ハイキュー 夢 小説 マネージャー。 ハイキュー 夢 小説 マネージャー News

#1 いきなりきた転校生はマネージャーになりました。その壱

ハイキュー 夢 小説 マネージャー

| | |. 「宮くん!無闇矢鱈に後輩に絡まない!影山くん戸惑ってるでしょ?!」 「佐久早くん。 いくら人の菌嫌いだって言ってもこれはチーム内ルール!ちゃんと指導する!!ほられっつごー人混み!」 時に厳しく、 「…人の意見にばかり囚われてちゃ影山くんの本領発揮できないよ。 」 時にあえて突き放す。 「…彼らの才能は、いつか彼らの首を締めるかもしれない。 私はただ、それを自力で緩めるための手助けをするだけです」 それでも他人のことをちゃんと考えてるユース専属マネージャーのお話。 こんにちは! 全日本ユース専属マネージャーにようこそ! ユース組は初なので、大変ですが頑張ります…ガンバリマス 何かありましたら優しく教えてくださいね。 ・スランプ脱出したわけではないので纏まりがおかしいです。 ・キャラクターの個性を保つよう努めますが保証はいたしかねます。 ・更新はむっちゃ遅いです。 ・来年から再び受験生になるので更新停止になるかもしれません。 これからは自粛していきたいです。 わざわざコメントありがとうございます。

次の

#ハイキュー #夢小説 烏野高校マネージャー【ver菅原】

ハイキュー 夢 小説 マネージャー

| | |. 「宮くん!無闇矢鱈に後輩に絡まない!影山くん戸惑ってるでしょ?!」 「佐久早くん。 いくら人の菌嫌いだって言ってもこれはチーム内ルール!ちゃんと指導する!!ほられっつごー人混み!」 時に厳しく、 「…人の意見にばかり囚われてちゃ影山くんの本領発揮できないよ。 」 時にあえて突き放す。 「…彼らの才能は、いつか彼らの首を締めるかもしれない。 私はただ、それを自力で緩めるための手助けをするだけです」 それでも他人のことをちゃんと考えてるユース専属マネージャーのお話。 こんにちは! 全日本ユース専属マネージャーにようこそ! ユース組は初なので、大変ですが頑張ります…ガンバリマス 何かありましたら優しく教えてくださいね。 ・スランプ脱出したわけではないので纏まりがおかしいです。 ・キャラクターの個性を保つよう努めますが保証はいたしかねます。 ・更新はむっちゃ遅いです。 ・来年から再び受験生になるので更新停止になるかもしれません。 これからは自粛していきたいです。 わざわざコメントありがとうございます。

次の

『【ハイキュー】大王様の奴隷〜命令H〜【R18】』第8章「青城のマネージャー」 175ページ

ハイキュー 夢 小説 マネージャー

烏野高校バレー部 2年生マネージャーは私だけだ。 3年生マネージャーは今日はお休み。 いつもより頑張らなきゃ、私がしっかりしなきゃ… 練習試合の日に1人だなんて初めてだし 不安だし そわそわしてると急に肩を叩かれる。 ビックリして振り返ると、菅原先輩もビックリしてる。 菅「えっ、そんなにビックリした?ごめんな?」 「いえ、すいませんっ!ボーッとしてて、つい、あの」 菅「はは、大丈夫大丈夫。 ゆっくり喋って。 なんか今日落ち着きないなぁ。 大丈夫か?」 少し困ったように笑いながら顔を覗き込まれる。 「今日…マネージャー1人で。 なんか不安で。 でもっ、私頑張りますっ!」 菅「そっか。 不安だよなぁ。 心配すんな、俺らもいるし。 スターティングメンバー、セッターは影山だから、俺はベンチにいるし。 」 少し近付いてきて、かがみ、目線をあわせながら 菅「…近くにいるから、なんかあったら言えよ?」 優しく微笑みながら頭をポンポンと撫でてくれた。 練習試合が始まってからも、菅原先輩は色々気にかけてくれた。 菅「大丈夫か?困ってることない?」 菅「ちゃんと休憩とれよー?」 バタバタしてるうちに、あっという間に日は沈み キャプテンの号令で片付けが始まった。 マネージャーは少し休んでいていいからと言われ 体育館の隅に座る。 心地よい疲労感に身を任せてるうちにウトウト。 いつの間にか眠ってしまっていたらしい。 はっと目を覚ますと、体育館はシーンと静まり返っていた。 菅「…ん?起きた?」 菅原先輩の肩にもたれていたらしく、体には大きめのジャージがかけられていた。 菅「気持ちよさそうに寝てたから、起こすのかわいそうで」 「すっ、すいません!」 慌てて立ち上がろうとすると、ジャージごとすっぽり抱きしめられる。 菅「ほら、そんなに慌てないで。 もう少し…ね?」 抱きしめられると体温が直に伝わってくる。 菅「今日はよく頑張ったな。 よしよし。 」 顔が真っ赤になるのがわかる。 菅「あー、そんな顔すんなよー。 我慢できなくなる。 」 困ったように笑いながら頭を撫でる。 菅「遅いし送ってくわ。 続きはまた今度な?」 イタズラっぽく笑う菅原先輩に どんどんハマっていく。 抜け出せない。

次の