札幌 市 コロナ ウイルス。 【札幌市】新型コロナウイルス 感染確認7人…年齢性別等非公表の者など 道内延べ1117人に

新型コロナウイルス感染症関連情報|一般社団法人 札幌市医師会

札幌 市 コロナ ウイルス

札幌市は25日、市内で新型コロナウイルスに感染した人が新たに26人確認されたと発表した。 1日あたりの新規感染者数としては過去最多を更新した。 感染経路不明も相次いでおり、市の山口亮・感染症担当部長は「第2波の大きな波が来ており、感染爆発の状態に近づきつつある。 医療崩壊の恐れも出てくる」と危機感をあらわにした。 北海道内全体では39人の感染者が判明し、感染者数は延べ601人になった。 このうち札幌市は半数以上の312人を占めている。 院内感染が拡大している。 札幌市によると、札幌呼吸器科病院(白石区)では看護師と患者計4人が新たに感染し、同院にかかわる感染者は計51人になった。 北海道がんセンター(同区)でも2人の感染が判明し、計59人となった。 どこで感染したのか分からない患者も増えている。 札幌市内の院内感染以外の新規感染者20人のうち、感染経路が特定できたのは3人のみ。 介護施設の職員2人や高校生ら17人は感染に心当たりがないという。 新規感染者数の高止まりも深刻だ。 約2週間前の12日、鈴木直道知事と秋元克広市長は「緊急共同宣言」を出し、札幌市と他地域との往来自粛や接客を伴う飲食店の利用自粛を求めた。 ウイルスは感染後の潜伏期間を経て発症するが、2週間後になっても「宣言」の効果は出ていない。 医療現場の限界も近づいている….

次の

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について/札幌市

札幌 市 コロナ ウイルス

Q&Aについて (令和2年6月1日現在) 感染予防 「緊急事態宣言解除」の発令を受けての北海道の対応について 鈴木知事は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための休業要請を6月1日から全面解除すると発表しました。 また、道民に対する不要不急の外出自粛の要請についても6月1日から解除するとしております。 一方で、他都府県との往来や感染リスクの高い施設の利用は引き続き慎重に対応するよう協力を求めております。 6月19日以降は感染状況を注視しながら緩和を目指す方針であります。 道民の皆様には引き続き、感染症のまん延防止に向けた取組みを進めるとともに、「3つの密」を徹底的に避け、感染を予防する「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者• 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者• 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者• その他:手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。 なお、医療機関や検査機関で診療を行う際に適切に感染防護具を着用している場合、濃厚接触者とはなりません。 また、感染防護具が破れていたなどの「適切ではない」と考えられる行動を行った場合、個別に判断を行うことになります。 医療機関や検査機関を通じて札幌市保健所へ相談して下さい。 下記の項目が一つでも当てはまれば、宿泊施設の場合は看護師らに、自宅療養の場合は「救急安心センターさっぽろ」( 7119)にすぐに連絡して下さい。 移行期間を5月25日、6月1日、19日、7月10日の4ステップに分け、これまでの感染対策を順次緩和するための参考となる目安を設定しています。 同対処方針は、国民の皆様の生命を守るため、新型コロナウイルス感染症をめぐる状況を的確に把握し、国や地方公共団体、医療関係者、事業者、そして国民の皆さまが一丸となって対策を更に進めていくため、準拠すべき統一的な指針となるものです。 詳細については、 下記の関連リンクをご参照下さい。 医療機関等への寄贈について(お礼) 5月13日、北星学園大学附属高等学校の生徒さんより手作りのフェイスシールド100枚を医療従事者に対する感謝の言葉が書かれた手書きのメッセージとともにご寄付いただきました。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業・団体や個人の皆様からマスク等の寄贈をいただきました。 このようなご厚意に感謝申し上げるとともに、医療機関やPCR検査センターなどで大切に使用させていただきます。 日付 企業・団体名又は個人名 寄贈内容 数量 3月04日 手稲渓仁会病院 N95マスク 240枚 4月21日 北海道建物㈱ N95マスク 1,015枚 4月21日 アサヒビール㈱北海道工場 一般用マスク 1,000枚 4月23日 中村浩平様 アールガードマスク 放射性微粒子用 100枚 5月01日 とよひら公園内科クリニック サージカルマスク 8,000枚 5月01日 損害保険ジャパン㈱北海道本部 N95マスク 530枚 5月01日 公益財団法人札幌市公園緑化協会 レインコート 115枚 5月13日 損害保険ジャパン㈱北海道本部 レインコート 60枚 5月13日 北星学園大学附属高校 フェイスシールド 手作り 100枚 5月14日 パーフェクトパートナー㈱ 一般用マスク 5,000枚 5月22日 ㈱ユニオンエージェンシー 一般用マスク KN95マスク(韓国製) 2,800枚 1,000枚 5月25日 損害保険ジャパン㈱北海道本部 フェイスシールド 40枚 6月2日 ㈱いつも フェイスシールド 防護服(手作り) 10枚 35枚 6月12日 ㈱カズマ フェイスシールド (眼鏡型) 1,000枚• 多人数の会議・研修会等の開催について、中止・延期可能なものは極力自粛する。 また会議終了後の懇親会等も同様とする。 上記以外の会議・研修会等の開催については、その内容や必要性に応じて各部・各支部において慎重に対応する。 なお、開催する場合、出席者は手指の消毒・マスクの着用を徹底する。 職員等の罹患リスク低減に向けて、以下の事項を実施・徹底する。 手指の消毒及びマスクの着用を徹底する。 発熱(37. 5度以上)がある場合は、出勤を控えるとともに、家人において同様の症状が発生した場合には、直ちに上司へ報告し、勤務等の指示を仰ぐ。 不要不急の外出は控える。 会館の清掃にあたり、特に手指接触箇所については、アルコール消毒を徹底する。 医療機能が集積し、従前より高度かつきめ細やかな医療提供体制を構築してきた札幌市には、周辺地域からも多くの患者が集まり、加えて、高齢者等が移り住む人口動態の特殊性からも、各医療機関に相当な負担がかかっている現状にあります。 このような状況にあって、各医療機関においては感染患者の受け入れや疑似症患者の治療、更には感染の有無が不明である救急搬送患者への対応など、日々、万全の感染防止策を施しながらの診療を余儀なくされており、医療従事者の疲弊はまさに頂点に達しているといっても過言ではありません。 今後、第3波、第4波が発生する可能性は否定できず、しばらくの間続くであろう新型コロナウイルス感染症の脅威を念頭に、相当な覚悟をもって診療に臨んでいる各医療機関への支援を右のとおり要望いたします。 感染症対応医療機関への財政支援 感染患者等受入に係る病床の確保や疑似症患者の受入、高齢の陽性・陰性患者の受入、発熱外来等を設置する各医療機関に対する積極的な財政支援をお願いいたします。 感染防護用品の確保及び提供 感染患者等受入を行う医療機関に対して、診療に支障を来すことがないよう、防護服や消毒用品など感染防護用品の確保及び提供をお願いいたします。 一.医療機関に対する感染防止策の技術的支援 一般患者と感染患者を分けるための動線確保など、院内感染対策に関する技術的支援をお願いいたします。 3月19日に公表された『厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議』による「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」で触れられているとおり、北海道における感染拡大防止への取り組みについては、一定程度の効果があったとの評価を得ているところであります。 しかしその一方で、同提言の中、「感染者、濃厚接触者等に対する偏見や差別について」の項で触れられているとおり、市内医療機関においても、医療従事者やその家族が偏見や差別等を受けているとの報告が数多く寄せられております。 多くの医療従事者は心身が削られる思いの中で、地域医療のために懸命に努力しているところであり、このような中にあって、偏見や差別に繋がる行為が行われることは断じて許されるものではありません。 つきましては、右のとおり要望いたします。

次の

新型コロナウイルスに係る休業等支援の給付(札幌市休業協力・感染リスク低減支援金)について知りたい

札幌 市 コロナ ウイルス

更新日:2020年6月4日 令和2年度新型コロナウイルス感染症対策テレワーク等導入補助金 新型コロナウイルス感染症対策として、標記補助金の交付を行います(例年実施しておりました「テレワーク・業務管理システム普及促進事業補助金」は実施いたしません)。 詳しくは、「申請の手引き」をご覧ください。 お知らせ「審査順の抽選結果について」(6月4日更新) 5月25日(月曜日)から5月29日(金曜日)までに補助申請を受け付けた224事業者につきまして、感染症拡大防止のため、下記のとおり非公開で抽選を行い、審査順を決定いたしました。 今後、審査順に審査を行い、補助金の交付、不交付を文書により申請者に通知します。 (7月中に通知予定) なお、6月1日(月曜日)以降に受け付けた分につきましては、先着順に審査を行います。 【抽選日】 令和2年6月3日(水曜日) 【抽選会場】 札幌市本庁舎14階3号会議室 【抽選方法】 パソコンのエクセル(RAND関数)を使用し、受付番号1番から224番に、0以上1未満の数値をランダムで割り振る。 数値が大きい順(1に近い)に、審査順(1位から224位)を決定。 【抽選結果】 お知らせ(5月20日更新) 審査順について 当初は申請順(先着順)による審査を予定しておりましたが、申請受付期間前に想定を上回る数のお問い合わせをいただいたことから、受付初日(5月25日)の密集を避けるため、 5月25日(月曜日)から5月29日(金曜日)までに受け付けた申請の審査順は抽選により決定いたします。 抽選会の日時等につきましては、決定次第、本ページに掲載いたします。 個人事業主における提出書類について 交付要綱第7条において、交付申請時の添付書類として「商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)又はこれに類する書類」を規定しておりますが、個人事業主等で登記を行っていない場合には、「開業届(控)の写し」をご提出ください。 紛失等により申請時点でご用意いただくことが難しい場合には、再発行までの間、「直近の確定申告書(控)の写し」により一時的に代用できるものとします。 また、従業員数を確認するため、雇用保険に関する書類や賃金台帳等も併せてご提出ください。 制度の目的 この補助金は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び緊急時における事業継続、非対面型ビジネスモデルへの対応等、企業のビジネス環境強化に資するため、在宅勤務等を可能とするテレワーク等の導入に取り組む市内中小企業事業主に対し、導入に係る経費を補助することにより、市内における新型コロナウイルス感染症の拡大防止及びその他企業のビジネス環境強化を促進することを目的に実施します。 補助対象となる取組 テレワーク導入支援 在宅勤務、モバイル勤務等を可能とする情報通信機器等の導入による多様な勤務形態(テレワーク)の実現のための取組(端末の導入のみで実施する場合を除く)。 事業の実施期間中に在宅勤務にあっては月1日以上、モバイル勤務等にあっては週1日以上取組むものとします。 テレワークの導入及び拡充のための業務管理システム導入支援 業務管理システム導入による業務効率化のための取組(端末の導入のみで実施する場合を除く)。 既にテレワークを実施済の場合を除き、テレワーク導入に係る交付申請と併せて行う必要があります。 補助対象者 以下の方が申請することができます。 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号に掲げる会社及び個人• 常時雇用する従業員が100人以下の法人等(中小企業基本法第2条第1項各号に掲げる会社及び個人を除く。 ) 補助率及び補助金額 テレワーク導入支援 補助対象となる取組に要した経費の4分の3以内で、80万円を上限、30万円を下限として、予算の範囲内で交付します。 業務管理システム導入支援 補助対象となる取組に要した経費の4分の3以内で、60万円を上限、15万円を下限として、予算の範囲内で交付します。 申請受付期間 令和2年5月25日 月曜日 ~令和2年6月30日(火曜日) 申請の手引き・交付要綱及び申請様式 以下からダウンロードしてください。

次の