さつき 植え 替え 時期。 さつき(サツキ)の栽培管理、育て方

サツキの手入れ(地植え)の仕方を教えてください。(初心者で...

さつき 植え 替え 時期

植替えの頻度 の植え替え頻度は、鉢の大きさや樹種、樹齢などによります。 急成長している木は1~2年ごとに植え替えを必要としますが、成熟してきた木はだいたい3~5年に一度植え替えをすればよいでしょう。 毎年、初春にはあなたの木の状態を確認し、植え替えをするかどうか判断してください。 慎重に鉢の中の木をすこし動かし、根と土の状態をチェックします。 根が鉢周りに巻いてつまっているようなら植え替え時です。 この樹は周囲の根がつまっているため植え替えが必要です。 植え替えの時期 植え替え作業は、通常はまだ芽の動き出していない初春に行います。 この時期なら、木は成長した枝葉を維持する必要がないため、植え替えによるダメージを最低限におさえることができますし、根の損傷も修復が早くなります。 盆栽土の混合 正しい割合が、十分な吸水や、根腐りを防ぐための排水を保ち、あなたの木を健やかに保ちます。 樹種によっては特別な土の配合が必要になりますが、以下では一般的な土の混合について述べます。 最も基本的な割合は赤玉土と細かい砂利を同比率で混ぜます。 水の乾きが早いときには、必要に応じて腐葉土を混ぜ込みますが、湿度の高い土地で盆栽を育てるときには腐葉土を減らしてください。 盆栽度の混合について、より詳細な情報については、の記事をお読みください。 正しい土を選ぶことが樹の健康には重要です。

次の

さつき(サツキ)の栽培管理、育て方

さつき 植え 替え 時期

秋10月中旬を過ぎた頃、 秋の剪定を行います。 秋の剪定は花後の剪定と異なり既に花芽ができていますので深く切ることはできません。 徒長した枝や全体のラインから飛び出した枝や根元に出ている枝などを切る程度にとどめます。 次に 必要に応じて針金かけを行います。 針金は銅線かアルミ線が良いです。 アルミ線は通常の園芸店のも置いてあるので購入しやすいと思います。 太さもいろいろあって1号が一番細く1. 5号、2号、2. 5号、3号、3. 5号と徐々に太くなります。 通常は1. 5号から3号あたりが使いやすいです。 針金を巻く枝の太さにあった太さを選んで下さい。 あまり細すぎると針金を巻いても効きませんし、太すぎると枝が折れます。 何回か行ううちに最適な太さがわかる様になります。 さつきの剪定は大別して 春の剪定と花後の剪定 に分かれます。 春の剪定は樹姿の改造や太枝の剪定など思い切った剪定が可能ですが剪定した枝の今年の花はあきらめて下さい。 一方 花後の剪定は通常の剪定で不要な枝や車枝を落とし、徒長を避けるために全体的につめます。 枝先はごつくならないように今年の新芽を2本残して残りは落とします。 さつきの剪定でもうひとつ注意しておきたいことは、松などと違ってさつきは頂点の枝より下枝が伸びる性格があります。 従って剪定するときは 下枝を多めに詰めて下さい。 またさつきは株元からたくさんのひこばえを出しますからこれも切って下さい。 さつきに限らず剪定はいろいろな技術を必要としますので全てを記述することはできないので基本的なことだけを記載しました。

次の

さつきの育て方!植え替えや剪定時期はいつ?挿し木での増やし方は?

さつき 植え 替え 時期

サツキの手入れ(地植え)の仕方を教えてください。 (初心者です) 建売住宅を購入したのですが、少し古い物件だったため、管理されておらず、 外構まわりのサツキ(10株)が枯れかけています。 開花時期が5月頃と知ったのですが、花が咲く気配は全くありません。 根元は葉っぱはなく、先端にちらほら葉がついているくらいです。 なんとか元気にさせる方法はありますか? ・今から剪定してもいいのでしょうか? ・土は粘土質のため、水はけが悪い土のようです。 土を掘って新しい土を入れたほうがいいでしょうか? その際、どんな土がよろしいですか? ・今、肥料を与えたほうがよろしいでしょうか? 初心者で何もわかっていません。 ただできれば枯れないようにしたいので、アドバイスをお願いします。 植え変えても、持つかどうか解りません、植え変えるのは樹勢が回復してからです。 さつきは上根性ですので、まず根元にびっしり根が張り詰まっていないか確かめて下さい。 根が一杯なら、太根に沿って数か所、ドライバーの様な者で梳いてやります。 更に枝を透かせて下さい。 完全に枯れた枝を全て切り取ります。 それだけでも風が通り、太陽光が当たると思いますが、それでも混んで居たら、混んだ部分を透かせて下さい。 其の侭樹勢の回復を待ちます。 少なくとも1年はかかりますよ。 さつきを植えるには鹿沼土が常道ですが、庭植えの場合は別です。 根元の土と植え土と極端に変わると、その部分から根が傷みます。 元の土に腐葉土や牛糞などの土壌改良剤を混ぜて埋め戻すのが良いでしょう。

次の