ロマンティック ア セクシャル。 私はアロマンティックです。アロマンティックを調べていると、アロマ...

私はアロマンティックです。アロマンティックを調べていると、アロマ...

ロマンティック ア セクシャル

他の人と恋愛傾向が違う気がするけれど、検索してもなかなかたどり着かないと感じている人はいませんか? 今回は、アセクシャルやアロマンティックとも少し違う、微妙な立ち位置にあるアロマンティック・アセクシャル。 簡単診断テストを『Shano』に在籍する退(さがる)が作成しました。 自認に至るのが難しいマイノリティも多くありますが、自分がどこに所属するかわかるといいですよね。 【1】アロマンティック・アセクシャルとは? 様々な分類に分けられる性的指向の中で、この概念は海外での性的アイデンティティを持つ性的指向者を発足として、主にWeb上で呼びかけられています。 「他人に対して恋愛感情を持たないが、性的欲求を覚えることはある」アロマンティックと、「他人に対して恋愛感情も性的欲求も持たない」アセクシャルの部分、という部分が共存する性的指向です。 恋愛対象と性欲の強さの度合いから、アロマンティック・アセクシャルはカテゴライズされています。 アロマンティックやアセクシャルとの違いは、アロマンティック・アセクシャルは「性欲は存在するけれど、他人と性的な接触を図りたいわけでなく、ただムラムラする」といった例があげられます。 この定義はまだ曖昧であるとされており、いくつかが混在しているような状態です。 【2】アロマンティック・アセクシャル診断5つ アロマンティック・アセクシャルは、先にも述べたとおり、多様的であり流動的なものですが、 ここでは「アロマンティック・アセクシャル」とされる人についての代表的な特徴を、いくつか例にあげてみましょう。 いくつか当てはまった人は、「アロマンティック・アセクシャル」の分類に分けられる人かもしれません。 (1)性欲はあるがエッチを必要としない 日常を過ごしている中で、性的欲求はなかなか切り離せないものですよね。 しかし、アロマンティック・アセクシャルの人の場合、性的欲求を持つだけで、その欲求を解消する性的接触を必要としない、というケースがあります。 自分で処理をする人もいれば、その欲求を他のことで昇華する人もいるのです。 (2)性的行為に興味を持てない アロマンティック・アセクシャルの場合、他人と接触していて湧き上がる性的興奮が、性的行為に繋がることがありません。 また、性的欲求についても個人差があります。 「手を繋ぐだけでいい」人もいれば、「キスをするだけでいい」、「頬をすり合わせるだけでいい」といった、俗に言われる「軽いスキンシップ」で終わる人もいます。 (3)自分が性的行為を行うことに嫌悪感がある 他者が行う性的行為や、テレビや映画、漫画の中などで行われる性的行為自体への嫌悪感はないけれど、自分が誰かと性的な接触を図ることに対して嫌悪感がある場合があります。 性的接触を図らなくても、ただ一緒にいるだけで満足することなどがケースとしてあげられます。 また、性的な行為を小説にしたり漫画にしたりと作品に落とし込むことは可能で、嫌悪感なく作品を書くことができる人もいます。 (4)他人へ恋愛感情を抱かないことが多い 他人を大きな意味で「好き」になることはありますが、恋愛欲求を持たないケースが多いアロマンティック・アセクシャルの場合、他人を恋愛的な感情で見ることがない、ということがあります。 勿論、他人と付き合うことは可能ですが、元々が、誰かへ対して「好き」という感情で動いていないことから、実際付き合っている人に対しての恋愛感情があるかと問われれば、同意を示すことが難しいのです。 この点はアセクシャルとも同じかもしれません。 いくつかの特徴と合わせてどちらか検討すると良いでしょう (5)パートナーを作ることができないわけではない 流動的な定義であることから、アロマンティック・アセクシャルは、誰もがパートナーについての有無についてこだわっているわけではありません。 パートナーの有無についてこだわることがない人もいれば、友情の延長線上として、その人を「特別な人」と分類し、付き合う人もいますし、興味や意識を惹かれる相手と付き合い、友達のように過ごすケースなど、付き合い方もさまざまです。 デミセクシャルも特別な感情を必要とするため、友達の延長で恋愛をすることがありますが、このマイノリティの場合には恋愛感情はある点で、アロマンティック・アセクシャルとは異なります。 また、アセクシャルは恋愛感情がないため、恋愛に興味がない人が大半ではありますが、彼女たちも似たような感覚で恋愛をすることがあるようです。 【3】まとめ 性的指向の分類は多様化していて、一言で表せるもばかりではありません。 だからこそ、自身のセセクシャルについて悩んでいる人が多くなっているのも現実です。 「マイノリティなのはなんとなくわかるけれど、はっきりどのセクシャルにも分類されない気がする」というように、一つの概念として固定されないセクシャルの人は、アロマンティック・アセクシャルなどの分類にカテゴライズされることも少なくありません。 マイノリティ自体、あやふやな部分が大きいので、自分のセクシャルを自認したり調べたりしていく中で、自分のマイノリティがどこに属するのか、深く考えすぎると混乱してしまいます。 自分が自分らしく生きていくために、マイノリティは自分を形作る要素の一つくらいに考えて、「こんな感じなんだろうな」くらいに捉えることが大切だと思います。

次の

Aセクシャル(アセクシャル、エイセクシャル)とは?

ロマンティック ア セクシャル

LGBTという言葉を今では高頻度で使うようになりましたが、皆さんはLGBT以外のセクシュアルマイノリティについてご存知ですか? 例えば、「 アセクシュアル」「 Xジェンダー」「 ノンセクシュアル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ここでは アセクシャルの意味についてご説明します。 アセクシュアル 無性愛)とは? はてなキーワードでは、アセクシュアル(無性愛)を以下のように定義しています。 アセクシュアル(無性愛《むせいあい》とも)とは、『他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かない』ことである。 無性愛の性質を持っている人のことを無性愛者、またはエイセクシュアル、ア・セクシュアル、Aセクシュアルともいう。 略称として「Aセク」を使うこともある。 アセクシュアルって診断されるもの? アセクシュアルは個人が自認しているセクシュアリティなので、基本的に他人が診断できるものではありません。 個人が恋愛感情や性的欲求を抱いているかどうかなんて本人にしかわからないし、もしかしたら一生確証が持てないセクシュアリティでもあります。 だから、あなたがアセクシュアルであるということを他の誰かが診断することなんてできないし、診断してもらう必要はありません。 「自分はアセクシュアルだ」と思うならあなたはアセクシュアルです。 他の人がなんと言おうと、あなたのセクシュアリティはあなたのもの。 外部からの診断なんて必要ありません。 アセクシュアル(無性愛)とノンセクシュアル(非性愛)の違い アセクシュアルとよく混同される言葉として、ノンセクシュアルというものがあります。 ノンセクシュアル(非性愛)は以下のように定義されています。 非性愛(ひせいあい)とは、他者に対しての恋愛感情は有り得たとしても、恒久的に他人への性的欲求を持たないことをいう。 非性愛の性質を持っている人のことを非性愛者、またはノンセクシュアルという。 略称としてノンセクともいう。 一方、ノンセクシュアルは「 他者に性的な欲求を抱かない」ことであって、 恋愛感情は抱きます。 つまり、アセクシュアルとノンセクシュアルの共通点は 「他者に性的欲求を抱かない」ことであり、異なる点は「他者に恋愛感情を抱くかどうか」です。 「他者に恋愛感情も性的欲求も抱かない」という場合はアセクシュアルで、「他者に恋愛感情は抱くけれど、性的欲求は抱かない」という場合はノンセクシュアルになります。 アセクシュアルが受けやすい誤解 アセクシュアル当事者の方から「 アセクシュアルだとカミングアウトをすると、『冷たい人だ』と思われてしまうことがある」と聞いたことがあります。 Youtubeなどでもアセクシュアルの方がお話しているのを観ましたが、その方々も同じ悩みを抱えていました。 「アセクシュアルだから冷たい人だ」というのは大きな間違いです。 アセクシュアルの方は恋愛感情や性的欲求は抱きませんが、 友情も愛情も抱きます。 愛情=恋愛感情と思われる方もいるかもしれませんが、 恋愛感情だけが愛情というわけではありません。 例えば、家族愛なども愛情です。 友情も、一種の愛情と言えるのではないでしょうか。 私はこれまで数人アセクシュアル当事者の方にお会いしましたが、私がお会いした方々は皆さん親切で、とても冷たい人とは思えませんでした。 逆に、恋愛感情があっても冷たい人はいますよね。 恋愛感情を抱くか否かとその人自身が冷たいかどうかは別の話なのです。 性的指向の種類 日本ではまだLGBTという言葉自体浸透しきっておらず、性的指向の意味もあまり広く知られていませんが、海外では性的指向の種類がさらに細分化されて認識されている国もあります。 性的指向のことを英訳すると「Sexual Orientation」になります。 ですが、英語での「Sexual Orientation」は本来、性的欲求の指向を意味します。 英語圏では「Sexual Orientation」の他に「Romantic Orientation」という言葉もあり、これは恋愛感情の指向を指す言葉です。 日本では「Sexual Orientation」を「性的指向」と訳しており、性的指向の中に恋愛感情も性的欲求も含んでしまっている部分があるので分かりづらいですが、性的欲求と恋愛感情は別物なのです。 また、視覚的に「綺麗だな」とか「素敵だな」と思う感情も、性的欲求や恋愛感情とは別物です。 だから、アセクシュアルの人だって誰かを「可愛いな」とか「カッコイイな」と思うことはあるわけです。 ストレートの人だって同性・異性を問わず誰かを「可愛い」とか「カッコイイ」とか思いますが、その人と付き合いたいかというと、 必ずしもそうではないですよね。 テレビでタレントさんを観て 「イケメンだな」「可愛いな」と思っても、「付き合いたいかというと、またそれは別のハナシ」ってこと、結構あると思います。 女の子同士で「〇〇ちゃんはどの男子が好きなの?」とか、「彼氏いないの?」とか。 逆に男の子同士で「お前はどの娘が好きなの?」、「彼女いるの?」とか。 そして「好きな子とデートに行く」、「好きな子と手を繋いだ」みたいな話題で盛り上がったりします。 そして、アセクシュアルやノンセクシュアルに限らず、「恋人がいない人」に対して「早く相手見つけなよ!」とか、「いつかいい人が現れるよ!」のような言葉が投げかけられることがしばしばあります。 これらの言葉は悪意を持って発せられたものではないと思いますが、 アセクシュアルの方にとっては辛い台詞である場合があります。 「誰かに恋愛感情」を抱くことが前提で会話が進められてしまい、「恋愛感情がない」という状態が全く想定されないからです。 これは「異性愛が前提とされている場」のみならず「同性愛が前提とされている場」でも起こりうることです。 恋愛感情や性的欲求はなくてはならないもの? セクシュアルマイノリティに関する理解が十分でない今の日本では、「恋愛感情や性的欲求がなくてはならないもの」のように扱われる場合があります。 「若いうちに性交渉を経験するのが一種のステータス」みたいな空気感があり、ある程度の年齢で性交渉を行ったことのない男性がいると、周りがそれを面白おかしくイジる、なんて場面を私自身目にしたことがあります。 けれど本来、恋愛感情を抱くのも、性的欲求を抱くのも本人の自由であり、無理に誰かと付き合ったり、性交渉をする必要はありません。 むしろ、アセクシュアルやノンセクシュアルでない方も含め、 他者に誰かと付き合うことや性交渉をすることを強要する方が問題です。 私は、恋愛感情がコントロールできないように、恋愛感情を持たないという状態もまた、コントロールできないものなのだと思います。 だから、コントロールしようとしなくていいと思います。 他者への恋愛感情は「この人を好きになろう」と思って抱くものではないはずです。 「好きになっちゃったんだから仕方ない」なんて台詞をストレートの方からしばしば聞きますが、だったらアセクシュアルやノンセクシュアルの方に関して、「好きにならないのも仕方ない」って言っていいんじゃないかなと個人的には思います。 そしてこれは今恋愛感情を抱く相手がいないストレートの人についても言えることではないでしょうか。 そして、 恋愛感情や性的欲求がないことは悪いことではありません。 ストレートとして人生を送ってきて、中でも恋愛や出産などで強い幸せを感じてきた方が「あなたにも幸せになってほしい」という願いから恋愛すること勧める場合があるかと思いますが(同性愛者の方が恋愛を勧める場合もあるかもしれませんね)、自分にとっての幸せと他の人の幸せが同じであるとは限りません。 何を幸せに感じるかは人それぞれです。 だから、恋愛をしなくても、性交渉をしなくても、ちゃんと幸せになれる。 アセクシュアルでもノンセクシュアルでも他のセクシュアルマイノリティでも、セクシュアリティ以外のマイノリティ要素を持っていても、 誰もがみんな幸せになる可能性を持っています。 まだまだLGBTという言葉すら浸透しきっていない日本ですが、アセクシュアルやノンセクシュアルなど、「LGBT以外のセクシュアリティ」についてももっとよく知られる状況が訪れるといいなと心から思います。

次の

アロマンティック・アセクシャルなのかもしれない。Aセクシュアルの方、ど...

ロマンティック ア セクシャル

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の