葉 加瀬 太郎 富山。 葉加瀬太郎が愛人と不倫で嫁さんの高田万由子と離婚?嫁がこわい顔になった?

葉加瀬太郎の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

葉 加瀬 太郎 富山

葉加瀬さんの楽器については、詳細は分からないのですが、推測として・・・・・・。 「ストラディヴァリウス」を聞いたことがありますよね? 言わずと知れた、世界最高峰の銘器です。 あの楽器は、一億円以上はする代物なんですよ。 あの楽器を手に出来るのは、勿論超一流の演奏家です。 有名になってその楽器を買えるだけ稼ぐことの出来る演奏家や、実力が認められてパトロンがつくような演奏家に限ります。 プロのオーケストラ奏者でも、2~3000万するような楽器を弾いている方はざらにいます。 つまり、ヴァイオリンはその実力に見合った楽器を手にすることが大切になってくるのです。 安い楽器だと、自分の実力が発揮出来ないということも出てきます。 逆に、そんなに実力がない人が高価なヴァイオリンを弾いても、「ヴァイオリンに弾かれてる」感じがしてしまうでしょう。 音高、音大に行くような人だって、軽く2~300万はする楽器を持っています。 それなのに葉加瀬さんほどの実力を持つ方が、100万、200万程度の楽器に満足しているとは到底思えません。 それに、安物の楽器だとあれほどの音は出ません。 恐らく、他の回答者さんもおっしゃってますが、ヴァイオリンを何本か持っていて使い分けていらっしゃるのでしょう。 80万、200万程度のヴァイオリンを持っているのは、宣伝用のものなのでは・・・と思います。 Q こんにちは。 バイオリンを習いたいと思っています。 教室もほぼ決まったのですが、 先生が勧めてくれたバイオリン(国内メーカー、セットで15万円)より 楽器店で試弾した中国製のもの(セットで8万円)のほうが良い音でした。 もちろん、その国内メーカーでも本体価格が30万円のバイオリンの音色は素晴らしかったのですが、 高すぎて買えません・・・。 先生は長く楽器メーカーとお付き合いがあるので、 紹介できる所が限られてしまうのでしょうね・・・。 質問なのですが、「上手くなってから買い換えなくてもよいレベルの楽器」とはどういうものなのでしょう? 比較的近くで唯一の弦楽器専門店にて、ドイツのGEWA(本体のみで15万円)を 上記のアドバイスと共に勧められたのですが、初心者の私には判断できません。 試弾してみて、初めてバイオリンに触れた私でも簡単に2オクターブの音階が弾けました。 (構え方などは楽器店の方から教えてもらいました) 音色も深く美しく、セットで15万円(国内メーカー)のものとは明らかに違いました。 弓やケースをつけると20万円を軽くこえてしまうので厳しいですが・・・。 ついでに他の総合楽器屋さんにも行き、何本か試弾させてもらいました。 そこで新たな疑問が・・・。 弾き易い楽器とそうでない楽器の違いは何でしょう? 駒の湾曲の角度でしょうか? 調整で直せるものなのでしょうか? 「高価であれば、当然弾き易い」と思っていたのですが、 試弾したところ、セットで2万円の中国製のものと、ドイツのマイスターが一人で作成した50万円の2本が とても弾きづらく、セットで6万円~30万円の6本は簡単に感じました。 (もちろん音色の深みはかなり違いますが。 初心者でも綺麗な音が出しやすい、という意味で) 人気の通販サイトもあるようで、コスパが良いようです。 楽器店にあった物と同じものが2万円ほど安く売られています。 弾き比べられないのが難点ですが・・・。 初めは「初心者なのだから、セットで5,6万円のもので十分。 上手くなってから買い換えよう」 と思っていたのですが、正直今は悩んでいます。 それほど、歴然たる音の違いでした。 毎日、良い音だなぁ、といい気分で練習した方が上達が早いかな、と。 将来上手くなったら、地元のアマオケに参加したいな、と思っています。 やはり、セットで6~8万円のものではマズイですよねぇ 汗 安い割には悪くない音なのですが、深みも甘みもない・・・。 アマオケに入るには最低本体で何万円のものが必要でしょうか? 初めからある程度ものを買い、買い換えないか、 初心者の練習用と割り切って、安いものでいくか。 どちらが将来のためにいいでしょう? 初心者ではいい楽器を傷めてしまいますか? バイオリンに詳しい方、アドバイスをお願いします! こんにちは。 バイオリンを習いたいと思っています。 教室もほぼ決まったのですが、 先生が勧めてくれたバイオリン(国内メーカー、セットで15万円)より 楽器店で試弾した中国製のもの(セットで8万円)のほうが良い音でした。 もちろん、その国内メーカーでも本体価格が30万円のバイオリンの音色は素晴らしかったのですが、 高すぎて買えません・・・。 先生は長く楽器メーカーとお付き合いがあるので、 紹介できる所が限られてしまうのでしょうね・・・。 質問なのですが、「上手くなってから買... 買い替えないで,それで一生使い続けるということなら, 「ある程度のもの」は30万程度ではおそらく駄目です。 初心者だから安いものでよいという考え方にも否定的で, 弾きやすく,いい音が出る楽器は上達を早めます。 切れ味が悪い包丁は力が入り,疲れる・時間がかかる, 労力の割りには仕上がりが悪い。 これと同じです。 ヴァイオリンでも不必要な力が入ってしまいます。 上達すると弾き易さ,音の出(反応)の敏感さも気になる ようになりますが,耳も肥えて音色に対する要求レベルが 高くなり,安価な楽器では限界があります。 また,今の時点で良い音と感じられていることにも 経験者が思う良い音と大きなギャップがあるかもしれません。 レッスンが進むと高いポジションを使うようになります。 G線やD線のハイポジションの響きはどうか, E線のハイポジションの音色の強さや透明感はどうか, 4本の弦の音色や音量のバランスはどうかなど, チェック項目はいくつかあります。 それと,耳元ではいい音に感じるが,楽器自体が響かない というタイプのものもあります。 つまり,貧弱な音です。 イヤホンと大きなスピーカーの違いのようなものです。 これらの見分け方は初心者の方には難しいと思います。 経験者同伴が無理なら,信用ある専門店を選ぶことが 大きなポイントです。 予算はどれくらいかは難しいですが, 可能な範囲で高いものを買っておかれるのがいいと思います。 でも,いつかは買い換えることになると想定して, 貯金もしておくことになります。 アマオケのメンバーが使う楽器は,人それぞれですが, ピアノよりも高くつく楽器です。 アップライトではなく, 国産グランドピアノよりも高いものを持つ人も結構います。 楽器本体の値にもよりますが,弓も高いですし, 弦もかなり値上がりして高くなりました。 初めての楽器で,いつかは不満を感じるようになりますが, なんとか8~10年ほど,我慢して使えるもの…と考えると, 楽器本体だけで10万以下では,どうかな?と思います。 といって初心者の方に,いきなり高額なものをお勧めも できませんので難しいです。 楽器製作の技や人件費だけでなく,材料の質も関係します。 弓は単純なものですから,ズバリ材料費です。 高級な弓は希少な木が使われるので高いです。 参考 削る(手工品)と,プレス(安価な大量生産品)の違いなど, 作業工程のことも少し知っておくと参考になると思います。 exblog. 信用できそうな店を探し,急いで買わないのがいいと思います。 ここなら信用できそうと判断したなら, 信用して店の言いなりでもいいと思います。 下手に初心者が自己流の判断で選ぶより確かだと思います。 特に新作ヴァイオリンは見分け(判断)が難しいです。 violinwakaru. 買い替えないで,それで一生使い続けるということなら, 「ある程度のもの」は30万程度ではおそらく駄目です。 初心者だから安いものでよいという考え方にも否定的で, 弾きやすく,いい音が出る楽器は上達を早めます。 切れ味が悪い包丁は力が入り,疲れ... A ベストアンサー ヴァイオリンを習い始めて14年のものです。 ヴァイオリン科で音大生です。 趣味でされている方でしたら、30万円~100万円は高すぎると思います。 自分の背が伸びたりという成長と共に楽器を買い替えなければなりませんが、私は小さい頃から、買い替えのたびに、習っている先生に楽器を選んでもらっていました。 私も初心者の頃(幼稚園児位の頃とか)は、安い、鈴木メソードなどの楽器と弓を使っていました。 詐欺の楽器屋さんが沢山いるので、大変危険です。 長々とすみません。 参考になれば良いです。 ヴァイオリンを習い始めて14年のものです。 ヴァイオリン科で音大生です。 趣味でされている方でしたら、30万円~100万円は高すぎると思います。 自分の背が伸びたりという成長と共に楽器を買い替えなければなりませんが、私は小さい頃から、買い替えのたびに、習っている先生に楽器を選んでもらっていました。 私も初心者の頃(幼稚園児位の頃とか)は、安い、鈴木メソードなどの楽器と弓を使っていました。 質問者さんは大人から習い始められたということで、体はもう成長されないと思うので、楽器を... Q バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 中古は手入れが大変で、初心者は避けたほうが良いとも聞きます。 これはどれ程大変なのでしょうか? が一方で、中古を扱っているお店の人は「それほど大変でもないよ。 中古が深みが合っていいよ」と言います。 残念ながら初心者なので(まだスズキの2巻目・途中。 第一ポジションのみ) まだ満足な試奏もできてないと思いますし、判断できません・・・。 試奏に必要な技術とは何でしょうか? 最低でもサード・ポジションは必要ですか? よろしくお願いします! バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 文京楽器さんのは、弦楽器フェアできいた200万円のものと 今は販売してい... A ベストアンサー そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見たら何千万。 弓も1,000、2,000万も有りますから(冷汗) オーケストラの方が使用して居るのがこのクラスです。 普通の家庭で趣味でやるなら~~「どの位の金額までで 押さえ、止めるか」なんです。 「幾らかけても良い裕福な家庭なら」何も悩む事は無いんです・・・・・。 恐らく、5年位で 彼方は40万のヴァイオリンでも満足出来なく成るかと思います・・・・・。 また、20万のヴァイオリンで教本のどこまで行けるか・・・・・。 良いヴァイオリンは弾き込んで行くと徐々に本体の水分が振動で飛び、響く様に成って来ます。 本当の響きが出るのは10年では無く、50~100年かかる。 だから厳密には「中古」とは言わない。 ただ表面のニスが非常に柔らかく晴れた日の車内では高温で溶けてしまう程。 ですから本体は専用の布か非常に柔らかいベビーガーゼ(今は無いかも)等で軽く拭くだけです。 あと、乾燥に弱い(湿度30%を切ると割れる可能性も有ります) 趣味の範囲だと良い個体で 新品価格で ヴァイオリン120万、弓50万がある意味で限界です。 だから 新品価格で120万位の中古のヴァイオリンを皆さんが欲しがるのです。 話がそれました。 私はたまたま楽器専門店の貸しスタジオでレッスンを受けてるから良いのですが・・・ もし私が、貴方の立場なら・・・・・悩むけど・・・ヴァイオリンは「弓」と「弓の使い方」だから・・・・・ 40~50万以内の良い弓を先生に依頼して買い、ヴァイオリンは20~30万に抑える。 その内にヴァイオリンに限界点が来るから。 その期間内に貯金をして中古の掘り出し物が出たら 買う。 40~50万の弓なら~新品価格120万クラスのヴァイオリンでも余裕ですから。 貴方とは周りの環境が違うので・・・あくまで私の個人的な考えですが・・・・・。 宝くじで50万当たったら~即、45万のあの弓 買うけど・・・・(苦笑) でも、とても家族には本当の値段は言えません。 そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見... Q バイオリン、前々から興味があり、独学で(1歳と3歳の子がいて、今のところ通えないので・でもいずれは通おうと思っています。 )はじめました。 初めて1週間というところでしょうか。 自分が思っていた以上に調律も出来て、音も出ました。 ピアノを10年以上習っており、今も好きで続けていたのが良かったのではないかと自分では思っています。 そこで質問なのですが、E線はとても弾きやすいのですが、A線D線G線と進むごとに弾きにくく、音を出すのが難しいです。 これは初心者であれば誰でもこのような経験をするのでしょうか。 そして練習を重ねれば、G線であっても綺麗な音が出るようになるのでしょうか。 あと、松脂についても質問です。 バイオリンの松脂というのはあんなに堅くていいのでしょうか。 かちかちです。 「バイオリンを弾くには」という本とビデオを買って悪戦苦闘?しています。 バイオリンの音色はピアノにはない、何とも言えない響きがあって、ずっと続けようと思っています。 何かアドバイスございましたらお願いいたします。 A ベストアンサー 物心ついた頃からはや30年以上ヴァイオリンをたしなんでいる者でございます。 参考になりますかどうかわかりませんが、一言助言させていただきたく存じました。 まず力を抜く事。 これは初心者が、まず心得なければならない事ですね。 何も右手に限った事ではありません。 これが出来ているとして、次は、右ひじを必要なだけあげること。 これは文字の通り素直に理解してください。 何事もそうでしょうが、特に芸事については、教わるのではなく、学び取るという姿勢が、必要不可欠です。 独学でヴァイオリンに取り組んでおられるとのこと。 わけもわからずヴァイオリンに「取り組まされる」子供や大人とは一線を画した、何といっても期待のホープです 人格的にも尊敬いたします。 不断不屈の精神で、今後も精進されます事を期待しております。 A ベストアンサー 鈴木ヴァイオリン、すなわち鈴木の量産のヴァイオリンのことですね。 ヴァイオリンには、大まかに分けると量産品と手工品がありますが、この2つは全く別物と思って下さい(量産品は木目などに関係なく機械的に削ります。 対して手工品は木目をひとつひとつ確認しながら削ります)。 量産品には日本製(鈴木)、ドイツ製(カールヘフナー)、中国製(メーカーいろいろ)がよく知られていますが、結局は機械で作るのでどれも似たようなものです。 通貨に注目すると、中国の通貨価値はおよそ日本の5分の一です。 つまり、ざっくり言えば、中国製の3万円のヴァイオリンと互角な鈴木ヴァイオリンは15万円ということです。 さらに言えば、「15万円なヴァイオリン」で比べた場合、中国製の方が断然ランクが上ということになりますよね。 A ベストアンサー 現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。 ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。 製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。 参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良いですね。 特に息子シメオネの楽器は反応も良く、E線の伸びきった澄んだ高音はあたかもイタリアの明るい空を彷彿とさせていいな!と思いました。 ビソロッティの音はあの番組中でも案内役の女性のヴァイオリニストが彼らの工房で弾いていましたが彼女が弾き終わった後の特にこれといって褒めるでもない素っ気ない態度でお分かりのように音に輝きや魅力が無く、傑出したところのないどちらかというと鈍い感じの音です(あくまで私感)。 まあ、このあたりは好みの分かれるところでしょうが・・・ 他にM.イーヴェというまだ比較的若い製作家の楽器は世界中からオーダーがあり、なかなか日本に入ってこないのですが評判が良くて日本のソリスト級の演奏家がCDのレコーディングに用いるほどです。 価格も新作楽器ではG・B・モラッシーなどと並び最高ランクでしょうね。 現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。 ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。 製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。 参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良い... A ベストアンサー すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。 ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。 それに対して文句は言えません)。 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。 これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。 頑張ってください。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。 この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。 昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。 もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。 「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。 散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。 「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。 「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。 非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。 そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。 諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。 七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。 行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。 それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。 nifty. htm こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。 この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。 昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。 もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じ... A ベストアンサー 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かったです。 皮膚科に行ったら「粉瘤(ふんりゅう)」だといわれ、局所麻酔でまるごとゴッソリ切り取りました。 その後、似たような場所に同じような吹き出物ができたのですが、それほど大きくならないうちにつぶれてしまったので自分で傷口にガーゼを当てて、傷がふさがるまで清潔に保つようにしました。 その後も同じ所に同じようなものができましたが、やはりある程度の大きさでつぶれるので病院には行かずに自分で処理していました。 たくさん歩いた後、風邪などで体調が落ちている時、お酒を飲んだ後などによくできました。 最初の手術から6年ほどたったある日、吹き出物がいつも以上の大きさになったのですが皮膚科にいく時間が無くそのままにしていました。 すると最初の時と同じぐらいの大きさになり、3日目には椅子に座れず安眠もできない状態になったのであわてて病院に行きました。 この時の大きさはうずらの卵1.5倍ってカンジです。 そこでも「粉瘤」といわれたのですが、仕事が忙しい時期なので手術はしたくないというと、局所麻酔をして傷口を切開し、膿を押し出されました。 麻酔を追加してもらったにもかかわらず失神しそうな痛さで、看護婦さん2人に押え込まれながらぎゅーぎゅー押し出されまして…最後にはちょっと泣いてしまったほどです。 時間は30分もかかりませんでした。 金額は保険適用で4000円ほどでした。 傷口は小さいものだったので、一週間は湯船につかるのは控えましたが、その後はおおきめのばんそうこうをあててシャワーを浴びる事ができました。 余談ですが、私の弟は足の指の間に、父は背中に、祖父はおしりに、それぞれ粉瘤持ちでした。 弟は馬にかける麻酔のような太い注射針で吸い取ってもらったそうです。 父は手術で取りました、局所麻酔で1時間ほどだったそうです。 一度皮膚科にいかれてみてはいかがでしょうか?局所麻酔ですむかもしれません。 sankei. html 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かっ...

次の

葉加瀬太郎

葉 加瀬 太郎 富山

演奏家の腕前というのは、時ともに変わります。 千住真理子さん、今はどんな場でも大変心のこもった演奏をする立派な演奏家です。 葉加瀬さんはブラームスのソナタをやろうとしているようですが、現在の彼の演奏は、先生から厳しくしごかれる音大生よりかなり下手で、ブラームスのソナタは聞けたものではありませんでした。 たぶん、アマチュアでも、彼より上手に弾ける、と豪語する人はいるでしょう。 そのくらい下手です。 実際、情熱大陸も若手のバイオリニストが弾くほうがずっと上手だったりします。 また、チゴイネルワイゼンを弾いたときも最後のハイポジションでの音程が、練習不足の学生のようにはずしていました。 ここは本番でははずしやすいというきわめて基本的な注意点すら、既に忘れているようです。 クラシックでない現在の演奏は、いろいろな意味でクラシックに必要なものを全部なくしても成立しているのです。 ブラームスを弾くにはまだまだクラシック演奏家として10年以上勉強する必要があるでしょう。 それでもたいして上手でない可能性もあります。 それというのもバイオリンを弾いて何十年にもなるのに、あんなひどいブラームスを弾くようでは、失礼ながら、初めからプロのクラシック演奏家としての姿勢がなっていません。 現在のように、派手な演奏で金を稼ぐ方が似合っていると思います。 芸大に入学するまで、葉加瀬さんの将来の目標は『N響のコンマスになること』だったそうですよ。 それを聞くだけで、どれだけ真剣に勉強していたか想像に難くないです。 クラシック以外の音楽など聴いたこともなく、コンクールに出まくっていたとか。 また憧れの人はパールマンだったそうです。 少なくとも「基礎がしっかりできている」というレベルにとどまる人ではないです。 ただ他の方も仰っているように、今はクラシックを弾くには腕が荒れていると素人の私でも思いますが(個人的には<クライズラー&カンパニー>をやっていた頃が、クロスオーヴァー音楽としてのバランスも良く、音色も美しくて好きでした)。 ロンドンのコンサートは凄いチャレンジだったでしょうね。 私としては、彼のブラームスを是非一度聴いてみたいですね。 でも彼の魅力は枠に収まらないところだとも思うので、主様がもしクラシック音楽をお聴きになりたいなら、彼でなくても素晴らしいヴァイオリニストが沢山いるのではないでしょうか。 以前スタパに出演した時の話では、1シーズンだったかな、セリーヌ・ディオンのツアーに参加していたのが自慢みたいですよ。 1ステージでの出番はたった1回だけ、セリーヌの隣でソロを弾くだけの仕事だったそうです。 13番目だったかな、自分の出番が来るまで、袖でコンセントレーション調整してたそうです。 自称ヴァイオリンマニアだそうで、高額なヴァイオリンの相場は詳しかったですが、クラシックの話はまったく出なかったと記憶してます。 我々が彼のクラシックを聞いたことが無いように、彼も弾いたことが無いんじゃないかと思います。 名前も顔も知らなかったけど、曲を聞いて気に入ったからモデリングしたとタッソーは言ってましたが、どう考えてもあのむさ苦しいアフロとヒゲに、技術的な挑戦をしたかったんじゃないかと思います。

次の

葉加瀬太郎[キョードー西日本]

葉 加瀬 太郎 富山

葉加瀬さんの楽器については、詳細は分からないのですが、推測として・・・・・・。 「ストラディヴァリウス」を聞いたことがありますよね? 言わずと知れた、世界最高峰の銘器です。 あの楽器は、一億円以上はする代物なんですよ。 あの楽器を手に出来るのは、勿論超一流の演奏家です。 有名になってその楽器を買えるだけ稼ぐことの出来る演奏家や、実力が認められてパトロンがつくような演奏家に限ります。 プロのオーケストラ奏者でも、2~3000万するような楽器を弾いている方はざらにいます。 つまり、ヴァイオリンはその実力に見合った楽器を手にすることが大切になってくるのです。 安い楽器だと、自分の実力が発揮出来ないということも出てきます。 逆に、そんなに実力がない人が高価なヴァイオリンを弾いても、「ヴァイオリンに弾かれてる」感じがしてしまうでしょう。 音高、音大に行くような人だって、軽く2~300万はする楽器を持っています。 それなのに葉加瀬さんほどの実力を持つ方が、100万、200万程度の楽器に満足しているとは到底思えません。 それに、安物の楽器だとあれほどの音は出ません。 恐らく、他の回答者さんもおっしゃってますが、ヴァイオリンを何本か持っていて使い分けていらっしゃるのでしょう。 80万、200万程度のヴァイオリンを持っているのは、宣伝用のものなのでは・・・と思います。 Q こんにちは。 バイオリンを習いたいと思っています。 教室もほぼ決まったのですが、 先生が勧めてくれたバイオリン(国内メーカー、セットで15万円)より 楽器店で試弾した中国製のもの(セットで8万円)のほうが良い音でした。 もちろん、その国内メーカーでも本体価格が30万円のバイオリンの音色は素晴らしかったのですが、 高すぎて買えません・・・。 先生は長く楽器メーカーとお付き合いがあるので、 紹介できる所が限られてしまうのでしょうね・・・。 質問なのですが、「上手くなってから買い換えなくてもよいレベルの楽器」とはどういうものなのでしょう? 比較的近くで唯一の弦楽器専門店にて、ドイツのGEWA(本体のみで15万円)を 上記のアドバイスと共に勧められたのですが、初心者の私には判断できません。 試弾してみて、初めてバイオリンに触れた私でも簡単に2オクターブの音階が弾けました。 (構え方などは楽器店の方から教えてもらいました) 音色も深く美しく、セットで15万円(国内メーカー)のものとは明らかに違いました。 弓やケースをつけると20万円を軽くこえてしまうので厳しいですが・・・。 ついでに他の総合楽器屋さんにも行き、何本か試弾させてもらいました。 そこで新たな疑問が・・・。 弾き易い楽器とそうでない楽器の違いは何でしょう? 駒の湾曲の角度でしょうか? 調整で直せるものなのでしょうか? 「高価であれば、当然弾き易い」と思っていたのですが、 試弾したところ、セットで2万円の中国製のものと、ドイツのマイスターが一人で作成した50万円の2本が とても弾きづらく、セットで6万円~30万円の6本は簡単に感じました。 (もちろん音色の深みはかなり違いますが。 初心者でも綺麗な音が出しやすい、という意味で) 人気の通販サイトもあるようで、コスパが良いようです。 楽器店にあった物と同じものが2万円ほど安く売られています。 弾き比べられないのが難点ですが・・・。 初めは「初心者なのだから、セットで5,6万円のもので十分。 上手くなってから買い換えよう」 と思っていたのですが、正直今は悩んでいます。 それほど、歴然たる音の違いでした。 毎日、良い音だなぁ、といい気分で練習した方が上達が早いかな、と。 将来上手くなったら、地元のアマオケに参加したいな、と思っています。 やはり、セットで6~8万円のものではマズイですよねぇ 汗 安い割には悪くない音なのですが、深みも甘みもない・・・。 アマオケに入るには最低本体で何万円のものが必要でしょうか? 初めからある程度ものを買い、買い換えないか、 初心者の練習用と割り切って、安いものでいくか。 どちらが将来のためにいいでしょう? 初心者ではいい楽器を傷めてしまいますか? バイオリンに詳しい方、アドバイスをお願いします! こんにちは。 バイオリンを習いたいと思っています。 教室もほぼ決まったのですが、 先生が勧めてくれたバイオリン(国内メーカー、セットで15万円)より 楽器店で試弾した中国製のもの(セットで8万円)のほうが良い音でした。 もちろん、その国内メーカーでも本体価格が30万円のバイオリンの音色は素晴らしかったのですが、 高すぎて買えません・・・。 先生は長く楽器メーカーとお付き合いがあるので、 紹介できる所が限られてしまうのでしょうね・・・。 質問なのですが、「上手くなってから買... 買い替えないで,それで一生使い続けるということなら, 「ある程度のもの」は30万程度ではおそらく駄目です。 初心者だから安いものでよいという考え方にも否定的で, 弾きやすく,いい音が出る楽器は上達を早めます。 切れ味が悪い包丁は力が入り,疲れる・時間がかかる, 労力の割りには仕上がりが悪い。 これと同じです。 ヴァイオリンでも不必要な力が入ってしまいます。 上達すると弾き易さ,音の出(反応)の敏感さも気になる ようになりますが,耳も肥えて音色に対する要求レベルが 高くなり,安価な楽器では限界があります。 また,今の時点で良い音と感じられていることにも 経験者が思う良い音と大きなギャップがあるかもしれません。 レッスンが進むと高いポジションを使うようになります。 G線やD線のハイポジションの響きはどうか, E線のハイポジションの音色の強さや透明感はどうか, 4本の弦の音色や音量のバランスはどうかなど, チェック項目はいくつかあります。 それと,耳元ではいい音に感じるが,楽器自体が響かない というタイプのものもあります。 つまり,貧弱な音です。 イヤホンと大きなスピーカーの違いのようなものです。 これらの見分け方は初心者の方には難しいと思います。 経験者同伴が無理なら,信用ある専門店を選ぶことが 大きなポイントです。 予算はどれくらいかは難しいですが, 可能な範囲で高いものを買っておかれるのがいいと思います。 でも,いつかは買い換えることになると想定して, 貯金もしておくことになります。 アマオケのメンバーが使う楽器は,人それぞれですが, ピアノよりも高くつく楽器です。 アップライトではなく, 国産グランドピアノよりも高いものを持つ人も結構います。 楽器本体の値にもよりますが,弓も高いですし, 弦もかなり値上がりして高くなりました。 初めての楽器で,いつかは不満を感じるようになりますが, なんとか8~10年ほど,我慢して使えるもの…と考えると, 楽器本体だけで10万以下では,どうかな?と思います。 といって初心者の方に,いきなり高額なものをお勧めも できませんので難しいです。 楽器製作の技や人件費だけでなく,材料の質も関係します。 弓は単純なものですから,ズバリ材料費です。 高級な弓は希少な木が使われるので高いです。 参考 削る(手工品)と,プレス(安価な大量生産品)の違いなど, 作業工程のことも少し知っておくと参考になると思います。 exblog. 信用できそうな店を探し,急いで買わないのがいいと思います。 ここなら信用できそうと判断したなら, 信用して店の言いなりでもいいと思います。 下手に初心者が自己流の判断で選ぶより確かだと思います。 特に新作ヴァイオリンは見分け(判断)が難しいです。 violinwakaru. 買い替えないで,それで一生使い続けるということなら, 「ある程度のもの」は30万程度ではおそらく駄目です。 初心者だから安いものでよいという考え方にも否定的で, 弾きやすく,いい音が出る楽器は上達を早めます。 切れ味が悪い包丁は力が入り,疲れ... A ベストアンサー ヴァイオリンを習い始めて14年のものです。 ヴァイオリン科で音大生です。 趣味でされている方でしたら、30万円~100万円は高すぎると思います。 自分の背が伸びたりという成長と共に楽器を買い替えなければなりませんが、私は小さい頃から、買い替えのたびに、習っている先生に楽器を選んでもらっていました。 私も初心者の頃(幼稚園児位の頃とか)は、安い、鈴木メソードなどの楽器と弓を使っていました。 詐欺の楽器屋さんが沢山いるので、大変危険です。 長々とすみません。 参考になれば良いです。 ヴァイオリンを習い始めて14年のものです。 ヴァイオリン科で音大生です。 趣味でされている方でしたら、30万円~100万円は高すぎると思います。 自分の背が伸びたりという成長と共に楽器を買い替えなければなりませんが、私は小さい頃から、買い替えのたびに、習っている先生に楽器を選んでもらっていました。 私も初心者の頃(幼稚園児位の頃とか)は、安い、鈴木メソードなどの楽器と弓を使っていました。 質問者さんは大人から習い始められたということで、体はもう成長されないと思うので、楽器を... Q バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 中古は手入れが大変で、初心者は避けたほうが良いとも聞きます。 これはどれ程大変なのでしょうか? が一方で、中古を扱っているお店の人は「それほど大変でもないよ。 中古が深みが合っていいよ」と言います。 残念ながら初心者なので(まだスズキの2巻目・途中。 第一ポジションのみ) まだ満足な試奏もできてないと思いますし、判断できません・・・。 試奏に必要な技術とは何でしょうか? 最低でもサード・ポジションは必要ですか? よろしくお願いします! バイオリン 中古はそんなに手入れが大変? こんばんは。 バイオリンを習い始めて半年の者です。 今まで先生の楽器を借りていましたが、そろそろ自分の物を買ったほうが良いとの事で どう選んだらいいか迷っています。 先生は文京楽器さんと親しいので、そちらのものなら紹介できるそうです。 しかし東京に行くたび、色々な弦楽器専門店を訪ねると、 50年前のヨーロッパのバイオリンの音が、深みがあっていいなぁと思いました。 文京楽器さんのは、弦楽器フェアできいた200万円のものと 今は販売してい... A ベストアンサー そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見たら何千万。 弓も1,000、2,000万も有りますから(冷汗) オーケストラの方が使用して居るのがこのクラスです。 普通の家庭で趣味でやるなら~~「どの位の金額までで 押さえ、止めるか」なんです。 「幾らかけても良い裕福な家庭なら」何も悩む事は無いんです・・・・・。 恐らく、5年位で 彼方は40万のヴァイオリンでも満足出来なく成るかと思います・・・・・。 また、20万のヴァイオリンで教本のどこまで行けるか・・・・・。 良いヴァイオリンは弾き込んで行くと徐々に本体の水分が振動で飛び、響く様に成って来ます。 本当の響きが出るのは10年では無く、50~100年かかる。 だから厳密には「中古」とは言わない。 ただ表面のニスが非常に柔らかく晴れた日の車内では高温で溶けてしまう程。 ですから本体は専用の布か非常に柔らかいベビーガーゼ(今は無いかも)等で軽く拭くだけです。 あと、乾燥に弱い(湿度30%を切ると割れる可能性も有ります) 趣味の範囲だと良い個体で 新品価格で ヴァイオリン120万、弓50万がある意味で限界です。 だから 新品価格で120万位の中古のヴァイオリンを皆さんが欲しがるのです。 話がそれました。 私はたまたま楽器専門店の貸しスタジオでレッスンを受けてるから良いのですが・・・ もし私が、貴方の立場なら・・・・・悩むけど・・・ヴァイオリンは「弓」と「弓の使い方」だから・・・・・ 40~50万以内の良い弓を先生に依頼して買い、ヴァイオリンは20~30万に抑える。 その内にヴァイオリンに限界点が来るから。 その期間内に貯金をして中古の掘り出し物が出たら 買う。 40~50万の弓なら~新品価格120万クラスのヴァイオリンでも余裕ですから。 貴方とは周りの環境が違うので・・・あくまで私の個人的な考えですが・・・・・。 宝くじで50万当たったら~即、45万のあの弓 買うけど・・・・(苦笑) でも、とても家族には本当の値段は言えません。 そうですか・・・・・委託販売も買取も無く売るだけと成ると・・・・・ 新品40万は後で安値に叩かれそうですね・・・・・。 1.「最初から良い楽器で練習した方がいいよ。 45万円ぐらいのからかなり音が違うから」 2.「40万円~のを買っても、5年ほど経てば飽きてもっと良いものが欲しくなるよ。 今度は100万越えだ! だから、最初は20万ぐらいのにしといて、貯金に励んだほうがいいよ」 1)の意見も2)の意見も両方とも正しいんです。 考え方の違いだけなのです。 ヴァイオリンの世界は上を見... Q バイオリン、前々から興味があり、独学で(1歳と3歳の子がいて、今のところ通えないので・でもいずれは通おうと思っています。 )はじめました。 初めて1週間というところでしょうか。 自分が思っていた以上に調律も出来て、音も出ました。 ピアノを10年以上習っており、今も好きで続けていたのが良かったのではないかと自分では思っています。 そこで質問なのですが、E線はとても弾きやすいのですが、A線D線G線と進むごとに弾きにくく、音を出すのが難しいです。 これは初心者であれば誰でもこのような経験をするのでしょうか。 そして練習を重ねれば、G線であっても綺麗な音が出るようになるのでしょうか。 あと、松脂についても質問です。 バイオリンの松脂というのはあんなに堅くていいのでしょうか。 かちかちです。 「バイオリンを弾くには」という本とビデオを買って悪戦苦闘?しています。 バイオリンの音色はピアノにはない、何とも言えない響きがあって、ずっと続けようと思っています。 何かアドバイスございましたらお願いいたします。 A ベストアンサー 物心ついた頃からはや30年以上ヴァイオリンをたしなんでいる者でございます。 参考になりますかどうかわかりませんが、一言助言させていただきたく存じました。 まず力を抜く事。 これは初心者が、まず心得なければならない事ですね。 何も右手に限った事ではありません。 これが出来ているとして、次は、右ひじを必要なだけあげること。 これは文字の通り素直に理解してください。 何事もそうでしょうが、特に芸事については、教わるのではなく、学び取るという姿勢が、必要不可欠です。 独学でヴァイオリンに取り組んでおられるとのこと。 わけもわからずヴァイオリンに「取り組まされる」子供や大人とは一線を画した、何といっても期待のホープです 人格的にも尊敬いたします。 不断不屈の精神で、今後も精進されます事を期待しております。 A ベストアンサー 鈴木ヴァイオリン、すなわち鈴木の量産のヴァイオリンのことですね。 ヴァイオリンには、大まかに分けると量産品と手工品がありますが、この2つは全く別物と思って下さい(量産品は木目などに関係なく機械的に削ります。 対して手工品は木目をひとつひとつ確認しながら削ります)。 量産品には日本製(鈴木)、ドイツ製(カールヘフナー)、中国製(メーカーいろいろ)がよく知られていますが、結局は機械で作るのでどれも似たようなものです。 通貨に注目すると、中国の通貨価値はおよそ日本の5分の一です。 つまり、ざっくり言えば、中国製の3万円のヴァイオリンと互角な鈴木ヴァイオリンは15万円ということです。 さらに言えば、「15万円なヴァイオリン」で比べた場合、中国製の方が断然ランクが上ということになりますよね。 A ベストアンサー 現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。 ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。 製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。 参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良いですね。 特に息子シメオネの楽器は反応も良く、E線の伸びきった澄んだ高音はあたかもイタリアの明るい空を彷彿とさせていいな!と思いました。 ビソロッティの音はあの番組中でも案内役の女性のヴァイオリニストが彼らの工房で弾いていましたが彼女が弾き終わった後の特にこれといって褒めるでもない素っ気ない態度でお分かりのように音に輝きや魅力が無く、傑出したところのないどちらかというと鈍い感じの音です(あくまで私感)。 まあ、このあたりは好みの分かれるところでしょうが・・・ 他にM.イーヴェというまだ比較的若い製作家の楽器は世界中からオーダーがあり、なかなか日本に入ってこないのですが評判が良くて日本のソリスト級の演奏家がCDのレコーディングに用いるほどです。 価格も新作楽器ではG・B・モラッシーなどと並び最高ランクでしょうね。 現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。 ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。 製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。 参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良い... A ベストアンサー すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。 ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。 それに対して文句は言えません)。 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。 これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。 頑張ってください。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。 この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。 昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。 もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。 「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。 散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。 「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。 「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。 非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。 そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。 諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。 七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。 行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。 それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。 nifty. htm こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。 この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。 昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。 もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じ... A ベストアンサー 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かったです。 皮膚科に行ったら「粉瘤(ふんりゅう)」だといわれ、局所麻酔でまるごとゴッソリ切り取りました。 その後、似たような場所に同じような吹き出物ができたのですが、それほど大きくならないうちにつぶれてしまったので自分で傷口にガーゼを当てて、傷がふさがるまで清潔に保つようにしました。 その後も同じ所に同じようなものができましたが、やはりある程度の大きさでつぶれるので病院には行かずに自分で処理していました。 たくさん歩いた後、風邪などで体調が落ちている時、お酒を飲んだ後などによくできました。 最初の手術から6年ほどたったある日、吹き出物がいつも以上の大きさになったのですが皮膚科にいく時間が無くそのままにしていました。 すると最初の時と同じぐらいの大きさになり、3日目には椅子に座れず安眠もできない状態になったのであわてて病院に行きました。 この時の大きさはうずらの卵1.5倍ってカンジです。 そこでも「粉瘤」といわれたのですが、仕事が忙しい時期なので手術はしたくないというと、局所麻酔をして傷口を切開し、膿を押し出されました。 麻酔を追加してもらったにもかかわらず失神しそうな痛さで、看護婦さん2人に押え込まれながらぎゅーぎゅー押し出されまして…最後にはちょっと泣いてしまったほどです。 時間は30分もかかりませんでした。 金額は保険適用で4000円ほどでした。 傷口は小さいものだったので、一週間は湯船につかるのは控えましたが、その後はおおきめのばんそうこうをあててシャワーを浴びる事ができました。 余談ですが、私の弟は足の指の間に、父は背中に、祖父はおしりに、それぞれ粉瘤持ちでした。 弟は馬にかける麻酔のような太い注射針で吸い取ってもらったそうです。 父は手術で取りました、局所麻酔で1時間ほどだったそうです。 一度皮膚科にいかれてみてはいかがでしょうか?局所麻酔ですむかもしれません。 sankei. html 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かっ...

次の