チャッキー 2019。 映画『チャイルド・プレイ(2019)』ネタバレ感想・解説・考察!過去作とは大きく異なるAI搭載チャッキーが大暴れ

2019年の新作!映画『チャイルドプレイ』のあらすじ&登場人物まとめ

チャッキー 2019

映画『チャイルド・プレイ(2019)』は、これまでたびたび放送されてきた「恐怖の人形」チャッキーによって人々が震撼させられるホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズの最新作です。 本シリーズは初代から数えて実に7作ほど製作されていますが、本作に関しては過去作との直接的な関連性がないため、ここから新たに鑑賞しても全く問題はありません。 ただし、当然ながら過去作と比較して映画を楽しむという見方もありますし、「時代の変化」を感じるシーンも多いため、少なくとも「初代」くらいは見ておくとより映画を楽しめるかもしれません。 今回はそんな『チャイルド・プレイ(2019)』の個人的な感想や解説、考察を書いていきます!なお、ネタバレには注意してください。 ・最新の「恐怖」をSFという形で盛り込んだ意欲作 ・現代流チャッキーもこれはこれでアリ ・良くも悪くも過去のチャイルドプレイとは異なる作品 映画『チャイルド・プレイ(2019)』の基本情報 公開日 2019年7月19日(日本) 監督 ラース・クレヴバーグ 脚本 タイラー・バートン・スミス 出演者 アンディ(ガブリエル・ベイトマン) カレン(オーブリー・プラザ) ノリス刑事(ブライアン・タイリー・ヘンリー) ヘンリー(ティム・マシスン) チャッキー(マーク・ハミル) 映画『チャイルド・プレイ(2019)』のあらすじ・内容 母親であるカレンとともにシカゴに引っ越した少年のアンディ。 しかし彼には友達が少なく、日々寂しさを紛らわせながら生活していました。 そんな時、勤務先の店舗で「目が赤いから」という理由によって返品された人形のおもちゃを持ち帰ったカレンは、アンディにそれをプレゼントするのです。 最新鋭のAIを搭載するチャッキーは、高度な技術でアンディとまるで人間と変わらないような接し方をしていくようになりました。 本来は従順なはずの人形が、自分の命令に従わないことを不思議に思うアンディ。 ここで事件が発生し、チャッキーは飼い猫の首を絞め続けるという凶行に走ります。 チャッキーへの恐怖感を決定的なものにしたアンディは、その後も複雑怪奇なチャッキーの振舞いに翻弄されるようになるのです。 映画『チャイルド・プレイ(2019)』のネタバレ感想 『IT』のリブートを成功させたスタッフと、声優マーク・ハミルが夢の競演 C 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. All Rights Reserved. まず、本作で語るべき点は豪華なスタッフとキャストではないでしょうか。 これまで、「チャイルド・プレイ」シリーズはシリーズ創始者であるドン・マンシーニという人物が制作に関わり続けていました。 しかし、本作では彼が制作にタッチしておらず、代わりに製作を担当したのが、本作と同じようなホラー作品の『IT』をリブートしてホラー映画史上最高の興行収入を記録した製作チームです。 そのため、単純な興行成績だけでなく内容が評価されるという傑作を生みだしたチームの製作ということで、映画ファンの注目度も高いものがありました。 ただし、監督や脚本といった直接的なスタッフは『IT』と異なり、むしろプロデュース面が同一であったといえるでしょう。 オリジナル製作のスタッフが関わっていないということもあり、本作の設定に関しては大胆な変更が行なわれました。 その最たるものが恐怖の人形チャッキーにまつわる設定で、これまでは死亡した殺人鬼の霊がブーデゥ教の呪術によって人形に乗り移ったという設定であったのに対し、本作では最新鋭AIのプログラム的な暴走という設定に書き換えられています。 これは言うまでもなく非常に重要な設定の変更で、もはや本作のジャンルそのものもオリジナルのそれとは変質していると言っても過言ではないでしょう。 これまでの作品は、恐怖の殺人鬼が子供向けのおもちゃに潜んでいるという「サイコホラー」的な要素が強かったのに対し、本作はAIの暴走というロボットの面が強調された「SFホラー」というジャンルに分類されることが最も適当なのではないかと思うほどです。 また、オリジナルとはかなり変化しているキャスト陣についても言及しておきましょう。 作品の性質上、子役をそのまま起用することができないのはもっともですが、注目すべきはチャッキー役を務める声優の存在でしょう。 なんと、本作でチャッキーの声を担当しているのは「スターウォーズ」シリーズでルーク・スカイウォーカー役を務めるマーク・ハミルであり、キャストを見た時には筆者も驚かされました。 ただ、演技そのものは非常に自然であり、やはりプロの声優といったところです。 実際、彼自身は俳優というよりも声優としての活動を近年は中心にしており、考えてみれば演技が自然なのも当たり前なのかもしれません。 最新鋭のAIを搭載したチャッキー C 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. All Rights Reserved. 先ほども述べたように、本作最大のオリジナル要素は「チャッキーの設定変更」に他なりません。 最新鋭のAIを搭載したチャッキーは、プログラムの「アンディに尽くす」という機能が暴走し、彼に危害をなす恐れがある対象を片っ端から排除しにかかります。 しかし、無論それがアンディの願いでないことは明らかであり、最終的には彼らの手によって破壊されてしまうのです。 このように、チャッキーの設定を変更したことは作品の根幹にかかわる部分を大きく変化させていることがわかります。 本作のテーマとして考えられることは「AIの暴走による人類の危機」にほかならず、日々我々の身近になっていくAIを取り上げた現代流の映画といえるでしょう。 そもそも、チャッキーは本作で能動的な殺人を犯しているとは言い難い側面があります。 そのため、彼という存在を生み出したのは紛れもなく人間であり、厳密に言えば悪役でさえもないと考えることが可能です。 行動の動機も悪意に満ちたものとは言い難く、ボタンのかけ違いによって生じた悲しい事件に変質しているのです。 この内容が示しているのは、やはりAIという存在に対する問題提起と考えるべきです。 日本は「AI後進国」と呼ばれてしまうことも珍しくないですが、それでも我々の身近にはAIを駆使して作用している現象を見つけることはかなり容易になりつつあります。 もちろん現代の技術で「映画の中のチャッキー」を再現することは不可能ですが、近い将来これに近いおもちゃが出現してきたとしても全く不思議ではありません。 昔の映画に例えると、スタンリー・キューブリック監督の傑作『』において、本作と同様にAIが暴走してしまうという場面を描いていました。 ここで描写されたAIの「HAL」に関しては、当時はまだ空想の産物でしかなかったものの、現代であれば「人語を話しプログラムを制御するAI」はもはや我々の身近にいくらでも存在します。 昨今流行の「スマートスピーカー」が最たる例ですね。 つまり、この映画に登場する「チャッキー」の暴走は、決して他人ごとではないとも考えられるのです。 もちろん我々がそれに気づいてもできることはほとんどないでしょうが、少なくとも「AIは全知全能の神ではない」ということを認識しておくと、AIとの関わり方にも良い影響を与えることができるでしょう。 良くも悪くもAIはプログラムの塊ですから、融通や義理が働かないのもまた事実ですし。 アンディの周囲にやや同情できない脚本は不満も C 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. All Rights Reserved. ここまで、AI技術の導入によってチャッキーの設定が大きく変容したことについては触れてきました。 この変化は時代を取り入れており、決して悪いものではないとも思います。 しかしながら、本作はホラー作品の根本的な部分である「被害者一同の描写」がややおざなりであるという印象も否めず、AIによって描かれるチャッキーの姿とその恐怖ばかりがクローズアップされていたような印象は否めません。 実際、特にアンディの母親であるカレンやその彼氏は「とりあえず憎まれ役」というようにやっつけ感漂う描写によって表現されており、このあたりはよくあるB級ホラー映画の色彩が強いように感じました。 もちろん、特に同情の余地がない被害者を意図的に作り出すこともホラー映画らしいといえばらしいのですが、個人的にはもう少し丁寧な描写が欲しかったところです。 ただ、代わりと言ってはなんですが、筆者としてはアンディやその家族よりもチャッキー本人に同情してしまいました。 彼の行動原理を整理してみると、基本的には「ご主人様を喜ばせる」ことを主眼に置いているように感じます。 そのため、映画序盤では本当の友人のように振舞っているのも印象的です。 それが、人間たちが見せつけた「悪いもの」に感化されて方向性を狂わせていき、そして最後は破壊されてしまうのです。 これはAIの恐怖を描いている一方で、個人的には「人間に翻弄されたチャッキー」という別の側面が見出せるように感じました。 そう考えていくと、勝手に生み出して勝手に破壊しにかかってきた人間という存在の「身勝手さ」のようなものを描くこともテーマになっていたのかもしれないですね。 【解説】「恐怖」の質が過去作とは根本的に異なることを留意すべき C 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. All Rights Reserved. ここまでは映画に関する様々な角度からの解説を試みてきました。 その中でも少しだけ触れてきましたが、この項では「オリジナル版」と「本作」の間に存在する決定的な「恐怖感」という重要な部分の違いを検討していきます。 まず、もう一度オリジナル版の設定を検討してみると、チャッキーは「殺人鬼の魂」を有している普通の人形であることがわかります。 それはつまり、チャッキーがもたらす恐怖感はある種の「オカルト」に基づいたそれであり、我々は得体のしれない恐怖を抱くのでした。 また、同じ「殺人人形」を描いていても、殺し方やその見せ方もずいぶんと異なっているように感じます。 オリジナル版においては、「普通の人形」がなぜか動いているという類の心理的な恐怖が全面に押し出されていました。 具体的に言うと、見た目は何の変哲もないチャッキー人形はある意味で「人間」そのものにもかかわらず、印象から「人間ではない」と判断されているが故の「どうじてこの人形は動いているんだ!」という焦りや恐怖のことです。 一方、本作におけるチャッキーは言うまでもなく「純然たるAI」として描かれています。 もちろん我々もこの存在に恐怖感を抱くことは抱くのですが、この人形自体は「人間」とは言い難く、あくまでプログラム面の不具合といった印象を抱きます。 それゆえに、過去の作品で感じていたような得体のしれない恐怖におびえるというよりは、AI技術のもたらす悪影響について考えさせられる作品になっているように感じました。 ただし、この「殺人鬼の魂からAIの暴走」への書き換えによる恐怖心の減退については製作陣も理解はしていたようで、本作における殺人は過去作と比べると「ゴア的」に変質しているように思えました。 これまでは「どうして動いているんだ」という予想を裏切られたことによる心理面での恐怖が描かれていた一方で、本作は「これほどむごたらしい形で殺した」というような「殺し方」の面で観客に恐怖心を与えようとしているのかもしれません。 オリジナルのファンと本作の内容は、ある意味で噛み合わないところがあるというのも事実です。 同じホラー作品と言えども、「怖がらせ方のロジック」が変質していてはもはや別の作品と呼んでも差し支えないでしょう。 そのため、もしかするとオリジナルのファンには受け入れられないという方も少なくないかもしれません。 一方で、筆者としては「モダンなチャイルドプレイ」として一定の評価は与えられるように感じました。 ゴア描写の増加による「安易な恐怖の演出」には不満があるのも否めませんが、極めて身近な領域におけるAIの恐怖を描いている点に関しては恐怖感も覚えましたし、近い将来に問題になってもおかしくないトピックであるとも思います。 ちなみに、ここでいうところの「ゴア描写」はかなりグロテスクなので、スプラッタ映画に耐性のない方はくれぐれもお気を付けください。 過去の作品は大丈夫でも、リブートの本作はダメということも十分にあり得ますので。 【考察】シリーズ創始者と対立する本作に続編はあるか C 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. All Rights Reserved. この作品のラストを検討してみると、いくらか続編を匂わせた形になっていることにお気づきの方も多いでしょう。 最終的に焼却処分されたチャッキーですが、どこかの店頭に並べられた別のチャッキーが不敵にほほ笑むことで映画が完結しています。 これは「チャッキーの魂が乗り移った」というオリジナルのオマージュ的な演出にも見えますし、「すべてのチャッキーには覚醒の危険がある」ということを示唆した演出にも見えます。 ただ、いずれにしても未来志向的な演出であることは間違いなく、製作陣はある程度続編の製作を意図して物語を形成しているのではないでしょうか。 実際、同じ製作チームが担当した『IT』のリブートは素晴らしい結果を残したため、日本においても2019年11月に続編の公開が決定しています。 この事実から続編を前提に作品が制作されていても何ら不思議はなく、本作を気に入った方にとっては次回作を期待するに十分な根拠にもなります。 しかし、普通の作品であれば「興行収入」の結果次第で続編の有無が決まりそうですが、この作品に関して言えば少し厄介な問題を抱えているともいえます。 それは、本シリーズの創始者であるドン・マンシーニが、このリブート作をあまり歓迎していないという点です。 彼はインタビューにて「製作会社が『チャイルドプレイ』の製作権を有している」ことは明言したうえで、自分の育ててきたシリーズを他者が中心となって製作することを快く思っておらず、映画へのクレジット挿入を断ったと明言されています。 もちろん、実際に映画が公開されている以上本シリーズの製作に原作者の同意を必要としないのは事実なのでしょうが、彼にそっぽを向かれていることがプラスになるとは到底思えません。 実際、「チャイルドプレイ」というシリーズは現在進行形のプロジェクトであり、2020年には新たなテレビシリーズの製作も明言されています。 こう考えていくと、スティーブン・キングの小説が原作となっている『IT』とは映画製作の難易度が異なるはずで、続編を製作するには権利以外の厄介な問題と対峙する必要があるのです。 もちろん、原作者の反対を押し切って本作を公開した以上、満足できる売り上げを記録できれば続編の製作は辞さないでしょう。 しかし、普通の映画で続編を作るのとはまた異なった問題を抱えていることは厳然たる事実であり、続編制作ラインがやや高めに設定されている可能性も否めません。 このあたりに関しては、公開してしばらくの興行成績を見守ってみれば答えはおのずと現れることでしょう。 (Written by とーじん).

次の

映画『チャイルド・プレイ』あらすじと感想。2019年新作の「怖さと笑い」を追求した絶妙なバランス感覚

チャッキー 2019

もくじ• いわゆるお化け屋敷で、チャッキーが突然出てきたり、チャッキーがめちゃめちゃにした患者やグロテスクな部屋を目の当たりにしながら進んでいきます。 小学生以下は体験できません。 ホラーレベルは5です。 (USJのホラーレベルは1~5と?です。 ) 運行開始時間は12時からで、パーククローズまで開催されます。 アトラクションの所要時間は約5分です。 アトラクション運行場所はステージ18です。 運行場所の詳しい場所(マップ)などについては以下の記事にまとめています。 直接、アトラクション運行場所(ステージ18)へ行きましょう。 残暑が厳しいためか、週末も例年のような混雑がまだありません。 今度涼しくなってきてもっと混むようになると、週末は待ち時間が120分を超えてくると思います。 例年は、超混雑日はチャッキーも200分ほどの待ち時間になることもあります。 おすすめの時間帯は? カルトオブチャッキーの混雑のピークは昼過ぎ~夕方のことが多いです。 なので、運行開始の12時前に並んで早いうちに体験するか、閉園前空いてきた時間帯の体験がおすすめです。 特に閉園前間近は特に待ち時間が短くなる傾向がありますが、ギリギリすぎると受付終了しているので、注意が必要です。 昼でも夜でも怖さは変わらないので、ほかのアトラクションとの兼ね合いでいる体験するか考えましょう。 エリア51~未確認物体との遭遇~を体験したネタバレあり感想を書いていきます。 結論から言うと、去年・おととしのカルトオブチャッキーからの変更点はほとんどなく、だいたい同じ内容でした。 アトラクション列から建物に入ると、薬品のニオイがします。 「あー、これこれこのニオイ」といった感じ。 最初の年(おととし)はとてもキツイ臭いだったのですが、去年と同じくらいのほんわか薬品臭でした。 しばらく並び、いよいよお化け屋敷に入っていきます。 例年通り8人前後のグループで進んでいくのですが、前のグループに引っ付きすぎて歩くとネタバレが見えてしまうので、あまり急がず焦らず進むのが楽しむコツです。 過去のカルトオブチャッキーと同じく、壁から突然患者やチャッキーが襲ってきて、びっくりします。 ただ怖いだけではなく、トイレがひどく汚れていたり、天井からぶら下がっている物体を避けながら進むのは、相変わらずグロい&怖いです。 約5分のホラーメイズなので、あっという間に最後の部屋です。 チャッキーのホラーメイズは最後の部屋がクライマックスで、だいたい最後の部屋で何か起こります。 去年は「あれ?なにも起こらない?」と思っていたら、突然後方の扉からリアルチャッキーが!!! といった具合に襲われたので、今年も後方に居たかったのですが、クルーに通されたのは部屋の前方。 例のティファニーも壁にいました。 おととしは壁から突然ティファニーが出てきたのですが、去年は最初からティファニーが出てました。 今年も最初からティファニーが出ていたので、去年と同じか…なにも起こらないやつね…と思っていたら… ティファニーの下からチャッキーが!!!! というサプライズで、2019年のカルトオブチャッキーは終了です。 去年やおととしの細かな内容までは覚えていないのですが、思い出せる変更点は• 最後の部屋、前からも後ろからもチャッキーが襲ってくる• アトラクション出口でティファニーの下にチャッキーが出る この2点でした。 カルトオブチャッキー>バイオハザード・ザ・エクストリーム>エリア51>>貞子>ブラッドレジェンド>スペースファンタジーザライド~ブラックホール~ こちらのようにランキングしました。 個人的には、びっくりさせられることが多かったのはチャッキーだったので、1位にしました。 去年もチャッキーが一番怖かったです。 エリア51は昼と夜では怖さが違うのですが、昼に体験した感想からランキングしました。 なんとなく、全体的な怖さが去年より下がったような…毎年ホラーナイトに通ってて慣れたからでしょうか。 各ホラーメイズのランキング詳細はこちらへどうぞ。

次の

歴代チャッキーを振り返る!「チャイルド・プレイ」愛され続けるチャッキーの魅力

チャッキー 2019

Contents• 映画『チャイルド・プレイ』の無料視聴方法 『チャイルド・プレイ』を配信しているVODは以下になります。 動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、 電子書籍35万冊以上配信、 雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。 さらに我々男性には嬉しい事に、 見放題で視聴できる アダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います! R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します! また、 31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは 映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与) 月額料金は1990円で強気の価格設定ですが 無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。 返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。 VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。 その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配した TSUTAYAが運営しているサービスなので、 貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。 TSUTAYA DISCASにも 30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。 人工知能を搭載したBuddi人形は言葉や行動を学習したり、カスラン社の電化製品やスマートフォンとも連携できる優れものでした。 工場はフル稼働でBuddi人形を製作していました。 そんな中、ベトナムにある生産工場にはサボり癖のある従業員がおり、その従業員は上司から解雇を言い渡されてしまいました。 今作っているBuddi人形を完成させたら出ていくように言われた従業員は、腹いせにその人形のプログラムを書き換えたあげく、飛び下り自殺をします。 プログラムを書き換えられた人形は誰にも気付かれることなく、出荷されてしまうのでした。 その人形を買った女性が「この人形は変」と訴え、ショップへ返品しにやってきました。 対応に当たったのはカレン・バークレー(オーブリー・プラザ)です。 カレンは返品された人形が破棄されることを確認すると、内緒で自宅へ持ち帰ることにしました。 カレンはシングルマザーであり、息子のアンディ(ガブリエル・ベイトマン)は難聴を抱えていました。 内気なアンディは引っ越してきたばかりの土地で友達もできずに、家でスマートフォンのゲームばかりしていたのです。 カレンは、そんなアンディにBuddi人形をプレゼントします。 アンディの元へ来たBuddi人形はチャッキーという名前になりました。 初めは他のBuddi人形と異なるチャッキーに困惑していたアンディでしたが、徐々にチャッキーと仲良くなっていき、チャッキーのおかげで友達もできました。 アンディはチャッキーや友人と楽しい日々を送る一方で、母親の恋人であるシェーン(デヴィッド・ルイス)にウンザリしていました。 シェーンはアンディを毛嫌いし、時に酷い態度で接してきていたのです。 それを見ていたチャッキーはアンディのためにと、シェーンを殺害してしまいます。 チャッキーが殺人を犯したと知ったアンディは、泣く泣くチャッキーを処分する事にしました。 友人の助けを借り、チャッキーの回路を破壊して廃棄路へ捨てたのでした。 しかし、ごみ箱に捨てられたチャッキーを発見した管理人が、修理すればオークションで高く売れると考えてチャッキーを修理してしまいます。 さらに最悪なことに、この管理人は住人の部屋に隠しカメラを取り付けて覗きをしている変態であり、カメラの映像に映るアンディをチャッキーは発見します。 チャッキーは、アンディにとって唯一の親友になるために、アンディの周りの人間を排除するという考えを持ってしまいました。 そのため、アンディの周りでは奇妙な事が起こり始めます。 アンディはチャッキーの存在に気づき母親や友人達に訴えかけますが、誰も信じてはくれませんでした。 第1作目になぞらえたストーリーでありながらも、チャッキーが凶悪な人形になるまでの過程が全く異なるなど、 新しい『チャイルド・プレイ』になっていました。 顔も変化しており、 凛々しい眉毛が印象的なチャッキーでした。 通常のBuddi人形には言語や行動に対する制限があり、子供達が安全に遊べるようになっていましたが、チャッキーはプログラムを書き換えられたために他とは違っていました。 そのせいで、 チャッキーはアンディにとって脅威的な存在になってしまうのでした。 ハミルは、アニメ版『バッドマン』のジョーカーや、『天空の城ラピュタ』のムスカの英語版吹替を担うなど、声優としても活躍しています。 可愛らしさと凶暴性の二面をもつチャッキーを、ユーモアたっぷりに演じていました。 映画『チャイルド・プレイ』予告編 映画『チャイルド・プレイ』ネタバレ チャッキーに追い詰められていくアンディの結末は? 人気絶頂のBuddi人形は新型が販売されることになり、カレンの務めるゼット・マートにも大量の新型が入荷され、販売当日には多くの客が押し寄せていました。 皆が浮足立つ中で、アンディだけはチャッキーの気配を感じて恐怖していました。 アンディの不安は的中し、チャッキーはマーケットの中の電化製品や新型のBuddi人形を操って、そこに居た全員を襲いだします。 アンディは助けに来てくれた友人達と逃げようとしたのですが、チャッキーにカレンが捕まった事を知り、友人達だけ逃がすと自分はカレンを助けに向かいました。 カレンは拘束され、首には縄が巻かれていました。 そして、助けに来たアンディの目の前でカレンの首が吊られていきます。 アンディはチャッキーに妨害されながらも縄を切り、カレンを助けることができました。 さらにチャッキーはアンディにまで襲い掛かってくるのですが、危機一髪のところでチャッキーは破壊されたのでした。 映画『チャイルド・プレイ』感想 チャッキーが高性能 子供のオモチャにしておくのは勿体ないほど ハイテク機能満載のチャッキーに、まず驚愕しました 笑 21世紀版チャッキーは指先1つで自由自在に電化製品を使いこなし、内蔵されている録音・録画機能をフル活用しながら、 精神的に追い詰めてくる恐ろしさがありました。 人工知能を持った人形に襲われるなどあり得ないと言い切れないがゆえに、さらに怖いです…。 純粋な殺人鬼 アンディ達がホラー映画を見て笑っているのを見たチャッキーが、映画と同じように包丁を振りかざし、止めたアンディに怒られた時に「喜ぶと思って」と言ったのが印象的でした。 こ のチャッキーは純粋にアンディと仲良くしたいだけの人形であり、残虐な行為も アンディにとっての唯一の親友になりたかったからだと思うと可哀相な気持ちになりました。 個人的には、オリジナルのチャッキーの方が怖かったです。 あちらのチャッキーは中身が本物の殺人鬼であり、狂気に満ち溢れていました。 — ゴッサム MoominYg 2019 観終わった後からじわじわと感情がやってくるね。 ただ受け答えするのではなくて、相手の感情を読んでそれに対して感情が顔に現れるのよ。 主人公が自分と遊んで楽しそうにしているのを見ている時のチャッキーの表情は人間の様。 切なくなる映画だった😔 チャッキー…. 主人公の為と健気に行動する。 初めは素朴な人形だったチャッキーが、歪んでしまった思考のままに人間を襲いだし、ジワジワと怖ろしくなっていきます。 テクノロジーに依存している今日、機会と人間の在り方についても考えさせられる映画でした。 * 紹介した作品の各VODの配信情報は2020年6月のものになります。

次の