コロナ ウイルス 横浜 市。 横浜市・新型コロナウイルス感染症(肺炎)を受診できる病院

【神奈川コロナ】保育士が新型コロナウイルス感染、横浜市が保護者に公表せず「口止め」を指示、開園を継続

コロナ ウイルス 横浜 市

掲載日:2020年6月12日 このページでは、令和2年4月11日から5月6日までの休業要請等にかかる協力金(第1弾)に関する情報をご案内しています。 新着情報 交付状況に関する情報提供について 現在の交付状況をご案内します。 (令和2年6月12日現在) 申請件数 支払確定件数 約42,000件 約15,000件 引き続き交付を急ぐとともに、書類の不備等のご連絡を進めております。 なお、審査の結果、交付とならない場合は、後日事務局からご連絡いたします。 ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください。 なりすましに対する注意喚起について 令和2年6月2日 本協力金について書類の追加提出が必要な場合、事務局からは以下の方法で提出するようにご連絡しております。 下記以外の提出先を指示することはありませんのでご注意ください。 協力金交付のための審査について 令和2年5月22日 現在、大変多くの県民の皆様から申請をいただいているところですが、交付まで時間を要しており、ご迷惑をおかけしております。 なお、書類の不備等も多くあるため、順次事務局から追加書類の提出依頼や申請内容の確認のご連絡をしています(下記、をご参照ください。 書類が整い次第交付手続きを進めてまいりますので、少々お時間をいただければと存じます。 現時点で事務局から電話等の連絡を受けていない方につきましても、順番にご対応しておりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 お願い 個々の申請の審査状況や交付時期に関するお問い合わせにつきましては、全体の交付事務の進捗に影響を与える恐れがありますので、大変恐縮ですが極力お控えいただきますようよろしくお願いいたします。 協力要請等の延長に伴う支援策について 令和2年5月25日 県は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく令和2年5月7日から5月26日までの休業要請等に協力していただいた事業者等に支援を行います。 (対象期間は令和2年5月7日から令和2年5月26日の全期間です。 交付を受けるためには、少なくとも期間中15日間、遅くとも令和2年5月12日(火曜日)から休業等を開始し、令和2年5月26日(火曜日)まで実施する必要があります。 )」でも可。 郵送時 1 事業の趣旨 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の要請や依頼に応じて、休業や夜間営業時間の短縮に御協力いただいた中小企業、個人事業主(以下、「事業者」といいます。 )の皆様に対し、協力金を交付します。 )とします。 2 交付額• 「3 交付要件等」を満たす事業者の皆様に、下表の金額を交付します。 休業要請等に応じて、事業所の休業に協力した休業要請等対象施設や、夜間営業時間短縮要請に応じて、夜間営業時間の短縮に協力した夜間営業時間短縮要請対象施設を共に有する事業者は、「休業要請対象の施設の事業者」として申請してください。 3 交付要件等• 神奈川県の緊急事態措置により、施設の使用停止や夜間営業時間の短縮要請に応じた中小企業又は個人事業主であること。 少なくとも令和2年4月24日以降、県内にある事業所で休業や夜間営業時間の短縮(夜間営業時間を短縮する代わりに休業した場合及び酒類提供時間を短縮した場合を含む)に協力いただいていること。 令和2年4月10日以前に開業しており、営業の実態があること。 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団員等に該当しないこと。

次の

横浜市 新たに7人感染確認 20代~90代 新型コロナウイルス

コロナ ウイルス 横浜 市

ねこくんととりくんがわかりやすく教えてくれます。 神奈川県内では、新規陽性患者数は非常に低く抑えられています。 一方、東京では、昨日、アラートが解除されたものの、感染の再拡大の傾向が見られました。 小池都知事もご苦労されていらっしゃいますが、東京圏は一体ですので、県内にも感染の第二波がいつ来るか、油断できない状況です。 一都三県、指定都市で協力して取り組んでいきます。 また、重症・中等症患者を受け入れるため、緊急的に確保した500床の病床は、余裕をもって運用できており、医療体制は十分に整っています。 今後は、一般診療の受入を拡大していきますが、感染者が再度増えた場合には、すぐに、現状と同等の受入体制に切り替えてまいります。 日々の暮らしを一変させ、新たな社会課題を突きつけています。 しかしながら、神奈川県内では、アイデアと行動、そしてSDGsの17番目のゴールであるパートナーシップにより、地域のつながり・活力を維持していこうとする取組みが展開されています。 国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は17,429例、死亡者は925名となりました。 また、入院治療等を要する者は859名、退院又は療養解除となった者は15,643名となりました。 1.国内の状況について 6月14日0:00現在、PCR検査陽性者17,429例が確認されている。 受付時間:平日(18時00分~21時30分)、土日祝日(14時00分~21時30分) SNSによる情報発信 厚生労働省公式TwitterやFacebookでも最新の情報を発信しています。 また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。 家計への支援として市民1人あたり10万円の特別定額給付金。 児童1人あたり1万円の給付金を支給。 市立学校の一斉臨時休業の延長か解除かは5月6日までに決定をして発表する。 7月以降に段階的に再開していく予定です。 80代の女性は再陽性。 県警伊勢佐木署の巡査部長も。 1人が死亡。 市内の死亡者累計は24人に。 1人が死亡。 2人が死亡。 横浜甦生病院で6人の陽性を確認。 うち聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院に入院していた60代男性1人が死亡。 新たに医師1人、看護師4人が感染。 横浜市内事例数は327件。 全国的な感染拡大が収束しておらず、医療提供体制も依然として厳しい状況であることから、やむを得ない措置であると思います。 横浜市は、緊急事態宣言の期間延長に伴い、市立学校の一斉臨時休校をはじめ、横浜市が主催するイベント等の中止、延期や市民利用施設等の閉館を、延長していきます。 病院名公開せず。 30代の中区福祉保健センターの女性が20日に実施したPCR検査で陽性が判明。 同居家族以外の濃厚接触者はなし。 これは何より、市民の皆様、事業者の皆様、医療従事者の皆様のご理解とご協力の賜物です。 改めて感謝申し上げます。

次の

横浜市|新型コロナの感染者数・死亡者数の集計|区別発生データのまとめ

コロナ ウイルス 横浜 市

横浜市は12日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、総額187億円規模の「くらし・経済対策」を発表した。 感染拡大の第2波に備える医療体制づくりや、感染防止への対策を施しながら事業を再開する地元企業、新型コロナの影響を受けた観光業などを支援する。 市議会6月定例会に補正予算案として提出する。 12日に新型コロナウイルス対策本部会議を開き、林文子市長が報告した。 医療体制などは55億円を計上し、「横浜版クラスター予防・対策チーム」を新設し、災害時の避難所には感染防止器材を配備する。 ドライブスルー型のPCR検査所を最大14カ所まで増やすほか、簡易検体採取を2020年7月~21年3月で最大7200件に増やす。 経済対策などは94億円を計上した。 中小企業や個人事業主が新たに感染拡大防止に向けた内装工事などに取り組むための経費を補助する。 観光分野への支援に5億円を計上し、国内旅行の再開に合わせ、横浜を訪れる日帰り・宿泊観光の誘客を支える。 子育て支援へのICT(情報通信技術)の導入や学校再開に伴う非常勤講師の増員など「新しい生活様式」への対応には36億円を計上する。 林市長は各種の対策について「市民や事業者と一体となり、1日も早く活力を取り戻したい」と述べた。 一方、これまで計上した予算のうち、東京五輪・パラリンピックの開催延期やクルーズ船の寄港減少を受けて当初予算を13億円減額補正する。 一般会計の補正予算額は174億円で、補正後の一般会計の総額は2兆3318億円となる。

次の