オリンピック 中止 予言。 東京オリンピックは“ない”、2020年3月20日に人類滅亡! インド暦とマヤ暦が断言していた!

【予言・うわさ】2020年東京オリンピック開催にまつわる予言・噂まとめ

オリンピック 中止 予言

コロナウィルスの感染が拡大し、連日ニュースでもマスク不足や感染者数の増加で世界中が混乱を極めています。 コロナウィルス拡大の影響で大規模なイベントやコンサートが中止や延期になったりしている中、政府や組織委員会は「夏までには終息するので問題ない。 東京オリンピックの中止は考えていない。 」と発言していますよね。 国民の間では「この状況で本当に開催できるのか。 」「中止した方がいいのでは?」との東京オリンピックの開催を疑問視する声が多く聞こえてくるようになりました。 東京オリンピックの開催が危ぶまれる中、東京オリンピックの中止予言していた人たちがいたとSNSで話題になっています。 その予言者というのが、2チャンネルの創始者でもある「ひろゆき」こと西村博之さん、東日本大震災も予言していたという松原照子さん、そして大友克洋さんの漫画「AKIRA(アキラ)」です。 そこで今回は、【東京オリンピック】中止を予言!ひろゆき・松原照子とアキラが話題!と題しまして、東京オリンピックの中止に関する予言をまとめてみました。 foulfalsetto 東京オリンピック中止・松原照子の予言 松原照子さんは、wikiによると「経営コンサルタント」という肩書になっていました。 しかし数々の予言をされていて、日本有数の予言者としても活動されているそうです。 松原照子さんは、2013年に「東京オリンピック」が決定する以前に、「東京オリンピック開催はない。 」とブログで発言していました。 東京オリンピック開催が決定してからも、「東京オリンピックが気がかりです。 」という発言もされています。 「私の心の中にある不安と申しますか、胸が詰まったこの気持ちが治まるように思っていただきたいのです」とも書いています。 また東京オリンピック以外にも、以下のような予言を的中されているそうです。 JAL羽田沖墜落事故(1982年)• フォークランド紛争(1982年)• メキシコ大地震(1985年)• スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年)• 三宅島・大島などの火山噴火• 東日本大震災(2011年) さらに興味深いのが、松原さんは1987年に書かれた著書「宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ」で、「政治はこう変わる」という見出しで、日本の政界の今後を予言した記述です。 「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。 『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」 「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。 政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」 この本はすでに絶版になっていました。 東日本大震災も当てた松原照子さんの予言、もう一つは、東京オリンピックはない!です。 「AKIRA」は大友克洋のSF漫画で1982年から1990年まで、週刊ヤングマガジンで連載されていました。 1988年にアニメ映画化されています。 第三次世界大戦か勃発した近未来都市とその崩壊後の世界を描いた作品で、オリンピックを翌年2020年に控えた2019年「ネオ東京」が舞台となっています。 2020年の東京オリンピックが決まった時も、「アキラの予言通り」と話題になっていました。 漫画の中には「伝染病」や「 東京オリンピック 中止だ」の記述があり、今回のコロナウィルス騒動で東京オリンピックが中止なる可能性が出てきたことで、「アキラ」の予言が再燃しています。 AKIRAの予言のTwitterの反応は 大友克洋氏のマンガ『AKIRA』で2020年に東京オリンピックが開催される事を予言していたことに驚いていたけど、まさか中止論とかコロナの事まで予言していたとは本人もびっくりしてるだろうな。 AKIRAが覚醒しなくとも中止だったんじゃ? でも、あれは東京オリンピック前にデモが頻発、貧富の格差拡大した東京、税制改革失敗とか恐ろしいほど現実とリンクしてるね。 落書きもリア😅 — ユルキャラ伯爵 5Kb6s9nOQlIodD1 AKIRA消費増税の失敗も予言していたw — ろんぐて〜る rongtail いかがですか? 個人的には、AKIRAの予言が的中しすぎて怖いくらいです! 作者の大友さんは予言者なんでしょうか。 もしかして本人が1番驚いているのかもしれませんね。 東京オリンピックが開催されるかどうかは、5月末に決まるそうなので、これらの予言がどうなるか注目ですね。 コロナウィルスの流行が、一刻も早く終息することを祈るばかりです。 最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の

松原照子の予言的中がスゴイ!コロナやオリンピック中止が的中?

オリンピック 中止 予言

第三次世界大戦が勃発して現実とは異なる歴史を辿った2019年の『ネオ東京』を舞台にした人気SFアクション漫画 『AKIRA』(大友克洋著、1982〜1990年に講談社『週刊ヤングマガジン』で連載)。 2020年の東京オリンピック開催を予言したことで、 「作者の大友克洋は予言者」と話題になったことは記憶に新しい。 詳しく知りたい方は筆者の過去記事を見てほしい。 参考: 『AKIRA』が予言したとおり、今年2020年は東京オリンピックが開催されるわけだが、3 月13日、トランプ大統領が「東京五輪は1年間延期したほうがよい」と発言し、安倍首相と電話会談をするなど中止の可能性が検討される事態となっている。 一方、『AKIRA』の舞台は1982年に新型爆弾により崩壊したネオ東京で、作中、東京オリンピックはネオ東京の復興と再生をアピールするために開催されるという設定になっている。 大震災と戦争という違いはあれど、 復興をアピールする目的での東京オリンピック開催という点では両者が一致している。 今から30年以上も前に、2020年の東京オリンピック開催を的中させていたのもすごいことだと思うが、この点に関してさらに興味深い描写が存在する。 作中、 『東京五輪、国民の力で成功させよう』という看板に『中止だ中止』『粉砕』などの落書きが描かれているのだ。 つまり、様々な問題が多発して、 国民から『オリンピック中止』の批判が上がるということまで予言していたということだ。 となると、 予言通りにオリンピックは本当に中止になる可能性がある。 さらに作中、 看板に描かれている「開催迄あと147日」の文字に注目してほしい。 東京オリンピックは 2020年7月24日開催だから、そこから逆算して「今月2月末に何かが起こるのでは?」とネットでも話題になっているのだ。 東京オリンピック開催から147日を逆算すると、2月29日となる。 しかも、この147日の文字が出るのは序盤のアニメ開始15分頃のシーン。 つまり、2月29日に反政府ゲリラによって連れ出された超能力者・タカシと、のちにオリンピックスタジアムの国立競技場で主人公とバトルすることになる鉄雄が接触する日だ。 そこから考えると、物語の核心となる超能力者・アキラが目覚めて本格的に東京オリンピックが中止となるのは3月中ということになる。 (漫画版では3月以降、ネオ東京崩壊にオリンピック会場で集会が開かれるシーンも)。 つまり、東京オリンピック中止が決定的となる問題のXデーは3月中なのだ。 なお、この時期を狙ってか、 という。

次の

東京オリンピック中止を予言した人まとめ!実際どうなるかも真面目に検証してみた

オリンピック 中止 予言

「 2020年の東京オリンピックで災害により中止や延期が起こる」という噂は知っていますか?噂の元となった イルミナティカードは、9. 11や3. 11も予言したと言われています。 イルミナティカードとは? イルミナティカードとは、アメリカで発売されているカードゲームです。 初版は1982年ですが、予言カードと言われているものは1995年にTCG トレーディングカードゲーム として発売された 『イルミナティ New World Order』です。 度々、都市伝説にも登場する為、イルミナティカードの存在は聞いた事もあるのではないでしょうか? 日本でもAmazonなどのネットで手に入ります。 日本では『ポケモンカードゲーム』や『遊戯王OCG』など子供を中心としたものが有名です。 イルミナティカードは発売以来とても人気があり、発売されているカードは500枚を超えます。 ポケモンカードは手持ちのポケモン(カード)を戦わせることで勝敗を競いますが、イルミナティカードの場合は、世界を裏から操る秘密結社の立場からゲームをプレイします。 つまり 悪の組織側となって世界を新しい秩序で支配することなどを目的するゲームなので、対象年齢も子どもではなく大人が中心です。 カードの種類はイルミナティ(秘密結社)やグループ(組織)カード、特殊カードがあります。 カードにはイラストと説明文、ゲームに関連した数値が書かれており、カードの特性などによってプレイヤーの行動が決定されます。 プレイヤーは悪の組織ですから、その行動に関連するカードも社会的な混乱や災害などが殆どです。 その内容は、有名な陰謀論や都市伝説、発売された時代の有名人を模したキャラクターに関係したものなど皮肉が込められたものもあります。 これが予言カードと呼ばれるきっかけとなったのは、9. 11でした。 特殊カード「Terrorist Nuke」とグループカード「Pentagon」のイラストが、それぞれ2001年に起こったアメリカ同時多発テロ事件のワールドトレードセンターツインタワーの攻撃とペンタゴンの攻撃を予言していたのではないか、といわれたことがきっかけでした。 他にも「Saddam Hussein」がサダム・フセインとイラク戦争、「Princess Di」はダイアナ妃らしき人物がパパラッチに囲まれていることから交通事故死が暗殺の予言だったのではないか?などと言われています。 また、東日本大震災に関連して「Tidal Wave」が原発周辺の津波、「Nuclear Accident」が原発事故を予言していたのではないか?と話題になりました。 東京オリンピック2020で起こる災害を予言!? 今、2020年東京オリンピックに災害が起こるのではないか?と噂されているカードがあります。 それは、 「epidemic」このカードの意味は「伝染病」 伝染病とはコロナウィルスなのか? そして 「Combined Disasters(複合災害)」のカードです。 このカードのイラストの背景には時計台が崩壊してきており、前面では人々が逃げている様子が描かれています。 この 時計台が銀座和光の時計台に似ていること、そして 逃げている人々の服の色が五輪のマークで使われている「赤・青・黄・緑・黒」であることから、東京オリンピックでは東京が崩壊するほどの災害が起きると言われています。 この災害がテロなどの人災か地震などの自然災害を指すものかまでは書かれていません。 しかし、ビルが崩壊するほどの何かを指していることから不安にはなります。 東京は30年以内に大地震がくる可能性が70%以上という発表もあるので、可能性としては否定できません。 油断はせず災害に備えておいてもいいと思います Combined Disasters(複合災害)のイルミナティカードは札幌だった? 日本にある有名な時計台は銀座だけではなく、札幌にもあるのはご存じでしょうか? 東京オリンピックのマラソンコースが札幌に変更されましたが、これにより新たな予言説が出て来ています。 銀座和光の時計台と同じような形をした、札幌市時計台 北海道札幌市中央区北1条西2丁目 、あまりにも類似している為、噂されています。 札幌の時計台 実は北海道沖で30年以内に超巨大地震発生確率「最大40%」はご存じでしょうか? 札幌市の地下に「西札幌断層」、「月寒断層」、「野幌丘陵断層」と3本の活断層があり、そのうちの1本の「月寒断層」によると思われる直下型地震が2010年に発生しています。 もし、この地区の断層で地震発生した場合震度7が予想されると報道されています。 日本は地震が多い国ですが、東京オリンピックのコースが東京から札幌に変わったのも、もしかしたら偶然ではないのかもしれません。 関暁夫さんの言葉を引用すれば、『信じるか信じないかはあなた次第』となるのかもしれません。 epidemic=伝染病 伝染病に関するカードもあり、カード内の文字を注目すると、quarantineと書かれていて、意味は伝染病予防のために隔離する、検疫する、となっています。 この記事を書いた時は、『東京オリンピック2020で日本国内で流行すると開催も中止を唱える方も出てくるかもしれません』と書いていましたが、現実に、アメリカのトランプ大統領が個人的見解としながらも「無観客など想像できない。 あくまで私の意見だが、1年間延期したほうがよいかもしれない。 」、「観客なしで開催するよりは延期するほうがよいと思う」とインタビューで答えるなどし、この後、各国より同様の発言が多く聞かれると、延期の可能性も出てくるのか心配されます。 すでに、各国での東京オリンピックに向けた大会を始め、日本野球やメジャーリーグ、Jリーグ、NBA、テニス、など、多くのプロスポーツ大会が延期・中止となりました。 日本代表選手などは遠征もありますが、渡航制限により、移動が難しくなる中、国を挙げて早期に解決が望まれます。 ただ、イルミナティカードはあくまでもゲームですので、昔からある陰謀論や荒唐無稽なものから実際に予測されている事象などを扱ったカードもあります。 あくまでのゲームの中の話で終わって欲しい出来事です。 WHOが発表したパンデミックの定義とは? WHO 世界保健機関 のマイク・ライアン氏「明確な定義はないが、病気が国から国に広がるのをもはや制御できない段階に達したことを指す」とコメント 辞書には感染症が世界規模で流行すること。 世界流行、世界的流行 イルミナティカードの予言は当たったのか? もはや世界的規模で流行しオリンピック以外のすべてのスポーツが中止・延期となった2020年、1988年公開のアニメの『AKIRA』では、1988年7月16日、東京で新型爆弾が爆発し第3次世界大戦が勃発、31年後の2019年を描いた「ネオ東京」が舞台となり、映画でのワンシーンにの東京五輪中止が描かれ話題となりました。 イルミナティカードを改めて確認すると、過去の事例から、起こりうる未来を予想し作成されているようですが、まるで予言者が作成しているのではと思われてるカードゲーム、この先、世界的に新しい展開が訪れるのは間違いありませんが、イルミナティカードは対戦型のゲームの為、対抗するカードがあるのも事実です。 もしかしたら、希望を見出すイルミナティカードもきっとあるはずです。 次回は、そんなカードがあるのか探したいと思います。 まとめ 大災害や新型コロナウィルスなど予言されてるのではとありますが、実際には「イルミナティカード」は、あくまでもゲームカードです。 実際の社会的な問題や予測を扱っており皮肉や冗談が効いているので、陰謀論好きの人たちからは予言カードとも言わるようになりました。 カード枚数も500枚もあれば何でもこじつけが出来るで、なんとなく想像を掻き立てるのかもしれません。 2021年の東京オリンピックが無事に開催されることを願っていますが、災害や感染症 伝染病 はいつ起こるかわからないものです。 各々、いざとなった時の為に備えておく為にも、ゲームをしながら危機管理を忘れないとの意味も兼ねて、カードゲームとして楽しむのがいいのではないでしょうか。

次の