ケーヒン 5ch。 (株)ケーヒン【7251】:株式/株価

ケーヒン、ショーワ、ニッシン、トキコが集う! HondaとHITACHIにより4社が経営統合

ケーヒン 5ch

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ケーヒン、ショーワ、ニッシン、トキコが集う! HondaとHITACHIにより4社が経営統合

ケーヒン 5ch

日立オートモティブシステムズを存続会社として、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社を経営統合する 日立製作所、本田技研工業、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワおよび日信工業の6社は10月30日、それぞれの取締役会において、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社の経営統合を行なうことを決議したと発表。 6社を当事者とする経営統合に関する基本契約が締結された。 経営統合後の存続会社は日立オートモティブシステムズ。 経営統合の具体的な流れは、本田技研工業がケーヒン、ショーワ、日信工業の普通株式を対象として公開買い付けをそれぞれ実施。 そして、本田技研工業がケーヒン、ショーワ、日信工業の完全子会社化を実施する。 議決権で66. 6%(日立)、33. 4%(ホンダ)となる 最終的な統合会社は、日立オートモティブシステムズ プレジデント&CEO ブリス・コッホ氏が代表者を務め、持分比率は日立製作所が66. 6%、ホンダが33. 4%となる予定。 また、統合会社の取締役の総数は6名とし、そのうち日立製作所が4名(うち代表取締役2名)、ホンダが2名を指名予定。 経営執行体制の詳細については今後6社で協議した上で決定予定。 なお、各国の競争当局の企業結合に関する届出許可等、各国の関係当局等の許認可等が得られることなどを前提条件としており、業績への影響については現在精査中。 今後、業績予想の修正の必要性や公表すべき事実が生じた場合には速やかに公表するとしている。 今回の経営統合の狙いとしては、CASE分野においてグローバルで競争力のあるソリューションの開発・提供を強化するためとしている。 統合に関する6社のコメントは以下の通り。 日立オートモティブシステムズ プレジデント&CEO ブリス・コッホ氏のコメント 「自動車・二輪車業界の展望が大きく変化している中、今回の事業強化施策により、電動化製品や内燃機関の基幹部品等のパワートレーンシステムをはじめ、サスペンション、ブレーキ、ステアリング、安全システムにおいて、グローバルリーダーとなるグローバルTier1サプライヤーが誕生します。 本統合会社は、補完的な拠点体制や技術ポートフォリオのみならず、事業規模の拡大とグローバルリーダーシップポジションの構築を通じ、顧客ニーズへのよりスピーディな対応や、さらなるポジションの強化が可能となります。 新たな仲間と共に、今回の本統合会社の設立がすべてのステークホルダーにとって素晴らしい成功をもたらすことを楽しみにしています」 ショーワ 代表取締役 取締役社長 杉山伸幸氏のコメント 「本統合が、かねてより当社が重要課題としてきた『より付加価値の高い統合制御システムを提案できるシステムサプライヤーへの変革』を遂げる大きな一歩となることに、期待と責任を感じています。 これまで培ってきた『走る』『曲がる』の技術が、統合各社の優位な技術と融合することで、これからの『CASE』時代を勝ち抜くリーディングカンパニーとなるものと確信しています。 二輪・四輪の両分野において、より付加価値の高いシャシー制御と自動運転の統合制御システムを実現し、業界をリードするサプライヤーをめざす今回のチャレンジは、技術の革新による社会への貢献とお客さまからの信頼、そして、従業員の飛躍に大きく寄与するものとなります」.

次の

日立とホンダ、日立AMS、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社で統合会社設立に合意

ケーヒン 5ch

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の