思春期ニキビに効く食べ物。 思春期ニキビに効く食べ物

【医師監修】ニキビに効く食事とニキビ予防につながる栄養素

思春期ニキビに効く食べ物

中高生の肌の悩み1位は、「ニキビ」なんです!実に10代〜20代の約半数が、ニキビやニキビ跡に悩んでいます。 特に思春期の子供達は繊細なので、ニキビができたことで周りの目が気になり、マスクをしたり、髪の毛で隠したり、何気ない一言で自信をなくしたりすることもあります。 中には、深刻に考えすぎて死にたくなるような思いに駆られる子もいるようです。 そんなときは保護者のサポートがとても大切になります。 なぜそんなにも悩んでいる子供達が多いかというと、思春期の肌は大人の肌と違い、活発なホルモンの働きで過剰に皮脂が分泌しやすくなるからです。 今後、ニキビで悩まないためには、身近な原因と予防のためのポイントを抑えることがとても重要です。 ここでは、思春期ニキビの特徴、原因、予防するポイントと、思春期ニキビで悩んだ女性アーティストの実体験をご紹介します。 思春期ニキビとは 思春期ニキビとは、10代の人にできるニキビのこと。 こめかみや額から鼻にかけてのTゾーンに出来やすいです。 思春期ニキビは、正しいケア方法をすることで、誰でも改善することができます。 それでは思春期ニキビの特徴からご説明しましょう。 2.思春期ニキビができやすいタイミング 思春期ニキビは 春から夏にかけての皮脂の分泌が活発になる時期にできやすく、夏に紫外線を浴びると、肌を守るために肌の角質が厚くなり、毛穴のつまりやニキビの原因となってしまいます。 また、日常のストレスや睡眠不足といった生活習慣が乱れたときにできやすいです。 3.思春期ニキビの原因 思春期にニキビができやすいのは、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、 皮脂分泌が活性化することが主な原因です。 そのため、皮脂腺の多い部分に発生しやすいのです。 特にTゾーンは、顔の中では最も毛穴が多く、その数は頬の約7倍にもなります。 思春期に皮脂分泌が活発になるのは、第二次性徴に伴ってホルモンバランスが変化するからです。 この時期には、男性ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。 ストレス• 睡眠不足• 偏った食生活• 紫外線 上記に挙げた項目がホルモンバランスを崩す原因となり、ニキビができることにつながります。 基本的なことですが、これらのケアを心がけることがニキビの悪化を防ぐのにとても重要なのです。 3.思春期ニキビの予防 思春期のニキビには、以下の3つの予防策を意識して清潔な肌を保つよう心がけましょう。 紫外線のダメージは、後々残るニキビ跡の原因になります。 野外のクラブ活動や外出時は、UVケアをすると効果的です。 市販の日焼け止め等を購入し、カバンに常備させてあげてください。 日焼け止めとして10代の人におすすめなのは、「MAMA BUTTER ママバター 」というクリームです。 しっとりさらさらの使い心地で、人によっては刺激を感じる紫外線吸収剤やシリコンが入っていないので、小さい子供から大人まで幅広く使えます。 タンパク質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。 タンパク質を含む食品でおすすめは、豆腐や納豆、脂分を含まない鶏の胸肉やささみ、豚のヒレ肉や魚類などです。 なお、脂身の多い肉や炭水化物の摂り過ぎは皮脂分泌のもとになるので、注意しましょう。 また、ビタミン類 ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE やミネラルを多く摂取しましょう。 これらを含むのは、人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎなどです。 好き嫌いも多い時期なので、料理方法などで工夫して、バランスの良い食事をサポートしてあげてください。 特に、肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時に眠っていることが大切です。 むずかしい場合は規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるだけでも十分、成長ホルモンの分泌が期待できます。 このとき、枕やシーツ等も清潔に保ちましょう。 特に思春期は、細胞の生まれ変わりが頻繁に行われ、多くのエネルギーを消費するために汗をかきやすいです。 肌に触れる枕やシーツは特に清潔にしてあげてください。 前項でも説明があるように、肌の修復は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって促されます。 肌に汚れがついたままだと、細菌の増殖が起こって悪化するのはもちろんですが、汚れによって肌の修復が妨げられることが、大きな理由のひとつなのです。 寝る前のお風呂に入るタイミングで、その日の汚れをしっかりと落としましょう。 ニキビケア用の洗顔料を使ってみたいけど何を使ったらいいのかわからない、という方は、まずはプロアクティブをおすすめします。 ニキビケア商品の中で11年連続売上No. 1の実績があり、10代の方にも定評があります。 また、プロアクティブは今年「プロアクティブ+」と名前を変えて、さらに肌へのやさしさと効果がアップしています。 特に思春期の年代の人たちに向けたセットも展開しているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。 しかし、皮脂が過剰に分泌するから肌が乾燥しないというわけではありません。 皮脂が分泌していても肌の水分量が足りていないために、毛穴に溜まった皮脂がうまく排出されずにそのまま固まってしまいます。 そして、それがアクネ菌のエサとなり、ニキビができることにつながるのです。 よって、洗顔で肌をきれいにした後で、化粧水による肌への水分補給、最後に保湿クリームなどで保湿するように心がけましょう。

次の

思春期ニキビの原因と治し方【予防や洗顔料】

思春期ニキビに効く食べ物

ニキビへの悩みや心配ごとに関するアンケート調査 *1 によると、子ども(中学生~高校生)と保護者の間では、大きな認識のズレがあることが分かりました。 たとえば、子どもは、ニキビがあることを「恥ずかしい(37. 一方、保護者は「特に心配していることはない(54. 一人で悩む子どもたちは、ネットの誤った情報を鵜呑みにして、間違ったケアをしているかもしれません。 ニキビの悩みは、なかなか言い出しにくいもの。 子どもからの小さなSOSに気を配り、保護者から手をさしのべてあげましょう。 『子どもと母親のニキビに対する アンケート調査』 *1• 一方、「病院でみてもらう」と回答した割合は、保護者が約30%、子どもが20%未満でした。 ニキビも、アトピー性皮膚炎などと同様に「皮膚の病気」ですが、日本では病院での治療を選択肢として捉えていない方が多くいらっしゃいます。 肌の表面には無数の毛穴が存在していますが、この毛穴に角質や皮脂が詰まると、と呼ばれる炎症を起こす前段階のニキビがあらわれます。 そこにアクネ菌や、皮脂、男性ホルモンなどが関与し、徐々に炎症を起こした「赤ニキビ」へと進行していきます。 これを放置したり、つぶしたりすると、ニキビ痕(あと)が出来てしまうことも。 ニキビ痕を消す治療は、未だに確立していません。 そのため、ニキビが軽いうちに適切な治療、正しいケアを行うことが重要です。 子どもが将来、ニキビ痕に悩まずにすむよう、早めに対処していきましょう。 最近のニキビ治療、知っていますか? 世間には、ニキビに関するさまざまな情報が飛びかっています。 あふれる情報の中から、正しい情報を子どもに伝えられるよう、保護者はニキビ対策についても知っておくことが大切です。 知っておきたい ニキビ対策の豆知識 ニキビを悪化させるNG習慣 顔を隠すためのマスク、額にかかった前髪、「気になってついつい触ってしまう」「ほおづえをつく」といったニキビを刺激する行為はニキビを悪化させる原因になります。 ニキビは気になるものですが、なるべく触らず、そっとしておきましょう。 正しい洗顔・化粧の方法 肌の汚れや活発に分泌される皮脂を取りのぞくために、洗顔は重要です。 しかし、1日に何度もしたり、ゴシゴシ擦って洗ったりすれば良いと思っていませんか?洗いすぎはニキビを刺激し、肌のバリア機能を壊すことにつながります。 また、擦るように洗うことで、ニキビをつぶしてしまうこともあります。 低刺激で、ニキビができにくいことが確認されているノンコメドジェニックな洗顔料を選び、1日2回、洗顔料をよく泡立てて、ニキビをつぶさないようにやさしく洗うと良いでしょう。 また、化粧品の中にはの原因になったり、ニキビを悪化させたりするものがありますので、ニキビがある時は化粧を慎重にしてください。 化粧品を選ぶ場合には『ノンコメドジェニックテスト済み』と表示された化粧品を選択してください。 ニキビ治療を妨げずに、化粧ができると安心して日常生活を過ごせるでしょう。 また、化粧品やメイクに使う小物は、清潔に保つよう注意が必要です。 ニキビと睡眠の関係 「夜更かしをしてニキビが悪化した」という経験をしたことがある人もいらっしゃるでしょう。 睡眠不足によって、脳から分泌されるストレスホルモンが増加し、皮脂の分泌が促進されることで、結果的にニキビの悪化に繋がると考えられています。 *3 ニキビを悪化させないためには、十分に睡眠をとり、ストレスを溜めない工夫が必要です。 Buckley TM, et al. :J Clin Endocrinol Metab. , 90, 3106-3114 2005 R. Ganceviciene, et al. :British Journal of Dermatolgy. , 160, 345-352 2009 ニキビと食事の関係 これまで食品とニキビの関連性について様々な報告がされてきましたが、十分に検討されているとは言えず、医学的には、特定の食品がニキビに影響するかは結論が出ていない状況です。 思春期の子どもにおいては、体の成長を考え、まずはバランスの整った食生活を基本とすることが大切です。 しかし、明らかに特定の食品を食べると悪化する、と自覚している場合は控えてみても良いでしょう。

次の

ニキビケアの基本!ニキビに効く食べ物&原因になる食べ物

思春期ニキビに効く食べ物

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 鏡を見たときに、顔に赤ニキビがポツポツできていたら…とてもショックな気持ちになりますよね。 思春期になると、ホルモンバランスの乱れが起こります。 そのため、『思春期ニキビ』ができてしまう人は多いでしょう。 思春期だから仕方ないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。 この記事では、『思春期ニキビ』の対処法を中心に、あなたの大切な肌を守る生活習慣について解説していきます。 思春期のニキビについて 1. 思春期にニキビができる理由 思春期のニキビは『ホルモンの乱れ』が原因 思春期にニキビができるのは、第二次性徴期によるホルモンの乱れが原因です。 思春期の頃によくできるニキビは、 成長ホルモンが過剰に分泌されていることが原因だといわれています。 この時期は成長ホルモンが急激に増えることがあり、ホルモンバランスが乱れやすくなります。 『Tゾーン』にニキビができやすい理由 おでこや鼻などの『Tゾーン』は、 皮脂腺が多いためニキビができやすいとされています。 皮脂腺の多い場所にニキビができやすいのは、成長ホルモンが増えると皮脂の分泌量も増えるためです。 ニキビのもとは角栓に増殖する『アクネ菌』 毛穴の表面に、古い角質と皮脂が混ざり合った固形状の皮脂ができると、毛穴がふさがってしまいます。 この固形状の皮脂を『角栓』といいます。 皮脂は『アクネ菌』の好物であるため、 角栓があればあるほどアクネ菌が増殖してニキビができてしまいます。 ニキビができやすい人は肌のターンオーバーに問題が! 角栓はもともと詰まりやすいものです。 しかし、肌が正常に生まれ変わっていれば、角栓はそのうち毛穴の外に押し出されます。 そのため、ニキビができやすい人は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れていると考えられます。 生活習慣によるホルモンの乱れに注意 思春期ニキビの原因である、ホルモンの乱れには生活習慣や環境も大きく関係しています。 『ストレス』と『睡眠不足』 思春期は、人間関係の悩みや受験勉強などストレスを抱えやすく、睡眠不足にもなりやすい時期です。 好きなものばかり食べていませんか? 思春期は、成長期ということもありお腹が減ることも多くなります。 コンビニの揚げ物や菓子パンを食べたくなる気持ちもわかりますが、栄養バランスの偏った食生活を続けていると、ますますニキビが治りにくくなります。 紫外線もニキビのもと! 部活や授業など外で運動する際に、紫外線を浴びすぎてしまうことも原因の一つと考えられます。 思春期ニキビの種類と特徴 思春期ニキビとは、20歳前後までにTゾーンにできるニキビのことで、以下の4種類があります。 炎症のない白ニキビ ニキビの初期段階にできるもので、皮脂が毛穴詰まりを起こした状態 炎症のない黒ニキビ 白ニキビの毛穴に詰まった皮脂が酸化した状態 炎症のある赤ニキビ 白ニキビが赤く炎症を起こした状態 炎症のある膿ニキビ 赤ニキビが更に炎症を起こし膿(うみ)がたまった状態 思春期ニキビへの対処法 1. 睡眠の質をUPさせる 肌は睡眠中に生まれ変わる! 肌のターンオーバー(修復と再生)をおこなう成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、 就寝する時間を決めて睡眠時間を整えることが大切です。 また、睡眠時間以上に、眠りの質を良くすることが肌のターンオーバーを活発させます。 睡眠の質を良くすることが大切 睡眠の質をよくするためには、寝る前はシャワーではなく、 ゆっくりと湯船につかりましょう。 就寝1時間前にはスマートフォンやパソコンなどのブルーライトを避け、リラックスすることも大切です。 部屋の明かりを間接照明にするなど睡眠モードに変えて、アロマを焚いたり軽くストレッチをしたりすると寝つきがよくなります。 思春期ニキビに効く食べ物は? ニキビは食生活で改善することができます。 どれか一つに偏らず、どの食材もバランスよく摂れるようにするのが理想的です。 まずは良質な『タンパク質』を! 『タンパク質』は、肌のターンオーバー(修復と再生)をうながします。 摂りすぎると逆効果にもなるため、適量を心がけましょう。 肉・魚・卵・大豆製品に多く含まれています。 シンプルなうなぎの蒲焼きなどがおすすめです。 ニキビにやさしい洗顔法を解説! ニキビは炎症が起きている状態です。 そのため、あまり刺激しないようにやさしく洗うことが大切です。 洗顔するときは、以下の順でおこなうとよいでしょう。 蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔 顔に当てて、「気持ちいいな」と感じる温度の蒸しタオルをつくり、1分程度顔にあてます。 すると、 毛穴が開き、汚れが浮きやすくなります。 蒸しタオルでのやけどに注意しましょう。 洗顔はしっかり泡立てた石けんでやさしく洗う 肌になるべく刺激を与えないために、 顔に泡を乗せるようなイメージでやさしく洗います。 ゴシゴシと力を入れないように気をつけましょう。 T ゾーンから洗う 毛穴が密集していると、そのぶん皮脂も出やすくなります。 そこで、毛穴の多いTゾーンから洗います。 ただし、洗いすぎて必要な皮脂まで落としてしまうと、逆効果になります。 落としすぎない程度に、1分ほど洗い流しましょう。 皮膚科で受けるニキビ治療について 思春期ニキビは皮膚科で診察してもらえます。 診察後は、細菌類を殺傷する力がある『抗生物質』などを処方されます。 しかし、それだけで劇的にニキビが治るわけではありません。 薬を飲んでいる間はアクネ菌の活動を抑えられまが、薬をやめるとアクネ菌はまた復活します。 そのため、生活習慣を見直し、適切な洗顔をすることが大切なのです。 跡を残さずにニキビを治すための注意点 1. きれいに治すには、ニキビを触らないこと 思春期ニキビの跡を残さないようにするには、 ニキビを刺激しないことがいちばんです。 ニキビを触ることで、自然に治癒する力を邪魔してしまったり、炎症しているところに刺激を与えて悪化してしまったりすることもあります。 また、治りが遅くなり跡が残りやすくなってしまいます。 やさしく洗顔するのはもちろん、 ニキビの周辺を触ったりこすったりしないようにしましょう。 紫外線対策をして、ニキビ痕の予防を 紫外線によって、ニキビ痕ができてしまことも ニキビの跡を残さないためにも、紫外線対策はしっかりしておきましょう。 紫外線は年中降り注いでいるため、曇っていても油断は禁物です。 授業や部活で外に出るときは、こまめに日焼け止めを塗り直すことが大切です。 肌が焼けてしまった場合は冷やしてクールダウンさせましょう。 まとめ 鏡を見たときにポツポツとニキビができていたら、触ったりつぶしたりしたくなりますよね。 しかし、ニキビ痕を残さず早くきれいに治すためには、気にしないことがいちばんの近道です。 『思春期ニキビ』は、皮脂分泌が増えて、ホルモンバランスが乱れることが大きな原因です。 まずは、睡眠や食生活に気をつけ、ホルモンバランスの整った生活習慣を心がけましょう。 2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

次の