てくるのですが、これがめちゃくちゃセクシーです。 あたらめてそのスタイルの良さを発見できる!というか、相手役の男性がこれを間近に見ていると思うと羨ましい! で、別れぎわに軽いキスをするというぐらいなので濃厚さは期待できないでしょう。 ラブシーンと言えるのはそこぐらいですかね。 他にもお風呂に入るシーンもありはしますけど、映っているのは鎖骨と太ももから下ぐらいのカット。 他にも広瀬すずのご開帳シーンなどありますけど、当然ながらバックショット。 過度に期待するのはやめておきましょう! 海街ダイアリーの簡単なあらすじ 物語は三姉妹の中に1人の妹が加わることから始まります。 実は三姉妹の父親は彼女たちを捨て、別の女性と結婚し、そこで生まれたのが4番目の妹です。 女だから…ではなく女だらけだからこその、葛藤や嫉妬などが描かれており、とにかく広瀬すず演じる四女がかわいそうになります。 彼女自身は何も悪くないはずなのに、三姉妹を捨てるきっかけになった女の子供と陰口を叩かれたり、「いない方がいい」とか自分自身を責めます。 唯一の未成年なので一層悲しく見えるんですよね。 四人は序盤こそ仲の良い姉妹として暮らしていましたが、行方不明になっていた母親が登場することによって歯車が狂ってきます。 しかし、そんな中でもお互いを支えあい、本当の家族になっていくという感じでストーリーは展開します。 全編にわたってラブシーンが登場するような話ではなく、長澤まさみのキスシーンを見るためには最終回までたどり着かないといけません。 それが面倒だという人はいきなり最終回に飛んでください! ちなみに長澤まさみの弾き語りシーンでは、予想外に歌声が素敵!という感想がネットで溢れているので一見する価値はありますよ。 シチュエーションは、特殊詐欺で捕まって刑期を終えた瑛太からプロポーズをされるというシーン。 長澤まさみの手をとってそのまま川の中へ2人は入ってしまい、そこでキス!という感じ。 もしもストーリーを追わずに見てしまうと、この2人何やってんだろ?って感じになるかもしれませんが、きちんとストーリーを追っていくと結構ロマンチックな感じに仕上がっています。 ベッドシーンなどはなく、ある意味本当の濡れ場ではありますけど、セクシーよりは爽やかさが勝っているといった感じでしょうか。 若者たち2014の簡単なあらすじ 結構暗くて重いドラマです。 メインになっているのはとある家族なんですけど、一家を支えている長男や長女とは異なり、次男は老人相手の詐欺で捕まり、三男はいじめにあっているという状況。 長澤まさみは捕まって次男を更生!?させるために自身の畑で彼を雇う、女農家を演じています。 もしかしたらこれまでの長澤まさみをイメージしている人にはショックな彼女が見れるかもしれません。 というのも、この作品での長澤まさみは髪の毛パッサパサ、メイクも薄くみずみずしさがあまり感じられません。 まあでもその自然体がまたいいのかもしれませんね。 古い時代のドラマをもとにしているせいなのか、爽やかな感じよりもトラブル続きで、見終わった後には爽快感よりも達成感を得られるドラマでしょう。 ここで彼女はドM…ではなく恋人からのDVに苦しめられる役を演じています。 再放送でも反響を呼び、放送から10年近く経った2017年の再放送でもツイッターでトレンド入りしました。 長澤は恋人の錦戸亮、そして友人の上野樹里の男女から好意を抱かれていますが残念ながら女性同士の素敵なシーンはほんのすこししかありません。 しかし!これが素晴らしい!と思っている方は多数いるんでしょう。 錦戸亮とは同棲を始めて、普通のカップルのようにイチャイチャキスシーンがあります。 あまり濃厚ではないのでそこまで期待はできないでしょう。 それよりも ず〜っと長澤まさみに恋心を抱き、その想いが抑えきれない上野樹里が眠っている彼女にこっそりキスをするシーンがいい感じです。 長澤まさみは当然寝ているので、リアクションもないのが残念ではありますけどね。 物語自体も楽しめますし、DVをされても男を捨てきれない女は腹立たしくもリアルで見応えがあります! ラストフレンズの簡単なあらすじ 公務員である錦戸亮と美容師見習いの長澤まさみは同棲を始めたばかりのカップルで、2人は超ラブラブ。 下手な恋愛ドラマかと思いきや、錦戸亮はとんでもない束縛男であることが判明します。 仕事を監視するのは当たり前。 仕事であろうが他人の男に触れようもんなら、暴力の嵐!そんな状況に耐えかねて、長澤まさみが頼るのは幼なじみの上野樹里でした。 彼女はシェアハウスで気の置けない仲間と一緒に住んでいるバイクレーサーなんですけど、実は同性愛者。 DVから長澤まさみを守りたいのか、それとも自分の恋心に気がついて欲しいのか…次第に感情がごちゃまぜになってきます。 そこに瑛太演じる上野樹里に好意を寄せる男や(自分ではゲイだと偽っている)不倫に悩む水川あさみなど、いろんな人間関係が絡んできて、物語は意外な結末を迎える…というストーリー。 相手役は堺雅人。 長澤まさみはず〜っと堺演じる真田幸村に恋心を抱いている女性、きりという役柄。 長〜い大河の中で2人のじれったい関係はなかなか進展しません。 「いやわかるだろ!」と何度もツッコミたくなりますけど、お互いわかっていても色々事情があって恋仲になることができないんですね。 しかし! 最終的に堺雅人が感情を抑えきれず、長澤まさみを抱き寄せキスをします。 ただ「遅い!10年前だったら…」なんて言われちゃう始末。 実はこのシーンは脚本にはなく、出演する2人のオリジナルアイディア。 そう言った裏話も含めてみると一層楽しめるかもしれません。 真田丸の簡単なあらすじ 物語は甲斐の武田家が、織田信長に攻められ滅亡の危機に直面しているとことから始まります。 これによって乱世に放り出されたのが真田幸村。 しかし武田を滅ぼした織田信長もあっけなく本能寺の変で命を落とします。 戦国時代の生き残りをかけて、豊臣秀吉の軍勢となった真田幸村でしたが、今度は徳川家康との闘争に巻き込まれていきます。 最後まで家臣として奮闘した真田幸村の命運はいかに…。 長澤まさみ演じる「きり」は真田幸村との幼馴染で、侍女として寧に仕えています。 まとめ いかがでしたか。 円熟期を迎えた長澤まさみはラブシーンと役柄のバリエーションも豊富で、見ている人もそのギャップを楽しむことができるでしょう。 無垢な感じから、大人のエロスまでたっぷりと彼女の魅力を堪能してください!.

次の

長澤まさみ濡れ場シーン4本お見せします!

長澤 まさみ 濡れ場

映画ランキング「全国週末興行成績」(集計期間7月4日〜5日、興行通信社提供)が6日に発表され、3日から公開された長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』が初登場で6位に入った。 実際に起こった少年による祖父母殺害事件に着想を得た同映画。 長澤は行きずりの男たちと肉体関係を持ち、その場しのぎの生活を送る自堕落なシングルマザー役を演じている。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で続々と新作の公開が延期になる中、同作は当初の予定通り今月3日から全国187館で公開。 ランキングの1位から3位をリバイバル公開されている『千と千尋の神隠し』などのジブリ作品などが占め、新作で4位に入った人気シリーズの最新作『ランボー ラスト・ブラッド』は334館の大規模公開。 『MOTHER』は好調なスタートを切った。 「配給は数々の映画賞を獲得した『新聞記者』など問題作を続々と世に送り出すスターサンズとKADOKAWA。 今年でデビュー20周年を迎えた長澤ですが、これまで演じたことのないような役柄で新境地を開拓。 早くも、今年度の映画賞を総なめにするのでは、との声があがるほどの好演だった」(映画業界関係者) 同作のメガホンをとったのは、俳優の大森南朋の兄で、社会派作品『さよなら渓谷』、女優の樹木希林さんの遺作となった『日日是好日』などで知られる大森立嗣監督。 『さよなら』では真木よう子、『光』では橋本マナミに大胆な濡れ場を演じさせているだけに、長澤も期待されたのだが……。 「長澤は次々に男を虜にして関係を持つ役柄。 阿部サダヲ、仲野太賀らと3回の濡れ場がありましたが、驚くほど肌の露出がなかった。 もっと大胆にやればさらに評価は上がったはずなのに。

次の

長澤まさみは超巨乳!?カップ数は?セクシー担当で濡れ場も熱演!

長澤 まさみ 濡れ場

長澤まさみは理想のバスト1位 長澤まさみは雑誌an-anの 「理想のバスト」アンケートで男性1位・女性2位を獲得しています。 (2017年) 泉里香や吉岡里帆など 水着グラビアが当時話題だった女優にも負けない人気でした。 胸が大きいことだけが「理想」となっているわけではなく、 長澤まさみのキャラクターや人間性も上位に入った要因だと考えられます。 長澤まさみのカップサイズは公表されていませんが、 Eカップという声が多いです。 長澤まさみの身長は168〜170センチと言われていて、日本人女性では背が高いほうです。 股下は80センチ近くあり、長澤まさみの足の美しさを引き立てていることは間違いないでしょう。 長澤まさみの競泳水着シーン(ラフ) 2006年に公開された映画「ラフ」では水泳部の飛び込み選手・二宮亜美役を演じています。 (公開当時:長澤まさみ19歳) 撮影していた期間は、 長澤まさみは18歳で高校3年生だったと思われます。 映画自体は全国的な大ヒットとはならなかったものの、 競泳水着の長澤まさみに注目が集まりました。 体のラインがハッキリと分かる競泳水着のため、 長澤まさみのスタイルの良さが明確になった作品でした。 映画のストーリーは知らないけど、 長澤まさみの競泳水着シーンは見たことあるという方も多いのではないでしょうか。 長澤まさみの胸が揺れまくり!(プロポーズ大作戦) 2007年4月期に放送された「プロポーズ大作戦」は、 長澤まさみを目当てに毎週放送を楽しみにしていたファンも多かったですね。 (公開当時:長澤まさみ19歳) 女子高生時代を演じる長澤まさみの制服姿も可愛くて、こんな同級生いたらなぁと感傷に浸ったものです。。。 特に話題になったのはドレス姿で走るシーンでしょう。 全力疾走したため、 長澤まさみの胸が揺れていましたがカメラワークが完全に狙っていますよね。 胸揺れシーンが話題になりすぎたせいか、 プロポーズ大作戦をキッカケに数年間、露出度は控えめになってしまいました。 長澤まさみが美脚を武器に(都市伝説の女) 2012年放送の「都市伝説の女」は深夜枠での放送ながら、 毎回見せる長澤まさみの太ももや美脚が話題になりました。 (公開当時:長澤まさみ24歳) 長澤まさみがスタイルの良さ、特に美脚をウリにし始めたのはこの頃ではないでしょうか。 映画「モテキ」で注目が集まった直後だったので、 一気にファンの心をつかもうという狙いがあったのかもしれません。 ピンクのミニスカワンピース衣装でPerfumeダンスを完コピする姿に惚れてしまいますよね。 長澤まさみの着替えシーン(海街diary) 2015年公開の「海街diary」で、 長澤まさみは下着での着替えシーンを演じています。 (公開当時:長澤まさみ27歳) 綾瀬はるか、夏帆、広瀬すずといった 美女にも負けない存在感が見事でした。 すこし不良チックで奔放なイメージの役柄が増え、 清純派から本格女優へとイメージチェンジしていった時期だと思われます。 長澤まさみが開脚と谷間全開!(キャバレー) 2017年のミュージカル「キャバレー」では 露出度の高い衣装での演技が話題になりました。 (公開当時:長澤まさみ29歳).

次の