ご連絡のほどお待ちしております。。 「ご連絡お待ちしております」の意味・目上の人への使い方

「ご連絡お待ちしております」の意味や使い方・例文・違い

ご連絡のほどお待ちしております。

「お待ちしております」の意味は?ビジネスで使える? 「お待ちしております」には、文字通り「待つ」という意味があり、ビジネスで幅広く使える表現です。 その意味について、もう少しかみ砕いて解説します。 「お待ちしております」は「待っている」の丁寧な表現 「お待ちしております」とは、待っているの丁寧語で「待っています」という意味です。 人や物が来ることを望んでいる、という意味を含みます。 「お待ちしております」と似た表現に、「お待ちしています」があります。 この「お待ちしています」より、「お待ちしております」のほうが丁寧な言い方です。 「お待ち申し上げております」がなお丁寧 「お待ちしております」をさらに丁寧にすると、「お待ち申し上げております」となります。 接頭辞の「お」と謙譲語「申し上げる」、さらに謙譲語「おります」を用いた、敬意の強い表現です。 「お待ち申し上げております」は、謙譲語が2つ続く「二重敬語」ではありますが、ビジネスシーンでは問題なく使用されています。 そもそも、二重敬語とは「丁寧すぎる」印象が嫌われタブーとなるわけですが、「お待ち申し上げております」に関しては、慣習的に問題なく使用可能です。 「~申し上げております」という表現は、口頭では仰々しさを感じさせることもあるため、どちらかというと文書やメールを中心に使用されています。 口頭では、「お待ちしております」という表現でも十分です。 「お待ち致しております」とは言わない 一方、「お待ち致しております」という表現は誤りです。 「お待ちしております」を分解すると、「お待ちする+いる」になりますが、「お待ち致しております」は「お待ちする+致す+いる」となり、言葉の並びが不自然です。 「お待ち致しております」という言い方は、正しい敬語のように聞こえますし、誤りと認識されずに使用されることもあります。 しかし、厳密には間違った言い方ですので、使用しないのが無難です。 「お待ちしております」の使い方・例文集 「お待ちしております」という言い方は、使用されるシーンによっても使い方が異なります。 代表的な使用例を例文で紹介します。 接客シーンで多い「ご来店お待ちしております」 デパートの閉店アナウンスなどでは「またのご来店をお待ちしております」といったフレーズは常套句です。 ほかにも、企業イベントや展示会の案内では、「ご来場お待ちしております」という言い方をすることもあります。 このように、「お待ちしております」の前につける言葉を変えることで、使い方は様々です。 打ち合わせの日程確認などでは、日時を付け加えることもあります。 たとえば、「弊社東京オフィスにてお待ちしております」や「6月13日、13時にお待ちしております」という言い方も可能です。 この場合、ただ日時を確認するという意味だけでなく、その時を心待ちにしている・楽しみにしているといった歓迎のニュアンスも入ります。 「心よりお待ちしております」も使いやすい より歓迎の意を強くするのであれば、「心よりお待ちしております」という表現も便利です。 「心より」とは、心の底、つまり、深くそう思っているという意味です。 そのため、「ご来店心よりお待ちしております」というのは、「来店してくださることを、深く(強く)望んでいます」といった意味になります。 接客シーンでは好んでつかわれていますので、先に紹介した「ご来店お待ちしております」とセットの表現として覚えておくのもおすすめです。 「ご連絡お待ちしております」はメールでも便利 こちらから何か問い合わせをし、回答がほしい場合には「ご連絡お待ちしております」という使い方ができます。 「ご連絡ください」というと、連絡を義務化するようなニュアンスが含まれますが、「お待ちしております」ではその強制のニュアンスが薄れます。 急ぎではない場合には、「ご連絡をお待ちしております」が無難な表現で、相手に不快感を与える懸念も少ないのが特徴です。 「お待ちしております」を英語でいうなら? 「お待ちしております」を使った上記のような表現を英語ではどういえばよいのでしょう。 メールでもよく使用される丁寧な言い方で、幅広く使うことができます。 他にも、メールの文末に使用されるようなフレーズでは、「I await your reply」も少し丁寧な表現です。 「We are looking forward to hearing from you」も「ご連絡お待ちしております」という意味です。 「ご来店お待ちしております」とするのであれば、「We look forward to your visit」という表現もよく使われます。 直訳すると、「あなたの訪問を楽しみにしています」となり、ご来店・ご来場など幅広く使うことができる便利な表現です。 「心より」と付け足すのであれば、文末に「sincerely」を加えます。 他にもある!ビジネスメールで返信を依頼するフレーズ メールのやり取りの中で、「返事がほしい」と依頼する際に使えるフレーズは他にもあります。 便利な言い回しですので、ぜひ使ってみてください。 「待つ」ではなく「ご連絡をお願いいたします」という表現 「ご連絡お待ちしております」という表現は、強制のニュアンスは薄いのが特徴ですが、「返事がほしい」という意思を強く示すのであれば、「ご連絡をお願いいたします」という表現がベターです。 語尾に謙譲の表現を持ってきて、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」とすると、より丁寧な表現になります。 「ご回答」「ご返信」「ご返答」の使い方は? 「ご連絡」の部分を、「ご回答」「ご返信」「ご返答」などに変えることで、活用シーンはさらに広がります。 「ご回答」と「ご返答」は似た意味の言葉ですが、厳密には少し意味合いが異なります。 「返答」は問いや呼びかけに対する答えで、「回答」は質問や要求に答えるという意味です。 そのため、使用シーンにもそれぞれ以下のような違いがあります。 ご返答:口頭でのやり取りに使われることが多い• ご返信:メールや文書のやり取りに使われることが多い• ご回答:問い合わせに使うことが多い いずれも、「お待ちしております」と一緒に使える言葉ですので、覚えておくと大変便利です。 まとめ 「お待ちしております」はそのままでもビジネス敬語として通用します。 人が来るのを待つだけでなく、メールや連絡など、物に対しても使える大変便利な表現です。 いくつかのパターンを組み合わせ、マンネリ化しないようにすると、コミュニケーションスキルもひとつレベルアップします。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

ご連絡お待ちしております♥

ご連絡のほどお待ちしております。

相手に対して返事の催促などをする場合には最もスタンダードな表現と言われる「ご連絡お待ちしております」という使い方が無難であると言われています。 日常的にやりとりをする相手や、同じくらいの年齢の相手などには「またのご連絡お待ちしております」などの表現を使っておけば失礼のない話し方と考えて良いと言われています。 しかし相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった際は別の話です。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、相手に対して通常よりも大きな敬意を表す必要があります。 そのため「ご連絡お待ちしております」という表現では丁寧さに欠けると受け取られてしまったり、反省の色が見えないと受け取られてしまったりする恐れがあると言われています。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最上級の敬意を表さなければ相手に失礼な印象を与えてしまうおそれがあります。 ビジネスは相手との人間関係が非常に重要ですので、相手に「失礼な人」と思われてしまうと、なかなか協力をしてくれなかったり気軽に連絡や相談ができなかったりと、円滑に仕事が進まなくなる恐れがあると言われています。 そのため相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最も丁寧な表現と言われる「ご連絡お待ち申し上げております」という表現を使ったメールが良いと言われています。 さらに「またのご連絡をお待ち申し上げております」などというと柔らかい印象を与えられると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現には、ご連絡いただけるとありがたいです・嬉しいですといった意味合いが込められると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現は、「いただく」という謙譲語表現が用いられており、さらに「ありがたいです」といった意味合いになる「幸いです」という丁重な言い回しが使われています。 このように「ご連絡いただければ幸いです」という表現は相手に対する丁重な姿勢を表す言い回しであることがわかります。 そのため聞き手に柔らかい印象を与えることから相手の好感度を上げたり親密な関係になるための距離を縮めるといった効果が得やすいと言われています。 ちなみに「ご連絡いただければ幸いです」という表現については以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 「お返事お待ちしております」という表現は「お返事を待っています」という意味合いになります。 「お待ちしております」という表現は待つという言葉の丁寧語表現に当たります。 「お返事お待ちしております」という表現は相手から「次回の会議について、詳細が決まりましたら改めてご連絡を差し上げます」などと言われた際の返事として重宝されると言われています。 「また連絡を差し上げます」と言われた時に「はい、お願いします」と返事するだけでは物足りないという場合があります。 こういった場合に「お返事お待ちしております」と返事ができると、よりしっかりとした受け答えのできる人物であると思われやすいと言われています。 こういった印象の積み重ねが信頼につながると言われていることから言葉遣いに気を付ける人は少なくないと言われています。 「お電話お待ちしております」という表現は「お電話を待っています」という意味合いになります。 お電話と表現していることから、いつものやりとりが電話である人に使われることが多い表現であると言われています。 いつも電話でのやりとりをするということが暗にわかっているという状況は、相手との人間関係が全く白紙の状態ではなく、ある程度の関係が構築できているケースが多いと言われています。 そういった相手に対して丁寧すぎる敬語表現を使ってしまうと相手から距離を置かれているのではないかと思われるおそれがあります。 ビジネスにおいて良好な人間関係を築くことは非常に大切ですので、その人との距離感を把握することは重要です。 ある程度親密であるというニュアンスを出したい場合は「お電話お待ちしております」という表現が使えると言われています。 ちなみにいつもメールでやりとりする場合はメールお待ちしておりますも使える表現です。 」です。 「look forward to ~」という表現には「楽しみに~を待っています」という意味があります。 そのため「look forward to hearing from you. 」という言い方は「お返事をお待ちしております」という表現の定型文になっていると言われています。 お返事お待ちしておりますという表現では相手のメールをゆっくりと待つ時間的余裕があるケースが多いですが、相手からの連絡を早めにいただかなければならない場合には積極的に相手に返答を求める必要があります。 そういった際に「ご返答」といった表現が使えるので以下の記事を参考になさってください。 」です。 またのという表現を「again」で表しています。 またのは「次回の」といった意味があることから「again」でまたのを表現しています。 「contact」は、接触する・連絡をとるといった意味合いをもつ英語表現です。 「相手とコンタクトをとっておいてね」など、コンタクトという言葉は日本語としても使われるのでイメージしやすい表現であると言われています。 このように日本語の中に一部の英語が混じる表現はルー語と呼ばれています。 バイリンガルやマルチリンガルの方に多いのですが、片方の言語で適切な表現が思い浮かばない時にルー語になると言われています。 以下のサイトではルー語の原因などについて詳しく書かれていたので参考になさってください。 ご連絡お待ちしておりますというところを「連絡お待ちしております」や「ご連絡待ってます」などと表現してしまうと正しい敬語表現になっておらず相手に不快感を与えてしまうおそれがあると言われているので注意が必要です。 相手と頻繁にやりとりをすることがあったりある程度の人間関係ができている相手だったりすると、多少の敬語の使い間違いは許容されます。 しかしあまり親しくない関係性の人や、目上の人に対して敬語の使い間違いをしてしまうと失礼な人といった印象や正しい言葉遣いができないいい加減な人と思われてしまうかもしれません。 ビジネスにおいて人間関係は非常に重要です。 人間関係の良し悪しが仕事の成否に影響したり、円滑な仕事につながることは少なくありません。 ちなみに相手とやりとりするという時の「やりとり」という意味や使い方についても把握しておくと仕事に役立ちます。 以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。 敬語表現を間違えることにも注意しなければなりませんが、敬語以外の言葉の構成で間違えている人も少なくありません。 例えば、お待ちいたしておりますという表現をしている方は間違った言葉の構成になっていることに注意しましょう。 「いたしております」という表現は「する」の謙譲語である「いたす」に「いる」という丁重語の「おる」がくっつけた表現となり、言葉の構成が間違っていると言われています。 こういった言葉をしっかり把握している人ほど、周囲の信頼を得やすく出世しやすいと言われていることから地道に身につけていきましょう。 ちなみに出世する時などに相手の話を受け入れる意味を表す謹んでお受けいたしますという言葉について、以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう ご連絡お待ちしておりますという表現はビジネスシーンにおいて非常に多く使われるフレーズです。 適切な言葉の使い方をすることで相手に安心感を与えることができ、より良い人間関係を構築することができると言われているので、ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう。 ちなみに現在のビジネス業界では1つの会社で定年まで働く人が減ってきていると言われており、転職する人は珍しくありません。 このように転職を希望する人やこれから社会人になる人が魅力を感じやすい業界がIT業界と言われています。 IT業界は未経験者や転職者を受け入れやすく人材が不足気味という声もあがっています。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 IT業界の仕事内容などの種類もわかる内容になっていますのでお役立てください。 また一流企業の定義や人気ランキングについての記事もお役立ててください。

次の

催促のフレーズ

ご連絡のほどお待ちしております。

1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。 「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません。 2 「程」は漢字か平仮名か 「ご理解の程」「ご了承の程」「ご了解の程」「ご利用の程」などで検索すると、漢字派と平仮名派の勢力はほぼ拮抗しているようです。 おおむね平仮名がやや多いようですが、これは、「程」に名詞としての明確な意味がないと感じるためだと思います。 面白いのは、「ご了解の程」では漢字が多数であることで、これは言い訳をするときは漢字を使いたくなる(=わかりやすく書きたくない)心理かもしれないと思いました。 3 辞書による説明 「程」をいくつかの辞書で引いてみましたが、それらの意味の説明は大きく異なります。 辞書編纂者も手を焼く言葉のようです。 A ベストアンサー 間違う人があるといけませんので、念を押します。 「お願いします」の「お願いする」は「お話しする」と同様ちゃんとした謙譲語です。 「お願い致します」の場合は「致す」が丁重語(謙譲語II)で、「ます」は丁寧語です。 単に丁寧の意味を強めるだけで、別にそう言わなければならない理由はありません。 質問者のおっしゃるとおり「応援、よろしくお願いします」は違和感があります。 別の場面で、考えましょう。 着任の挨拶の時、「指導、よろしくお願いします」というのと同じ言い方になります。 せめて「ご声援、よろしくお願いします」とでも言ってほしいものです。 スポーツ選手の語彙の貧弱さには呆れています。 多分、誰かが言ったことを、口移しに真似ているだけでしょう。 まるで赤ん坊のように真似て言葉を覚える段階ですね。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の