臭 豆腐 作り方。 ダメ。ゼッタイ。臭豆腐の歴史とにおいの原因、そして作り方について。

台湾の臭豆腐ってどんな臭い?納豆との比較や臭豆腐の種類を徹底解説

臭 豆腐 作り方

臭豆腐 チョウ ドウフ しゅうとうふ は台湾人のソウルフード 臭豆腐は台湾でも広く食べられていて、夜市の屋台でも必ず売られています。 10mくらい前から「あっ、臭豆腐だ。 」とわかるくらいの匂いが漂っています。 どんな匂いと書きにくいのですが、初めて台湾に行った方は何か異様なやばい匂いがしたら臭豆腐と思えばまず間違いないと思います。 魯肉飯と並んで、台湾人のソウルフードと言ってもいいのではないかと思います。 台湾に駐在員として初めて行ったとき、同僚たちに食べさせられました。 周囲の台湾人の期待通り、「オェッ!」となり、みんな大喜び。 日本人が、外国人に納豆や梅干しを無理やり食べさせて喜んでいるのと同じですね。 1年くらいして「ここの臭豆腐、うまいな!」と言いながら食べる私を見て、台湾人の同僚が「お前もやっと台湾人になったな。 」と笑ってましたね。 楽天で台湾旅行の航空券・ホテルを探してみる 臭豆腐は台湾特産ではない? Wikipediaによると、臭豆腐は『華南のものと華北のものに大きく分かれ』 『中国大陸、台湾、香港など、主に華南で食べられており、豆腐を主に植物性の発酵液に漬けて風味を付けたもの。 主にインドールなどによる糞便臭がある。 』と、 『北京など、華北で古くから食べられている腐乳(豆腐乳)の一種で、「青腐乳」、「青方」などとも呼ばれる。 豆腐にケカビを生やしてから、塩水に漬けて作るため、ケカビの酵素の働きで二硫化メチルなどの刺激臭が強く、塩辛いため、少量を粥に乗せて食べたり、調味料として使う。 』 腐乳はそれほど臭いはしません。 台湾では、朝食のお粥屋さんなどで味付け用に見ることはありますが、屋台などで料理として売っているのは見たことありません。 Yahooショッピング! 何をお探しですか? 初めて食べるなら炸臭豆腐 ザァ チョウドウフ=揚げ臭豆腐)を Wikipediaに臭豆腐の臭いは、「主にインドールなどの糞便臭」とある通りの臭さですが、油で揚げて「炸臭豆腐 ザァ チョウ ドウフ 」にすると、随分臭いが穏やかになりますので、おすすめです。 台北寧夏夜市で食べた炸臭豆腐(揚げ臭豆腐) これは、寧夏夜市で食べた揚げ臭豆腐。 好みで、豆板醤をかけて食べます。 台湾南部の高雄の食堂で食べた揚げ臭豆腐です。 泡菜、パクチー、かけていたのは豆板醤ではなく少し甘めのタレだったと思います。 この店ではニンニクのすりおろしを添えていました。 ニンニクも臭豆腐にはよく合うと思いました。 士林夜市の地下美食街で食べた揚げ臭豆腐 この店も豆板醤はかかってなかったと思います。 辛いのが好きな人はテーブルの豆板醤を自分でかけます。 この店は、豆腐の真ん中に穴を開けていますが、理由は分かりません。 タレが染み込むようにかな? 揚げ臭豆腐の作り方 臭豆腐は、硬めのもめん豆腐みたいな感じです。 豆腐一丁を横に切った状態のものを油で揚げています。 2枚で一人前と思います。 最近、台湾に行って臭豆腐食べると、昔ほど臭いにパンチがない気がするんですね。 昔は、臭豆腐を食べた自分の口が臭くて、文字どおり「閉口」しましたが、どうも最近はそれほどでも無い気がします。 この豆腐を高温の油で揚げて、炸臭豆腐 ザァ チョウ ドウフ =揚げ臭豆腐になります。 煮た臭豆腐料理も人気があります この写真は、揚げたのではなく煮た臭豆腐です。 はっきり言って、煮たり蒸したりした臭豆腐は、苦手です。 臭いが穏やかにならずそのまま残っている気がします =クサイ!) 写真は寧夏夜市で売ってたものですが、右側は大腸入り臭豆腐、左は豆皮 油揚げ 入り臭豆腐。 見たところ、この店の味付けはあまり辛くないかも知れません。 写真がないんですが、煮た臭豆腐では「麻辣臭豆腐 マァラァ チョウドウフ 」というのもポピュラーです。 麻辣臭豆腐は、駐在時に初めて食べた時以来トラウマになっていて、それ以後殆ど食べていません。 w チャレンジ精神の旺盛な方は、ぜひトライしてください。 もしかしたら、美味しいのかもしれませんので…。 台北で、臭豆腐と言えば 深坑 シェンケン 老街 台北市の南の方に深坑 シェンケン という地区があって、そこが臭豆腐の産地?で有名なところです。 MRT文湖線木柵駅からバスで行くのが便利だと思います。 深坑から先、青桐や十分にも行けます。 バスで十分に行きランタン 天燈 揚げをするのも良いと思います。 MRT木柵駅からは、バスで20分位なので、昼前くらいに行って「臭豆腐ランチ」、十分で「天燈揚げ」、九份で「お茶と夕景」を楽しみ、台北に戻ってどこかの夜市でまた「臭豆腐ディナー」という「臭豆腐ツアー」も面白いかもしれませんね。 是非参考にしてください。 理由は、をご覧ください。 年会費無料のこの2種のカードをお勧めします。 海外旅行にはEPOSカード! 海外旅行傷害保険が自動で付帯 年会費無料の楽天カードは顧客満足度10年連続No. 1 <スポンサーリンク> 英語が身につかないのはアウトプットが足りないから。 HiNative Trekは日本人に足りない英語のアウトプットを学ぶことが出来る、新時代の英語学習サービスです。 頭皮に負担のかかるものは一切使わず100%天然由来の素材だけを配合。 さらに、洗浄成分にもこだわりヤシ由来のアミノ酸系の洗浄成分が洗いながら髪を補修。 オリーブ油やオレンジ油、レモングラス油なども配合し、リンス・コンディショナーをしなくてもサラサラの仕上がりを実現しました。

次の

臭豆腐とはどんな臭い?作り方・栄養も!食べて多臓器不全に?

臭 豆腐 作り方

中国は臭いもの好きなのかってくらい、多くの発酵食材や料理があります。 なんでそんなもの食べれるんだ!?と外国人の方は思われるかもしれませんが、日本の納豆も同じですね。 海外の方からは『アンビリバボー』と思われる匂いと味ですが、慣れ親しんだ日本人には気にならないし美味しいですよね。 やはり幼い頃から慣れ親しんでいる食文化であり、美味しいと思うから、今も伝統的な料理として脈々と受け継がれています。 そこで今回は、中国人でも食べれない人が続出していると言われる『中国十大臭味美食』ということで調べてみました。 Contents• 臭豆腐 発酵豆腐 出典 中国南部や台湾でよく食べられているのが、有名な強烈な匂いが特徴の臭豆腐です。 地域それぞれで作り方は異なっているので、風味はそれぞれ違います。 湖南省では、写真のように黒色の発酵液につけているので真っ黒になったり、南京では灰色になるまで発酵させたりしています。 臭豆腐専門のお店や露店ができるなど、中国人のソウルフード ? のような感じで地元ではよく食べられています。 何十メートル先にいても匂いが風で流れてくるので、すぐにわかります。 匂いは例えづらいですがうんちのような糞便臭がします。 これは、植物性の発酵液で豆腐をつけているので、そのような匂いが生まれるそうです。 匂いこそは強烈ですが、臭豆腐の揚げ物は比較的食べやすくて、初心者で食わず嫌いでも意外にいけるので、一度はオススメです! 臭腐乳 辛味臭豆腐 出典 中国の安徽省でよく家庭料理で食べられているおかずで、見た目や作り方は臭豆腐に似ているので相変わらず強烈な匂いが特徴的です。 臭豆腐に香辛料を絡めて作られているので、少しピリ辛の臭豆腐って感じで、安徽省では大人気です! しかし、強烈な匂いは子供もトラウマになることが多く、食わず嫌いになるで有名なんだとか。 また冬に臭豆腐を作る風習があり、発酵の具合によって白色から緑色に変化していき、最終的に灰色になるまで発酵します。 家庭それぞれのレシピがあるので、違う味も楽しむことができます。 霉千张 カビミルフィーユ豆腐 出典 古代中国の宮廷に大絶賛されたとも言われた霉千张は、紹興酒で有名な紹興市の名産料理です。 これまた臭豆腐と同じく、大豆をすりつぶして豆腐を作る過程で、千枚切りにして何層も薄く重ねて発酵させます。 発酵している段階で、カビが生えてきたら食べごろと言われています。 独特のチーズや生乾きの服のような匂いで、かなり強烈です。 しかし、揚げ物や蒸し料理などの相性は抜群で、いろんなレバートリーの料理に使用されます! 臭苋菜梗 ヒユ 出典 このサトウキビのような茎は、紹興市で長い歴史を持つ伝統の郷土料理です。 体に優しく、消化を促して、食欲を高めるとして最も適したおかずとされています。 もちろんそう思うのは、昔から食べている抵抗のない地元民だけであって、水につけられただけの茎は、獣のような腐ったような独特の匂いが漂っています。 春秋戦国時代が発祥と言われており、当時呉の奴隷として加わった国王は、お金がなくて山菜を食していた時に出会いました。 葉っぱは柔らかく美味しかったですが、茎が固くて食べれませんでした。 煮たり発酵させることによって、柔らかく香り高い茎は、今になっても人気のおかずとして扱われています。 徽州毛豆腐 カビ豆腐 出典 毛豆腐は、徽州の有名料理であり『カビ豆腐』との異名があります。 豆腐を細かくきって発酵させるもので、元祖は臭豆腐に似ています。 『毛』のようなカビが豆腐全体に覆われるほど発酵させるので『毛豆腐』と名付けられました。 臭豆腐の細い版なので、もちろん匂いは強烈です。 一般的には揚げたり、焼いたり、蒸したりして食べられることが多く、ごま油や唐辛子を振りかければ完成です。 若干匂いは、揚げられることによって緩和されますが、口に含むと溢れる臭さで悶絶してしまいそうになりますが、味は確かに美味しいです! 臭鱖魚 魚の塩漬け 出典 中国の淡水魚として人気のある鱖魚や桂魚を、塩水に6〜7日つけて作られます。 世界一臭い缶詰の『シュールストレミング』というニシンの塩漬けとほとんど同じ作られ方をしているので、匂いも桁違いにえげつないです。 臭鱖魚は、徽州省の代表的な家庭料理です。 塩水につけられることで、鮮度を保つことができるので、臭いながらも身が引き締まり、さっぱりと淡水魚ならではの食感と鱖魚本来の風味を保ち続けます。 豆汁儿 緑豆スープ 出典 臭いグルメとしては豆汁を忘れてはいけないほど、北京の伝統的な人気の料理です。 豆汁は昔に宮廷の食べ物として献上されていたとされる、長い歴史を持っています。 また解毒作用があるとされており、風邪をひいたときや熱があるときによく食べられています。 緑豆を原料として、面などを作る際に搾り取られた残り汁を発酵させて作られます。 豆乳かと思われますが、動物性タンパク質ではなく、植物性なので、発酵させると異様な匂いが発生します。 今では売っている店も少なくなり、地元北京の数店舗でまだ売られているようです。 灰色や緑色のスープがありますが、見た目と異なり酸っぱく、匂いもきついので、食べる人が少なくなっているようです。 臭面筋 発酵グルテン 出典 湖北省の武漢や南京でよく食べられている名物料理で、麺やパンを作るときの生地 グルテン のようなものを、水に漬けて発酵させたものです。 白カビが生えるまで発酵し、塩などを追加して再発酵させているので、黒く緑色になった生地が完成します。 匂いがきつく、水の中で暖かいところに置かれて自然発酵させるので、雑巾や生乾きの服のような、チーズのような匂いも入り混じっています。 それをそのまま食べてもいいですし、蒸したり揚げたり調味料と一緒に炒めて食べられたりしています。 南京ではお粥や炒め物に入れて食べるのが定番です。 酸笋 酸っぱいタケノコ 出典 広西省の伝統的なおつまみやトッピング食材として人気があります。 タケノコを細かく切り壺に入れ、そこに米汁を流し込んで半月ほど発酵させます。 そうすると名前の通り『酸っぱいタケノコ』が完成します。 ラーメンや炒め物にトッピングすることによって風味豊かになります。 広西省の家庭のマストアイテムになっているので、ほとんどのお店や家庭でお目にかかることができますが、臭豆腐と同じく糞便臭がきついです。 螺蛳粉 カタツムリ麺 出典 カタツムリの粉がブレンドされた麺で、広西省でよく食べられている麺です。 しかし、それ自体が臭いのではなく、上でも紹介した『酸笋』がトッピングされているので、器から湧き上がる水蒸気と一緒に匂いも顔面を直撃するので耐えられない人もいるかもしれません。 広西省でこの麺を注文すると、百発百中で入ってくるので注意が必要です。 しかもそれだけではなく、『老葉麺、桂林米麺』などもタケノコの影が見え隠れしているので、注文時に断るか覚悟を決めるかすることをオススメします!.

次の

中国南部の「臭豆腐」、ふん尿添加する闇業者

臭 豆腐 作り方

臭豆腐とは 臭豆腐は豆腐の発酵食品です。 伝説によりますと明を建国した 朱元璋がカビが生えた豆腐を食べたのが臭豆腐の始まりだと言われています。 幼いころの朱元璋は非常に貧しくてホームレスのような生活をしていました。 あるとき古くなって捨てられていた豆腐を油で揚げて食べたところ、驚くほど美味だったそうです。 その記憶が朱元璋の心に残っていて、後に軍の総帥に昇進(皇帝になるのはさらに後)したときに全軍に臭豆腐をふるまい、それがきっかけで臭豆腐を食べる習慣が広まったと言われています。 食べるものがないのに豆腐を揚げる油があったという点を気にしてはいけません。 食べ物の由来を歴史的な有名人と結びつけて語るのが中国の流儀なのです。 臭豆腐のバリエーション 臭豆腐は 「豆腐あるところに臭豆腐あり」と言ってもよいくらいの食品です。 ですから中国各地に「ご当地臭豆腐」があります。 現在の臭豆腐は単に「古くなって腐った豆腐」ではなくて、わざわざ発酵させて作られる加工食品です。 豆腐そのものを醗酵させる場合もありますし、日本のクサヤのように発酵したつけ汁に漬けて作る方法もあります。 どちらにしても作り方の詳細は産地によってもメーカーによっても少しずつ違います。 また農村部では先祖代々の秘伝に基づいて自作することも珍しくありません。 ですから臭豆腐には豊富なバリエーションがあるのです。 そんな中でも特に有名な臭豆腐がありますのでご紹介しましょう。 長沙の臭豆腐 湖南省の省都・長沙は漆黒の臭豆腐で有名です。 中国では長沙に旅行に行ったら必ず食べる1品ということになっています。 長沙の臭豆腐は切り分けた豆腐をまっ黒いつけ汁に数時間漬けたものです。 発酵しているのは豆腐のほうではなくつけ汁のほうです。 つけ汁はタケノコ、シイタケなど20種類ほどの材料を2年間発酵させて作るそうです。 つけ汁はものすごく臭く黒いので、その匂いと色が豆腐に移って漆黒の臭豆腐ができるのです。 長沙の臭豆腐は謎多きつけ汁のレシピと2年間の熟成期間がないと作ることができませんから、他の地方では食べられない独特な食品です。 紹興の臭豆腐 魯迅のふるさと紹興には 「黴莧菜梗」という漬物があります。 これはヒユという植物の茎を醗酵させた食べ物です。 非常に強烈なニオイがするのですが、そのニオイをむしろ楽しむかのような蒸し物などにして食されています。 ヒユの葉は食用になりますがクキを食べるのは紹興一帯の独特な習慣だと言われています。 黴莧菜梗を醗酵させるのは簡単です。 ヒユのクキを5センチくらいの長さに切って水の入ったカメに放り込んでおくと発酵が始まり小さなアワが出てきます。 そこまで発酵したら取り出して塩を振り、さらに寝かせて発酵させればできあがりです。 最初の発酵に使った水は見た目からは想像もできないほど強烈なニオイを放つ液体に変貌しています。 この液体に切り分けた豆腐を漬けると紹興の臭豆腐が完成します。 色はモトの豆腐の色に近く、揚げて食べると超絶美味なので紹興の名物料理のひとつになっています。 かなり離れた上海でも「紹興の臭豆腐」と銘打った揚げ臭豆腐を売っています。 黄山の毛豆腐 「天下第一奇山」で有名な黄山には毛豆腐という食べ物があります。 黄山の毛豆腐は豆腐を作るときにわざわざカビの胞子を加えて真っ白で長いカビをはやした豆腐の発酵食品です。 毛豆腐は臭豆腐とは違いますが、多くの臭豆腐は先ず豆腐を毛豆腐の状態まで加工してから調味液に漬けて作られます。 つまりこれは臭豆腐の原型なのです。 朱元璋が食べたのはこのような豆腐だったハズです。 黄山では毛豆腐を焼いて食べます。 アルコールの強い白酒と一緒に食べるのが黄山の流儀です。 毛豆腐も黄山旅行に行くときの must だと言われています。 豆腐の発酵食品はさまざまな土地で名物の地位に君臨しているのです。 青方 青方は臭豆腐乳とも呼ばれる豆腐乳の一種です。 豆腐乳は水分の少ない豆腐を塩漬けにして寝かせた豆腐発酵食品の総称です。 豆腐乳には紅方、白方などさまざまな種類があるのですが、その中に青方と呼ばれる種類があるのです。 中国で青方と言えば 王致和です。 現在では王致和は青方メーカーの名前ですが、もともとは清の時代のある人物の名前です。 王致和は安徽省の出身ですが科挙の受験のために北京に来ていました。 科挙に落第した王致和は地元で豆腐を商った経験があったことから豆腐屋を始めます。 ある夏の日、売れ残った豆腐を切り分けて塩や香辛料を振りかけてカメの中にしまっておきました。 このようにすると短期間の保存に耐えたようです。 ところが王致和はそのことを忘れてしまいました。 秋になってカメをあけたところ青く変色した豆腐が奇臭を放っていたのです。 ここで捨てないのが現代人と昔の人の違いです。 昔は食べ物が今よりもずーっと貴重だったのです。 王致和はその恐るべき青い豆腐を食べてみました。 驚いたことに非常に美味ではないですか! 王致和は科挙受験を止めてその青い臭豆腐を専門に作る商売を始めました。 それが今のビッグ・カンパニーである王致和の由来です。 王致和の臭豆腐は北京で評判になり 宮廷料理にも採用されることになりました。 西太后も王致和の臭豆腐を気に入っていたようです。 しかもさすがは女帝。 臭豆腐という名前がエレガントではないということで「青方」の名前を下賜したのです。 それ以来、王致和の臭豆腐は「青方」と呼ばれることになったそうです。 以上が青方の由来についての伝説のひとつです。 青方の由来についてはこのほかにもいくつもの伝説があります。 さまざまな物語と伝説の中で語られる青方は単なる食品というよりも文化的な象徴です。 「北京人にとっての青方はアメリカ人にとってのコカ・コーラと同じ」とすら言われているくらいです。 青方は先ず豆腐を毛豆腐の状態にしてから塩漬けにし、それをさらに調味液に漬けて作られています。 この調味液のレシピは門外不出の秘密。 コカ・コーラの成分と同じくらいの謎なのです。 食べ方など 臭豆腐は揚げたり焼いたり蒸したりして食べます。 また青方は刻んだネギと一緒に饅頭につけて食べます。 柔らかいのでバターのように塗ることができます。 このような直接的な食べ方だけではなく料理にも使われます。 おすすめは炒め物です。 たまご、パクチー、ピーマン、豆などさまざまな食材と一緒に炒める料理があります。 中国のウェブサイトで調理法を検索すると蒸し物もたくさんヒットしますが、個人的には蒸し物は匂いが強調されるのであまりお勧めしていません。 豆腐を醗酵させる目的は匂いではなく旨味を増強するためです。 調理の仕方としては、うま味を生かし匂いを抑える方法が適していると思います。 臭豆腐を作るときの核心的な内容は秘密にされていることが多いので臭豆腐の正確な薬膳的効能は謎です。 少なくともサーマルタイプは寒性だと考えてよいでしょう。 豆腐の寒性は原料の石膏からくるものですから、発酵しても大きな影響はないと思われます。 ほとんどの文献に「塩分が強いので食べ過ぎに注意」と書いてあります。 もともと少しだけ食べるものなので、機会があれば恐れずに食べてみると新たな境地が開けるかもしれませんよ。 食の話題と薬膳 薬膳は単なる「体に良い食事」ではありません。 薬膳はライフスタイルです。 楽しくなければ薬膳ではありません。 食の話題に関心をもち、食の話題を楽しむのも薬膳の一部です。 このウェブサイトが提供する食の話題を皆様の楽しい会話のきっかけとしてご利用ください。 薬膳は難しいものではありません。 誰でも手軽に始めることができます。 このウェブサイト内に難しい理論の勉強を省略して薬膳を始めることができるようにするためのツールを設置しています。 をご利用いただけば明日からでもご自宅で薬膳ライフを始められます。 このウェブサイトにすると食材のサーマルタイプや薬膳的性質を検索できるツール FoodNaVi をご利用いただけます。 FoodNaVi を使うとスマホからでも手軽に食材の性質を検索できます。 薬膳理論を勉強してみたい人はをご覧ください。 アクセスが多い記事.

次の